「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

豪雨被害を受けた広島と岡山の支援基金に各50万円、合計100万円の寄付をしました

2018-07-23 16:40:24 | ドネーションシップ
今回の豪雨被害に対して、
ドネとして寄付できないかと考えていました。
初動の段階から
こんな時こそ緊急に庶民の思いを
庶民どうしの支えあいの形にして伝えたい
と思っていました。

会員さんからの情報で
岡山と広島で下記の呼びかけがあることを知りました。
両地域の市民活動などの中心になっているところが
被災地への支援金をとりまとめて
地域のグループやプロジェクトに配分する
という形の呼びかけです。
掲示板やブログでも紹介してきました

▼コミュニティ未来創造基金ひろしま
https://cf-hiroshima.jp/projects/theme-funds/wj-heavyraindisaster-1807
広島県内の被災地域の支援ニーズに対応する活動を支援します

▼岡山県内における平成30年台風第7号及び前線に伴う大雨による
災害に対する支援寄付基金「ももたろう基金」(岡山)
https://momotarosaigai.jp/

今まさに、困った時はお互い様、
未曾有の被災地にその思いを届けるという意味で、
ドネから緊急支援として
両団体にわかちあい=寄付することを提案しました。

>ニュースを見るたび被害の深刻さを思います。
>両団体へのわかちあい賛同します。
等、皆様から次々と賛成のご意見をいただき

7月20日、正式に緊急の寄付先選定委員会として
ドネから岡山と広島の豪雨災害への支援基金に
各50万円、合計100万円の寄付(わかちあい)をすることを決めました!

本日7月23日、送金しました。
会員さんの思いを
被災地に届けることができました。
今後も出来ることがあれば検討してきます。

日常生活のなかで 仕事や子育て等で
ボランティアに行くということはできないけれど
被災地の様子を目の当たりにしたら
自分に出来ることがあればしたいと思う
ドネはそんな人のやさしさをつないでいきます
「困った時はお互い様」の気持ちを形にします
わかちあいの寄付が現場に役立ちますように!
被災された皆様の力になりますように!


※補足
岡山の基金は助成団体の第一次募集が終わったということで
問合せをしました。
すでに、第一次で2団体に65万の助成が決まったことが報告されています
二次募集の要項↓
http://blog.canpan.info/mintukuokayama/archive/344

募金、基金の受けつけは今後も続けていく
変っていく現場のニーズにあわせて二次、三次と募集も続ける
いまは仮設住宅での支援、医療衛生面のニーズがあるということです
選考にあたっても現場ニーズとマッチしているか、実行力があるか等
ヒアリングをして助成の可否や金額等決めるということです
災害弱者(高齢者、障がい者、子ども)に寄り添って
被災者の現場ニーズにあわせて助成していくということです
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018年7月豪雨被害に関するNP... | トップ | 「地図から消される街」を読んで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドネーションシップ」カテゴリの最新記事