京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『やわらかい生活』

2006-07-09 22:33:43 | 邦画


それとな~く幸せ

 



■監督 廣木隆一
■脚本 荒井晴彦
■原作 絲山秋子(「イッツ・オンリー・トーク」文藝春秋刊)
■キャスト 寺島しのぶ、豊川悦司、松岡俊介、田口トモロヲ、妻夫木聡、柄本明、大森南朋

□オフィシャルサイト  『
やわらかい生活

 みんな孤独で弱いけど、やわらかな時間が互いの心の隙間を埋めていく…
橘優子(寺島しのぶ)、35歳。 独身。一人暮らし。 一流大学卒で、一流企業の総合職。 バリバリのキャリアウーマン…だった。 しかし、仕事も、男も全て失い、どん底のまんま蒲田に引っ越した。 蒲田はやさしく優子を包む。 そしてWebサイト「Love KAMATA」を立ち上げた。 そんなある日、福岡からいとこの橘祥一(豊川悦司)が優子のアパートに無一文で転がり込んできた。 優子のもとに、議員(松岡俊介)、痴漢(田口トモロヲ)、チンピラ(妻夫木聡)が、ゆるゆると集まってくる。 4人の男たちのあわあわとした日々が、優子の心のやさしく包む。 どこか欠けていて、それでも生きていかなければならない、「生きていくこと」を彼らを通して、愛しく、切なく、描かれる。 


 おススメ度 ⇒★★★ (5★満点、☆は0.5)
 cyazの満足度⇒★★★


 「がんばらないでいいんだよ。」
もしかしたら、どこかの街の片隅で、こんな言葉を待ちながら頑張っていることで寂しさを紛らわしている一人暮らしの女性もいるのかもしれない。

 人はそれぞれ人には言えぬ過去の悲惨の出来事の一つや二つ持っているかもしれない。 主人公優子はそのトラウマから平凡に生きているようで実際には少し斜めに世の中を見て過ごしていたのかもしれない。 しかしたまたま環境を変えた先で自分が生きる世界と自分が必要とする男たちに出会う。 それは故郷の幼馴染であったり、大学時代の友人であったり、たまたま自分が立ち上げたサイトで知り合った二人の男たちであったり。

 何気ない日々の生活の中で限りなく自分らしく生活するために何が必要なのか。 主人公の目を通してこの映画は、飾らない33歳の女性のナイーブ且つ大胆に現実の人間模様を描いて見せた。

 主人公を演じる寺島しのぶはもしかするとこういうやや世の中を斜めに見ている女性を演じさせたら今最高の女優かもしれない。 それは原作こそ読んでいないので判らない部分もあるが、他の女優が演じたらこの主人公の姿を壊してしまうかもしれないからだ。 そこにはこの作品のテイストを損なってしまうかもしれない、些細なことで微妙に揺れ動く女性の心を演じ切れない気がするからだ。 絶妙の演技とは言わないが、他の女優さんが当てはまらない彼女でなければ出ない味が、この主人公優子をキャスティングしたスタッフのヒットかもしれない。

 小さい頃から“殿”、“姫”と呼び合う仲だったその“殿”役に豊川悦司。 二人の顔合わせはそれだけで興味があったのだが、どんなサイズにも不思議にフィットするトヨエツはこの映画でも心寂しい一人の女性の心のすき間を優しく埋める。
 久しぶりに髪型をストレートに戻した時点で、例のもじゃもじゃ頭(「弁護士九頭」)とはまったく別の人格を持ち前のどこか女性本能をくすぐる演技で魅せてくれた。
 実際には、ともに心の傷をなめ合う形で、この年になって初めて幼い頃の失っていた時間を少しずつ取り戻そうとしていた。
 なんだか少し懐かしい匂いは「愛していると言ってくれ」の榊晃次のトヨエツを見た思いがする。

 松岡俊介、田口トモロヲもこの役柄に合っていたかもしれないが、妻夫木クンは彼でない方が良かったのかもしれない。 ややトヨエツとかぶっている風味もあったからだ。

 何よりもこの映画、蒲田を舞台にしているところは、わが地元で特に愛着があった。 この映画をやはり地元のキネカ大森で観たのも、そのせいかもしれない。 舞台となった蒲田の、ばりばり下町の雰囲気も不思議に似合っていた。 時代遅れのデパート屋上の観覧車(蒲田東急プラザランド)や、JR蒲田駅前、商店街の居酒屋、池上本門寺(力道山胸像)、六郷土手、タイヤ公園(西六郷公園)、京急線の駅、緑の象・・・。 どれも日頃目にしている風景だ。 特に緑の象は知らなかったので一度確認してみたいところだ。

 金魚の名前に「うどん」と「そば」、笑っちゃうけどいい。
一人暮らしに、誰かに言われる「おやすみ」は心にしみ込むを一言だろう。
蒲田という飾り気のない街と、その街の銭湯の上のアパートに住み、“終い湯”にしか入れなかった一人暮らしの優子は、4人の男との関わりの中で元通りの自分を取り戻した。 それは“一番湯”というささやかな幸せの瞬間でもあった。



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (74)   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偶然に~ | トップ | 『茶々』 »
最近の画像もっと見る

74 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (エリー☆)
2006-07-08 00:23:37
Cyazさん、こんばんは!!

 絲山秋子さんの「イッツ・オンリー・トーク」以前読みました。蒲田が舞台なんですよね~

 絲山秋子さんの日記もトキドキ読んでます



 そっか、この小説、映画に・・・・
未読~ (cyaz)
2006-07-09 22:37:03
エリー☆さん、コメントありがとうございますm(__)m



>絲山秋子さんの「イッツ・オンリー・トーク」以前読みました。蒲田が舞台なんですよね~ 絲山秋子さんの日記もトキドキ読んでます

そうだったんですか^^

僕は残念ながら原作は未読なんですよ><



>そっか、この小説、映画に・・・・

女性の視点で描いた映画ですから、女性の皆さんが観た方が感情移入できる映画かもしれませんね^^

ご覧になりましたか (DAO)
2006-07-09 23:25:51
いつもTBありがとうございます。

ゆる~~くて楽に暮らしていく・・・

少し切ない終わり方がよかったです。
そうですね~ (cyaz)
2006-07-09 23:30:06
DAOさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>ゆる~~くて楽に暮らしていく・・・

少し切ない終わり方がよかったです。

そうですね^^ 彼女が心身ともの傷をバスタオルをはずして一番湯につかる姿は印象的でした!

