弱い文明

「弱い文明」HPと連動するブログです。 by レイランダー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

とてつもない日本

2008年11月01日 | プレカリアート
 「サブカルに強い」アソウおぼっちゃまのおうちを見に行こうとしただけで、逮捕された人たちがいる。
 いい国になったものだ。いや、アソウ風にいえば「とてつもない国」になったものだ。この国に住んでいるなら、これを知っておく必要がある。とてつもない国。まともな人間には住みづらいのがタマに傷だけどな。

 取り急ぎ、情報のみ。

 麻生でてこい!!リアリティツアー救援会 賛同・声明集

 賛同署名をしましょう。そう、もう総選挙は始まっている。

 東京では11月6日に抗議集会がある。奮って参加しましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 福岡事件のイベント2つ | トップ | なぜ「回廊」なのか? »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
署名しました (pepita)
2008-11-05 08:36:32
mixiサイトから来ました。

署名されたんですね。私も微々たる募金と署名しました。

先週末に子供と久し振りに会って話していたら、最初に捕まった人が知り合いで、心配していると聞き驚いていたところです。

しかし、ひどいものですね。何もしてなくても、その兆候を嗅ぎ付けただけで、逮捕に踏切る。言論の自由もあったもんじゃないですね、恐ろしいことです。

ちょっと気になるのは (ところ)
2008-11-05 22:09:49
この事件があまり大きく報道されていないことです。
当事者たる雨宮処凛さんが(たしか)毎日新聞で言及していたくらいしか記憶にありません。
何の後日報道が無い点はグリーンピースの事件と似ているような気がします。
それにしても歩いているだけで捕まるようじゃ、本当にこの国も地に墜ちたものです。
Unknown (レイランダー)
2008-11-06 22:59:51
pepitaさん

遅れましてすいません。
三人は釈放されたようですね。とりあえず拘留が長引かなくて良かった。っていうか、長引かしてまで聴くことがあるはずもないんですけどね、何もしてないんだから。

お子さん(と言っていい年齢なのかどうか、微妙でしょうね)の知り合いだったとは、奇遇というかなんというか。お子さんも気をつけてほしいです。最近の警察、ほんとにガラが悪くなってきてて、特にああいう反・貧困系の運動に対しては悪質な絡み方をしてくることが多いそうです。


ところさん

企画者がここ最近の“時の人”である雨宮さんでなければ、その最初の記事すら出なかった可能性もありますよね。グリーンピースなんかは良きにつけ悪きにつけ知名度のある団体だし、あの事件にはまだしも国民が関心を持つような内容があったから、大きく取り上げられたと思います。こっちの事件の場合、内容といえば警察の悪質さ、それに尽きる。ほとんどヤクザと変わらない(ただし侠気はない)。かえってこういう場合、大新聞的には報道価値が下がる、ってことですかねえ。
Unknown (ルナ)
2008-12-14 07:00:23
♪どんぐりころころドンブリコ お池にはまって さあたいへん
どじょうが出て来てこんにちは 坊ちゃん一緒に 遊びましょう

♪あそう氏ころころドンブリコ 支持率さがって さあたいへん
おざわ氏が出て来てこんにちは は?やく解散 いたしましょう

♪はつげんころころドンブリコ 朝れい暮かいで さあたいへん
ゴルゴ13が出て来てこんばんは バーでいっぱい やりましょう
>ルナさん (レイランダー)
2008-12-16 09:56:16
スネークマン・ショー時代の伊武雅刀に歌わせたい歌ですね。

相変わらずニュースに疎いんですが、ブッシュに靴投げたイラクの記者がいたそうですね。これからの世界の課題は、「テロとの戦い」ならぬ「靴との戦い」かもしれませんね。

リンガーハットのかきちゃんぽん(期間限定)が終わってしまい、悲しみに暮れるレイランダーでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

プレカリアート」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

「麻生邸リアリティ・ツアー逮捕事件」を外国語で海外に伝えよう (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
麻生邸リアリティ・ツアー逮捕事件についてのヤメ蚊弁護士さんの提唱に微力ですが協力します。 麻生邸リアリティ・ツアー逮捕事件につい...
希望は革命 (BLOG BLUES)
毎日新聞の「現在を読む」が面白い。日頃目にする TV新聞報道からはネグレクトされた真実、意見が開陳される。 寄稿という体裁を取っているのが、ま、限界ではあるが。せめてもの良心、 なけなしのジャーナリスト魂の発露であろう。がんばれ毎日。ガンガン行け。 憂...