京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『フラガール』

2006-09-26 00:06:04 | 邦画


人生には降りられない舞台がある・・・。
まちのため。家族のため、友のため、
そして自分の人生のために、
少女たちはフラダンスに挑む。


 



■監督・脚本 李相日
■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、富司純子、岸部一徳、高橋克美

□オフィシャルサイト  『フラガール

 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。 「求む、ハワイアンダンサー」の貼り紙を見せながらここから抜け出す最初で最後のチャンスだと、 早苗(徳永えり)は紀美子(蒼井優)を誘う。 今や石炭から石油へとエネルギー革命が押し寄せ、閉山が相次いでいる。 この危機を救うために炭鉱会社が構想したのが、レジャー施設“常磐ハワイアンセンター”だった。  紀美子と早苗はフラダンサーの説明会に出かけるが、ほかの娘たちは、逃げ出してしまう。 残ったのは、紀美子と早苗、それに会社の庶務係で子持ちの初子(池津祥子)、そして父親に連れてこられた一際大柄な女の子、小百合(山崎静代)だけだった。


 おススメ度 ⇒★★★☆ (5★満点、☆は0.5)
 cyazの満足度⇒★★★★


 この映画は最初観なくてもいいかなぁと思っていました たまたまチケットの予約をしに行くときかみさんに、 「フラガール観たい?」ってメールで確認したら、「観てもいいよ~」と言う返信だったので、観てみることにしました

 それともう一つ、

 たまたま毎日職場で聞いているFMの、とある番組の映画紹介コーナーで、映画コメンテイターの襟川クロさんが「4回は泣ける」と仰ってました 
 彼女、あまり邦画をおススメすることってなかったように記憶するのですが、この映画は良いとおっしゃっていたので、では騙されてつもりで観てみようと思った次第です

 そして


4回どころか、それ以上号泣しました~~~



 いつものようにレビューするより、このブログを見て、どうしようかと思っているあなた、cyazに騙されたと思ってまず観てみて下さい 
 今年、不覚にもここまでで一番泣いた映画となりました。

 ・・・何故、この映画のキャスティングで主役が松雪泰子なのか
  ・・・そして何故、豊川悦司、しずちゃん(山崎静代)、富司純子なのか
   ・・・それは観ればわかります
 
 余談ですが、豊川悦司は『
やわらかい生活』で寺島しのぶと共演、そしてこの映画で富司純子と共演、母子に縁があるようですね(笑)

 この映画の監督であり脚本も担当された李相日監督はとても素晴らしいと思います。 ストーリー展開の軸がしっかりしていて、特に派手さもなく、さりげなく進んでいく中に、観ている側をどんどん引き込む魅力を持たせていました。
 観終わって、本当にやられた~って感じです

 ジェイクの音楽も良かったですね~
彼のウクレレは日本人に合う音色を奏でますね~


 本当にいい映画はすぐにメールで映画好きさんに教えるのですが、この映画は即変身~、じゃなくて送信~でした

 冗談はさておき、とにかく観てみて下さい

 そして、蒼井優ちゃん。 ここのところの活躍は目を見張るものがあります 今年も後残すところ三ヶ月足らずですが、僕の中では今年のベストシネマ邦画編の主演女優賞に一番近い存在です 彼女のラストのフラにはもう口があんぐり開きっぱなしでした(ファンタスティック

 ハンカチ王子のようなタオル地のハンカチではなかったですが、薄いハンカチがビショビショでした(笑)



 そして、エンドロールの最後に、この映画のモデルである平山まどかさんは現在70歳を越えて、まだフラダンスを教えているとのことでした




 さ、さらに 

 なんとこの映画、米アカデミー賞最優秀外国語映画賞部門に日本代表として出品されることが決定しました~




≪追記≫
 この映画の平山まどかさんのモデルとなったカレイナニ早川さんの興味ある記事が、いつもお世話になっているkimion20002000さんのブログ、「サーカスの日々」に掲載されていましたので紹介しておきます。


       「ダンス教師役のモデル カレイナニ早川さん(asahi.com)
 

 


 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (199)   トラックバック (314)   この記事についてブログを書く
« 風味絶佳~♪ | トップ | 『出口のない海』 »
最近の画像もっと見る

199 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最初は期待外でしたが・・・ (PGM21)
2006-09-26 00:17:34
何時もお世話になっております。

私も最初この作品を予告で観た時には期待薄か感じがしたし、主演の松雪さん好きじゃないし、ストーリーがどうかな・・・と思っていたのですが、その酷評を大きく変えるほど今季5本の指に入る効作品となりました。

しかもこれが実話だという事が凄いんですよね。

実話でなければここまで感動できる作品だったかわからないですね。
早いアップですね~! (aiai)
2006-09-26 00:33:35
私は初日にシネコンで鑑賞しましたが、ハリウッドアクションものに押されたのか、観客はまばらでした(><)

口コミで段々増えるかな!?

トヨエツとまどか先生のロマンスをもうちょっと観たかった気もします。。。
おはよーございます(笑) (にゃんこ)
2006-09-26 07:17:29
どなたかさまからねー公開初日にメールいただきまして(笑)

観たかったのに、観れなくってじれてた状態でしたので

日曜朝一鑑賞させていただきました(笑)

正規料金払っても、だまされたと思ってえーーい!!って

中盤以降の泣き笑いで、朝っぱらから腫れ目ですよ(笑)

でも、ほんっと大満足な映画です。

松雪さんと優ちゃんのダンスシーンの迫力が、ダンス好きとしては

ポイント高いなぁ~

咲き誇るハイビスカス (たましょく)
2006-09-26 10:06:20
 TBありがとうございますm(_ _)m



 たましょくも最初は、何となく観たのですが

まさかこんなにも熱い思いにさせてくれる作品

だとは!出演者の演技のひとつひとつが物語を

体現していて、胸をギューと締め付けられる感

覚。



 松雪泰子の男顔負けな役柄や蒼井優の芯の強

い真っ直ぐな役、しずちゃんがあれほど見事な

演技をしてくれたとゆー驚き。全てが奇跡だと。
正直言うと・・・。 (Ageha)
2006-09-26 15:39:51
多分1800円では見に行かないから

試写会当たればよいな~・・・で(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ



で、この罰当たりが~~というくらい

泣きました。

いやまさかしずちゃんで泣くとは思わなかった。

なめてかかってエライ目にあいました。

いや、いい意味でここまで涙腺が緩むとは

思わなかったもので。



ヘソを出すのも腰を振るのも

抵抗があるし、偏見がある。

それでも覚悟を決めたオンナってのはかっこいい。

んで、ちゃんと結果を出せば

みんなが結束する。

当たり前っちゃ当たり前だけど

あの当時、「一山一家」のまとまりが

新しいものをなかなか受け入れられなかった時代に

よくここまで地元のみんなで頑張ったなって。
楽しみです (talofa)
2006-09-26 19:11:38
 実は明日、ひとりで行ってみようと思ってこちらをチェックしに来ました。

 うん、やっぱり余程雨がひどくならない限りは行く価値アリみたいで楽しみになりました。
良かったですよね^^ (サトウノリコ)
2006-09-26 21:36:52
これは素晴らしい映画でしたね^^

李監督にしては、ごくノーマルに描いていましたが、

すごく良かったです。

私も蒼井優ちゃんのラストには見とれてしまいました!

この作品は観る価値ありですよね。

富司純子さんもスクリーンで拝見するのは初めてでしたが、素晴らしい女優さんですね。

本当に良い作品でしたね。TBさせて頂きます!
腰が・・・ (ゆん)
2006-09-26 23:12:32
しずちゃんに負けないぞ!で

腰を振りすぎて痛いです…

フラダンスは難しい。・゜゜・(>_<)・゜゜・。



話しが変わりますが

荻原浩の小説が原作の「僕たちの戦争」がドラマ化され

9/17、TBSで放映してたのですが見ませんでしたか?

森山未来くんが主演で戦中にタイムスリップする話で

決してハッピーエンドではないけれど

感想を聞きたかったのですが…(`‐ω‐´)

おまけ (ゆん)
2006-09-26 23:13:32
荻原浩の小説が原作の「僕たちの戦争」がドラマ化され

9/17、TBSで放映してたのですが見ませんでしたか?

森山未来くんが主演で戦中にタイムスリップする話で

決してハッピーエンドではないけれど

感想を聞きたかったのですが・・・(`‐ω‐´)

私も (kino)
2006-09-26 23:29:39
いやー 泣きました。

観終わったら目がしょぼしょぼしました。



実際には、泣かせ部分はフィクションなんでしょうけど、

それでも気持ちよく泣かされてしまう・・・・

ひたすら泣いてました。



フラガールに皆さん、みんな素敵だったし

お母さんもおにいちゃんも、炭鉱のみんなも良かった!