トラックバックありがとうございます。 (のら)
2006-07-09 23:34:49
妻夫木くんは「気弱なヤクザ」だそうですが

どうにもヤクザには見えませんでしたよね・・



寺島さんは本当にうまいなぁと思います。
TBありがとうございます (SHO)
2006-07-09 23:59:42
私もこの作品は寺島しのぶだからこそなんじゃないかなと思っています。

蒲田という街をよくは知りませんが、粋のない下町という表現が気に入ってます。



Unknown (t@shi)
2006-07-10 00:17:34
TBありがとうございます。今日偶然、珍しく

何年ぶりかに蒲田に私用で行って来ました。

この映画のことが、雑然とした商店街を

歩いていると思い浮かびました。
はじめまして (shinpei)
2006-07-10 01:11:10
トラックバックありがとうございます。キネカ大森でご覧になられたんですね。確かにこの映画を見るにはふさわしい場所かもしれませんね。もし優子がキネカ大森にきていたら、劇場の下の階にある客の誰もいないゲームコーナーのすもうマシンの写真を撮っていると思います。あそこは不思議な空間だ。
このサイズ~ (cyaz)
2006-07-10 08:46:13
のらさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>妻夫木くんは「気弱なヤクザ」だそうですがどうにもヤクザには見えませんでしたよね・・

ま、原作でどう描かれているのかわかりませんが、優子の出会うチンピラのイメージに合っていたからこそのキャスティングだったんでしょうね^^



>寺島さんは本当にうまいなぁと思います。

彼女は絶対このサイズの映画がいいと思います!

気取らない~ (cyaz)
2006-07-10 08:49:28
SHOさん、コメントありがとうございましたm( )m



>私もこの作品は寺島しのぶだからこそなんじゃないかなと思っています。

仰るとおりだと僕も思います!



>蒲田という街をよくは知りませんが、粋のない下町という表現が気に入ってます。

やや汚れた感はあるのですが、下町でも浅草のような感じではない気取りのない下町ですよね(笑)
偶然~ (cyaz)
2006-07-10 08:51:34
t@shiさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>今日偶然、珍しく何年ぶりかに蒲田に私用で行って来ました。

お~そうでしたか^^



>この映画のことが、雑然とした商店街を歩いていると思い浮かびました。

まさにあの商店街がいくつかのシーンで出ていましたね^^ まあどこにでもあるような普通の商店街なんですけどね(笑)

おはつです~ (cyaz)
2006-07-10 08:53:50
shinpeiさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>キネカ大森でご覧になられたんですね。確かにこの映画を見るにはふさわしい場所かもしれませんね。

近いですしね、蒲田に(笑)



>もし優子がキネカ大森にきていたら、劇場の下の階にある客の誰もいないゲームコーナーのすもうマシンの写真を撮っていると思います。あそこは不思議な空間だ。

よくご存知で(笑)

都内だとは思えない雰囲気ですよね?

でもキネカ大森、3本観たら1本タダですからね^^

TBありがとうございました。 (hal)
2006-07-10 17:47:59
演技派俳優の演技が際だつ脚本だったような気がしています。寺島しのぶ、豊川悦司、妻夫木聡の長いカットは彼らの演技力あってのものだでした。ただ最後まで集中するのが少しきつかったです。
そうですね~ (cyaz)
2006-07-10 17:54:48
halさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>演技派俳優の演技が際だつ脚本だったような気がしています。寺島しのぶ、豊川悦司、妻夫木聡の長いカットは彼らの演技力あってのものだでした。

そうですね^^ 原作は未読なのでわかりませんが、殿と姫の二人の世界に集約しても良かったのではないかと思える内容でした!
TBありがとうございました (「ケセラセラ通信」編集人)
2006-07-10 18:02:17
絲山秋子さんの原作(『イッツ・オンリー・トーク』文春文庫)も悪くないんだけど、映画とはだいぶ違っています。同書に併載されている「第七障害」がオススメです(特に30歳前後の女性に)。
TBありがとうございました (mae)
2006-07-10 20:56:42
寺島しのぶの演技がよかったんで『ヴァイブレータ』も見ちゃいました。

しばらく寺島しのぶから目が離せません。
どうも~ (cyaz)
2006-07-10 23:17:11
「ケセラセラ通信」編集人さん、コメントありがとうございますm(__)m



>絲山秋子さんの原作(『イッツ・オンリー・トーク』文春文庫)も悪くないんだけど、映画とはだいぶ違っています。 同書に併載されている「第七障害」がオススメです(特に30歳前後の女性に)。

情報ありがとうございましたm(__)m
同感~ (cyaz)
2006-07-10 23:19:15
maeさん、コメントありがとうございますm(__)m



>寺島しのぶの演技がよかったんで『ヴァイブレータ』も見ちゃいました。 しばらく寺島しのぶから目が離せません。

『ヴァイブレーター』は未見なんですが、彼女から目を離せないと言うところは同感です^^



Unknown (かえる)
2006-07-11 00:22:49
トラック・バックありがとうございました。

蒲田にお住まいなら何倍も楽しめますね。

映画からはけだるい雰囲気が漂ってましたが、実際はいかがなんでしょう?

緑の象、気に入ったのでぜひ探し出して下さい!
TBありがとうございました (sabu)
2006-07-11 00:24:29
はじめまして。

寺島さんのキャスティング、私も同感です、これはヒットと思いました。残念ながら他の映画(ヴァイブレータとか)はまだ観てないですが、少なくとも朝の連ドラのしっかりしたおねーちゃん役よりは、不安定な優子役の方がマッチしていると思います。

「頑張らないでいいんだよ」というより、「頑張りすぎるとヤバイ」なんて感じてしまった作品でした。・・・だって、優子がかなり辛そうだったから。
Unknown (d_ito2)
2006-07-11 00:37:11
TBありがとうございます。

原作を読んでみたいですね。

先日、緑の象を見てきました。うちから、3分ぐらいでした。

よく通る道でしたが、象に見えたことはなく、新たな発見でした。
豊川悦司さん。 (BC)
2006-07-11 01:33:11
初めまして、トラックバックありがとうございます。(*^-^*



確かに『やわらかい生活』の祥一役:豊川悦司さんは

『愛していると言ってくれ』の役に雰囲気が似ていましたね。

豊川さんは近年、個性の強い役柄にも挑戦しているようだけど、

彼は本来、寂しげで影があるけど穏やかな物腰の役柄の方が合っているような気がしますね。
Unknown (みっこ)
2006-07-11 02:36:59
初めまして。

先日はトラックバックありがとうございました。



大森でご覧になられたんですね。しかも地元とあっては観ているうちに違った楽しみ方が出来て、それもまた面白いですよね。



初めて観た寺島さんの演技は、私には新鮮でした。

ちょっと力の抜けてそうな演技だけど、実際は物凄く心の病やそれにまつわる背景とかも勉強されたんじゃないかと思います。
うーむ (kino)
2006-07-11 08:16:56
おはようございます。

昨日見てきたんですが、ちょっとイメージの違う作品でした。

予告やHPからすると、ほのぼの のーんびりな映画かと

思っていたのですが、思いのほか重い感じで・・・。



寺島さん、ほんと上手い女優さんですね。

生々しい・・・。
捜索~ (cyaz)
2006-07-11 08:47:21
かえるさん、コメントありがとうございましたm( )m



>蒲田にお住まいなら何倍も楽しめますね。

実際には蒲田ではないのですが、しょっちゅう徘徊しています(笑) 特に餃子は美味しいですよ!



>映画からはけだるい雰囲気が漂ってましたが、実際はいかがなんでしょう?

