エルタデザイン

日々のこんな生活

『海のモノ展8』のお知らせ

2009-06-23 10:13:02 | お知らせ


今年は恒例の下北沢展示の前になんと!葛西臨海水族園にて展示をいたします。
キッズ向け(大人でもOKです)ワークショップも開催しますので、是非足をお運びください。

■ 海のモノ展 in 葛西臨海水族園 ■

2009年7月9日(木)~14日(火) 
東京都葛西臨海水族園にて
9:30~17:00(入場券の販売及び入園は16時までです)
入場料:700円、65歳以上:350円、中学生:250円
※小学生以下及び都内在住、在学の中学生は無料

★ご注意★ 展示のみで販売はいたしません
ワークショップ開催いたします。


■ 海のモノ展8 ■

2009年7月18日(土)~24日(金)
12:00~19:00(24日は14:00まで)
東京都世田谷区 スペーススプラウトにて

<< 参加メンバー >>

アトリエ☆イボヤギ 木村大介(立体&クラフト)
エルタデザイン(ニットワーク)
カエル工房(リアル模型)
kame*(ポリクレイ)
日下祥子(絵画・ステンドグラス・彫金)
騎西屋・関口まゆみ(彫金)
友永たろ(イラスト・フィギュア)
野中由華(グラスリッツェン・ポーセレン)
NOBU(立体創作)
長谷幸恵(吹きガラス・バーナーワーク)
マツーラしのぶ(陶器・陶雑貨)
守亜和由紀(フィギュア)
八百魚(針金細工)
※五十音順

NOBUと守亜和由紀は葛西のみの参加となります
コメント

北海道毛刈りツアー3日目

2009-06-17 18:15:02 | イベント
早起きメンバーにつられ8時起きをしたものの、お風呂に入ってゴロゴロしていると二条市場メンツがニコニコしながら帰って来た。
海鮮丼を食べて、どっさりおみやげも買ったらしい。
行かなかったのはまたも私と魚介の苦手なNだけだったらしい。
みんなどこまで元気なんだ・・・。

そのあと、カナリヤさんにアポ無し訪問。
あみ協、ニトファクともにお世話になっているのでご挨拶。
なにかとよろしくお願いします!

そして、琴似にあるウールナッツさんへ向かう。



新婚のミナコ店長とは去年秋の展示以来♪
糸紡ぎの話など聞いてカナリヤでさんざん買ったのに毛糸を物色するメンバー。
他では買えないからどんどん買いなさ~い。

そして、M念願のスープカレーへ。



ウールナッツのすぐそばと言うことで、車を預け徒歩で向かう。
海鮮丼を食べたメンバー、ほぼペロッと完食。
恐るべき胃袋。

空港でゆっくり買い物をしたいというので早めに千歳に向かう。
途中サーモンパーク千歳なる施設を発見、おもわず立ち寄る。
キャラの「さもん」君ちょっと変だよ。
鮭コロッケと記念撮影。



車を返す際、レンタカー屋で「ただいまじゃがいも10㎏を送料のみでプレゼント!」というので、送迎バスの時間ぎりぎりだというのに慌てて全員分の伝票を書いて、駆け込みでバスに乗り込み空港へ。

心残りの無いようにおみやげを買い込み、最後の〆。
味噌ラーメンです!



ここでも朝から海鮮丼組のうち4人は完食。
1日で北海道3大メニュー食べ倒しかよ。

帰りはさすがに手荷物を預けて(行きで捕まったからね)機内へ。
最後のビールをいただいて旅は終了。



毛刈り以外はなにかと駆け足のツアーだったけど、楽しかった♪
北海道にかれこれ5~6回は来てるのに、初めて北海道庁の写真を撮ったり電線が無い事や信号が縦だって事を知った。

しかし、美味いと言われるモノはほぼ食べ尽くしているはず。
あ、でも今度こそ食べ損ねた牛亭のハンバーグを食べるぞ!(食べた事あるけど、仕事直前でゆっくり味わってないんだもん)
コメント (2)

北海道毛刈りツアー2日目

2009-06-16 18:03:42 | イベント
いよいよこの旅メインの羊の毛刈りなのだが、
牧場までの道中まったく目印になるモノがないので道案内はナビまかせ。
うっかり曲がり角を間違えたら、ナビはルート再検索をしてくれずジッと沈黙。
しかたないのでUターンをすると、さっきまちがえた場所に戻ったとたんさわやかに復活。
「拒否かよ!!」とつっこみをいれつつなんとか牧場に到着。

ここでそれぞれ釣り人、おふくろさん、レンジャー部隊、ペンキ塗り職人などに変身。


羊は結構汚れているので、着替え必須なのだ。

いよいよ今回の生け贄が連れ出される。
サホーク種の♀。子羊を産んだばかりのお母さん。



説明を受け、さあどうぞと羊をデーンと仰向けに座らせる。
そうすると「毛刈りなのね」と納得しておとなしくなるそう。



とっかかりの為か、すでにお腹が縦に刈られている。
そこから鰺の開きのように刈っていくのだ。
「バリカンが壊れちゃったので今日はハサミで刈ってもらいます」と見せられたハサミは
全長30㎝はあろうかという糸切りばさみのオバケ。