ベタでもこういう映画は素直に好きです。

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

314 トラックバック

「フラガール」無謀な夢構想を現実にした炭鉱の人たちと娘たちの情熱ダンス (オールマイティにコメンテート)
「フラガール」は昭和40年に炭鉱の町だったいわき市に炭鉱に変わる事業として炭鉱会社が構想した「常磐ハワイアンセンター」開場までを描いた実話のドリームストーリーである。当時海外旅行(ハワイ旅行)が夢だった時代に全くあり得ないシュチエーションの構想 ...
フラガール (エリ好み★)
奇蹟の町おこし&女性たちの成長を描いたサクセスムービー!
『フラガール』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『フラガール』鑑賞レビュー! 感動の映画化だっぺ!観てくんちぇ! フラ、踊っぺ! 人生には降りられない舞台がある…。 常磐ハワイアンセンター ★(現・スパリゾートハワイアンズ)の 誕生を支えた人々の奇跡の実話 まちのため、家族のた ...
フラガール (愛猫レオンと年間170本映画生活)
映画が終わっても明るくなるまで誰も席を立ちませんでした。 シネコンでは、こんな事めったにないです。 ほとんど泣く事のないワタシも目頭が熱くなって鼻がズルズルでした。 実は公開日に見て、この素晴らしさを多くの人に伝えなきゃ!と思っても文章が書け ...
フラガール☆独り言 (黒猫のうたた寝)
バスを降りた少女が見つけた1枚のチラシ それが・・・運命を変えた。 このままじゃ、イヤだ!何かを変えたい! 『フラガール』観てきました。 冒頭の映像、結構好きだなぁ~ クラクション鳴らされて、慌ててよける少女の遠景から、手にとるチラシまで それ ...
フラガール (何を書くんだろー)
「フラガール」 評価 ★★★★★★★★★★ (絶対的賞賛作品) 『あらすじ』  昭和40年、福島県いわき市。炭坑町として賑わいを見せるも時代の移り変わりより石炭から石油へ とエネルギーの需要は移ってゆく。そんな町で暮らす高校生の早苗 ...
フラガール (Akira's VOICE)
感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!
オンナは強いよな~。~「フラガール」~ (ペパーミントの魔術師)
試写会、26日そごう会館にて。 最初はそないに期待してなかったんですけど けっこう泣いちゃいましたね~。 話が進むにつれてぐいぐい引き込まれました。 ・・・大阪ならではのパロディポスター。 シネリーブル梅田にお越しの際は現物見れます。 ・・・こういう ...
フラガール (ライターへの道~私の観るもの、感じる事を伝えたい!~)
         フラガール(2006年、シネカノン) http://www.hula-girl.jp/index2.html 監督:李相日 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、富司純子、岸部一徳、他          時代の波で閉鎖に追い込まれた、とある炭 ...
『フラガール』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
「いくぞ! フラガール!」 ハワイアンのメロディと、情熱的なフラダンスに、魅了されっ放しの約2時間。 身も心もすっかりハワイの気分です。(笑) 東北発の炭鉱娘のハワイ行き物語は、実に面白くて、嬉し泣き・悔し泣き…、涙、涙のサクセスストーリーで、私た ...
「フラガール」 涙・涙・・・ (目の中のリンゴ)
楽しみにしていた映画でした! 公開初日、早速観てきました。 「フラガール」 (2006年・日本) 福島県の常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)の 誕生秘話とも言える物語。 昭和40年、衰退する炭鉱の街をなんとか甦らせようとする 一大プロ ...
映画~フラガール (きららのきらきら生活)
  「フラガール」公式サイトあやうくスルーしそうになった。。。!気づいてよかった。。。 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設 ...
『フラガール』 (試写会帰りに)
『フラガール』試写で鑑賞。真っ直ぐな作りに初めは「ちょっとクサイかな?」と思いましたが、その後何度か泣かされました(T_T) 常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の奇跡の実話。シンプルだけど、実話なだけあって素直な ...
今年の邦画ベストワン候補「フラガール」 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
米アカデミー賞にも 日本代表として出品されますね。 そんなに期待せずに見たのに 今のところ今年の邦画ベスト1に 選出したい 「フラガール」が 9月23日より公開されます。 昭和40年 エネルギー革命により閉鎖が迫る炭鉱のまち。 そこでは北国をハワイに ...
女優・山崎静代 (わたしのすきなMONO)
こんばんは、未だに「フラガール」の余韻に浸っているbuffaです(*^.^*) 前の記事では山ちゃんに向けて言いましたけど、あらためて静ちゃんスゴイなと・・・ この映画の静ちゃん、とにかく泣かせてくれるんです。まあ笑わせてくれるところも盛りだくさんなん ...
フラガール・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今から40年ほど前、東北の田舎町に、突如として「ハワイ」が出現した。 斜陽産業となっていた炭鉱の失業対策として、掘削のさいに湧き出る温泉とその熱を利用し、巨大なドームの中に常夏のハワイを再現した温泉リゾートを作った
感想/フラガール(試写&劇場) (APRIL FOOLS)
個人的にはここ数年でベスト。9月23日公開、李相日(リ・サンイル)監督最新作『フラガール』に涙止まらず。オレがチケット代出してでもみんなに観てほしい傑作なので、長いけど読んでくれろ。   フラガール 昭和40年、石油の登場でいわきの炭鉱は閉鎖寸前。 ...
フラガール (そーれりぽーと)
南海キャンディーズのしずちゃんが出演しているという情報だけで、『ウォーターボーイズ』や『SWING GIRLS』のような軽いノリの映画かと決め付けて期待をしていた『フラガール』を観てきました。 ★★★★ 想像していた内容とは全く違い、昭和四十年の閉山の危機 ...
【劇場鑑賞101】フラガール(hula girl) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
昭和40年 東京から来た カリスマダンサー 集められた 炭鉱の娘たち 北国を常夏の楽園に!! 40年の時を越え語られる奇蹟の実話。 人生には降りられない舞台がある――― まちのため、家族のため、友のため、 そして自分の人生のた ...
試写会鑑賞 なかのZEROホールにて ~ 李 相日 「 フラガール Hula Girl 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 曇り、時々雨の水曜日です。 今日は、先週の金曜日 一足先に なかのZEROホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、李相日氏監督、松雪泰子さん主演の新作映画について。 『 フラガール 』 ( ‘06年 日本 ) 《 STAFF 》 監督 : 李 ...
フラガール / HULA GIRL (きょうのあしあと)
「人生には降りられない舞台がある」 監督:李相日 脚本:李相日、羽原大介 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、高橋克実 公式HP:http://www.hula-girl.jp 鑑賞:TOHO Cinemas ...
フラガール (uni’s cinema diary)
スルーしようかと思っていた作品ですが、めざましTVを見て観ることに。 松雪さん役
フラガール/試写会 (如意宝珠)
フラガール    http://www.hula-girl.jp/ 監督: 脚本: 李相日 脚本: 羽原大介 撮影: 山本英夫 美術: 種田陽平 音楽: ジェイク・シマブクロ 出演: 松雪泰子 >平山まどか     豊川悦司 >谷川洋二朗     蒼井優 > ...
フラガール (2006) 120分 (極私的映画論+α)
 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり、閉山が相次ぎ、町は先細りの一途をたどっていた。そこで、起死回生のプロジェクトとして豊富な温泉を利用したレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”が計画された。そして、目玉となるフラダ ...
フラガール(試写会) (なんちゃかんちゃ)
昭和40年、閉山のピンチに陥った福島県の炭鉱町。そこで、炭鉱会社は町の活性化のためにレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の設立を提案。炭鉱娘たちにフラダンスを教えるため、東京からダンサーのまどかを呼ぶ。
フラガール (えびさわちるどれんの映画缶 「世界のみなさんさようなら」 物語の終わりははっぴぃえんどがいいのだ。)
? フラガール その2 ? この映画、アカデミー賞最優秀外国映画部門で日本代表としてノミネートされる事となっとるそうです。 ? 素晴らしい邦画だったんで、「取って欲しい!」 なと応援したくなる映画だと思います。 ? 昨日、シネカノンで観てきたんで ...
フラガール  (えびさわちるどれんの映画缶 「世界のみなさんさようなら」 物語の終わりははっぴぃえんどがいいのだ。)
フラガール その1 ? えぇ、今日の夜はマイボスが終わった為、電車男と特命係長の一騎打ちになりそうですね。 ? しかし、どうにも一昨日位から体調が、すこぶる悪いです、 ? 雨の中、牛丼を探したり、辛すぎるラーメンを食べたりしたせいか、熱っぽい… ...
【映画】フラガール (芸術に恋して★Blog★)
映画「フラガール 」は常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ) 設立時の町の存続をかけたプロジェクトの物語である。舞台は 昭和40年、福島県常磐炭鉱はエネルギーの変
「フラガール」 (やまたくの音吐朗々Diary)
間もなく公開される「フラガール」の試写。すばらしい感動作。昭和40年、エネルギー革命により炭坑閉鎖の危機が迫る福島県いわき市。そこでは、北国をハワイに変えようというプロジェクトが持ち上がっていた。その目玉となるフラダンスショーに出演するダンサーを ...
「フラガール」見てきました。 (新米主婦の備忘録。)
「フラガール」見てきました! 率直に言って、よかった! 衰退する炭鉱場を救うため
フラガール★★★★★…(間違いないッ!!) (n.g.s.w.のmonono ahare(もののあはれ))
やられました、完全に裏切られました、今年度№1の出来 です!!ひねくれたレビューの多いYahoo!でも皆一様に好意 的な感想を述べているところからもこの作品が本物である事 が容易に想像できます。「出口のない海」で大泣きした後に まさかそれ以上にボロ泣きす ...
『フラガール』 (ESCAPE TO VICTORY)
フリーペーパーのWeb応募という葉書代すら掛けずに 当たったので観に行ったのが『フラガール』 ? ??μ?????????, ??,??§????? ̄??≫??・???????? ̄???, ?????¬??? ????????¬?????≪ 松雪泰子と豊川悦司という7・8年前なら 連ドラで ...
涙と感動!フラガール♪ (銅版画制作の日々)
  涙が止まらない映画「フラガール」昭和40年石油の登場によって、閉鎖を迫れる炭鉱町。その北国の町を、常夏の国ハワイに変えようという起死回生の大プロジェクトが持ち上がった。目玉となるのはフラダンスショー誰も見たことがないフラダンスを炭鉱娘に教え ...
フラガール (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を映画化! 去年の夏休みに福島に旅行に行って2日目に家族でスパリゾートハワイアンズ行きましたが、そのときはこんな映画を作るとは知りませんでした。 ただ、既に
フラガール/松雪泰子、豊川悦司、蒼井優 (カノンな日々)
南海キャンディーズのしずちゃんが一人で踊っていた劇場予告編はかなり以前から見せられていたので、全容が掴めないものの何だか気になる作品だったわけですが、公開が目前にして宣伝量も一気にアップしていくに従って前評判おグングンと高まっていきましたね。い ...
踊る蒼井優が呼ぶ感動。 (アジアンリミックス)
『フラガール』(★★★☆☆) 2006年/日本 監督/李相日 出演/松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、富司純子 他 福島の常磐ハワイアンセンター創設時の実話を元にしたストーリーです。次々と炭坑が閉鎖に追い込まれる街
『フラガール』 (いつか どこかで)
映画『フラガール』を見てきました。
「フラガール」 (しんのすけの イッツマイライフ)
いや~~ビックリしました。   しずちゃんが出ている場面では、 他の出演者の存在を喰ってしまっていると思いましたよ。 ひょっとしたら女優さんで化けるかも?、、、ですよ(^^;   全体的に本当に気持ちよく映画を見ることができました。
フラガール(試写会) (Movies!!)
松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、徳永えり、岸部一徳、富司純子出演。李相日監督作品。 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。「求む、ハワイアンダンサー」の貼り紙を見せながらここから抜け出す最初で最後のチャンスだと、 早苗は紀美子(蒼井優 ...
フラガール (★試写会中毒★)
満 足 度:★★★★★★★★★★(★×10=満点)  監  督 :李相日 キャスト :松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代(南海キャンディーズ・しずちゃん) 、岸部一徳 、他 ■ストーリー■  昭和40年、福島県いわき市。 そこにある常盤炭鉱 ...
「 フラガール 」 (MoonDreamWorks)