あの映画のマンマでしょうか(笑)



>緑の象、気に入ったのでぜひ探し出して下さい!

了解です^^ 僕も興味あるので探してみます!

おはつです~ (cyaz)
2006-07-11 08:50:30
sabuさん、コメントありがとうございますm( )m



>寺島さんのキャスティング、私も同感です、これはヒットと思いました。 不安定な優子役の方がマッチしていると思います。

そうですね^^ 実際の等身大の優子に近かったのではないでしょうか。



>「頑張らないでいいんだよ」というより、「頑張りすぎるとヤバイ」なんて感じてしまった作品でした。・・・だって、優子がかなり辛そうだったから。

あれぐらいの表現までが“いい感じ”なのではなかったでしょうか? あれ以上、“鬱”色を強めたら、この映画は魅力がなくなったのではないでしょうか。
へぇ~ (cyaz)
2006-07-11 08:51:53
d_ito2さん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>先日、緑の象を見てきました。うちから、3分ぐらいでした。 よく通る道でしたが、象に見えたことはなく、新たな発見でした。

へぇ~そうなんですか?

是非、詳しい場所を教えていただきたいですね^^



おはつです~ (おはつです~)
2006-07-11 08:56:18
BCさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>祥一役:豊川悦司さんは『愛していると言ってくれ』の役に雰囲気が似ていましたね。

そうですよね^^



>豊川さんは近年、個性の強い役柄にも挑戦しているようだけど、彼は本来、寂しげで影があるけど穏やかな物腰の役柄の方が合っているような気がしますね

確かにそれは言えますね。 でも彼は大阪出身なので「九頭」のような役も魅力あると思いますね(笑)
おはつです~ (cyaz)
2006-07-11 08:58:49
みっこさん、コメントありがとうございますm( )m



>大森でご覧になられたんですね。しかも地元とあっては観ているうちに違った楽しみ方が出来て、それもまた面白いですよね。

そうですね^^ あちこちに見慣れた風景が(笑)

楽しかったですよ! 舞台が蒲田ですから餃子も出てよかったかも(笑)



>初めて観た寺島さんの演技は、私には新鮮でした。

ちょっと力の抜けてそうな演技だけど、実際は物凄く心の病やそれにまつわる背景とかも勉強されたんじゃないかと思います。

深く“鬱”を映画の中心に置かなかったことが、この映画のいいところだと感じました。

あらら~ (cyaz)
2006-07-11 12:25:17
kinoさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>予告やHPからすると、ほのぼの のーんびりな映画かと思っていたのですが、思いのほか重い感じで・・・。

そうでしたか。 ま、やや重いでしたかね(笑)



>寺島さん、ほんと上手い女優さんですね。 生々しい・・・。

彼女にしか出ない味が最近特に濃くなったような気がします! 生めかしさも含めて^^

珍しい!(笑) (はんな)
2006-07-11 14:48:39
こんにちは。

珍しく、cyazさんより、先に記事にした「やわらかい生活」。(爆)

こんなことは先ずないことなので、ちょっとうれしい。(とにかく、こっちは遅れています)



まだ書いてないですが、「花よりー」も観ました。

チャン・イーモウの「トゥーランドット」も先週、観ました。また、そのうち、記事にします。 
先を越されましたか~ (cyaz)
2006-07-11 17:28:48
はんなさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>珍しく、cyazさんより、先に記事にした「やわらかい生活」。(爆)

そうでしたか^^ でもどんどん先越してくださいね!時間差はあるかもしれませんけどね(笑)



>こんなことは先ずないことなので、ちょっとうれしい。(とにかく、こっちは遅れています)

単館系にしては時間差なしでしたねぇ。



>まだ書いてないですが、「花よりー」も観ました。

チャン・イーモウの「トゥーランドット」も先週、観ました。

ほうほう楽しみに待ってますね^^
TBありがとうございました! (snsk)
2006-07-11 19:41:22
映画としては、「ヴァイブレータ」の方が、

圧倒的にいいと思いますが、今作で見られる

寺島嬢の"表情"はまた格別でした。



舞台となった地元で映画を見るって格別ですよね!

羨ましいかぎりです。
酔う~ (cyaz)
2006-07-11 22:30:21
snskさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>今作で見られる寺島嬢の"表情"はまた格別でした。

『ヴァイブレータ』未見ですが、彼女は本当に彼女の色を持つ女優さんになりましたね!



>舞台となった地元で映画を見るって格別ですよね!

羨ましいかぎりです。

そうですね^^ 近しい風景に酔いました(笑)

Unknown (現象)
2006-07-13 23:43:56
TBありがとうございました。

こちらからもTBさせていただこうと思い、

先日から何度も送っているのですが、

反映させることができませんでした。

スミマセン。

以前もchazさんからいただいてこちらかはダメだったことがあったような。

うーむ…
すみません~ (cyaz)
2006-07-14 17:35:13
現象さん、コメントありがとうございましたm( )m



>こちらからもTBさせていただこうと思い、先日から何度も送っているのですが、反映させることができませんでした。スミマセン。

いえいえ、こちらこそお手数おかけしましたm( )m

どうもgooと相性の悪いところが多いみたいで・・・。

なんだか納得のいかないところなんですけどねぇ><

ま、タダで利用させてもらっている弱みもありますし(笑)
寺島しのぶ (あんみつ)
2006-07-16 16:39:51
トラックバック、ありがとうございました。

「純情きらり」から、寺島しのぶの、ちょっとファンになっています。

今度、樋口一葉をモデルにした「書く女」という劇も

見に行こうと思っています。



これからも、よろしく。
おはつです~ (cyaz)
2006-07-16 22:40:44
あんみつさん、コメントありがとうございますm(__)m



>今度、樋口一葉をモデルにした「書く女」という劇も見に行こうと思っています。

へぇ~そうなんですか? それはちょっと興味ありますねぇ^^
初めまして (にっしゃん)
2006-07-20 18:12:02
TBありがとうございます。

少々日が過ぎておりますが、ご勘弁を。

cyazさんは蒲田の方なんですね。

いい感じの町並みですね。私も一度訪ねてみたくなりました。



おはつです~ (cyaz)
2006-07-20 23:24:08
にっしゃんさん、コメントありがとうございますm(__)m



>cyazさんは蒲田の方なんですね。いい感じの町並みですね。私も一度訪ねてみたくなりました。

正確に言うと違うのですが、まあほぼ蒲田ですね(笑) 普通の町ですから^^ でも餃子の美味しい店は多いですよ~♪



TBありがとうございました。 (sabunori)
2006-07-22 10:19:55
昨日の夜中偶然寺島しのぶさんがトークショーに出ているのを見ました。

演技にも定評がある彼女ですが素の彼女もかなり魅力的でした。

次回作も要注目ですね。
TBありがとうございます (としちゃん)
2006-07-22 10:42:57
あんまりがんばらず肩の力を抜いて生活するのもいいなぁ~なんて思いました。ずっと抜きすぎるのもどうかと思うけどね(笑)

