腐った世の中は身を生じない



音階を襲わずに囚われた言葉だけで失踪...

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「どーせあれでしょ?離婚調停でしょ?(ナイスですねえ~!)」
【(明らか元キャバが法律事務所に急ぎ足で這入って行くのを見た)或る友人の偏見(変幻自在)】





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「もしかして、未来は性犯罪者ですか?」(二十四歳 / 笑顔で出迎え → その直後、速攻撲殺するスタイルで御馴染み!ニッコリコミュニケーションズ代表(好きな映画;グーニーズ))


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




あたしが思い通りになった日だけ



機嫌が良くなる



毎日食事の用意はしているのに



その日だけ



ご苦労様と言う













どんだけ単純なんだよッ…!?






                    【あたしの介護日記 RETURNS】


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Dear 余命一秒の鬼嫁(だから今すぐ楽にして...)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「どーせ、あれでしょ?地方の女子アナって、東京進出する為の足掛かり的なチャンスにさえなれば、どんなクソヤローにでも、何時でも、何処でも、跨がる準備オッケーなんでしょ?だからみんな、ドスケベそうな顔してんでしょ?」【或る友人の偏見(変幻自在)】



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「一寸掃除させてもらいますよ。」と、呟き、巨大な蜘蛛を    で除けて掃除する夜(近所の飯屋の皿を洗う音が聴こえる...)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「妬み嫉み僻みをなくせば、運気が上昇する?アホか!そんなんしたら生きる気力も同時になくすわ!」(二十四歳 / エド・ハーディ・ミーツ・チェリー・ボーイ)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「誰一人として、いるって証明も、いないって証拠も、してないし、ないから、もし仮に、いるとしたら、オレ、よっぽど嫌われてんだろうなァ…。」【或る友人の名言】



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「エドハーディーなんて一丁前に着てんじゃねーよ!」(二十四歳 / east end + jack the ripper(愛読書;ドブネズミのバラード))


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




テメエの為に



頭を下げているってことが



判らない人間が




ここにいると云うことに



改めて、



驚愕した...



             【あたしの介護日記 RETURNS】



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




少年は怯えていた。母親に溺愛され、鯨の映画と未来の物語だけを愛し、荒れる海原に飛び込み、風の精となって、狼の屍を浚い、命はたった一つきりだと教訓的なフレーズを胸に。/倖田來未の物真似をする友近の物真似をして、自転車で橋を渡っていたら、ふと気づくと、レゴブロックを使って作ったような巨大な階段を大量の荷物を抱えて降りてい、抱えたその荷物の中の一つを落っことし、それを追っ駆けて階段を思いっきし転げ落ちた。/「「何故テニス選手が射撃もやるか?」ってよく訊かれない?」(オレ)「訊かれない!」(テニス選手であり、射撃の選手でもあるオリンピック代表)/ヤクザとは別ルートで銃を手に入れたお医者さんは、耳が聴こえないから、聴診器を当てても意味がなかった。ま、ユングだったらこの夢如何分析するか知らんが、、、ディスストーリー・ベースドオン・マイ・“スウィート”・ドリーム。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




キムタクを知らない世代の楽園(新天地)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「どんなに賢そうに見えても、前世の血液型とか言い出すとそいつが急にバカっぽく見えてくるのは何でだろう…?」(二十四歳 / 仮死状態のキメラ、a.k.a.ノーコンセプトアンドバッドセンス)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「どんなにつらくっても、他人に迷惑掛けたりしないで真面目に生きている人って、いるよね?何でこんな奴ばっかスポット・ライト浴びてんの?そんなに暴走族から更正したら偉いの?マジ、こんなのおかしいと思うわ…。(辛い目になんて遭遇したことねえけど…)あの、で、やられたんッスカ?(あの、いや、そこで泣かなくていいから…。)」【或る友人の疑問】




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