監督 : 李相日出演 : 松雪泰子 / 豊川悦司 / 蒼井優脚本 : 羽原大介 (パッチギ)公式HP:http://www.hula-girl.jp/index2.html予想外に感動的な良い作品でした☆ボロボロ泣いちゃった・・・思わずフラダンスを習いに走りたくなります(笑)・・・ 原 ...
[映画]李相日監督「フラガール」 @シネ・リーブル梅田 (中西理の大阪日記)
監督/李相日 出演/松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/岸部一徳/富司純子 STORY  昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。「求む、ハワイアンダンサー」の貼り紙を見せながらここから抜け出す最初で最後のチャンスだと、 早苗は紀美子を誘う。今や石炭から石油へとエ ...
フラガール (UkiUkiれいんぼーデイ)
今年、私の観た中で第1位に輝きました! 良いとは聞いていましたが、これほど感動できるとはっ! 脚本、監督、撮影監督、美術監督、音楽、もちろんキャストも含めて全てが最高だ! 特筆したいのは、それぞれがバッチリ適役だった俳優陣です。 と ...
映画:フラガール 試写会 (駒吉の日記)
フラガール 試写会@九段会館 「てれすけー」 西日本、しかも海を隔てているのもあり、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)ってこちら(関東)に来るまで知りませんでした。こちらの人にとっては「伊東に行くならハ・ト・ヤ~♪」くら ...
37 フラガール (毎週水曜日にMOVIE!)
この試写会もすごく盛況。私もとても見たかったのでうれしかった。だいたい松雪泰子はきっぷがよくて素敵だし、蒼井優は宮崎あおいと並んで、今後の日本映画を支えていくでしょう。 昭和40年。炭鉱の町常磐は石油に取って代わられる時代の波においていかれそう ...
『フラガール』 (takin' it easy)
ほんっとにオススメ! こんな素敵な映画、久々に観ました☆ 常磐ハワイアンセンター創立の実話に基づく映画で、 リストラが続く炭鉱の町の生き残りをかけた一大プロジェクトがフラ。 松雪泰子さん演じるダンス教師と、炭鉱娘のレッスンが始まる・・・ と ...
『フラガール』情熱に拍手! (ミックスランチ2号)
ダンス教師と少女達の友情と成長を、歓びと癒しのハワイアンミュージックの 爽快なサウンドで贈る、ダンスムービー 『フラガール』を観てきました。もうねぇ、こんなに感動と興奮したのっていつ以来だろう?
「フラガール」で感動(;θ;) (Thanksgiving Day)
招待券をもらったので、映画「フラガール」の試写会に行ってきました!! 今回は特別試写会ということで、音楽を担当したハワイ出身のウクレレ奏者ジェイク・シマブクロのちょっとしたライブがあったり、マスコミ用の撮影タイムがあったりと映画が始まる前にもか ...
*フラガール* (Cartouche)
{{{      ***STORY***           2006年    日本 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワ ...
フラガール (パフィンの生態)
李相日監督、脚本、2006年日本。 常磐ハワイアンセンターが誕生するまでを描いた映画。 あきらめない姿、お互いを支えあう姿、理解し、和解する姿に感動! 生活のために、自分のために、初めてフラダンスに挑戦する少女たち (蒼井優、徳永えり、山崎静代など ...
フラガール (えびさわちるどれんの映画缶 「世界のみなさんさようなら」 物語の終わりははっぴぃえんどがいいのだ。)
? フラガール その2 ? この映画、アカデミー賞最優秀外国映画部門で日本代表としてノミネートされる事となっとるそうです。 ? 素晴らしい邦画だったんで、「取って欲しい!」 なと応援したくなる映画だと思います。 ? 昨日、シネカノンで観てきたんで ...
フラガール  (えびさわちるどれんの映画缶 「世界のみなさんさようなら」 物語の終わりははっぴぃえんどがいいのだ。)
フラガール その1 ? えぇ、今日の夜はマイボスが終わった為、電車男と特命係長の一騎打ちになりそうですね。 ? しかし、どうにも一昨日位から体調が、すこぶる悪いです、 ? 雨の中、牛丼を探したり、辛すぎるラーメンを食べたりしたせいか、熱っぽい… ...
フラガール (LaoYeのひとりごと)
最近はフラダンスのことをフラ(hula)と言うのだそうだ。私などは、フラと聞けばChina Dollsが参加したタイのポップユニット2005 Tiwa Hula Hulaがすぐ頭に浮かぶのだが、今朝は映画の話。松雪泰子主演の話題作『フラガール』であります。昭和40年…。エネルギー ...
「フラガール」今年の邦画は大豊作 (ももたろうサブライ)
監督 李相日(り・さんいる) 昭和40年、エネルギーが石炭からしだいに石油に変わる中、炭鉱の合理化(要するに首切り、今で言うリストラ)が進められていた。 福島県の炭鉱町で会社が生き残りと雇用の創出をねらってハワイアンセンターを建設することになる ...
06-43 フラガール (奇跡の人の映画部屋)
鑑賞日 9月26日 感 想  蒼井優萌え!松雪泰子萌え!豊川悦司萌え!岸部一徳萌え!しずちゃんには萌えんなぁ(笑)。 松雪さんや蒼井さんは本当に一生懸命フラダンスを練習したんだろうなぁ、感動しました! しかしフラダンスって凄いなぁ、 ...
フラガール:スマイル!そして涙! (「朱雀門」という方法・第2章)
★監督:李相日(2006年 日本作品) 京都シネマにて鑑賞 公開初日ではあるものの、埋まった座席は6...
フラガール(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】李相日 【出演】松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/池津祥子/徳永えり/岸部一徳/富司純子/他 【公開日】2006/9.23 【製作】日本 【ストーリー】 昭和40年。エネルギー革命により需要は石炭から石油へと移り
「フラガール」 (てんびんthe LIFE)
「フラガール」九段会館で鑑賞 またまた昭和のお話です。昭和40年。当時福島県の炭鉱町で炭鉱を閉山し、あの『常磐ハワイアンセンター』をつくっていった実話だそうです。昭和の時代を回顧する作品がこのところ続いて公開されていますが、なんでこんなに辛く ...
フラガール (5125年映画の旅)
昭和40年、閉山の危機に見舞われた東北の炭鉱町は、起死回生のために炭鉱からの温泉を利用したレジャー施設、『常磐ハワイアンセンター』を建設する。その施設の目玉であるフラダンスショーに情熱を賭けた女性達を描いた、実話を元にした物語。 この映画は素 ...
映画「フラガール」 (興味的雑記帳)
えー、かなり久々の更新です。 休んでいる間にコメントやTBして頂いたみなさま、ありがとうございます。 さて、早速ですが「フラガール」を観て来ました。 ご存知「常磐ハワイアンセンター」ができるまでの炭鉱の町のお話。 笑えて泣けて、リズムに心を躍らせ ...
フラガール (☆★ななこぉのけせらせらブログ☆★)
「フラガール」を鑑賞。
フラガール (気まぐれ961部隊!)
本日公開初日、朝一番に観て来ました! 『フラガール』#%V:261%# ・・・久しぶりの良作です#%V:100%# (チラシの画像はクリックで拡大。裏面はコチラ)
フラガール (ネタバレ映画館)
でかい・・・しずちゃん。
フラガール (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 今日は邦画お得意の”ちょっといい話”シリーズの新作、「フラガール」を観てきましたよ~。  昭和40年、炭鉱が下火になった福島県いわき市が舞台。  石炭から石油へと燃料の需要が変わり炭鉱が次第に縮小されつつある炭鉱町。  そこで市は街の再生のた ...
フラガール (とりあえず、コメントです)
人生がいっぱい詰まった映画でした。 昭和40年。炭鉱の町いわきでは、石炭産業の斜陽により炭鉱閉鎖の危機に陥っていた。 企業と町にとっての最後の切り札は、温泉を利用して“ハワイアンセンター”を作ることだった。 だが、2000人のリストラに対して新しいセ ...
『フラガール』を観てきた。 (映画観たよ(^^))
『フラガール』を観てきました。 今年何本かあったどうしても観たい作品のうちの一つです。 上映館も少ないので初日に観ちゃいました。レイトショーにもかかわらず満席でした。 ストーリーは、日本は高度成長期。エネルギーの需要は黒いダイヤ石炭から石油へ ...
フラガール (Enjoy Life♪)
人生には降りられない舞台がある。 まちのため、家族のため、友のため、 そして自分の人生のために、 少女たちはフラダンスに挑む。
映画「フラガール」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「フラガール」 昭和40年、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描く。 「黒いダイヤ」ともてはやされた石炭の時代も終焉を迎えつつあり、危機的状況にある炭 ...
フラガール (あいりのCinema cafe)
監督・脚本:李相日出演:松雪泰子(平山まどか)豊川悦司(谷川洋二郎)    蒼井優(谷川紀美子)山
『 フラガール 』 (やっぱり邦画好き…)
 公式サイト 映画 『 フラガール 』 [劇場鑑賞] 2006年:日本 【2006年9月23日公開】[上映劇場 ] 監 督:李相日 脚 本:李相日 羽原大介 [ キャスト ]  松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代 岸部一徳 ...
【フラガール】 (空の「一期一会」)
★も~すごい好きです(涙)好きすぎて、何から書けばいいのでしょう・・・!?アカ
フラガール (三度の飯より映画好き)
公開より一足お先に試写会で鑑賞してきました。最近の邦画って制作費、宣伝費に大金を投じた大作よりも中堅どころの作品に圧倒的に当たりが多いように感じます。この映画も自分にとっては大当たりでした。 時代が変わり需要の少なくなった石炭…その恩恵を受 ...
フラガール@凛音的2007年で一番号泣した映画 (りおんたいむ)
最近、ハワイアンミュージックが好きだっていうことと、 南海キャンディーズのしずちゃんが不器用に踊っている予告編が気になり、 公開と同時に見ることに。 ※写真は後ほど。 フラガール 話の大筋としては、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾート・ハワイアン ...
フラガール (欧風)
さて、映画観まくってる私ですが、以前書いたのが「スーパーマン リターンズ」で、8月の帰省時に観たもので、なんと9月はまだ1本も観てない事に気付いた!まあ、道の駅巡りまくったりしてて、休み中朝から晩まで車で走り回っていて観に行く暇が無かったという ...
「フラガール」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「フラガール」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、高橋克実、岸部一徳、富司純子 *監督:李相日 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブ ...
フラガール (ツイン・ピークスの映画館)
何はともあれ、蒼井優ちゃん、すごい~! 圧巻でした、クライマックスのダンス。 私はあまりみたこともないので、フラのことよく知らないんだけど、 フラとバレエの融合、みたいな華麗だけど魂のこもったダンス。
フラガール/感想 (映画★特典付き前売り券情報局)
2006年09月23日公開の映画「フラガール」を見ました。 泣きましたね~。ベタな泣かせ演出ではありますが、実話を基にしているので素直に感動できます。(狙い過ぎと思った先生と生徒の駅のシーンが実話とのこと。な
『フラガール』 (キュートなバアサンになるために)
 久しぶりに水曜日がお休みになったので映画を見に行ってきました。(水曜日はレディスデー{/heartss_pink/})  「京の昼寝」のcyazさんのブログでも評判が良かったので楽しみにして行きました{/onpu/}  正直言うと私がこの映画に興味を持ったのは 私がまだ日 ...
「フラガール」:ほっとプラザはるみ入口バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}あの煙突は何だ? {/hiyo_en2/}ほっとプラザはるみ。清掃工場の余熱を利用した温浴施設よ。 {/kaeru_en4/}何があるんだ? {/hiyo_en2/}いろんなお風呂やジャグジーやレストランがあるらしいわ。 {/kaeru_en4/}そのわりに、あまり知られてないんじゃ ...
フラガール (ホントノキモチ)
昭和40年代。燃料が石炭から石油に。 炭坑のリストラが進み、 地域復興のために出
「フラガール」 (merci館**)
【監督】李相日 【出演】松雪泰子/蒼井優/豊川悦司/山崎静代 ★★★★☆ 昭和40年、エネルギー革命の影響で炭鉱の閉山を目前にし、活気を失った町を救うために計画された‘常盤ハワイアンセンター’の誕生までを描いた、実話
フラガール 試写会 (試写会HUNTER)
フラガール@なかのZEROホール (2006/08/24)試写会募集数 1/2005 自分の応募口数 1/13自分が応募したものも当選したのですが、都合が悪くて行けず・・・。今回は友人からのもらいものです♪なかのZEROホールは快適なホールでした。 公式:http://www.hula-girl ...
フラガール (まぁず、なにやってんだか)
公開一週間でとても評判がいいようなので、「フラガール」を観に行ってきました。 評判どおり、とてもいい映画で、見終わったあとの満足感もあり、あたたかい気持ちになれて、泣けて笑えて大満足でした。 出演者の啖呵のかっこいいこと。平山まどか(松雪泰子 ...
「フラガール」しずちゃん腰振りダンス効果? (映画コンサルタント日記)
「フラガール」オープニング興収1億円。「スウィングガールズ」(最終興収21.5
フラガール(オレの人生、オレのもんだぁ~) (カオリン&チョチョリンの親育て・子育て)
この映画、全くのノーマークだったんですが、李相日監督作品てんで、見ることに。 したら、これが、何とまぁ・・・泣かされました、泣きました。 映画「ALWAYS 3丁目の夕日」&「ウォーターボーイズ」のテイストを足して2で割ったって感じで・・・。