しかし、最後のトヨエツの扱い、それはないやろ~っ!って。

もう少し前で含みを持たせた形で終わってても良かったかなぁ

ちょっと原作を読んでみたいなって思ってます。
TBありがとうございました (giko)
2006-07-23 00:58:45
はじめまして。

私はおばさんですが、今の若い子って、何かさびしいなぁ・・・と思ってしまいました。

そこんところを描いたいい映画でした。

豊川悦司が演じたような男性に出会えたら女は幸せだろうな、とも思ってしまった亭主関白に仕えるおばさんです。
もちろん~ (cyaz)
2006-07-24 12:33:16
sabunoriさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>昨日の夜中偶然寺島しのぶさんがトークショーに出ているのを見ました。演技にも定評がある彼女ですが素の彼女もかなり魅力的でした。

そうですね^^ 時々TVで見かけますが結構サッパリしてますよね(笑)



>次回作も要注目ですね。

もちろんです^^

非現実的~ (cyaz)
2006-07-24 12:36:02
としちゃんさん、コメントありがとうございますm( )m



>あんまりがんばらず肩の力を抜いて生活するのもいいなぁ~なんて思いました。ずっと抜きすぎるのもどうかと思うけどね(笑)

ま、非現実的な部分もありますけどね(笑)



>最後のトヨエツの扱い、それはないやろ~っ!って。

もう少し前で含みを持たせた形で終わってても良かったかなぁ ちょっと原作を読んでみたいなって思ってます。

そうですね。原作ではどのような表現になっているんでしょうね^^
おはつです~ (cyaz)
2006-07-24 12:39:04
gikoさん、コメントありがとうございますm( )m



>私はおばさんですが、今の若い子って、何かさびしいなぁ・・・と思ってしまいました。 そこんところを描いたいい映画でした。

女性から見て優子は共感できるものだったんでしょうか?



>豊川悦司が演じたような男性に出会えたら女は幸せだろうな、とも思ってしまった亭主関白に仕えるおばさんです。

亭主関白もある日逆転するそうですよ(笑)?最近は!

ハジメマシテ。 (あい)
2006-07-24 20:30:50
こんばんは。この度はトラバありがとぉございました~^^



トヨエツの尾崎豊・・音の外れ具合が心地よく(笑)、妙に耳に残ってますw あのファッションも何ともいえないですよねぇ。



自分の中の「好き」に正直な優子にちょっぴり憧れてしまう映画でしたw
TBありがとうございます。 (ちか)
2006-07-26 00:05:02
こちらからも送ります~。

さて、この映画の大収穫はトヨエツでした。不覚にも、今までこんなにいい役者さんだとは思ってなかったのです。

蒲田の風景も良かったですね。生活の匂いがします。

タイヤ公園のリンク拝見しました。こんなところが近所にあったら毎日入り浸ってしまいそうです。
好き~ (cyaz)
2006-07-26 08:33:54
あいさん、コメントありがとうございましたm( )m



>トヨエツの尾崎豊・・音の外れ具合が心地よく(笑)、妙に耳に残ってますw あのファッションも何ともいえないですよねぇ。

初めて歌ってる姿を見ましたが、なかなかイイ感じですよね(笑)? 尾崎と言うところがまた主人公の世代と言うか何と言うか^^



>自分の中の「好き」に正直な優子にちょっぴり憧れてしまう映画でしたw

そうですか^^ お気に入りですね!

発見~ (cyaz)
2006-07-26 08:35:52
ちかさん、TB&コメントありがとうございますm( )m



>さて、この映画の大収穫はトヨエツでした。不覚にも、今までこんなにいい役者さんだとは思ってなかったのです。

あらら、そうだったんですか^^ 新たな発見が出来てよかったですね!



>蒲田の風景も良かったですね。生活の匂いがします。

タイヤ公園のリンク拝見しました。こんなところが近所にあったら毎日入り浸ってしまいそうです。

そうですね(笑) うちのかみさんはこのタイヤ公園で子供の頃は遊んでいたようですよ(笑)

TBありがとうございます。 (もじもじ猫)
2006-08-30 22:07:05
寺島しのぶは、大層上等な女優さんだと思います。

今日は雨だったので、豊川さんが傘をケツポケにぶら下げてたのを思い出しました。

あれは足が長くなくては出来ませんな。
TBありがとうございました (murkha)
2006-08-30 22:57:29
コメントでは初めましてです。

寺島しのぶ、本当に味のある役をしていますよね。ぼくは「赤目四十八瀧心中未遂」で始めて彼女を知りました。

「純情きらり」は観ていませんが、今後の映画方面の活躍に期待したいところです。
そうですね~ (cyaz)
2006-08-31 08:23:49
もじもじ猫さん、TB&コメントありがとうございますm( )m



>寺島しのぶは、大層上等な女優さんだと思います。

そうですね^^ 血統かもしれませんが!



>今日は雨だったので、豊川さんが傘をケツポケにぶら下げてたのを思い出しました。あれは足が長くなくては出来ませんな。

ですよね(笑) ま、それがなくてもトヨエツは背が高くてカッコイイですよね!

無難~ (cyaz)
2006-08-31 08:26:17
murkhaさん、TB&コメントありがとうございますm( )m



>寺島しのぶ、本当に味のある役をしていますよね。

難しい役だと思うのですが、無難にこなしていましたね?



>今後の映画方面の活躍に期待したいところです。

癖のある役が面白い反面、“笑い”を身につけたら最強の女優さんになるでしょうね^^

トノ・・・ (カオリ)
2006-09-10 02:02:52
従兄の祥一・・・自分が苦しいときに、あんな優しい従兄がいたら、やっぱり好きになってしまいそうでした。トヨエツ、尾崎豊も結構練習したんじゃないですかね?それなりにマネして歌ってましたね。
尾崎世代~ (cyaz)
2006-09-10 16:20:22
カオリさん、コメントありがとうございますm(__)m



>従兄の祥一・・・自分が苦しいときに、あんな優しい従兄がいたら、やっぱり好きになってしまいそうでした。

心の痛みに優しさは必要不可欠な要素ですよね!



>トヨエツ、尾崎豊も結構練習したんじゃないですかね?それなりにマネして歌ってましたね

そうでしたね! 尾崎世代なんでしょうかね(笑)?



週末に蒲田に行きます! (りん)
2006-09-15 00:24:32
初めまして!

この週末に蒲田に行くので、是非緑の象を見てみたいとおもい、

検索しまくってここのサイトを発見しました(´∀`)

是非緑の象のある場所を教えてください!



おはつです~ (cyaz)
2006-09-15 00:35:36
りんさん、コメントありがとうございますm(__)m



>この週末に蒲田に行くので、是非緑の象を見てみたいとおもい、検索しまくってここのサイトを発見しました(´∀`)是非緑の象のある場所を教えてください!