「あと、もう1本はコレで刈ってください」と渡されたのはあきらかに100均で売っていそうな裁ちばさみ。
切れれば何でもいいみたい。

毛は結構みっしりとはえて、まんべんなく油でコーティングされている感じ。
皮膚の際を見極めてチョキチョキと刈り込んでいく。
お肉を切ってしまいそうでビクビクしながらハサミを入れていく。
「お肉、切っちゃわないんですか?」と聞くと「時々切っちゃいますよ」とあっさり。
確かにすでに刈られていた部分にV型の傷が・・・。

羊も時々ビクッとなるので「ゴメンね!ゴメンね!」といいながら刈り進む。
お腹が済んだら今度は横向きに寝てもらい背骨まで刈り込む。



そしてひっくりかえして逆をチョキチョキ。
8人で交代しながら1時間ちょっとでようやく毛が身から離れる。
最後の首周りはさすがに怖いので、牧場の人にお任せしてようやく終了。
羊の毛皮の敷物が完成!



刈った毛は、今後自分達で糸にするべくいただいて帰る事に。



着替えて終了証をもらって、牧場レストランでお昼。
美瑛牛100%ハンバーグやシチューを堪能。



その後、牧場で羊や馬と戯れる.
羊は H のオーバーオールがいたくお気に入りで、ヒモやらポッケやらをずっとハムハムしていた。



そして札幌へUターン。
北海道を実感したのは帰り道。
ナビ頼りで道を進んでいるのだが、行けども行けども高速に乗る気配がない。
1時間経ち、きっと高速は使わずに下の道で帰れるんだな~と思い始めた頃いきなり緑の表示が!
高速乗るまで1時間ですか!!?
やっぱり北海道は広いね。

高速に乗って1時間、やっと街になる。
「人がいるよ~」などどいいつつ大通り公園沿いのホテルに到着。
十数階吹き抜けのおしゃれなホテルに、午前中の自分たちの姿を思い出しギャップにとまどう。

気を取り直し、大丸で最終日の友人Kの展示にゾロゾロと駆け込む。
黒で統一されたかっこいい空間にあきらかにそぐわない8名。
すでに何も無いと覚悟していたのだけど、まるで私の為にお取り置きおきしてくれたかのような1品をGET!
これで大満足。
その後一緒に飲む事になってもいたので、営業妨害にならないうちとそそくさと退散。

全員の行きたい所、食べたいところをあげてどうにかやりくりしたスケジュールの結果
ポケモンセンター組と札幌ファクトリー組みに分かれる。
私は札幌ファクトリー裏にある札幌限定の雑貨屋さんに御一同様を案内。
すでに何度も行ってる私と興味の無いNは札幌ファクトリー内でプラプラ。
Nとは旅行先の好みがなぜか合うのだ。

そして、友人Kのセッティングしてくれたすすきののお店へGO。



食事もかなり美味しくて、焼酎もいろいろあってKと「ここは良いね~♪」などと話している間に
メンバーはだんだんハイテンションになり、隠れ家的お店だというのにまるで居酒屋状態。
予約したKは「今度は違う名前で来よう・・・」
騒がしくてすまんの~。

そんな中、絶対スープカレーが食べたいというMの為に予定していたお店が定休日だと言うことが発覚したので、
Kに相談。
しかも、明日行く予定の琴似のお店の近くで全員が入れるという注文付き。
切れそうな電池を駆使してのK指令が札幌を飛び交い、ものの15分もしないうちにお店のURLが届く。
すざまじいネットワーク!
眠くなった数名が先に上がった以外は閉店までねばり、ホテルまでプラプラ酔い覚まし。
なにからなにまでありがとう!>K

しかし、そこで終わらなかった。
最後の夜と言うことで部屋飲みが盛り上がり、気が付くとなんと空が白んできていた。
慌てて寝る用意をする中、朝ご飯を二条市場で食べる相談をしているメンバー。
今(4時)寝て8時に出かけて海鮮を食べるという。
だって、お昼はスープカレーだよ?私はパスするから行っておいで~。
コメント (2)

北海道毛刈りツアー1日目

2009-06-15 17:55:36 | イベント
初日は朝7時に羽田集合。
いきなり羽田の手荷物検査で6人が引っかかる。



なんとハサミを機内持ち込みしようとしたらしい。
ダメに決まってるじゃん!!
赤い協会ハサミでハイジャックですか!?それだけはやめてください(^.^;

千歳空港着は10時前というのに、すっかり腹ぺこ。
とりあえず腹ごしらえ。ま、早めの昼食と言うことで。
海鮮丼もいいけど、花畑牧場のホエー豚丼の写真にグラリ。



ここの店、メニューはホエー豚丼1点のみなのに「キャラメルのご注文はどうなさいますか?」と聞かれる。
他のおみやげ売場で生キャラメル購入の為の行列が出来るらしいが、レストランなら待たずに買えるというサービスらしい。
花畑牧場商売上手いぜ!