【劇場映画】 フラガール (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の計画を進めていた。目玉となるのは、フラダンス ...
映画「フラガール(HULA GIRL)」 (わかりやすさとストーリー)
●現代を有利に生きる「シフト」を厳しくも暖かいやさしさで包んで描く、二極分化の両サイドにマッチさせる題材選びがあっぱれな一作●海外ヒットも間違いなし。影の主役「シフトする吉本紀夫」の胸中を想像せよ。
凝り固まった心が解きほぐされていく。『フラガール』 (水曜日のシネマ日記)
昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に描かれた物語です。
『フラガール』 (mimiaエーガ日記)
★★★★★観るつもりはなかったのだけれど「アカデミー外国映画賞日本代表」という
フラガール (spoon::blog)
ふらがーる 実話である。昭和40年代に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる話である。この映画の主人公は松雪泰子演じるまどかである。
きっちり作った再生物語 「フラガール」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_osusume/} フラガール 言いたいこともあるにはあるけど、これだけ泣かせてもらえれば十分でしょう。 いや、泣けた泣けた。 涙そうそう、ですよ。 見終わった後鏡を見たら、ウサギか私か、というくらいに目が赤かったです。 田舎娘もいい ...
「フラガール」 (電影迷宮・2006!!)
しずちゃんの奇妙なダンスの予告編で、あの手のかな、ちょっとしんどいな、と思ったものの、ふとしたことから初日を観にいくことになり、しかも急用でやっぱり止めようかと思いながら、でもネットで買っちゃったし、と仕方なく?迷いながらも映画館にふらふらとひき ...
フラガール (すれっからし塾講師のシネマライフ)
久々に書きます。 本業の仕事があまりに忙しすぎ、なかなか感想を書けません。 備忘録として始めたのに本末転倒 とりあえず、水曜日に無理矢理二本立てで観てきました。 シュガー&スパイスとフラガール どちらもインパクトがあったんだけど、 久々に ...
フラガール (ビター☆チョコ)
昭和40年、炭鉱の町福島県いわき市。時代の変化とともに日本中の炭鉱が閉山に追い込まれ、いわきの常磐炭鉱も例外ではありませんでした。炭鉱の縮小に伴う大量の解雇は住民に大打撃を与えます。そんななか、会社は雇用の場を確保するため坑道に噴出する温泉を利 ...
フラガール (Kinetic Vision)
紀美子(蒼井優)は母(富司純子)に逆らい、縁側で正座させられる。早苗(徳永えり)は会社を解雇された父(高橋克実)にボコボコに殴られ顔中あざだらけになり、押し入れの中に閉じこもる。小百合(山崎静代・しずちゃん)は大き
☆ 映画 『フラガール』 ☆ 今年72本目 ☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
フラダンスを習ってる母に観せてあげたくて参加した試写会だったので、私としては全然期待してなかった。 でも、それは間違い、大間違い。良かった、感動したぁ~~~!! なんといっても素晴らしかったのは、ダンス・シーン。 撮影前に3ヶ月間猛特訓しただけあ ...
たまたま観た秀作-映画「フラガール」 (素面の戯言-しらふのたわごと)
9月30日で期限切れの映画チケットを持っていた。 勿体無いので、今日か明日かに観に行かないと・・・さあ、何にしようか。 「日本沈没」と「udon」は29日で上映終了、また30日から「涙そうそう」が上映開始である。 何でもいいや、どうせ観たくて行くわけじゃあな ...
愛と勇気のフラガール (ぱたぽんのひとりごと)
上映が始まったら是非とも観に行きたい映画がありました。 「フラガール」   公式サイトはコチラです。 閉山寸前のいわき市の炭鉱町が舞台です。 生き残りをかけて炭鉱会社が考えたのは、炭鉱から出る温泉を利用して、 この町にレジャー施設「常磐ハワイ ...
「フラガール」に涙 (徒然日記)
   映画嫌いだった私がこのところ、やたらと見に行っている。この年になると、見聞きできるものはなんでも経験しておこうという気持ちが強くなってきて、いろんな方からのお誘いは、自分の苦手なことでもなるべく断らないようにしているからかもしれない。  で ...
『フラガール』 (Scotch Park スコッチパーク)
東北弁がすごいです。 かなり訛っているので、最初のうちは聞き取るのに必死です。 慣れてくると、豪華な出演者と話の面白さに次第に引き込まれました。
フラガール/場所を巡って             (マダム・クニコの映画解体新書)
 冒頭、斜めの構図が提示される。  少女が2人、将来への不安を語り、ボタ山から斜めに滑り降りる。  集会所の「一山一家」の額が傾き、炭坑が斜陽産業であることが分かる。 窓、戸、カメラのファインダーなどから、のぞき込むシーンが多用される。 本作 ...
フラガール (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ドラマ  監督:李相日  出演:松雪泰子      豊川悦司      蒼井優      山崎静代 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり閉山が 相次ぎ町は先細りの一途をたどっていた。そこで起死回生のプロジェク ...
フラガール (Big Screen)
○ドラマ[◆◆◆◆◆◇5/6] ○2006/120min/公開2006/09/23/シネカノン 9月中旬、ネットでニュースを見ていると、こんなニュースが飛び込んできました。 『 米アカデミー賞最優秀外国語映画賞部門に日本代表として出品される作品が決定 』 その作品は ”フ ...
フラガール (シャーロットの涙)
躍らせてくんちぇ~♪ ダンス好きにとってはもっとダンスシーンが見たくもあったけど、あったかい心のつながりに何度も涙をもらいましたー。 昭和40年・・・この頃にはどこにも「一山一家」のような精神があったのだと思う。関わり合う人々それぞれが家族同然で ...
『フラガール』 (**Sweet Days**)
監督:李相日 CAST:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司 他 昭和40年、福島県の炭坑に誕生したハワイアンセンターにまつわる実話を映画化。 福島県いわき市、常磐炭坑は時代の流れと共に閉山の危機に追い込まれていた。そんな中、「ハワイアンセンター」の計 ...
フラガール (caramelの映画日記)
【鑑賞】試写会 【公開日】2006年9月23日 【製作年/製作国】2006/日本 【監督】李相日 【出演】松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/岸部一徳/富司純子/寺島進/高橋克実 昭和40年、エネルギー革命により閉鎖が迫る炭鉱まち。 そこには北国をハワイに変えよう ...
フラガール。 (実果の日々のあしあと。)
観て参りました。(一応公式http://www.hula-girl.jp/ind
美しい「フラガール」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の奇跡の実話、というシノプシスを最初に聞いたとき、プロジェクトXみたいな話?とか南海キャンディーズのしずちゃん(好演 !)がCl
フラガール (skywave blog)
人の本音の部分は、生まれ育った地域の言葉で思考する。お国言葉・方言の’チカラ’を、感じました。 昭和40年、炭鉱の町いわき。石炭から石油の時代の波に飲み込まれようとし
フラガール(映画館) (ひるめし。)
未来をあきらめない 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:李相日 出演者:松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/岸部一徳 時 間:120分 [感想] フラガールたちのひたむきさに泣けた。 久しぶりに映画みて泣けた。 全然期待せずにいったらヤラれた!!っ ...
『フラガール』 (Antique)
しづちゃん・優ちゃん・池津さん。 見てきましたw 良かった{/ee_1/} 期待していたより良い映画でしたよ~{/face_naki/} 何度もうるうるさせられました。 内容がしっかりしている映画で、演出もキャストもバランスが良かったです。 いつの間にかどんどん引き込 ...
フラガール (映画を観たよ)
すんごくステキな映画! いつも通りの展開だと思ってたんですよね。 最初は色々あるけどみんなで解り合って頑張って最後には大成功!っていう展開だと思ってたら違った! いや、展開はいつも通りなんだけどフラにかける思いが違う! だって生活と未来が懸かってい ...
『フラガール』 (流れよわが涙、と、おぢさんはゆった)
土曜の会社帰りにさいたま新都心の映画館にて鑑賞。 数日前まで観るつもりなかったのだが、信じられないぐらい良い評判ばかりだったので観る事にしたのだ。 『Always 三丁目の夕日』も『スウィングガールズ』もさほど期待しないで行ったにも関わらず、劇場を後に ...
映画鑑賞記「フラガール」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:06.10.01 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16  常磐ハワイアンセンター(現在は、スパリゾートハワイアンズ)の誕生物語。そこには、日本の産業を支えてきた炭鉱の落日を前に、炭鉱の町を「常夏の楽園」に変えようと奮闘する炭鉱娘たちのドラ ...
フラガール~これまたおもしろいっ! (シネマでキッチュ)
李相日監督の映画だもん、元気もりもり! おもしろい、おもしろい! すごい良くできてる。世相をたくみにとらえて上質な作品にもなってると思います。 でもそれをエラそうにしないのが李監督のすごいところで、上質なものを笑いと涙の大バーゲンで巧くに隠してい ...
フラガール (負け犬のひとりごと)
今日はファーストデーで鑑賞料金は千円!ということで、『フラガール』を観て来ました。あまり邦画は劇場で見ないのですが、年に100本もの映画を劇場で見ているというcyazさんのブログ「京の昼寝~♪」で強く勧められていたのがきっかけです。 いや ...
フラガール (とんとん亭)
「フラガール」 2006年 日 ★★★★★ めちゃめちゃ感動します! 昭和40年福島県いわき市。炭鉱の町だったが、時代が炭鉱を 必要としなくなり、閉鎖の危機にあった。会社は破格な金を投じて 東北の片田舎に レジャー設備“常磐ハワイアンセ ...
愛と勇気と感動のエンターテイメント・・・【フラガール】(2006年13本目) (ON THE ROAD)
うっ! キ・・キタ━━━━(T∀T)━━━━!! な・・涙が止まらないよ~ 観たい映画が数本あった。 なんとなく心に刺激がほしくて感動大作か仕掛けが大掛かりな映画を 観ようかなと具体的には決めずにシネコンに向う。 しかし候補に挙げていた映画は全部上映 ...
フラガール (Good job M)
公開日 2006/9/23監督:李相日 「スクラップヘブン」出演:松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/高橋克実/徳永えり/寺島進/岸部一徳/富司純子 他【あらすじ】昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。本州最大の炭鉱・常磐炭鉱では大幅な人員削減が迫り、かつての基幹 ...
フラガール (吾輩はナマケモノである。)
一度は名前を耳にした事がある“常磐ハワイアンセンター”の誕生物語です。 “常磐・・・・”は福島県にあることを本作で知りました。 平山まどか(松雪泰子)と言い争う吉本紀夫(岸部一徳)の福島弁?・・・字幕が必要でしたよ。館内に不思議な空気の漂った後 ...
フラガール ( 〓いきあたってばったり〓)
昨日の日曜日、映画「フラガール」(注:音が出ます。)を観てきました! めちゃくちゃ良かったです。笑いあり~の、涙あり~の。途中飽きる事もなく、最後までぐっとお話に引き込まれてしましました。蒼井優ちゃんやしずちゃんらフラガールズのダンスも、迫力満 ...
フラガール (ぷち てんてん)
フラガール見てきちゃいました。見てきたというよりも、泣いてきたというのが正しいのかも(笑)泣かせるのがうまいんだもの^^)☆フラガール☆(2006)李相日監督松雪泰子・・・・・・・平山まどか豊川悦司・・・・・・・谷川洋二朗蒼井優・・・・・・・・谷川 ...
フラガール (キューピーヘアーのたらたら日記)
ミチさんの星5つは、これ観なきゃ絶交よっていうサイン、 ってな訳ではないけれど、観たい気持ちを抑えきれず、 行ってきました、映画館へ。 だって、評判いいんだもん。 東北の炭鉱町でハワイアンセンター? 奇抜な発想ってこともないんだよね~。 若い女 ...
フラガール (八ちゃんの日常空間)
一部、ベタだ、ベタだ、という意見もあるだろうが、ベタでなければ映画ではない。「プロジェクトX」のようなドキュメンタリーになってしまうだろう。 映画だからこそ、笑いあり、涙ありでいいのだ。 スーパーマン・リターンズを抜いて今年ナンバーワン!
「フラガール」 歯を食い縛らなくても (明日へのヒント by シキシマ博士)
ここのところ、コンスタントに良い邦画が登場してきますね。 この「フラガール」も正に、そんな周期を途絶えさせずに繋いでくれる1本だと思います。 米アカデミー賞の外国語映画賞部門に選出されたという話も頷ける、応援したい気持ちにさせる作品です。
腰 ~「フラガール」~ (サナダ虫 ~解体中~)
李相日監督作品、松雪泰子主演の、 映画 「フラガール」を観た。 米アカデミー賞外国語映画部門、日本代表出品作品。 昭和40年代。 福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、 フラダンスショーを成功させるために奮闘する人 ...
■ フラガール/終わり良ければ・・・ (今日なにした?明日なにする?)
「蒼井優」に助けられ 【あらすじ】 昭和40年、閉鎖が迫る炭鉱の町で、北国に“楽園ハワイ”を作り上げる という起死回生のプロジェクトが持ち上がっていた。  目玉となるのはフラダンスショー。  しかし肌を露わに腰蓑をつけるなど恥じとされた時代、誰も見た ...
フラガール:心の底から気持ちよく泣けます (映画・DVDを観て得しよう!)