それはそれは、ありがとうございます^^

緑の象については下記に書いていますので見て下さい。西蒲田4丁目、JRの西蒲田アパートを目印に行かれるといいと思います。

↓↓↓



http://blog.goo.ne.jp/cyaz/e/ea115c82d35528ea999b5c262af36dd6
こんばんは。 (元・副会長)
2006-10-26 22:02:48
 そちらにトラックバックしようとしたのですが、出来ませんでした。どうしてかな、同じgooのブログなのに・・・・(涙)。



 本作のトヨエツの博多弁はくさ、ツヤばっかりつけてからくさ、ほんなこつ気合いの入っとらんやったばい・・・・と、福岡ネイティヴとして突っ込みを入れたくなりましたが(爆)、映画自体は肌触りが良かったですね。



 それでは今後ともヨロシクお願いします。
それは~ (cyaz)
2006-10-26 23:18:37
元・副会長さん、コメントありがとうございますm(__)m



>同じgooのブログなのに・・・・(涙)。

最近、特に調子悪いですからね(笑)



>福岡ネイティヴとして突っ込みを入れたくなりましたが(爆)、映画自体は肌触りが良かったですね。

そうですね(笑) ま、映画やTVにはそれ用の方言指導がありますからね^^

TBありがとうございました! (mezzotint)
2006-11-15 23:10:55
cyazさん
今晩はTB、こちらにもありがとう
ございます何故かこの記事、
gooの方のブログに反映できません。頂いたので、
再度挑戦しましたが・・・・駄目
という事でコメントにて失礼します
バイブレーターでの寺島しのぶさんを思い出しました。それにしても凄い演技力
自然体~ (cyaz)
2006-11-15 23:36:02
mezzotintさん、コメントありがとうございますm(__)m

>gooの方のブログに反映できません。頂いたので、
再度挑戦しましたが・・・・駄目
という事でコメントにて失礼します
最近何故かTBできないことが多いんですよねぇ><
gooって相性悪いんでしょうか(笑)?goo同士でも貼れないことがありますから・・・。

>バイブレーターでの寺島しのぶさんを思い出しました。それにしても凄い演技力
そうですね! 不思議な力がありますよね? 自然体なのに^^
やわらかな寺島しのぶ・・。 (Ageha)
2007-02-26 00:35:35
「アキハバラ@DEEP」じゃ
けっこうカッコイイオネーチャンで(オイ)
基本はサバサバした感じのひとなんでしょうが
なんともいえないほわんとした印象を受けました。
それだけ役によって変わるひとなんですね~。

救いが必要な人なんですが
それでも他者とのかかわりのなかでは
癒しをも与えてる。
躁鬱病をかかえながらも処世術はもっている。
その辺がむしろ
コノヒトは器用でしかも実は強く生きてるなと
思っちゃいました。

がんばらなくてもいいよと自分にいえたなら、
それを言ってくれるひとがいたなら、
案外そんな簡単なことがなかなかできないから
しんどいわけで。
・・・なんて、
今回は作品そのものよりも
そういうひとたちが抱えている、
その重たい気持ちのことでいっぱいになっちゃいました。
がんばらなくても~ (cyaz)
2007-02-26 08:37:53
Agehaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>なんともいえないほわんとした印象を受けました。
それだけ役によって変わるひとなんですね~。
それが役者の使命だと思いますが(笑)

>躁鬱病をかかえながらも処世術はもっている。その辺がむしろコノヒトは器用でしかも実は強く生きてるなと思っちゃいました。
欝を除けば全く普通と変わらない、むしろ普通以上だと思いますけどね^^

>がんばらなくてもいいよと自分にいえたなら、それを言ってくれるひとがいたなら、案外そんな簡単なことがなかなかできないからしんどいわけで。
・・・なんて、
「Agehaさん、頑張らなくてもいいよ!」って僕が代弁^^

>今回は作品そのものよりもそういうひとたちが抱えている、その重たい気持ちのことでいっぱいになっちゃいました。
そっかぁ、ま、それもそうなのかもしれませんね。
寺島さん (kimion20002000)
2007-04-16 21:28:36
TBありがとう。
寺島しのぶいいなあ。「赤目四十八瀧」がデヴューだったっけ。あのときは、十三あたりの大阪のヤンチャ場だったかな。
ともあれ、ヤサグレ場が似合います(笑)
ギャップが~ (cyaz)
2007-04-16 22:50:04
kimion20002000さん、コメントありがとうございますm(__)m

>寺島しのぶいいなあ。「赤目四十八瀧」がデヴューだったっけ。あのときは、十三あたりの大阪のヤンチャ場だったかな。ともあれ、ヤサグレ場が似合います(笑)
ですよね(笑) 育ちはいいし血統書付きなのに、そのギャップがいいのかな(笑)
TB&コメント有り難うございました. (ほんやら堂)
2007-07-16 19:15:43
chaz様,TB&コメント有り難うございました.

緑の象のTBにもびっくり,確かに象ですよね.

この映画は俳優に演技ってものをじっくり味わうことが出来ました.
寺島しのぶ好きです.おとーさんも弟もおかーさんもそれぞれに好きですが.
今月はおとーさんと弟の出る舞台を見てきたところです.
弟が時々(女形のとき)一瞬寺島しのぶに見えるときがあります.
緑の象~ (cyaz)
2007-07-16 21:08:09
ほんやら堂さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>緑の象のTBにもびっくり,確かに象ですよね.
見えますよね~^^

>寺島しのぶ好きです.おとーさんも弟もおかーさんもそれぞれに好きですが.今月はおとーさんと弟の出る舞台を見てきたところです.弟が時々(女形のとき)一瞬寺島しのぶに見えるときがあります.
そうでしたか^^
寺島しのぶって正直男顔ですよね(笑)?
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-08-22 20:46:25
 寺島さん、よかったですね。
 役そのものに見えました。

 トヨエツもよかったですね。
 「愛していると言ってくれ」でも、
 すごく好きでした。
 なつかしーー!

 蒲田が地元なんですね。
 いい町だなーと思いました。
似てます~ (cyaz)
2007-08-23 08:33:18
miyukichiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>寺島さん、よかったですね。 役そのものに見えました。
難しい役柄でしたが見事でした!

>トヨエツもよかったですね。「愛していると言ってくれ」でも、すごく好きでした。なつかしーー!
ですね(笑) 再放送してほしいですよ^^

>蒲田が地元なんですね。いい町だなーと思いました。
今のところに引っ越してきて早7年が経ちました^^
僕が住んでいた大阪の町と似ている部分がありますよ、蒲田は(笑)
こんばんは (YOSHIYU機)
2007-10-25 22:06:03
コメント有難うございました。
それから、TBは承認制なので
ちゃんと反映されてます。
有難うございました。

妻夫木のヤクザは、ミスキャストですよね。
まぁ、客寄せパンダでしょう(笑)

緑の象の画像を、拝見させていただきました。
上手く撮れてますね。
喫茶店という事ですが、入られたんですか?
今は~ (cyaz)
2007-10-25 22:21:35
YOSHIYU機さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>それから、TBは承認制なのでちゃんと反映されてます。
そうでしたか^^ 良かった!

