エルタデザイン

日々のこんな生活

分不相応

2006-09-30 12:00:25 | 今日の出来事
いきなりダンナがTVを買った。
運び込まれてギョッとする。
デ、デカい!!
部屋の一番端っこから見てちょうど良いくらい。
最近大型化してるとは言うけど、いったいみなさんTVから何m離れて見てるんだろう?


コメント (4)

意外な診断結果

2006-09-27 15:47:08 | 今日の出来事
急に関節が痛くなって、先日血液検査をした。
「リュウマチかも?」とドキドキしながら結果を聞きに行ったら、「リュウマチはまったくありません、ただの関節痛です」と言われる。
ホッとしたのもつかのま
「但し・・・」と来た!
オイオイ、なんかヤバイ結果出ちゃったんじゃないの??と青ざめていると
「かなり貧血ですね」
へ??
生まれてこのかた貧血なんて言われた事がない。
鉄剤と鎮痛剤(関節痛用ね)を処方され、クビを傾げながら帰ってきた。
今日から鉄瓶でお湯を沸かそうと思う。
コメント (7)

講習会の見本

2006-09-26 12:32:04 | ニット・クラフト
初回はコレを作ります。
バッグじゃないじゃん!って言わないよーに。
コレが発展してバッグになるのです。

材料費800円です。
コメント (2)

材料に埋まる

2006-09-25 13:34:03 | ニット・クラフト
秋・冬物の制作にやっと取りかかる(遅すぎる!)
チェコや香港で仕入れた材料を目の前に並べ、さあ合わせようと布を引っぱり出してみる。
・・が!全然無い。
いやいやモノはあるのだが、使いたいものが何にもないのだ。
こ、これはまた仕入れに行かないと!!

思いたって、ふと見ると周り中が材料だらけだ。
引っぱり出した布のケースがドン!
仕事の材料がダンボールでドンドンドン!と積んである。
やりかけの物の入った袋がドン!
その他にも参考資料やら見本帳がドッサリつんである。
数日後にもアレコレ届く予定。

ううう・・・(T◇T)
これって素敵なものを創作する状況じゃないよね。

それでも、材料を買いに行かねば。
コメント

新刊が出ます

2006-09-21 10:26:53 | ニット・クラフト
日本ヴォーグ社より25日出版の『ランチタイムバッグの本』
ニットじゃなく、縫い物メインの作品が載ってます。
コメント

きのこに見えるか?

2006-09-20 22:45:19 | ニット・クラフト
横浜のミュゼットで今月末から開催される『「きのこの森のその奥の」展 』に出そうと作ってみた商品。

コメント (3)

香港仕入れツアーその6

2006-09-15 19:45:01 | ニット・クラフト
いよいよ、帰国の日。
出発が9:30なので、ホテルを6時に出る。
香港の空港からホテルまではものすごく交通が発達していて、ほとんど歩かずに済むのだ。
途中の駅でチェックインが出来、荷物を預けられとってもラクチンなのである。

空港に着いてからやっと朝食を取る。
最後の最後にお粥を食べて締めくくる。

普通の観光を一切していない為、月餅やタイガーバームなど一般的なおみやげを一切買っていないメンバーはここでも買い物に走る。
身軽な手荷物1個のはずなのに、いつの間にかものすごい量の袋を抱えているメンバーも。

仕入れ出来なかった物もあるので、リベンジを誓い、とうとう香港ともお別れ。
今度はもうちょっとゆっくり来たいなあ。
コメント (2)

香港仕入れツアーその5

2006-09-14 23:19:00 | ニット・クラフト
お昼を食べて、万全の体制で買い物に臨む。
昨日は100mしか進まなかったけど、今日は制覇しなければいけないのだ。
何組かに別れそれぞれ、行きたいところを廻る。
買物した後に、他のメンバーが入ってきて「こんなのあったよ~」と聞くと「え!?どこどこ?」と戻って同じ店で数回会計する事も。
リボン屋、レース屋では数本を1度にダーッとほどいてカットしてもらったり、巻きで買うたびに「謝謝」とお礼を言われる。
そんなに買ってるつもりはないのに・・・。

ここで買わないと当分、いや一生買えないかと思うと、数を決めるのにも気合いが入る。
「30個・・・?いや50個・・。えーーい1グロス!」
「一生使い切らなかったらどうしよう・・・」という声もでたが、「買わずに後悔するよりは買って後悔したい!」
そんな会話をしつつお店をひたすら廻る。