常磐ハワイアンセンターのフラダンスは、確か修学旅行かなんかで何度か観ているはずだ。そのときの印象も今回の映画のクライマックスと同じ光景があったはずだ。記憶の底に眠っている自分の固定概念にはハワイの本場のフラの他に常磐ハワイアンセンターのフラがあ ...
映画 『フラガール』 (はんなり・・・)
 私は“俳優”と呼ばれる職業の人たちに、あまり興味が無い。 映画の中の人間にどんなに惹かれたとしても、スクリーンに映る人たちは、単に与えられた台本を読み、演技をしているだけに過ぎないからだ。 そこに監督のポリシーは存在するかもしれないが、演技者 ...
フラガール  (シュフのきまぐれシネマ)
フラガール @ユナイテッドシネマとしまえん 9・30(土) ? 監督:李相日 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代  岸部一徳 富司純子 公式サイトはコチラ 北国に常夏の楽園「常磐ハワイアンセンタ ...
フラガール (見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!)
監督:李相日キャスト:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、富司純子、岸辺一徳、山崎静代ジ
フラガール (Still Life--極東喫茶室より)
そういや英語で"hula"(フラダンス)って、アクセントが「フ」なんですよね・・・。「フーラダンス」と発音。 "hula hoop"(フラフープ)の「フラ」も、フラダンスの「フラ」なので、英語で言うときは「フ」にアクセント。「フーラフープ」でないと通じない。 だか ...
フラガール (It's a Wonderful Life)
炭鉱が出てくる映画にはいい映画が多いんです! 以前、めちゃめちゃ好きな作品 リトルダンサー」の感想を書いたときに、 「フル・モンティ」「遠い空の向こうに」「ブラス」を勝手に 「炭鉱4部作」って書きましたけど(笑) この映画も内容聞いてもし ...
フラガール (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  私、生粋の東北人です・・・  
フラガール (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
泣いて笑って、笑って泣いて...。最後まで楽しめる作品に仕上がっていました。 昭和40年。「もはや戦後ではない」という言葉が実感を持って語られるようになった頃の日本。それまで石炭に頼っていたエネルギー源が石油に置き換えられていき、炭鉱が次々と閉 ...
映画「フラガール」を観て (とみのひとりごと)
 愛、勇気、希望、涙・・・。
「フラガール」(1) (「境界に生きた心子」)
   昨日「映画の日」、話題の 「フラガール」 を観てきました。  かなり 涙腺を刺激されました。    昭和40年、長年 隆盛を誇った 福島県の炭鉱も、  石油に取って代わられる 時代の流れにあって、閉山の危機に迫られています。  起 ...
フラガール (映画通の部屋)
「フラガール」 製作:2006年、日本 120分 監督、脚本:李相日 出演:松雪
「フラガール」 (ひねもすのたりの日々)
”黒いダイヤ”の炭鉱に真っ赤なハイビスカスが咲いた。「スパリゾートハワイアンズ」
フラガール (勝手にコピーライター宣言)
今回の映画のプログラムはハードカバーで出来ていて、グッジョブ!。中身もポートレー
ふら ふら hula hurrah! (大豆の語る室)
 仕事でエクセルばっかり使ってたおかげで、ホームページ作らずにすんだ。何も考えず
フラガール♪ (piano lesson)
この前は先に「涙そうそう」を観たので、どうしても見たかった「フラガール」を観て来
映画「フラガール」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
フラダンサーで眼鏡をかけた子持ちの母役の人、どっかで見たことある~??? 絵本みたいなハードカバーの可愛いパンフレットを購入したら判りました。 彼女は先日の昼ドラ「我輩は主婦である」に出演していた隣のヤンキー役
フラガール (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「フラガール」の感想です
フラダンスは正式には「フラ」と呼ぶのが正しいそうだっ♪ (なんとなく楽天~眠民の人生向上委員会~)
みなっさん、こんばんは(*^^*)ニート戦隊ショクネーンジャー ニートグリーンの眠民でっす!普段は、王子やってます。今日は、免許更新してきたとです。最近は写真を持参しなくてもいいから便利だね!でもっ。でもっっっっ!現地で、流れ作業のように写真を撮られ ...
★「フラガール」 (スナフキン・レポート♪)
映画「フラガール」 ・・・公式ページは、こちら ある程度の年齢以上の人なら、『伊東と言えば、“ハトヤ”・・・常磐といえば、“ハワイヤンセンター”』 と言うくらい・・名前だけは知っていた「常磐ハワイアンセンター!」 (今はスパリゾートハワイアンズと名 ...
フラガール (独身anの30後半ってこんな?)
『フラガール』  ・・・評判どうりです! 久々にHちゃんと見に行きました。ネタ、
「フラガール」 (古今東西座)
常磐ハワイアンセンターの話と聞いてしまうと、とても「観たい」とは思わないのだが、割と評判が良い様子なので気が変わり観てみた。僕が行ったワーナーマイカル新百合ヶ丘の夜の回は、平日であったが30人くらいの入り。但し年齢層がとても高く、チケット売り場の ...
映画『フラガール』 (流れる水の色)
『フラガール』を観てきました。 少し前に、主役の松雪泰子さんのインタヴューを読んでいたし 南海キャンディーズのしずちゃんも出ているし 気になっていた映画です。 よくお世話になっている『京の昼寝~♪』のcyazさ
フラガール (シネ・ガラリーナ)
2006年/日本 監督/李相日 ダンスものの映画って好き。目覚めたのは「愛と哀しみのボレロ」のジョルジュ・ドンだった。(ふる~)バレエって、軽やかなお嬢様なの踊りだと思っていた私は、彼のダンスを観て頭をカナヅチで殴られたくらいショックを受け感動し ...
フラガール (知心庵別館)
生まれて初めてのレイトショーで観たこの作品。 いい観客と一緒に観ると映画の楽しさは倍増するということを再確認した作品となりました。 ではいつものネタバレ感想行ってみます!
「フラガール」 (the borderland )
あなたは、しずちゃん(南海キャンディーズ)で泣けますか? 最初はお笑い担当だと。いかにもな設定やなぁと思ってましたが、思わずホロリとなってしまいましたよ。 福島県いわき市で脱炭鉱のために作られることになった常磐ハワイアンセンターの誕生をめぐる ...
映画と客席で涙をこらえる・・・@フラガール (街角INSPECTION)
レジャーの業界で働いている人なら、 そのすごさは誰でも知っているというくらいの奇跡の施設   スパリゾートハワイアンズ 現在年間来場者数は150万人を超え、 その運営能力の高さは、国内でもずば抜けている。 この施設のすごさは、すべてのノウ ...
フラガール (19歳の映画review)
  映画ブログランキング 人気blogランキングへ エンタメ@BlogRank
フラガール (花たちばな日記)
今日、「フラガール」を見てきました。 笑えました。泣けました。 イギリス映画で、「ブラス」や「フル・モンティー」や「リトル・ダンサー」など炭坑閉鎖に伴うドラマを見てきましたが、「フラガール」もいやおうなく進む時代の流れの中で家族や地域の再生とい ...
フラガール (とにかく、映画好きなもので。)
   昭和40年、福島県いわき市にある炭鉱の町は、時代の波に飲まれようとしていた。  エネルギー革命で、次第に鉄鉱のニーズは減り・・・石油へとエネルギーが変わろうとしていた時代。  町にある炭鉱は閉山が相次ぎ、危機的状況に直面 ...
男前な女たち~フラガール (まったりインドア系)
 テーマが「笑いと涙と感動と青春と家族愛」という超ベタな設定ながら、制作者の意図どおりに気持ちよく笑って泣いてしまった。以前、『ゆれる』の西川監督が『キネ旬』のインタビュー記事で、「女性賛歌」の映画は実状とあまりにもかけ離れているので、違和感を ...
フラガール (まじめにふまじめ★)
まず、この映画会社に一言言いたい・・・。 パンフレットの出来が       とっ
『フラガール』★★★★★★★★☆(8.5点) (ginpeichanの映画日記。)
というわけで、昨夜観てきました『フラガール』。 結局今月は、『ユナイテッド93』、『グエムル』と、映画館で3本の映画を観たんだなあ。 あまり観てない印象があったんだけど。 で、ともかく『フラガール』。 先日ここでも書きましたが、僕はこの映画の舞台 ...
フラガール(20060929) (cococo)
泣けました。元々、涙もろいです。不思議なんですが、台詞には、さほど明確な表現が含
「フラガール」観てきました (徒然DIARY)
今日は家族でシネコンに。夫と息子は「ワイルドスピード3」、私と娘は「フラガール」。「フラガール」公式サイト監督は李相日。「69」観ました。面白かったなぁ。北関東から南東北の方なら誰でも知ってる「常磐ハワイアンセンター」(現スパリゾートハワイアン ...
「フラガール」 (の~~~~~んびり~( ̄。 ̄))
解説昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描いた感動ドラマ。『69sixtynine』の李相日監督がメガホンをとり、石炭から石油へと激動する時代を駆け抜けた人々の ...
映画「フラガール」を観た! (とんとん・にっき)
福島県いわき市のJR湯本駅前に現れた、丸みを帯びたボンネットバスの話題、このブログでも1年半前に取り上げました。それが常磐交通自動車が、JR湯本駅と「スパリゾートハワイアンズ」の間の5キロ区間で走らせたバスでした。そして、「スパリゾートハワイアンズ」 ...
『フラガール』 (エニカイタ・ブログ)
福島の寂れた炭坑町の打開策として計画された、常磐ハワイアンセンター創立の実話をもとにした映画。炭坑町の田舎娘たちがフラダンサーを目指して猛特訓する。 事前情報では『ウォーター・ボーイズ』や『スウィング・ガールズ』みたいな「青春・集団創作もの」 ...
『フラガール』 李相日監督 いまの日本映画の魅力が凝縮 (物語三昧~できればより深く物語を楽しむために)
評価:★★★★☆星4つ半 (僕的主観:★★★★☆星4つ半) ? 妻にせがまれたので、邦画『フラガール』を見に行く。個人的には、あまり昨今の邦画は見に行かないし、邦画程度のレベルを映画館で見るのはなぁ、という気持ちがあり、「自分の趣味じゃないけ ...
「フラガール」バイラル起きてます (世田谷のProducer)
映画「フラガール」 http://www.hula-girl.jp/index2.html 僕的には「涙そうそう」を観る前の時点で、 「タイヨウのうた」「海猿」を超え、今年の邦画No.1。 先ほど、テクノラティをチェックしたら http://www.technorati.jp/search/ 「フラガ ...
フラガール (世田谷のProducer)
今年度邦画の最高傑作。 僕的には 1位 フラガール 2位 タイヨウのうた 3位 海猿 黒いダイヤモンドと言われた石炭の町の斜陽と炭鉱の突拍子もないハワイアンセンター構想と松雪泰子演じる東京からやってきた借金まみれでアル中のダンスの先生と蒼井優演 ...
「フラガール」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2006年・シネカノン/監督:李 相日) いきなり断言する。これは大傑作である。必見である。 本作を観るまでは、本年度のベストワンは、西
映画『フラガール』 (希望の明日へ)
 昨日封切られた『フラガール』を観てきました。 偶然ですが、李相日監督と9人のフラダンサーが挨拶に登場してびっくり。映画館内は立ち見の観客もいて、満席状態に驚きました。 福島県はこの頃、談合事件で揺れているようですが、元気が湧いてくるいい映画で ...
フラガール (腹黒い白猫の映画&韓国ドラマ)
映画「フラガール」ストーリー昭和40年、エネルギー革命により閉鎖が迫る炭鉱まち。そこには北国をハワイに変えようという起死回生のプロジェクトが立ち上がった!!そこの目玉になるのがフラダンスショー。誰も見たことのないフラダンスを娘たちに教えるため東京か ...
 (LIVE THE ROCK)
何ヶ月ぶりだろか? 仕事が早く終わったので フラガールを見てきた。 舞台となっているいわき市 実はここの出身なんです。 現スパリゾートハワイアンズの近くの高校に通ってました。 この頃だったかな? 常磐ハワイアンセンターから名前が変 ...
爽やかな涙大洪水…「フラガール」★★★★★ (ちいろぐ)
最近、日本映画好調じゃございませんこと? 今回の映画の日、見たいものがたくさんあって、何を見に行こうか迷う。 涙そうそう 夜のピクニック フラガール この3本の中から、今回は「フラガール」を選択。 いや~。 泣きました。 悲しい涙じゃなく ...
おすぎが絶賛【フラガール】を見てきた/やはり名作/物語の世界61 (新世紀の生き方、物語の世界)
◇ おすぎが、映画【フラガール】を絶賛していました。そういうことは珍しいので、Yahoo!ムービーレビューを見てみたら、あーた、4.5点/5点満点でした。【時をかける少女】が4.6点/5点満点なので、それに迫る勢い。これは見なければなるまい。ジェイク・ ...
「フラガール」を観る(ネタバレあり) (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 今日は盟友N氏とシネマサンシャイン沼津で「フラガール」を観てきた。N氏が注目し
『フラガール』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「まいったな。 まさか、李相日監督の映画で涙が出るとは思わなかった」 ----『69 sixty-nine』のこと、 いつもよく言わなかったものね? でも、これもあ ...
「フラガール」 人を育てるということ (はらやんの映画徒然草)
先頃までフジテレビ系列で放送していた「ダンドリ。」はチアダンス。 チアダンスに一
フラガール (しぇんて的風来坊ブログ)
福島県いわき市に、昭和40年台に常磐ハワイアンセンター(当時)が出来る、寂れゆく炭鉱の街を起死回生させようとするお話。 地元娘たちがハワイアンダンス(フラ)に挑戦。 このお話は価値観の差がぶつかりながらも何とかしようという想いとか伝わるものがあ ...
映画 フラガール みんなみであげてくんちぇ~♪ (クリエイター日記)
きたぐにのぉ~、むすめっこらがぁ~、とんでもない奇跡を起こした! 福島県いわき市...