>妻夫木のヤクザは、ミスキャストですよね。 まぁ、客寄せパンダでしょう(笑)
ですねぇ(笑)

>喫茶店という事ですが、入られたんですか?
昔は営業していたみたいですが、今はクローズしてますね。 でも中から音楽が聴こえて来ましたけど^^
こんにちは! (みのり(楽蜻庵別館))
2008-02-06 09:18:35
蒲田ってCyazさんの地元なんですか~。 いい雰囲気でしたね。 私もしばらく行ってないので遊びに行きたいなんて思ってしまいました。
えっと~ (cyaz)
2008-02-06 12:34:09
みのりさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>蒲田ってCyazさんの地元なんですか~。 いい雰囲気でしたね。 
正確に言うと大森なんですが、一駅で蒲田です(笑)

>私もしばらく行ってないので遊びに行きたいなんて思ってしまいました。
お~ぜひぜひ^^
緑の象も鑑賞してきて下さい!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

58 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
やわらかい生活 (しぇんて的風来坊ブログ)
この映画、しっくり来なかった。 純情きらりの笛姉ちゃんこと寺島しのぶさんは良かったです、だいぶんカバーしてました。でも・・・・ 躁うつ病の描き方が、ちょっとどうなんだろうというので、しのぶさんに関してさえ、ちょっと??というところがあった。 ...
やわらかい生活 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
脚本=荒井晴彦、監督=廣木隆一、主演=寺島しのぶの、『ヴァイブレータ』トリオが絲山秋子の原作「イッツ・オンリー・トーク」で再集結。 大企業のキャリアウーマンだった「かたい生活」や、両親の死をきっかけに、精神のバランスを崩した35歳の優子は、色々 ...
映画「やわらかい生活」 (ぼくと、師匠と・・・明日へ  DAO)
30度をこえた6月の夕方・・・ 太陽がボ~ット紅かったよ・・・・ そんな夕方に、映画「やわらかい生活」をみました。 こんな映画ががあってもいいかな・・・って思える映画でした。 寺島しのぶ が主演、彼女の不思議さというか なんとも・・・ ...
やわらかい生活(映画) (「しつこく」もろもろ日記)
NHK朝の連続ドラマ「純情きらり」で活躍中の「笛姉ちゃん」こと 寺島しのぶ主演。実は映画の日に行ったら20分ぐらい前で満席だったので 再度出直しました。小さい劇場だからなんですけどね。 お互い一人っ子でいとこ同士の祥一(豊川悦史)と優子(寺島しのぶ ...
やわらかい生活/寺島しのぶ、豊川悦司 (カノンな日々)
『ヴァイブレータ』の廣木隆一監督と寺島しのぶさんのコンビに、今回は共演に豊川悦司さんを迎えての第二弾。出演は他にも松岡俊介さん、田口トモロヲさん、妻夫木聡さん、柄本明さん、大森南朋さんとワタシ的には豪華な面々が勢揃い。しかも劇場予告編を観ていて ...
やわらかい生活 (ライターへの道~私の観るもの、感じる事を伝えたい!~)
         やわらかい生活(2006年、松竹映画) http://www.yawarakai-seikatsu.com/ 監督:廣木隆一  原作:絲山秋子「イッツ・オンリー・トーク」 出演:寺島しのぶ、豊川悦司、松岡俊介、田口トモロヲ、妻夫木聡、大森南朋、他       ...
やわらかい生活/廣木隆一 (航  海  記)
 もう部屋にテレビというものを置かなくなって何年経つのでしょう。その理由もいくつ
やわらかい生活 (Welcome to Greenwood)
めずらしく映画の日に新作を観る。新宿は各デパートのバーゲンですごい人だったさ。昭和館跡地に建った「K's cinema」は以前から行ってみたい劇場だったのですが、観たい作品がかからなかったり、かかっても別の最寄の劇場にかかっていたりと、機会がなかった。所 ...
『やわらかい生活』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
肉親や恋人、友人を失い、すべてに無気力になって入退院を繰り返すようになった橘優子・35歳。そんな彼女が東京の片隅にある街・蒲田に引っ越してきた。この町は下町だけど”粋”がない。しかし今の彼女にとってはとても居心地がいいところだった。大学時代の友人 ...
劇場『やわらかい生活』 (映画ダイエット)
監督:廣木隆一 原作:絲山秋子 出演:寺島しのぶ、豊川悦司、松岡俊介、田口トモロヲ、妻夫木聡、榎本明、他 しのぶさん顔でかいですね。唐突にごめんなさい。ひとのこと言えませんorz で、豊川悦司がかっこよすぎでひとり勝ち(?)。あんな車でナンパされてみた ...
【映画】やわらかい生活 (芸術に恋して★Blog★)
映画やわらかい生活 は、一大センセーショナルを巻き起こしたヴァイブレータの廣木隆一 監督、荒井晴彦脚本による蒲田を舞台にしたドラマだ。 主人公の優子(寺島しのぶ)は両親の死により躁鬱になり会社をやめてしまう。そんな喪失的な状況 ...
『やわらかい生活』 (齢31女・日々是決戦)
『やわらかい生活』一流大学卒→大手企業総合職と、キャリア街道を突き進んできた優子
やわらかい生活 (徒然なるままの日記)
今日は午前中に洗濯や掃除を済ませて、映画を見に行ってきました。 蒲田のお隣、大森にある「キネカ大森」で上映中の 「やわらかい生活」という映画です。 この映画、蒲田の街が舞台になっているということだったので、 知っている場所がたくさん出てくるのではな ...
やわらかい生活(2005/日本/廣木隆一) (CINEMANIAX!)
【シネアミューズ@渋谷】 一流大学から大手企業の総合職とキャリア街道を突き進み、仕事もプライベートも気を張りつめてがんばってきた橘優子(寺島しのぶ)。しかし、両親と親友の突然の死をきっかけにうつ状態へと落ち込んでしまう。以来、躁鬱病を抱えて入 ...
『やわらかい生活』 ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
日本映画です。 監督:廣木隆一&脚本:荒井晴彦&主演:寺島しのぶ 『ヴァイブレータ』のスタッフが数多く携わった作品のようです。
「やわらかい生活」 そばとうどん (目の中のリンゴ)
予告を見て、なんとなく気になっていた映画、 寺島しのぶさん主演の 「やわらかい生活」(日本 2005年) 「やわらかい生活」公式HPは → コチラ 35歳独身の、優子(寺島しのぶ)は、数年前に両親を亡くし、 親友を亡くし、恋人を亡くし(失くし?) 精神に不調 ...
映画『やわらかい生活』 (はんなり・・・)
 京都・みなみ会館で『やわらかい生活』を観ました。  珍しく「遅ればせながら・・・」ではありません。(笑)  原作は絲山秋子さん。(彼女の作品は、友人にもらった「袋小路の男」しか読んだことがないのですが・・・)  主演は、ここ数年、邦画界で ...