ようやくレンタカーを借りて、一路旭川を目指す。
車で休憩しつつ約3時間、15時半頃ようやく旭山動物園に到着。
駐車場でいきなり案内のおじさんに「15時15分までだけど良いですか?」と言われ思わず全員で「うそー!」と叫ぶ!
「あ、ゴメンゴメン17時だった。5時15分ね」と訂正され胸をなで下ろす。
勘弁してよ~。
入り口近辺で写真を撮っていると、さっきのおじさんが「そんな写真はあと、あと!早く見ておいで」とせき立てる。
まったくその通りです。



数年前に来たときにくらべ、お客さんの混みようとオリジナルグッズの充実にびっくり。
あべ弘士さんのイラストがあちこち満載で楽しい空間になっていた。



閉園の音楽がなる中、ギリギリまでねばって満喫。
閉園後、入り口看板であみぐるみ集合写真を撮るべくアレコレセッティングをしていてふと後ろを見るとカップルがゾロゾロ写真待ち。



お待たせついでに人間集合写真のシャッターを押してもらい、その後美瑛のホテルまで小一時間のドライブ。

白樺並木が素敵なんだけど、人の姿をまったく見かけない。



ふと誰かが「ブレアウィッチ・プロジェクトみたい」と言い出したため、
素敵な風景が恐ろしげな雑木林に一転。
後ろ座席の I は何かを見てはいちいち「ひっ!」と小さい叫び声をあげた後、1人でヒャッヒャと笑っている。
気味悪いよ~。
どうしたの?と聞くと「岩がクマに見えた」と・・・。

霧も出て日も暮れ始め、ますます怪しい雰囲気の中「怖いよ、怖いよ」とつぶやきながら一本道を進むと
突然、緑屋根の目が覚めるようなオシャレな建物が。
なんとそこが初日のホテル。
勝手に小さな温泉旅館を想像していたのででビックリ。
浴衣を着た泊まり客もゾロゾロいて、ブレアウィッチ気分も吹き飛ぶ。

夕飯はホテルのバイキング。



それほど期待はしていなかった割にいろいろ食べられてそれなりに満足。
部屋飲みは途中のSAで買ったお漬け物。

コメント

『長谷幸恵 glass works』

2009-06-11 11:15:37 | ニット・クラフト
海のモノメンバーの長谷さんの展示。
この季節ガラスはホントに涼しげなんだけど、昔体験をしに行った事のある身としてはどれだけ暑くて過酷な作業かがわかるので、「うわぁ!お疲れさまでした!」と言う感じです。





『長谷幸恵 glass works』は13日(土)まで
千代田区神田神保町1-11-2F
gallery福果(fukka)
tel:03-3259-6555
コメント (2)

使いやすいはさみ

2009-06-10 11:21:55 | お気に入り
仕事柄、糸切りばさみは常に手の届くところにある。

どうしたっていつも目に入っているのなら見た目に楽しいものがいいんじゃないかと、装飾のあるものを見ると買ってみるんだけど、これが機能的に使いやすいかというとなかなか上手くいかないのだ。

切れる切れないの話は論外(切れるのが前提と言うこと)

テーブルの上にあって、とっさに手に取れるかどうかが一番重要なのである。
指を入れる輪の部分にある程度厚みがないと掴みづらいのだ。
装飾のあるものは得てして薄べったく出来ていて、使おうとするときにイラッとする事が多く結局お蔵入りする。

昨日も変わったはさみ(右から2番目)を見つけて買ってしまったけど、残念ながらこれも掴みづらい。

また使わないはさみが増えてしまった。
(これはコレクションというのかも・・・)

コメント (2)

柚子チョコ

2009-06-06 19:36:04 | 美味しいもの
白金にあるショコラティエ・エリカ

ミントチョコを時々買うのですが、柚子チョコなるものがありました。
良くあるオレンジものより苦みがあってこれはかなりお薦め。
つぶつぶの食感も良し♪
コメント

雀のケンカ

2009-06-04 22:55:43 | 今日の出来事
道端で2羽の雀がくんづほぐれずのとっくみあいケンカをしているのを目撃。
かなりそばに寄って写真を撮っても気が付かないほど白熱!

いったい何があったのだ!?

この写真2羽とも死んでるわけではなく、この後ケンカしながらも飛んでいきました。
コメント

鎌倉

2009-06-01 22:55:15 | ニット・クラフト
鎌倉に行って来ました。
紫陽花が咲き始めているというので、長谷寺へ。
人が少なくて、ほとんど貸し切り状態で満喫してきました。


お昼は海の見えるお店でシラスとルッコラのピザ。


豊島屋さんでカフェを始めたそうなので雨宿りを兼ねて行ってみました。
八十小路
季節の上生菓子と煎茶のセットが500円。


お隣で食べていたあんみつは丼かと思うくらいのボリュームでした。

カメラもちょっと使い慣れてきたような気がします。
「とりあえず何枚か条件を変えて撮ってみる」って事で(^.^;
コメント