フラガール (BLACK&WHITE)
監督:李相日  音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子、寺島進 炭鉱の町福島県のいわき市。そこで東北に南国の楽園を!という働きかけは 閉山により町が衰退していくのを
役者魂「フラガール」 (再出発日記)
監督:李相日出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子昭和40年というと今から約40年前であるが、それからずっと「東北のハワイ」が続いているということは、「ハワイアン」が本物であることの証なのだ。ではそれを映画で表現しようとする ...
「フラガール」 (徒然雑草)
2006/08/03 東京九段下「九段会館」で「フラガール」の試写を観た。昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。『求む、ハワイアンダンサー』掲示板に貼られたポスターを見た早苗(徳永えり)は紀美子(蒼井優)にこう…
いま一番泣ける映画 (映画、鉄蔵のつぶやき。)
いま一番泣ける映画。それは  「フラガール」 だそうです。 ぴあの映画満足度ランキングでの結果ということで、 信憑性はかなり高いですね。 確かこの作品はオスカーの日本代表作にも選ばれているはず。 (ノミネートされるかは別問題ですが。) うわさ以 ...
フラガール(映画) (「しつこく」新×3もろもろ日記)
「常磐ハワイアンセンター」のことは前から知ってました。 なぜ福島でハワイなん?と思っていましたが 炭鉱の人員削減に伴い、町の活性化のために作られたのだとは この映画ができるまで知りませんでした。
フラガール (Pocket Warmer)
題名:フラガール監督:李相日出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一
Hula Girl (フラ ガール) (K'z impressions)
9月10日のTBS「情熱大陸」に蒼井優が出演しており、そのとき「フラガール」を知り気になっていたので24日に映画館へ見に行く。初日(23日)の翌日朝イチ9時30分の回だったけどほぼ満席の状態で前回見た
フラガール (しずかのオススメ日記)
かもめ食堂に続く、今年ピカイチの映画。 フラガールを観てきました[:ポッ:] 私は蒼井優ちゃんのファン。 彼女はもちろん、出演されている皆さんが素晴らしかった[:ぴかぴか:] しずちゃんなんか笑かす上に、泣かすし。。 松雪泰子さんも久々に美しい。 富 ...
フラガール (バラ肉色の生活)
「フラガール」は今年の泣ける映画大賞受賞!といった感じで、実話を元にした情感溢れる映画です。映画館の観客の皆さんが殆ど泣いていたというのも事実。昭和40年代の常磐炭鉱を舞台に、田舎娘達が華麗に変身していく様は感動もの。当時の人々の生活が再現されて ...
【フラガール】 (じゅずじの旦那)
観ました、、、泣きました、、、しかも、号泣。 確かに泣き上戸のオレですが、これはハマった!!! 《昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描いた感動ド ...
『フラガール』松雪泰子、蒼井優主演 (生きることにも心急き、感ずることも急がるる…)
                   3連休だけど、上の娘がテスト週間なので、一家揃って出かける訳にはいかない。下の娘も「お姉ちゃんが行かないなら、家にいる」というので、妻と二人映画を見にいくことにした。 ...
ここは日本のハワイ! (ひょうたんからこま)
『フラガール』(2006年・日本/120分)公式サイトネタバレアリ廃坑閉山への道を加速的に進む炭鉱の街。昭和40年代、無謀にも福島県に「ハワイ」を作ろうとした人々がいた。親からも、炭鉱を守る人たちからも、理解を得られぬまま・・・炭鉱の街に生まれ ...
フラガール (ダラックマ日記)
試写チケットをいただいたので、【フラガール】 を観てきました。 南海キャンディーズのしずちゃんの女優デビュー作品(笑) だいぶ前から、しずちゃんがジャージ姿で踊っている予告編を観て観たいなぁ~と思っていたので、試写チケットもらってラッキーで ...
★「フラガール」 (ひらりん的映画ブログ)
ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・ 時間の都合で邦画の「フラガール」。 予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。 炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。
過剰な人情@フラガール (憔悴報告)
どうしてこんなに人情人情また人情と、観る者の共感を得たいというシーンが次々に画面を支配するのか、おれにはさっぱり理解できない。
フラガール (新型そうだちゃんなダイアリー)
映画「フラガール」を観に行った。 面白かった。 笑ったり泣いたりして観た。 石炭から石油へとエネルギーが転換している頃の東北の炭鉱。 人員整理で職を追われる人たち。 そんな寒々しい環境下に、 雇用確保の一策として建てられるハワイアンセン ...
【MOVIE】フラガール (::: Glittering Happy Days @BH!!!BA!!! :::)
 Hulaを習いはじめた&ジェイクの音楽が気になるというかなりミーハーな理由で見に行った「フラガール」。前評判もよかったので、どんな映画だろう?って思っていたんだけど想像をはるかに超えて良かった。最初はコメディーかな?って思ってたんだけど、感動ド ...
フラガール(06・日) (no movie no life)
働くということが炭鉱労働者になることしかなかった時代は、誰も迷いはなかった。 しかし、そうではなくなったとき。 昭和40年、福島県いわき市。 石炭から石油へと時代が変化する中、炭鉱の町の情勢は厳しく、多くの失業者が予想された。新たな雇用を創出す ...
映画『フラガール』 (健康への長い道)
大阪梅田のシネ・リーブルで&#63704;映画『フラガール』を観てまいりました。客席は老若男女のお客さんでほぼ満員。 昭和40年。福島県いわき市。石炭から石油へのエネルギー革命により、本州最大の常磐炭鉱も高度成長から取り残され、閉山の危機が迫る。 ...
フラガール (GMのつぶやき)
評判がめちゃめちゃ高く,観に行きたいと思っていた映画”フラガール” 常磐ハワイアンセンター{/onsen/}設立の時のお話を,実話に基づいて!?映画化と言うヤツですね{/kaeru_yodare1/}。 いやぁ,予想以上にベタな映画でした(笑)。 決して悪い意味ではない ...
フラガール(映画)楽しく号泣 (漢方薬剤師の日々&映画)
あやうく声を上げて泣きそうだった。 蒼井優の泣きたいのをがまんした、くしゃっとつぶれる一瞬の表情が たまらない。 岸部一徳の微妙なキャラ。フラの先生(松雪)に向かってまくし立てる 超訛りの長ゼリフも最高。(これ、字幕が必要だったかも) 男湯にザンブ ...
女はつええなあ (世界の中心で、愛をうたう)
「女はつええなあ」 ? この映画の中で豊川悦司さんがしゃべった台詞。 この台詞がなんとも印象的で心に残りました。 不覚にも三度も泣きました。 これほど映画館の中が暗くて良かったと思ったことはありません。 色々な方が“いい”と言って ...
フラガール (いろいろと)
全国一斉ロードショーより2週間送れて 先週の土曜より公開されているフラガール を
映画「フラガール」 (文化村通りクリニック 院長室)
しまちゃん様一押しの映画「フラガール」のレイトショーを見てきました。 シネアミューズはクリニックの側なのでとても行きやすいのですが、渋谷アミューズCQNはちょっと遠く、残務整理していると「遅れてしまう!」と慌てて走って行きました。 常磐ハワイアンセ ...
フラガール(FULA GIRL)2006 (左前ごまちゃん映画狂日誌)
タイトルは軽い響きですが、内容はキッチリと詰まってましたよ!思いがけずに良い作品と巡り逢えて嬉しい日でしたっ(笑)---------------------------------------------------------------------------------------------------------炭坑の閉山で活気を失った町 ...
『フラガール』を観て (メディア日記<龍の尾亭別館>)
『フラガール』を観て 今、『フラガール』を観てきました。 このブログを観ているすべての人に、直ちに映画館に行って下さい、といいたい作品です。 常磐炭坑(糧食でしたが)に勤めていた祖父を持ち、いわき市に20年近くも住んでいた私にとっては、この映 ...
「フラガール」 (或る日の出来事)
(c) 2006 BLACK DIAMONDS 笑って泣いて感動して、の一大娯楽作! 完璧じゃないですか。 ラストのフラダンス、とくに蒼井優さんのソロ演技の素晴らしさには大感動!! フラダンスで、ぞくぞくするほど、泣けるほど、感動す
映画「フラガール」 (7-days a week)
フラガール ジェイク・シマブクロ, サントラ, ナレオ  映画「フラガール」、昨日(10/12・木)観て来ました。  劇場での映画鑑賞は、去年の「オペラ座の怪人」以来で、1年半ぶりになります。  以前から、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワ ...
フラガール (迷宮映画館)
お隣は福島県のいわきの炭坑町。時はエネルギー転換の大嵐を受けて、日本国中の炭坑が次々と閉山の憂き目に会っていた頃・・・。 昭和40年。ボンネットバスが闊歩していた田舎町に、突然振って沸いたハワイを作ると言う話だが、「そんなんできるわげねえっちゃ」 ...
ロケ地に看板 (日刊「NOCUSる」)
No.2308 こちらでちょっと触れましたが、 いま全国で映画「フラガール」が絶賛公開中。 写真は、こちらでも紹介したロケ地です。こんど それを説明する案内板が設置されました。 ちなみに、 「産業遺産」の掘り起こしについて、うちの母ちゃんが 先ごろの市 ...
映画『フラガール』 (コラムニスト宣言)
 これは、まさに「躍る=踊る」フィルムだ。  歴史的役割を終えつつある炭坑に見切りをつけ、女たちが躍り出る。男を支える、という役回りからも舞い降りる。教師のダンスを初めて間近に見た女たちの胸は躍り、フラダンスに自分たちの夢を託す。女たちは、愛を ...
フラガール (オタクの魂forビギナーズ)
少し前に『バックダンサーズ』を観て、邦画でダンス映画って珍しい!なんて書いたのですが、コレもダンス映画になるんですかね『フラガール』。 あらゆる部分で、かなり丁寧に撮ったと思えるイイ映画でしたが、蒼井優さんの超熱演ソロダンスシーンのおかげで更 ...
フラガール (Monkey Dance on a "Rocking Horse")
「オトシモノ」を観に行った話は昨日書いたのだが、一昨日の夜、そのネット予約をしていて、あることを知った。なんでも毎月1日は「1st day」といって、通常 1,800 円の料金が 1,000 円になるとのこと。安っ! 「こんなに安いんだったら、もう1本観とく?」 と ...
(今日の映画)フラガール (Kozmic Blues by TM)
フラガール
フラガール 二回目です(笑) (あのコルトを狙え)
前日に明日は休みなのだが予定も無いので熱海の 福島屋旅館を再訪し 1人でノ~ンビリ過ごそうと思い前日に予約の電話を掛けるも 「明日は申し訳ありませんが・・・」と断られる。 家族経営の小さな旅館なので急な宿泊は無理な事もあるようです。 最近また「福島屋 ...
フラガール~しずちゃん、最高! (Osaka-cinema-cafe)
この映画を見た人から殆ど、「良いよ」、や「泣いた」とか 聞いていたので、見たくて仕方なかったのです。 ようやく見て来ました。 いや~、めちゃめちゃ泣いてしまいましたね。 実話を元にした、映画「フラガール」 昭和40年代、福島県いわき市の炭鉱 ...
フラガール  (★しゃべりば ★)
皆さんのブログや友人の評価に誘われて大好きサスペンスを後日にまわして・・遅らばせながら鑑賞だぁ~ 私の生まれた頃なんで感慨深かったです。ウチには洗濯機(手動)はあった気がするから彼女達よりはちょっぴり都会?だったかもしれませんけど(笑)「常磐 ...
「フラガール」鑑賞 (BIGLOBE平社員ブログ)
僕は何ボーイ? 石塚です。
フラガール (ももママの心のblog)
昭和レトロの香る映画。ただ懐かしさだけでは語れないくらい面もあったあの頃。北国に常夏の島が現れた!
「フラガール」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「フラガール」 監督:李相日 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、高橋克実、岸部一徳、富司純子 昭和40年・・・エネルギーの需要は石炭から石油へと変わり、世界中の炭鉱が次々と閉山。 本州最大の ...
フラガール (小部屋日記)
(2006/日本)【劇場公開】 久々、劇場で号泣・・・それも清々しい涙。 「山をハワイにすれば、みんな幸せになれる!!」 それを信じて、女性たちは踊る。 前に向かって進む心意気。 「踊っぺ!」 ラストのフラダンスシーンは圧巻!!! 思わず拍手しそうになりま ...
フラガール (観劇レビュー&旅行記と日記)
二日連ちゃんになるが、「フラガール」をレイトショーで見た。 当初は見る予定がなかったのだが、田村貴昭さんのブログを見たら感想が書いてあり、高い評価だったので見ることにした。 田村さんの紹介によれば、炭鉱閉山に伴う人員削減で活きる道を模索する人々の ...
フラガール (夫婦でシネマ)
常磐ハワイアンセンター(現在はスパリゾートハワイアンズ)ができるまでの実話を基にした映画ですが、笑いあり、涙ありで、最後まで飽きることなく一気に見れました。
映画「フラガール」 (merseysideに佇んで)
遅ればせながら、やっと公開になった「フラガール」、やっと観てきました。 高い前評
フラガール (Blossom Blog)
フラガール 監督 李相日 出演 松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代 日本 2006
フラガール (ひとりごと)
洋画邦画問わず、炭鉱モノはどうしてこうも人の心を打つのでしょうか。 しずちゃんが怪しげなダンスを踊る予告編を観た時はコメディかと思いましたが、まさかこんな感動的な映画だったなんて。あまり期待していなかった分、かなり意表をつかれ、ところどころで涙し ...
106.フラガール (レザボアCATs)
