シュガーブログ

増田カイロプラクティックセンター勤務のカイロプラクター、NAET施術者、名ばかり鍼灸師、時々ランナーによる様々な情報発信

アクティベータセミナー

2019-12-10 18:28:46 | カイロプラクティック
12/8-9と大阪でアクティベータセミナー(アクティベータネットワークジャパン主催)に参加してきました。
セミナーでは講義を聞いて学ぶだけでなく、
インストラクターの先生方やその他の参加されている先生方から多くの学びがあり、充実の二日間でした。
知識の面でも実技の面でも、新しい事・修正すべき点が多くあり、
早く復習して頭に身体にしみこませなくては、脳からこぼれ落ちそうです。

アクティベータ施術は、身体の機能不全を改善する施術で、
その結果として痛みが軽減したり、動きが良くなったり、頭がすっきりしたりetc症状の改善につながっていきます。

多くの方は「痛い」があるから施術を受けにきます。
辛い痛みの軽減はもちろん大切ですが、その痛み(や骨格のゆがみ)だけにフォーカスしてしまうと、
一番大切な機能の改善が疎かになってしまいます。
痛みは感覚なので、様々な条件で日々変わってきますし、人によって感じ方も変わります。
いかに身体の働きを本来あるべき姿に戻してあげるか、そしてそれを患者様にいかに実感してもらえるか、
そしてもっとシンプルな施術で効果を高めるために日々進化させていきたいと思っています。


そしてせっかく大阪にきましたので、グルメも楽しまなきゃいけません!
という事で、大阪に来たのに相変わらずインド料理屋さんへ。

新大阪駅の隣、西中島南方駅周辺にはインド料理屋が多くあります。
今回行ったのは「カジャナ」というお店で、本格的な西インド(家庭)料理がいただけます。
とても美味しかったです!!!
しか~し、お料理の全て100%にスパイスがしっかり効いていたので、逃げ場がなかったのがちょっと・・・
リゾット風になったお米もカレー味、麦の生地を薄く伸ばして軽く揚げた薄焼きパン(絶品でした!)のようなものもカレー味。
サラダドレッシングもスパイスがしっかり効いていて。
美味しいのだけど、箸休め的なものがゼロでしたのでちょっとツラくなってきます。
最後の方は口の中がマヒ状態・・・。スパイスにうま味を感じなくなってきます。
西インドでは肉・魚・卵を食べないようでタンパク源は様々な豆たちです。
動物性油脂も使用していないので、とてもヘルシーです。


写真はメインプレート。

この前にトマトスープ・豆のサラダ・ジャガイモ&ヨーグルトソースのサラダがそれぞれしっかりとした量で出てきて、
食後にアイスとチャイがついてきましたので、
普通の女性では食べきれない程の量かと思われます、普通の女性の方はお気を付けください。
食いしん坊の方はおひとりで十分召し上がれます、ご安心ください。

また機会があれば訪れたいお店です。
タイトルに反して、やはり今回もグルメネタで終わってしまいました。

日本平久能山スマートIC

2019-09-18 14:02:58 | カイロプラクティック
2019年9月14日、東名高速に「日本平久能山スマートIC」が開通しました。
晴れて増田カイロ最寄りのインターとなります!!

ETCカードがあり、かつ新東名でなく東名高速の方を使う方には便利になるかと思います。
東名高速の静岡IC付近や新東名高速の新静岡ICから増田カイロへ向かう流通通りは、時間帯によっては渋滞が起きやすいですので。

日本平久能山スマートICは、ザックリいうと静岡大学方面、いちご園三軒屋さんのすぐそば、田畑エリアに出てきます。
増田カイロから走って約15分、車でなく脚で走って(=ジョギング)の所要時間です!
距離感がつかめませんね・・・。

「日本平久能山」という名称も全国的な知名度的には、場所が分かりにくいですよね。
静岡の方は日本平が観光地として有名だと思っているかもしれませんが、、、。
私は静岡に来てしばらくは、東名高速の日本坂PAと日本平PAが混ざってましたもの。

ICを出て最初の信号を左に曲がり、大谷街道もしくはその一本手前を左に入ると増田カイロ方面へ向かえます。
大谷街道は道幅が狭いうえに歩道がないところが多く、歩行者や自転車もそこそこに通るので、
そういった道が苦手な方にはお勧めしません。

ICを出て信号を右に曲がり、三つ目の信号(サーティーワンアイスの所)を右折しまっすぐ進むと、
SBS通りの駿河総合高校のある交差点方面へ出られます。走りやすい道です。

その他に大谷川放水路沿いの田畑エリアを抜ける最短コースもありますが、、、
マニアックなルート好きな方は、カーナビに聞いてみてください。


3年程前は、このエリアはなーんにもなく田畑が広がっていて(グーグルマップのストリートビューは昔のままです、懐かしい)、
田んぼの間に舗装路はあるものの、歩道や街灯もなく、地元の人が抜け道として使う程度の交通量の少なさでした。