ふと気が付くと休憩無しでとうとうその通りは制覇してしまったらしい。
直行する通りや1本隣の通りを周り、1周グルっと元に戻ってきたところでようやくみんなハッと我に返る。
「つ・疲れた・・・。もう歩けない」
その時はすでに問屋さんはシャッターを閉め始めていた。
「もう、いいよね」と全員納得してとうとう仕入れ終了。

夕ご飯はホテルのそばで食べようと、四川料理の店に行くことにする。
そのお店に向かうエスカレーターの前のおみやげ屋でうっかりつかまってしまう。
バッグやストールや絹製品のおみせなのだが、丸2日仕入れしかしていなかったメンバーは急におみやげ買いに走ってしまう。
また、店員のおばさんが日本語が上手で「1000円でいいよ」とか言うのだ。
ストールに小物入れ、ハンカチに、バック、買うわ買うわでここで小1時間はかかっただろうか。

そうしてようやく夕ご飯にたどり着く。
ここの支配人もまた日本語が上手で普通に商品の説明をしてくれて上手に薦めるのだ。
向こうのテーブルで日本人駐在員らしき人達が食べていた2色鍋も気になったけど、
言われるがままアレコレ頼み、もうお茶も飲めないほど食べてごちそうさま。
スタンダードな中華で、ある意味安心して大満足。

ホテルに戻り、今日の戦利品を見せ合い「あ~~、らしいね」とか「それ、いいよ~」などといいながら梱包し直す。
そして、この日は1時頃就寝、明日の出発は早いのだ。

コメント

香港仕入れツアーその4

2006-09-14 18:59:06 | ニット・クラフト
そして、3日目。
今朝こそはと、朝食にお粥のリベンジ!
揚げパンも頼んで大満足の始まり。

この日も降水確率99%の雨だったが、昨日に比べれば全然マシだねとみんな寛大である。
まずはジェイドマーケットに直行。
開いてる~~~!!!!嬉しい♪
サラッと流してシャムスイポーに向かうつもりがやっぱり、はまる。
観光客慣れしたおじさんおばさんを振り切りつつ、値下げ交渉をしつつ翡翠を買い込む。
う~~~、もっとジックリ見たい!
でももう今日しか無い!と心を鬼にしてシャムスイポーに向かう。

まずは念願の飲茶。
ここのメニューは全く写真無し、オーダー票のみ、そして英語も通じないというお店。
注文するのに20分はかかったかも。
そしてビールを頼むと変な顔をされる。
そりゃー「飲茶」っつーくらいだからお茶なんだろうけど、ビールが飲みたいんだよ~~~と青島ビールを所望。
瓶の青島ビールは初めてだったが、缶よりずっと美味しかった。
悩んだあげくのオーダーはコレ。
いやー、満喫満喫。

コメント

香港仕入れツアーその3

2006-09-13 23:40:45 | ニット・クラフト
そして、ジェイドマーケットを探してジョーダン駅から歩くのだが、道を間違えてしまい、たどり着いたときはなんと閉まっていた!!
どうやら豪雨で早じまいをしたらしい。
さすがにガックリした一行は、ご飯を食べて帰ろうかと道を間違えた時に目星を付けたお店に雪崩れ込む。

またしても、まったく内容のわからないメニューだが、嬉しいことに写真が何点かついている。
写真と漢字を頼りにアレコレ頼む。
鶏だと思って頼んだのが蛙だったりもするのだが、この店はアタリだった。
全員大満足で帰路に付く。

買い物と食事を楽しんだ1日のようだが、この間中豪雨との戦いだった。
一度は靴下を買い込んで履き替えるほど。
外に出て思い切りずぶぬれになっては、お店に入って体温でちょっと乾き、そし、またずぶぬれになるという繰り返しを延々と続けたのだ。

そしてこの日は終わりかというとそうではない。
昼間買った貝ボタンをみんなで分配しなくてはいけないのだ。
まずはお風呂に入って、暖まったあと、買い込んだお酒で軽く乾杯した後に、貝ボタンを分け始める。
10個20個ではない、1つの物で数グロス(12個×12ダース)のものを1個1個数えて分けるのだ。
量りを忘れた事もあるけど、1個でもきちんと分けたいという貪欲さである。
あちこちで「1.2.3.・・・」と数える声が響き、ホテルの部屋はアヤシイ雰囲気になった。
1時間ほどで分け終わって、みんなニコニコと荷物をしまう。
そしてこれから宴会である。
寝たのは3時半。
明日が辛いぞ~。
コメント