もう、この作品、まず第一に舞台設定が最高だ!!常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアン)と聞いて、なんだか知らないがアツイものがこみあげてくる自分がいるんですよ。
『フラガール』 (映画館で観ましょ♪)
評判の良さも納得の映画でした。 昭和40年。 みんなが真面目に正直にひたむきに、 それぞれの立場で人や周りを思いやり、とにかく強く生きてた頃のお話。 そして、ここぞという時には、 一生懸命を応援す
映画「フラガール」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
泣けるよ、泣けるよ、と最初からそう思いながら観た、・・そう思いつつも思いの片隅に、わざとらしく感動を押し付けられるのではとの疑念もあったのだが・・ 時は昭和も40年、時代の波に押され風前の灯の常磐炭鉱、大量解雇の嵐が吹き荒れるなか、閉山 ...
『フラガール』 (NOW☆MAY☆room~まいのシネマノート)
【story】「福島の片田舎に、楽園ハワイを作り上げる」。この奇想天外な一大プロジェクトは、エネルギー革命で町の中心産業である炭鉱が廃れゆく中で発案された。昭和40年、本州最大の炭鉱として栄えた常磐炭鉱では、大幅な人員削減が実行されようとしていた。この ...
フラガール (りらの感想日記♪)
【フラガール】 ★★★★★ 2006/10/05 ストーリー 昭和40年、閉鎖に追い込まれた炭坑の村。炭坑で働く人々はツルハシを捨て、北国の
フラガール (日々徒然ゆ~だけ)
 松雪さんや蒼井優の頑張りや,サプライズ・しずちゃんの意外な個性派女優っぷりに目を奪われるんだが。  ホントは素直に感動したいのに,なんでこんなに雑でおざなりなんだ。
「フラガール」 (映画を中途半端に斬る。)
・・・・彼女たちは、町のため、家族のため、ぞして自分の人生のためにステージに立つ。 ★★★★★ 監督:李相日 主演:蒼井優、松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子ほか もう年なんだわ・・・涙もろくなってしゃーない。 超ベタな感動シ ...
フラガール (Addicted to the Movie and Reading!)
■ シネ・リーブル池袋にて鑑賞 フラガール 2006年/日本/120分 監督: 李相日 出演: 松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/岸部一徳 公式サイト 昭和40年。あちこちで炭坑の閉鎖が相次いでおり、福島県の常磐炭坑も同様に閉鎖が決まり、従業員たち ...
フラガール (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネ・リーブル> 監督: 李相日 脚本: 李相日 羽原大介 音楽: ジェイク・シマブクロ 昭和40年。もはや時代遅れとなりつつある常磐炭坑では、人員削減と共に新たな町興しとしての行楽施設の建設が計画されていた。常夏の島 ...
フラガール (たらら~んとしたブログ)
今年観た邦画の中でいちばん好きかもしれない。 私ランキング、今年NO.1邦画になりそうな予感・・・。 映画「フラガール」はいいっすよ! 観た方がいいです。誰が観ても楽しく、感動できる 映画だと思います。万人
『フラガール』は良作 (坂野上淳のウェブ日記)
映画『フラガール』は常磐炭鉱の衰退に伴って建設された「東洋のハワイ」『常磐ハワイアンセンター』創成期の実話に基づいている。
フラガール 06年205本目 (猫姫じゃ)
フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、 ...
映画【フラガール】 (ぱんどら日記)
福島県いわき市の常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)には子供のころ連れて行ってもらったことがある。私を含め、そういう思い出を持つ宮城県民は非常に多いと思う。 夏休みで、その日は「ピンクレディー
「フラガール」観てきました。 (lifeisjourney.)
こんなに朝から泣いてもいいのか!!!って位泣きました。館内、鼻すする音だらけですよ。マジで!!良かった~~目が痛い。「フラガール」公式サイト[監][脚]李相日 [製]李鳳宇ほか [脚]羽原大介 [音]ジェイク・シマブクロ [出]松雪泰子 豊川悦司 蒼井優  ...
映画「フラガール」を観てきました (粗製♪濫読)
Spice of life さんが絶賛していたのでシネコンへ行ってみました。 <昭和40年。福島の常磐炭鉱は大規模なリストラがおこなわれていた。新しい事業として豊富な温泉を使った「ハワイアンセンター」が構想され、フラダンサーが募集された。SKD出身の平山まど ...
「フラガール」を観る (紫@試写会マニア)
秋から冬に向かうこの季節であっても、話題沸騰の満員御礼の話題作「フラガール」を観てきました。(やっと!です。) 公開前から話題も多く、公開後もかなりの評判で、私が観た回も早いうちから‘札止め’でした。 評判もさることながら、私がこの作品を観 ...
フラガール☆泣くんじゃない!! ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
           久しぶりの映画鑑賞。 フラガール をやっと見てきました。 昭和40年、エネルギー革命により、石炭の消費が減り、炭鉱は次々と閉鎖に追い込まれていた。 本州最大の炭鉱、常磐炭鉱も、大幅な人員削減を余儀なくされ、この危機を救うため ...
『フラガール』@シネマスクエアとうきゅう (香港旅行と映画鑑賞とラーメン二郎)
公式サイト→http://www.hula-girl.jp/top.html 恥ずかしながら、先週土曜日の公開初日(23日)初回上映に駆けつけて参りました(汗)。有楽町シネカノンだったら舞台挨拶が付いていたらしいですが、さすがにそこまでは(五十歩百歩)。 映画は、滅び行く昭和4 ...
2006/10/15(Sun.) フラガール (blog talkee*)
かつて本州最大といわれた常磐炭鉱。 常に危険が伴うため、「一山一家」の精神で全員
みんなで映画を。--『フラガール』 (タノシイトキモ、カナシイトキモ。)
仕事で外へ出た。早めに終わって直帰予定だったので、帰りに映画館へ行く。久しぶりだー、映画館。ようやく見れる『フラガール』。ワタシは題材とか、出演者とかよりも、李相日監督だからずっと見たいと思っていた。李相日監督の作品はこれまでも全部好きだし、今 ...
いっぱい泣きました。 (花々楽しい日)
遅ればせながら『フラガール』を観に行ってきました泣く映画だとは聞いていましたがまさか自分がこんなに泣く とは思わなかった!っていうくらいくらい泣きました 最初は笑えるところも多々あり「どこで泣くんだろう?」と疑問に思いながら冷静に見ていましたが後 ...
「フラガール」 涙は心の汗だけではない、楽しいだけの笑顔もない (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
いやぁ、これはもう我が子の運動会か発表会を見てる親の心境やね! ついこないだ、初めて幼稚園児の運動会に参加して、こんな世界があったのか!親になってよかったよ!!と特権的に思ったところだったのに、映画で追体験できるなんて。 で、誰の目線で見てるの? ...
「フラガール」 (ロコログ♪)
以前、みなとみらい地区で「ハワイイ・フェスティバル」っていうのをやっていた時に映
フラガール [監督:李相日] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
知ってか知らずか、私の思い込みか、これまで見てきた様々な映画が頭をよぎる ストーリーの基本ラインは「フルモンティ」と「リトルダンサー」足したような感じ(ってことは「ウォーター・ボーイズ」にも似てるんだ)。女の子たちが何かに挑むってところで「スウィン ...
「フラガール」 (SolPoniente)
「フラガール」 監督 李相日 昭和40年代、閉鎖寸前の炭鉱の町を救うため、この北国に“楽園ハワイ” を作り上げるというプロジェクトが持ち上がる。目玉はフラダンスショー。フラダンスなど見たことも無い炭鉱娘にフラダンスを教えるため、東京から ...
「フラガール」 (Hill Top Stories)
みなとみらいに隣接する映画館に 「フラガール」を観に行ってきました フラガール オフィシャルサイト ⇒ http://www.hula-girl.jp/top.html
『フラガール』 (Gingham Notes)
『フラガール』を観てきました。 予告を目にした時から気になって、観るまでなるべく情報が耳に入らないようにと決めていたら、そろそろ終演の時期になっていました。あぶなかったです。 昭和40年、福島県いわき市が舞台。実話を基にした物語です。 かつて炭鉱で ...
フラガール (銀の森のゴブリン)
2006年 日本 2006年9月公開 監督:李相日 評価:★★★★☆ 製作:李鳳
時をかけるフラガール(笑) (はてな(氏))
最近、映画を2本観に行った♪ 先ずの所感は、時をかける少女☆殆ど(笑)文句なし♪
映画「フラガール」を観てきた (何でも見てやろう)
昨日,久しぶりに映画館に行ってきました。 観てきたのは「フラガール」。 今から40年前,石炭から石油へのエネルギーシフトが急激に進展し,炭鉱の斜陽化が進んでいく中で,炭鉱の閉山という危機的状況を乗り切るために,炭鉱会社は坑道から湧出する温泉を利用し ...
「フラガール」★頑張る女たち (おしゃれ手紙)
人生には降りられない舞台がある。まちのため、家族のため、友の人生のために、そして自分の人生のため、少女たちはフラダンスに挑む。*「フラガール」*、(♪音が出ます)見てきました。映画『フラガール』は、常磐ハワイアンセンターのオープンまでの実話を背景 ...
フラガール (30's wonderful world)
人生には降りられない舞台がある― まちのため、家族のため、友のため、 そして自分の人生のために、 少女たちはフラダンスに挑む。 総評:私の中では今年No.1の映画です。 観た人全員が「良かった」と言ったこの映画。 久しぶりに1800円で映画を観ました。 ...
NO.177「フラガール」(日本/李相日監督) (サーカスな日々)
邦画のエンタテイメント・シネマの最高峰として、 堂々とアカデミー(外国作品)賞を競えばいい! 僕がとても注目している映画の、製作・配給会社にシネカノンがある。 代表は李鳳宇。1960年生まれの彼は、1989年にシネカノンを立ち上げ、「シュリ」「ブラス」「 ...
「フラガール」泣かせてもらいました~! (笑う生活は紫色)
映画情報満載で楽しみに拝見しているcyazさんのブログ「京の昼寝~♪」の記事を見て無性に「フラガール」観たくなりました! 泣いて泣いて・・・(;_;) 松雪泰子、いい女だよね~。 そして豊川悦司は炭鉱夫役でもステキ 懐かしい時代背景に今は失われた「ス ...
フラガール (カミタク・ブログ)
 白石まみ ,李相日 共著『フラガール 』(メディアファクトリー ,2006)と
☆フラガールを見て思うこと(追記)☆ (☆えみぃ Smile Diary ☆)
「フラガール」を見てきました 実は私、8月に「フラガール」の予告編を見たのですが、 その時は予告編を見ても、 見に行きたいって、気は全くおきなかったんですよ・・・。 予告編見たときは、笑いの要素の強い映画かなぁ、と。 コメディタッチの ...
映画「フラガール」観てきました。 (7be'sブログ)
ー人生には降りられない舞台があるー
シネカノンの挑戦!『フラガール』 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
後半1/3は泣きっぱだった。 (/_<。)ビェェンどーしょーもない『涙そうそう』(レビュー)の翌日に観たから、その分泣けたのかも(爆)『涙そうそう』の舞台挨拶チケ取りの為に、この舞台挨拶を回避したのが悔やまれる。キャストと一緒に泣きたかったわぁ。・ ...
フラガール ~楽園は人の心の中にある~ (映画のメモ帳+α)
昔ながらの、そして今もおそらく変わらないであろう娯楽映画の王道と言える快作だ! この作品の舞台は昭和40年。石炭から石油へのエネルギー転換が急速に進み、本州最大の常盤炭鉱でも大幅な人員削減を強いられていた。そこで新しくレジャー施設"常盤ハワ ...
フラガール 2006-64 (観たよ~ん~)
「フラガール」を観てきました~♪ 昭和40年、炭鉱の町磐城では、炭鉱閉鎖による大幅な人員削減が行われており、街全体が沈んでいた。そんな中、炭鉱から湧き出す温泉を利用するハワイアンセンターの建築というプロジェクトが計画される。センターの目玉は、 ...
『フラガール』 (☆Little By Little☆)
公開終了間近、やっとこさ観て来ました☆
「フラガール」 (NAOのピアノレッスン日記)
むしゃくしゃした気分を一掃しようと、思い立って行ってきました。「躍らせてくんちぇ~♪」  この言葉に全てがこもってました!2006年 日本映画 シネカノン配給監督:李相日脚本:羽原大介・李相日音楽:ジェイク・シマブクロ出演:松雪泰子(平山まどか役 ...
映画『フラガール』に涙する♪♪ (ラスタ・パスタのレレ日記)
『フラガール』をようやく映画館で見てきた。おおまかな設定は知っているつもりだったが、思ったよりもグット胸に来て、何回も涙しそうになった。ストーリーは、昭和40年(1965年)福島県いわき市の炭鉱町が、鉱山の閉山の危機にあり、5000人の炭鉱夫のうち4割の20 ...
フラガール at アミューズCQN (備忘録)
今年度のアメリカ、アカデミー賞の日本代表作品は実際にあったことを題材にした笑って泣けるドラマ。 「フラガール」 2006年日本  監督:李相日 出演:松雪泰子    豊川悦司    蒼井優    富司純子 公式
■映画 『フラガール』 をようやく (風彩空間)
今日の句冬嶺にダリアの顔の望む空      †緋風†さん寒風に皇帝ダリア凛として   マイケル0316さん封切り前から 「見るぞ~!」と待ちかねていたのにこんなに遅くなりましたいえ 一度映画館まで行ったら終わったばかりとのことでがっかりしていたので ...
フラガール (たーくん'sシネマカフェ)
よかっぺよ~! いぐね?ひそかに評価の高い「フラガール」をやっと観ることができました。     -Story-昭和40年、炭鉱閉山のピンチに陥った福島県のいわき市。そこで、炭鉱会社は町の活性化のためにレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」(現在「 ...
フラガール (ゆるゆる日記)
