弱い文明

「弱い文明」HPと連動するブログです。 by レイランダー

『いのちの食べかた』

2008年02月29日 | 映画
淡々と生き物の命が刈り取られ、「食品」となっていく、その姿が映し出されていくのみ。こんな映画がロングランを続けているというのは、有意義なことだと思う反面、自分も含めた世の人々(先進国の)が、いかに食糧生産の現場から遠い場所にいるか、そのことをなんとなく後ろめたく思っているか──そんな僕ら自身の姿をも映し出しているように思った。 . . . 本文を読む
コメント (11)   トラックバック (3)

つれづれなるまま四題

2008年02月24日 | Weblog
…最近世の中を騒がせていること、それとは別に個人的に気になったこと、いつかはちゃんと書きたいと思いつつ書けないでいることなんかを、あんまり深く考えずにサラッと並べてみたいと思う。 . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (4)

死刑について、異論に答える―2

2008年02月16日 | 死刑制度廃止
…実は、こういう場面で言うところの「加害者の人権」自体、僕はあんまり深く考えていなかったし、今もあまり考えていない。なぜかというと、刑法適用に際しての「人権」というのは、もともと犯罪者(または容疑者)全般に対して考慮すべきことであって、死刑囚だから特別に考慮しなくてはならないわけではない。だから、それを死刑廃止の理由と直結するのはおかしいんじゃないか、と。 . . . 本文を読む
コメント (15)   トラックバック (6)

死刑について、異論に答える―1

2008年02月16日 | 死刑制度廃止
 このところ立て続けに書いた死刑関連のエントリーに対して、さまざまなコメントをいただいた。その都度レスをつけていたのだが、一番最近の(2/16現在)お二方のコメントには、僕の文章も「反論」の形をとる必要から、それなりに分量がかさむ見積もりとなったので、独立したエントリーの形で答えることにした。 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (1)

森達也『死刑』

2008年02月11日 | 死刑制度廃止
…廃止論者を自認していた僕でさえ、痛いところを突かれ、揺さぶられ、自分の廃止論を一から検証しようという気持ちになった。逆に、強硬な存置論者が読んでも同じことが起きるだろう。立場がどちらであれ、ずっしりと重いものが心に残される。 . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (3)

吉祥寺で死刑制度についての討論会

2008年02月06日 | 死刑制度廃止
 福岡事件再審請求運動を続けている古川住職との会合で、在日イタリア人のアンジェロ・デ・ローザさんという人と知り合った。 . . . 本文を読む
コメント (9)   トラックバック (1)

池袋で立ち往生の巻

2008年02月03日 | プレカリアート
 終電に乗りそこねたことは何度かあるけれど、たまたまその夜は貯金から下してくるのを忘れたので、余分なお金の持ち合わせがなかった──電車賃を除いて、500円くらいしか残っていなかった。帰れさえすれば、別にそれが問題になることもなかったのに、乗りそこなったことで、朝まで安穏と過ごす場所がないという現実にぶち当たった。 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (2)