交通量が少なく排気ガスも少なく、夜は真っ暗で静かだったので、私の好きなジョギングルートでしたが、
工事開始と共に迂回を強いられ、高速道路沿いの見事な桜は数百メートルにわたり伐採され、
田畑の間には立派な2車線の道路ができて歩道にLEDの街頭までついて、
中央分離帯もあるもんだから、川沿いの南北に抜ける道を突っ切れなくなり(隙間を通り抜けていますが、、、)、
気づいたらICの出口ができ、、、。細い抜け道の方の交通量も以前より増え。
車を運転しない私には今のところメリットゼロです。

しかし東名を使って増田カイロに来る方がスムーズに来られるようになるなら、ありがたいですね。
慣れてきたら抜け道(田舎道)も案内しますので、どうぞお尋ねください。
ただまだ工事中の箇所もあり、迂回があったりしますので要注意です。

今後さらに周辺に商業施設などを建設したいようですが、複雑な気持ちです。
地域が盛り上がるのは必要だし、高齢で畑・土地を手放したい人がいたかもしれない、
けど「まだ耕運機が通る道なのにどうすれば」なんて嘆いている農家の方もいるし。
おじいちゃんおばあちゃんがのんびり歩ける静かな田舎道も守っていきたいですね。

ちなみに気になるスマートICといえば「大井川藤枝焼津スマートインターチェンジ」、
漢字が並びすぎて目がチラチラするし、どこに着くのやらみたいな、
どこも譲らず、自分の地名を入れたかったのでしょう。

広背筋

2019-05-31 19:04:20 | カイロプラクティック
今日はカイロプラクター&鍼灸師らしく筋肉のネタから入ります。

広背筋、文字通り背中にある広い筋肉です。
身体には多くの筋肉がありますが、どれも内臓や経絡と関わりがあります。
どこか内臓の不調があれば、内臓自身で問題が生じる場合もあれば、内臓でなくその関連する筋肉の問題としてお知らせサインを出してくることもあります。
関連痛として有名なのが、左肩が痛いと心臓に問題があるかも、といった感じに。

広背筋は脾経や脾臓・膵臓と深い関りがあります。
脾臓・膵臓は胃や大腸ほど有名人ではないですが、大切な場所です。
脾臓は免疫系や造血に重要な働きを担っていますし、膵臓は消化酵素(膵液)を出したり、インスリン・グルカゴンを出して血糖調節をしてくれています。

広背筋は背骨の胸椎5番~腰椎5番、仙骨、腸骨稜(骨盤の上端)など広範囲に始まり、
ざっくり言うと肩(上腕骨)の前側に終わる、大きな筋肉です。
一般的には肩関節の動きに関与する、とされていますが、これだけ大きな背中の筋肉ですので、腰の問題や姿勢の問題にも影響してきます。

かといって、この筋肉を鍛えれば・整えれば肩の動きも腰の問題も改善するというわけではありません。
広背筋は脾臓・膵臓と関連していますので、これら内臓機能に問題があれば、いくら外側から筋肉に刺激を入れて一時的に動きが良くなっても、再発したり改善しきれません。
身体の他のどの筋肉も同様に、内臓や経絡との関連があり複雑なのです。
内臓をいたわってあげることで、身体の骨格筋の問題も改善されやすくなります。
ということで増田カイロプラクティックでは、筋骨格の問題に対して、アクティベータメソッドとNAETで外側と内側からの両方のアプローチをしています。

で、最近知ったことなのですが、
鉄棒にぶら下がって懸垂を行なう時にこの筋肉を使うのだそう。

懸垂なんてできたことがないので、興味が全くなく知識ゼロでしたが、
懸垂って腕や胸の筋肉で身体を持ち上げているのかと思いきや、この広背筋をギュッと収縮させて肩甲骨を寄せて持ち上げているのだそう。
筋肉モリモリの方にその話を聞いて目からうろこでした。
そして軽々と実演してくれました。
理屈が分かり見ていたら、何だか自分もできそうな気がしてきました。
棒にぶら下がってみました。
結果、見事惨敗。
ビクともしません。というかジタバタしていました。

そう簡単にできるわけないですよね、只今広背筋を収縮させて持ち上がるイメージトレーニングを頑張っています。
イメトレだけでどこまで行けるか、、、実験中。

脱水症対策

2019-05-25 19:03:40 | カイロプラクティック
暑くなってきましたね。
日本各地で30度を超える暑さを記録する中、こちら静岡市は27度くらいで風も吹いており、日差しは強いものの快適な天候となっております。
熱中症で搬送といったニュースが毎年取り上げられますが、この時期は外出時だけでなく、日ごろの生活から熱中症・脱水症対策をしなくてはなりません。