やわらかい生活 (映画、本、たまに舞台。)
シネ・ヌーヴォにて。 (監督)廣木隆一 「ヴァイブレータ」のトリオ、 荒井晴彦(脚本)、寺島しのぶが再び。 寺島は、ほんと豊かな表情をもっている。 それだけで、十分堪能できてしまう。 ドタドタ、ヨタヨタ歩く姿が印象的。 彼女はたしかに、ちゃんとそこ ...
【劇場鑑賞69】やわらかい生活 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
橘優子、35歳、蒲田で一人暮らし。 可笑しくて、愛しくて、じんわり心にしみる。 暖かな幸福感に包まれる物語。 それとな~く幸せ
やわらかい生活 (勝弘ブログ)
http://www.yawarakai-seikatsu.com/渋谷 シネ・アミューズで鑑賞JR東日本、京浜東北線、蒲田周辺が舞台。キャッチコピーに「それとな~く幸せ」って有るんですが見た感想としては、そうか?と疑問が。 主人公の橘優子は大切
やわらかい生活 (休日の過ごし方・・)
この作品は、全国ロードショーではなく、限定上映。 今回は、足を運んで鑑賞しに行きました。 うつ病の独身女性の話ですが、現実的な身近な話。 今は、こんな女性が多いのかな? とも勝手に思ったりして(笑) 主人公と、付き合う男性が事故で、 こんなに ...
やわらかい生活:きゅうくつだね、体も心も大人になっちゃって キネカ大森 (気ままに映画日記☆)
トヨエツと寺島しのぶのこの映画。期待できそうだなって見に行ったらずっぽりはまりました。 橘優子(寺島しのぶ)35才独身。一流大学を出て一流企業のキャリアウーマンだった。 両親が阪神大震災で亡くなってから、調子が悪くなって躁うつ病で1年間入院した。 ...
『やわらかい生活』フィルメックス映画祭にて (映画子の映画日記)
2005年 / 日本 / 126min. 配給:松竹 (来年公開予定) ★★★★☆ 蒲田に住みたい! まさかこのポスターでいくの? 違うよね~。 もっと、ちがうポスター作ってよ~! もっとかっこいいの! お願いね~! 映画に負けないくらいにかっこいいポスターをノゾム! ( ...
映画「やわらかい生活」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
30歳過ぎて独身、躁鬱女性の柔らかくない都会の片隅での生活、身に降りかかる不幸に嘘で対抗する、そんな彼女に優しい嘘の得意な男が現れる。 優子(寺島しのぶ)は大企業総合職のキャリアだったが、両親を火事で亡くしたのを阪神大震災と嘘をつき、同僚 ...
『やわらかい生活』寺島しのぶは最高 (Days of Books, Films)
『ヴァイブレータ』につづく廣木隆一(監督)-荒井晴彦(脚本)-寺島しのぶ(主演)
「やわらかい生活」 (a monologue)
■公式HP :http://www.yawarakai-seikatsu.co
『やわらかい生活』 ★★★ (時流を聴く)
新宿のK's cinemeで『やわらかい生活』を観た。 監督は廣木隆一。あの『ヴァイブレータ』のスタッフが集結。 出演は、寺島しのぶ、豊川悦司、松岡俊介、田口トモロヲ、妻夫木聡、大森南朋。 観終わった
『やわらかい生活』 (моя комната ~まやこむなた~)
※少々ネタバレあり 久々に時間を気にせずに観た日本映画。2時間6分とやや長めなのに。廣木隆一監督、荒井晴彦脚本、寺島しのぶ主演と『ヴァイブレータ』チームが再び蘇った、期待の新作。原作は絲山秋子の「イッツ・オンリー・トーク」。 橘優子は35歳独 ...
絲山秋子の本 (セカンドライフ)
『イッツ・オンリー・トーク』を読んで以来、絲山秋子の本が好きだ。 イッツ・オンリー・トーク 絲山 秋子 映画『やわらかい生活』の原作。映画はできれば見たくない。 実に現代的なのである。 それはスチャダラパーとかトモフスキーとかって言葉がさ ...
やわらかい生活 (float freak)
粋(イキ)のない下町。 劇中そんなキャッチフレースで称される蒲田。 実際、粋(イキ)があるかないかはよくわかんないけど、 あたしにとって”蒲田”という町は とても特別であり、とても思い入れがある。 過去も今も、きっと未来も切り離せない場所 ...
やわらかい生活 (龍眼日記 Longan Diary)
35歳孤独で自然体、魅力的なニューヒロイン”橘優子”に、女性の共感の声! リアルな新しい女性像、女性の生き方を描いた映画が誕生しました! (オフィシャルサイトより) この類の映画紹介からほんわかした作品をイメージしていたのだが 実際はかなり重 ...
この街のどこかで ~やわらかい生活 Part2 (recomints side-B)
※優子と祥一 大森酉の市/鷲神社にて 荒井晴彦氏脚本・廣木隆一監督・寺島しのぶさん主演の「やわらかい生活」を見に行った。 今SIDE-Bスタッフの中で密かなブーム(笑) 7/4のブログに引き続き、確かに「やわらかくない」と言うのが ...
シネ・ヌーヴォ上映情報 (奥三紀のOver30s)
■ロードショー 6/24(土)~7/13(木) 『やわらかい生活』 あの『ヴァイブレータ』のチームが描く、リアルな女性の生き方!寺島しのぶ演じる主人公は35歳、独身、一人暮らし。バリバリのキャリアウーマンだったが、突然、全てを失う…。 連日11:50/2:10/4:30/6 ...
やわらかい生活 (映画人的トラック・バック・センター)
『やわらかい生活』 映画『やわらかい生活』に関する記事のトラック・バックを大募集獵
やわらかい生活 (BUNPITUノHIBI)
廣木隆一監督 バリキャリだった優子は人生の底に落ちた。精神に捻挫を負い、薬が手放せない毎日。だがそれをそのまま受け入れようという気分もあったのか、蒲田という「粋」のない下町に移り住む。やりたいことだけやって生きてみるために。そして出会い、再会 ...
やわらかい生活 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
魅力的なニューヒロイン"橘優子"の難役に挑んだのは、『ヴァイブレータ』で各賞を総なめし、『大停電の夜に』など出演作が目白押しの演技派女優寺島しのぶ。35歳、男なし、金なし、仕事なし... だけれど、孤独を受け入れ、自然体で生きている、新しい女性像を ...
「やわらかい生活」 (あげまきBLOG)
監督/廣木隆一 脚本/荒井晴彦 原作/絲山秋子「イッツ・オンリー・トーク」 出演/寺島しのぶ/豊川悦司/松岡俊介/田口トモロヲ 2005年/日本/126分 ダメ男たちとの、やわらかい生活は、弱い女の心を癒していく。 嘘ついても、迷惑かけてしまっても ...
「やわらかい生活」 (もじもじ猫日記)
蒲田といえばユザワヤでしょう と思っていたら、ぼんやりと後ろを走り抜ける自転車のカゴにユザワヤの紙袋が。 そうきましたか。 優子の周りには死がいっぱい。 みなし子になって親友も失ってオトコも失った。 ココロのバランスが崩れても仕方が無い、 というより ...
[cdb] #85 やわらかい生活 (色とりどりの日々)
