こっちとあっち

遥かな大河を越え、向こう岸へと渡る手だてについて

Mac修復と自マシンの調子

2006-07-30 20:10:18 | PC雑記
 まずは起動しないというMacの確認。電源投入直後の聞きなれた「キューン、カコン」という不吉な音。起動ディスクだったら大作業だなぁと観念したところ、増設した側のサブディスク(ホントはビデオ編集用とかだったのですが、実質未使用)の方で、肝心のメインのHDDは認識はするものの、起動は出来ず。やっぱNGとわずかな希望でノートンかけたら何とか復活。ま、多少のシステムインストとかは必要だったけど、ドライバやフォント周りがそのまま生かせたので助かりました。でも、バックアップ電池やHDDの危険など考えると、このままって訳にもいかない感じではありました。
 自マシンのほうはメモリー入れ替えて問題解消したのだけど、元々MCE経由でMPEG2のデータ読んでると映像周りだけ止まるという現象があったのだけど、なんか解消しているっぽい。これもメモリーに原因あったんだろうか? つくづくメモリーは分からない(^_^;)。
 P.S.せっかく休みに晴れたと言うのに、このおかげで屋外プール行けず。これで日光浴すりゃ大分日焼けしたはずだろうに……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 予算ギリギリの攻防って感じ | トップ | 何だかいやな流れに傾きつつ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

PC雑記」カテゴリの最新記事