石油が燃料の主流に変わりつつある時代の炭鉱の町が舞台。事業縮小のための人員整理と会社復活のために始めた「常磐ハワイアンセンター」。「ハワイアンセンター」で働ける人数は解雇される人数の約1/5。そのため、その建設には町のほとんどが反対している状態。そ ...
「フラガール」(日本 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
エネルギーが石炭から石油へと変わって行く昭和40年代。 福島県の炭鉱の村は温泉レジャー施設に命運を賭けようとする。 フラダンスのショーを目玉として。 「フラガール」
フラガール (にわうたぶろぐ)
 私は何を勘違いしていたんだろう。米アカデミー賞外国語映画部門の選考対象作品だそうですよ。思い切り普通のコメディ、またはスウィングガールズ的なストーリーだと思っていました。前者はアレだ、しずちゃんが出るからだ。後者はアレだ、舞台がいわき市( ...
フラガール (そよかぜから-映画)
■2006年 日本 120分 ■2006.9.25 シネツイン2 ■監督 李相日 ■出演 松雪泰子(平山まどか)  豊川悦司(谷川洋次郎)  蒼井優(谷川紀美子)  山崎静代(熊野小百合)  岸辺一徳(吉本紀夫) 池津祥子《story》 「未来をあきらめない」「人生には降りられ ...
「フラガール」(2006) (TMDiary)
監督:李相日 出演:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代、池津祥子、徳永えり、 岸部一徳、富司純子 他 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり、閉山が相次ぎ、町は先細りの一途をたどっていた。そこで、起死回生のプロジェクトと ...
フラガール (Butterfly Stroke)
求む、ハワイアンダンサー! ご無沙汰しましたが、なんとか松の内に間に合いましたので、まずはご挨拶っ。 今年も皆様よろしくお願いいたしま~す。 実は、またまた日本に来ているわけでして、インフライトムーヴィーで見た「フラガール」のレビューを2007 ...
映画「フラガール」 (めいのハマリモノ)
sakaeさん、ふくちゃんも「良い」と言っていた映画「フラガール」を観に行きました。
フラガール (Extremelife)
炭坑の閉山で活気を失った町の再生を期して計画されたレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”(現・スパリゾートハワイアンズ)誕生にまつわる感動秘話を映画化したハートフル・ストーリー。施設の目玉となるフラダンスを教えるため東京から呼び寄せられたダンス教師と地...
フラガールを観た。(相変わらずネタばれ) (桜色日記:Re)
今日はフラガールを観てきました。 川崎で観たんだけど、西口にラゾーナっていう凄い商業施設が出来て、、明日からなのに・・・今日やってたの{/ee_1/}昨日・今日とプレオープンだって。 さらっと見たけど、めちゃめちゃ広くてお店がいっぱいあって美味しそうなのや可愛...
「フラガール」を 観ました♪ (流星のサドル)
今頃!?…という感も ありますが、日本アカデミー賞で 最優秀作品賞他 多くの映画賞を“総なめ”していた様子を見ていて、とっても観たかった 『フラガール』を、日本アカデミー賞受賞記念ロードショー(¥1000均一)で や~っと 観てきました♪実は、記事更新する元...
フラガール (ふぴことママのたわ言)
シネカノン系の感謝祭、1000円均一ということだし、 観ていなかったので行ってきました。 久々にたっぷり泣いちゃいました。{/namida/} 舞台は常磐ハワイアンセンターができるまでのいわき。 子供の頃に、家族で行った記憶があります。 そこが石炭から石油への過渡期に炭...
フラガール (to Heart)
昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描いた感動ドラマ。 時代の波で閉鎖に追い込まれた、とある炭坑の村では、危機的な状況の中、炭坑で働く人々はツルハシを捨て...
「フラガール」★★★★ (JoJo気分で映画三昧!+α)
<a href="http://pub.ne.jp/TSURUkame0701/image/user/1170776250.jpg" target="_blank"></a>昨日、感想をアップするつもりでしたが、力尽きて(←・・・)今日にまわすことに~。日本アカデミー賞10部門受賞、その他各賞多数受賞、さらに米アカデミー賞最優秀外国語...
フラガール (Sapphire)
2006 / 日本 監督:李相日 CAST: 松雪泰子 / 豊川悦司 / 蒼井優 / 山崎静代 / 岸部一徳 / 富司純子 / 徳永えり 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活か....
フラガール (奥様的部屋)
やっと観れた~フラガール    公開当時、しずちゃんとか蒼井優のダンスとか何かと話題になっていたのは知っていたけど、地元の映画館での公開期間が短くて観る事が出来なかったところが、なぜか(日本アカデミー賞を受賞したからかな)突然この作品と「時...
フラガール (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  常磐ハワイアンセンターが出来た当時のことを覚えている。なぜ福島で常磐ハワイなのか、なぜ日本人がフラダンスを踊るのか。ダサイとしか考えられない年頃であった。 この映画の予告編を観たときも、やはりダサイ映画という印象が先行してしまった。ところ...
フラガール (ロッタのひなたぼっこ)
人生には降りられない舞台がある 日本アカデミー賞を始め、数々の賞を総なめにした『フラガール』。 観たのはかなり前ですが(^-^; 映画の前に、あるテレビ番組で「常磐ハワイアンセンター」とフラダンスを習った少女たちが紹介され、期待を持って観ました...
フラガール (シェイクで乾杯!)
フラガール メモリアルBOX2006年度・日・120分 ■監督/脚本:李相日 ■音楽:ジェイク・シマブクロ ■出演:松雪泰子/蒼井優/豊川悦司/山崎静代(南海キャンディーズ)/富司純子/岸部一徳/高橋克美 しずちゃん、、、 まさかアナタに泣かされるとは思ってもみなか...
フラガール (Black Pepper's Blog)
ようやく「フラガール」が借りられました。 昨年の日本映画No.1との評も多かった今作、 蒼井優もかわいいだろうし(笑)、楽しみでした。 フラガール (2006年 / 日本) フラガールス...
独断的映画感想文:フラガール (なんか飲みたい)
日記:2007年5月某日 映画「フラガール」を見る. 2006年.監督:李相日. 松雪泰子,豊川悦司,蒼井優,山崎静代,岸部一徳,富司純子. 1960年代,石炭の時代が終わる頃,常磐炭坑でも閉山と人員
フラガール <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
昭和40年の福井県いわき市でのお話。炭鉱の町で昔から 大人になったらみんな炭鉱で働く  みたいな考え。時代の流れと共に 炭鉱がどんどん閉鎖されていき、ここも例外やなくて解雇される従業員が山盛り。んでもって、レジャーセンターを作る計画が出るんやけど何でま...
<フラガール>  (楽蜻庵別館)
2006年 日本 120分 監督 李相日 脚本 李相日  羽原大介 撮影 山本英夫 音楽 ジェイク・シマブクロ 出演 平山まどか:松雪泰子    谷川紀美子:蒼井優    谷川洋二朗:豊川悦司    熊野小百合:山崎静代    吉本紀夫:岸部一徳    谷...
フラガール (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフトし、相次いで炭鉱が閉山に追い込まれていた。そこで福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設『常磐ハワイアンセンター』の計画を進めていた。目玉なるのはフラダンスのシ...
フラガール (シネマと!)
実は5、6年前に一度、行ったことがある。 福島の常磐ハワイアンセンター。 その時、フラガールによるショーがやっていたかは わからないど、観ておきたかったな。 炭鉱町の炭鉱娘による炭鉱の人達のためのハワイアンセンター。 この作品は日本アカデミー作品賞...
フラガール (Yuhiの読書日記+α)
まわりの評判が良かったので、ずーっと見たいなと思っていた作品でした。見てみると、評判通りなかなかグッド{/star/} かなーりベタな展開なんだけど、じーんと心に響くものがありました。(泣けるとまではいかなかったですが)それにシリアスさとコミカルさが丁度いい感...
フラガール (シネマ通知表)
2006年製作の日本映画。 『子ぎつねヘレン』の松雪泰子主演によるドラマ。昭和40年、閉鎖の迫る炭鉱を抱えた街を救うべく催される一大プロジェクト。その目玉となるフラダンスショーのために呼ばれた女ダンサーは、ド素人の炭鉱娘たちに嫌々ながらフラダンスを教えるが…...
フラガール (のほほん便り)
この作品に関しては、偶然。先に、実話エピソードの方から知っただけに、よけい興味津々… ずっと「見てみたいねぇ」といってたら、昨年度の、怒涛の受賞ラッシュ! (日本アカデミー賞最優秀作品賞を、大手映画会社4社(東映、東宝、松竹、角川)以外の作品が受賞...
『フラガール』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ昭和40年、本州最大の炭鉱・常磐炭鉱では大幅な人員削減が迫り、かつての基幹産業としての隆盛は見る影もなくなっていた。そんなまちを救うため、この北国に“楽園ハワイ”を作り上げるという起死回生の一大プロジェクトが持ち上がる。目玉はフラダンスショー。盆...
観ました、「フラガール」 (乙女千感ヤマト)
安室ちゃんの足が綺麗(>▼<)!!!新リプトンリモーネの広告。あ、また冒頭からタ
「フラガール」「バックダンサーズ!」「出草之歌」 (聖なるブログ 闘いうどんを啜れ)
 いやあ、先月は忙しいがうえにさまざまな困難が重なり、大変だった。しかし、それらのすべてを片づけ、とうとう私は、正義の世界に帰ってきた。これからもいっしょうけんめい、力のかぎり滅ぼすぞ。さて、ヒマができたので、ダンスや音楽関連のすぐれた映画をつづけて観...
フラガール (C'est Joli)
フラガール’06:日本 ◆監督:李相日「69 sixty nine」◆出演:松雪泰子 、豊川悦司、蒼井優、 山崎静代、 岸部一徳 、富司純子 ◆STORY◆昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福...
DVD『フラガール』 (みかんのReading Diary♪)
フラガールスタンダード・エディション (2006/日本) オススメ♪ 時代の波で閉鎖に追い込まれた、とある炭坑の村では、危機的な状況の中、炭坑で働く人々はツルハシを捨て、北国の寒村を“常夏の楽園”に変えようと立ち上がった。村の少女たちは腰みのをつけ、肌...
第10回小津安二郎記念蓼科高原映画祭(『フラガール』) (いんどあかめさん日記)
地元でこの週末行われていた映画祭に行ってきました。今年で10回目を迎えた、小津安
映画『フラガール』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
先日TVで放送されたのを観ました。二度目の鑑賞です。これは劇場で見逃した作品で
『フラガール』 (はなことば)
2006年の作品。 「黒いダイヤ」と呼ばれ日本の経済発展を支えた石炭にかげりが見えてきた時代。閉山が決まった炭鉱のかわりに「ハワイアンセンター」が作られることになった。フラダンスのダンサーになろうとする町の娘たちとそれに反発する町の人たち…。
フラガール (ひめの映画おぼえがき)
フラガール メモリアルBOX 監督:李相日 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、大河内浩、菅原大吉、山田明郷、高橋克実、...
フラガール (Hula girl) (HAPPYに 行こう♪ -映画・音楽-)
公開時、評判を聞いて気になったものの、見逃してしまった映画『フラガール (Hula girl)』。早くも[:テレビジョン:]フジテレビの土曜プレミアムで放映と知って『これは観なくっちゃ[:てれちゃう:]』です。いつもより早めにお風呂をすませ、テレビの前でスタンバイ[:カチン...
フラガール (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生には降りられない舞台がある―― まちのため、家族のため、とものため そして、自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。』  コチラの「フラガール」は、9/23公開の常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の奇...
フラガール (mama)
2006年:日本 監督:李相日 出演:松雪泰子、蒼井優、富司純子、豊川悦司、高橋克実、岸部一徳、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝 昭和40年、本州最大の炭鉱・常磐炭鉱では大幅な人員削減が迫り、かつての基幹産業としての隆盛は見る影もな...
『フラガール』を観た (TV視聴室)
お話しは、まさに直球勝負、って感じ。
フラガール (シネマ日記)
土曜日にテレビで放映していたので見ました。公開されていたときに予告編を見ただけで泣きそうになったので、テレビで放映されると知って楽しみにしていました。カッコよかったなぁ、平山まどか先生役の松雪泰子鼻っ柱が強くて、普通の人なら言いにくいこともバンバン言っ...
フラガール (読書と時折の旅 (風と雲の郷本館))
 土曜日の夜、フジテレビ系の土曜プレミアムで「フラガール」をやっていた。正直、それほど期待を持って観始めた訳ではないが、これが、思いがけず感動的で、久しぶりに良い映画を観たという感じであった。○DVD「フラガール」とフラダンスドレス    時代は昭和40年....
フラッと フラガールを みました (なりゆき散策日記)
 フラガールを みてきました 映画館の場所は 浦安のイクスピアリです。子供を アフター6パスポートで パークインさせて 私は「今の時間で みれる映画は?」とチョイスしました。評判になっていたから 気には なっていました。 松雪泰子さん、いいですね。一本...
Hulu ■■フラガール■■ (That's the Way I Am)
殺人的猛暑の日曜日 外出しないで 1日自宅で映画三昧と決める