高速道路の高架下。 私はさっき食べたライムタルトの 甘酸っぱい味を思い出しながら、 信号が青になるのを待つ。 目の前を猛スピードで駆け抜ける車。 なにをそんなに急いでいるんだろうか。 その大きな横断歩道を渡ってすぐのところに 今日私が目指す映画 ...
やわらかい生活 (泥海ニ爆ゼル)
「やわらかい生活」(2005) 「ヴァイブレータ」で高い評価を受けた廣木隆一監督と女優の寺島しのぶ。今回は、現代の女性像を異なった視点から切り取る。豊川悦司、田口トモロヲ、松岡俊介、妻夫木聡なども出演。原作は絲山秋子の「イッツ・オンリー・トーク」。 ...
映画「やわらかい生活」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「やわらかい生活」 『ヴァイブレータ』の監督・脚本・主演トリオ、廣木隆一&荒井晴彦&寺島しのぶが再び組んで、絲山秋子のデビュー作「イッツ・オンリー・トーク」を映画化。 優子(寺島しのぶ)は35歳、独身、一流大卒、バリバリのキャリアウーマ ...
「やわらかい生活」 (俺の明日はどっちだ)
かつては一流企業の総合職というバリバリのキャリアウーマンだった寺島しのぶ演じる35歳のヒロイン・優子。 しかし、両親の死とともに精神に変調をきたし会社を退社、そして「松子」みたいに夢を見ることなく、両親が残してくれた遺産をもとに淡々と暮らしていたー ...
「やわらかい生活」の街、蒲田を歩く! (とんとん・にっき)
蒲田駅西口広場       ユザワヤ 映画「やわらかい生活」の原作「イッツ・オンリー・トーク」の最初の1行は、「直感で蒲田に住むことにした。」で始まります。映画「やわらかい生活」に沿って、蒲田の街を歩いてみようと、思い立ちました。「ロケ地巡り ...
やわらかい生活 (シネマでキッチュ)
荒井晴彦の脚本、廣木隆一監督、主演が寺島しのぶ、といえば「ヴァイブレータ」の御三方。 「ヴァイブレータ」は心身症の30代はじめのルポライターの女性が車に乗せてもらった男との関係を深めていくロードムービーだった。 心身の底の蓋をすこしずつ開けてゆく ...
やわらかい生活・・・金魚の話よいね! (システムエンジニアの晴耕雨読)
やわらかい生活It'sOnlyTalk今日は映画の日・・・って、自分にとってのですが。「仕事に、恋愛に、結婚に、家族に...すべてについがんばっちゃう、あなた。突然、スイッチが切れてしまうことありませんか?誰でも生きていれば必ずそういうときがあります。そんな ...
やわらかい生活(06・日) (no movie no life)
原作が、絲山秋子と知って俄然見たくなった。 こないだ「沖で待つ」で芥川賞を取った作家。この小説は読んでいたが他の作品は知らない。 エンド・クレジットを見て、デビュー作「イッツ・オンリー・トーク」の映画化とわかった。 優子(寺島しのぶ)は早稲田 ...
『 やわらかい生活 』 (やっぱり邦画好き…)
 公式サイト 映画 『 やわらかい生活  』 [試写会鑑賞] 2006年:日本 【6月10日ロ-ドショー】[上映劇場 ] 監 督:廣木隆一 脚 本:荒井晴彦 原 作:絲山秋子  『イッツ・オンリー・トーク』 [ キャスト ]   ...
ひとやすみの季節・・・~「やわらかい生活」~ (ペパーミントの魔術師)
やわらかい生活 スペシャル・エディション寺島しのぶ 絲山秋子 廣木隆一 ハピネット・ピクチャーズ 2007-01-26売り上げランキング : 6507おすすめ平均 なまぬるい生活。頑張り過ぎないで...Amazonで詳しく見る by G-Tools 心にかかえるものでつぶされそうになって ...
『やわらかい生活』 (Sweet* Days)
やわらかい生活 スペシャル・エディション 監督:廣木隆一 CAST:寺島しのぶ、豊川悦司 他 STORY:優子(寺島しのぶ)は両親や親友を亡くして以来、躁鬱病に苦しむ日々を過ごしていた。そんな彼女はある日、蒲田に引っ越す・・・・ 『愛るけ』以前の愛るけ...
やわらかい生活 (とんとん亭)
「やわらかい生活」 2006年 日 ★★★☆ 久々に邦画をレンタルして観ました^^ 物凄くゆったりとした映画で、ふと「君とボクの虹色の世界」を思い出した。 ただ、「孤独な人間」というのを扱った映画は沢山あると思うけど、この物語 の主人公橘優子(寺島...
独断的映画感想文:やわらかい生活 (なんか飲みたい)
日記:2007年7月某日 映画「やわらかい生活」を見る. 2005年.監督:廣木隆一.寺島しのぶ,豊川悦司,田口トモロヲ,妻夫木聡,大森南朋. 「ヴァイヴレータ」と同じ監督・主演の映画. 主人公優子が
柄本明 (りんかの記録)
柄本明柄本明(えもと あきら、1948年11月3日 - )は、東京都出身の日本の俳優。妻に角替和枝、息子に柄本佑がいる。1977年、東京乾電池を結成。1998年、『カンゾー先生』で第23回報知映画賞「最優秀主演男優賞」や日本アカデミー賞「最優秀主演男優賞...
(今日の映画)やわらかい生活 (Kozmic Blues by TM)
やわらかい生活 (2005/日) It's Only Talk
やわらかい生活 [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「やわらかい生活」     (廣木隆一:監督/      絲山秋子:原作「イッツ・オンリー・トーク」)  やわらかい生活 スペシャル・エディションハピネット・ピクチャーズこのアイテムの詳細を見る  昨日深夜に放映されていたのを観ました。  (その前仮...
やわらかい生活 (UkiUkiれいんぼーデイ)
この主人公の生き方って、実は意外と難しいのかもしれない・・・。 寺島しのぶが好演する独身女性の生き方。 橘優子(寺島しのぶ)、35歳で失業中、うつ病で遺産暮らし。 「自分のすきなことだけやって生きていくの」 それは誰もがしたい生き方です。 嫌...
『やわらかい生活』'05・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ一流大学卒→大手企業総合職と、キャリア街道を突き進んできた優子(寺島しのぶ)だが両親と親友の突然の死をきっかけに、うつ状態へ落ち込む。趣味のいい痴漢に出会い、東京の端っこ蒲田に越してきたことで、うつ病のやくざ元同級生でEDの議員、いとこ祥一が優...
やわらかい生活 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それとな~く幸せ』  コチラの「やわらかい生活」は、「ヴァイブレーター」の廣木隆一監督、寺島しのぶ主演が再びタッグを組んだヒューマン・ドラマです。  あたしは、「ヴァイブレーター」にずど~んとヤラレちゃったので、本作も期待しちゃったのですが、ん~...
<やわらかい生活>  (楽蜻庵別館)
2005年 日本 128分 監督 廣木隆一 原作 絲山秋子「イッツ・オンリー・トーク」 脚本 荒井晴彦 撮影 鈴木一博 音楽 nido 出演 寺島しのぶ  豊川悦司  松岡俊介  田口トモロヲ    妻夫木聡  大森南朋  柄本明