イリアーデの言霊
  ★心に浮かぶ想いのピースのひとかけら★
 



発売日:2018年4月16日

著者:高橋美由紀
定価:本体 454円(税別)
ISBN:978-4-253-26319-1
出版社:秋田書店
掲載誌:ミステリーボニータ
レーベル:ボニータ・コミックス

Mission2:episode9/ミステリーボニータ 2018年1月号
Mission2:episode10/ミステリーボニータ 2018年2月号
Mission2:episode11/ミステリーボニータ 2018年3月号



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




発売日:
[紙版]2018年3月23日
[デジタル版]2018年3月25日

著者:池田理代子
協力:萩尾望都
定価:本体 690円(税別)
ISBN:978-4-08-844002-6
出版社:集英社
掲載誌:マーガレット
レーベル:マーガレット・コミックス

エピソード9 第1話⬛マーガレット 2017年22号
エピソード9 第2話⬛マーガレット 2017年23号
エピソード9 第3話⬛マーガレット 2018年3・4合併特大号
エピソード9 第4話⬛マーガレット 2018年5特大号 ※ コミックス化にあたり加筆
おわりに



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




thm


発売日:2018年1月16日

著者:高橋美由紀
定価:本体 454円(税別)
ISBN:978-4-253-26318-4
出版社:秋田書店
掲載誌:ミステリーボニータ
レーベル:ボニータ・コミックス

Mission2:episode5/ミステリーボニータ 2017年9月号
Mission2:episode6/ミステリーボニータ 2017年10月号
Mission2:episode7/ミステリーボニータ 2017年11月号
Mission2:episode8/ミステリーボニータ 2017年12月号



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




【アメリカ橋~デュエット~】
 山川豊、平尾昌晃
作詞:山口洋子
作曲:平尾昌晃

TVドラマ『いのちの現場から 6』主題歌

風が足元を通り過ぎてゆく
久しぶりだねと 照れて笑い合って
アメリカ橋の袂(たもと) ふと通うぬくもり
やるせない恋 埋めた街
角部屋の灯り
石畳石畳 想い出続く
いつかいつか 熱かった青春

君は変わらない 月日は過ぎても
髪を切ったので 少し若くなった
アメリカ橋の袂(たもと) 黄昏が間近い
煙草やめたの いつからと
それとなく聞いて
眼を反らす眼を反らす 硝子の向こう
遠い遠い 還らない青春

アメリカ橋の袂(たもと) それじゃと手を上げる
そっとコートの襟立てた さり気なさ置いて
人の群れ人の群れ 誰もが他人
遙か遙か あの頃が青春



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






私の知る限り、一番派手だ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




【北国行きで】

 朱里エイコ
作詞:山上路夫
作曲:鈴木邦彦

次の北国行きが 来たら乗るの
スーツケースを一つ 下げて乗るの
あー 何も貴方は知らないの
この町と別れるの
明日 貴方にお別れの
手紙が届くわ きっと
いつも別れましょうと 言ったけれど
そうよ 今度だけはホントのことなの

次の北国行きで 消えてゆくの
二人愛した街を去ってゆくの
あー 愛に疲れた二人なら
このままで身を引くの
憎み合わない その前に
私は消えてゆくの
いつも別れましょうと 言ったけれど
そうよ 今度だけはホントのことなの

あー 電話かけてもベルだけが
空き部屋に響くだけ
明日(あした) 私のいないこと
その時に気づくでしょう
いつも別れましょうと 言ったけれど
そうよ 今度だけはホントのことなの



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




藤沢市在住ということもあり、
選ぶのも面倒なので市のゴミ収集日程カレンダーを続けて使うことにしている。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 君ニ送ル11通ノ手紙 (フラワーコミックスアルファ)
 赤石 路代
 小学館

発売日:2017年11月10日

著者:赤石路代
定価:本体 429円(税別)
ISBN:978-4-09-139789-8
出版社:小学館
掲載誌:増刊Flowers、月刊flowers
レーベル:フラワーコミックス・アルファ

君ニ送ル11通ノ手紙増刊flowers 2014年春号
窓ノムコウノ夏月刊flowers 2016年1月号
花ハココニ咲イテイル増刊flowers 2015年春号
ソノ音ガ聞コエルカ増刊flowers 2017年春号
ワタシノカワイイ家増刊flowers 2017年秋号



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 妖の森 (HONKOWAコミックス)
 三原千恵利
 朝日新聞出版

発売日:2017年10月6日

著者:三原千恵利
定価:本体 620円(税別)
ISBN:978-4-02-275836-1
出版社:朝日新聞出版
掲載誌:ほんとにあった怖い話→HONKOWA
レーベル:HONKOWAコミックス

霊付きのホテルほんとにあった怖い話 2001年7月号
心霊訪問ほんとにあった怖い話 2002年1月号
絡みつくモノほんとにあった怖い話 2006年9月号
妖の森ほんとにあった怖い話 2012年9月号
どこかで子供が泣いているHONKOWA 2015年7月号
生霊 それとも死霊HONKOWA 2016年9月号
死霊が視えるHONKOWA 2017年5月号
あとがき



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「無添 くら寿司」と「スシロー」、「がってん寿司」が好き。

ただ、注文したお寿司の運び方が異なっており、「くら寿司」は回っているレーンとは別に注文したお寿司が席の前まで移動して来るシステムになっている。更には、「鮮度くん」というドームで直前まで覆われている。

回転寿司の方がいい!回転寿司も料金だって表示されているし、カウンターで注文するタイプだと魚の名前がわからなくて注文しづらい。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