まずは食事。
塩はたっぷり摂りましょう!
汗で失われる塩分・ミネラル分は身体の細胞が機能するためには必須のものです。
食卓塩のような精製塩は、「血圧を上げる」といわれる代表格でお勧めできませんが、自然に採れる岩塩や沖縄の海塩ぬちまーす、竹焼塩などはお勧めします。

自然塩はミネラル豊富でバランスよく含まれています。
私は数種類の自然塩をたっぷり使っていますが、血圧の問題はありません!
岩塩はお肉料理に合いますし、ぬちまーすは味がまろやかで多めに使っても料理の味を損ないませんし、何しろミネラル含有量が素晴らしい。
竹焼塩はpHが高く還元力(サビとり)に優れています。

普段の食事の際にタンパク源(肉・魚・卵料理)と共に、いつもより多めに(美味しさを保てる量で)摂っておきましょう。
塩おにぎりだけでなく、白米を食べる時にかる~く岩塩をふりかけても◎です。

余談ですが、、、私が新入社員のころ、「お茶碗の米はそのまま食べるけど、洋食屋で平皿に盛られたライスには塩をかける」という上司が二人ほどいてかなりの謎でしたが、今なら「お茶碗のお米にもお塩をかけましょう!!」と言えます。

屋内外での活動時には、水分と共に塩分も補給します。
粉末状の塩だとしょっぱさが苦手な人もいますが、粒状の岩塩ですとしょっぱさを感じることなく水分と共に飲み込めます。

運動時のミネラルバランスの崩れ・塩分不足は「脚を攣る」にも影響してきます。
脚の筋肉の痙攣ならまだしも、心臓の筋肉が痙攣してしまったらどうにもできませんので、本当に侮れません。

ランナーの間では痙攣対策として、漢方の芍薬甘草湯を携帯する人が増えているそうですが、そこまでしなくても日ごろからの食生活&運動時の水分塩分補給によりかなり予防できると思います。
試合のたびに攣るから漢方を準備しておかなくては不安という人は、まずは日ごろの食事や生活を見直した方が良いでしょうね。

また熱中症対策の塩タブレットや塩飴、スポーツ飲料などもありますが、あれらはほとんどが糖分ですので身体は酸性に傾き、筋肉はかたくなります。
いっそのこと天然塩をそのまま摂る方が安いし早いし効果的です。

こういった便利なものもあります(黒球式熱中症指数計)。
特に保育士さんや小学校の先生はこれを腰につけておくと、ちょうど子供の頭の高さでの温度・湿度・地面からの輻射熱を総合した危険度を知らせてくれますので、目安になります。
大人の頭の高さでは心地よい風が吹いていても、子供の頭の高さでは風の通りも異なりますし、地面からの輻射熱によるモワっと感も異なります。

まだまだ注意すべきはたくさんありますが、暑さに身体が順応していなくて体温調節がうまくいかないこの季節、
まずは普段から睡眠時間をしっかり確保し、タンパク・ミネラル(塩)たっぷりの食事を摂る事が基本になるかと思います。

あと紫外線対策の日焼け止め・帽子・サングラスもお忘れなく!

セミナーの昼食

2019-05-11 18:49:28 | カイロプラクティック
5/4-6はNAETセミナー開催のため、増田カイロプラクティックは休診でした。

自分がセミナーに参加する受け身の立場と、セミナー主催側で参加するのとでは色々と異なりますね。
主催側に立つと、事務的な点で不備はないか、受講生が快適に過ごせているか、
ちょっとしたことにも気を配っているようで、自覚はないですが翌日にどっと疲れが出て、眠り姫状態に陥ります。
それでもまだまだ至らない点ばかりで、受講される先生方には色々とご不便をおかけしております。
しかしNAETセミナー受講生は皆さん心優しい方ばかりですので、いつも温かくフォローして下さり、本当に感謝しきれません。

こんな穴だらけのセミナースタッフですが、気配り点のひとつがセミナー中のお弁当。
配達弁当になってしまいますが、美味しくて(特にお米)ボリュームたっぷりが重視です。
こんなところにお世話になっています。

◎楽多厨房(お店のHP
静岡市の配達弁当ではメジャーどころです。
店舗でのお惣菜も品揃え豊富で、好きなものを好きな量だけ、店内でも食べられますので一人暮らしの味方!
添加物の使用も少な目だと思います。

◎お弁当のさいとう(お店のHP
30年以上続く個人経営のお弁当屋さん。
特製オリジナル弁当はおかずの種類が豊富でボリュームもあり、大満足です。
工場で詰めたものでなくて、手作り感満載で美味しいです。

◎しずおか弁当(お店のHP
豚あみやき弁当が有名です。できれば出来立てで頂きたい!
配達弁当になると熱々とはいきませんが美味しいです。
ちょっと味付けは濃いめです。
配達用には様々な種類のお弁当があり、季節限定メニューも素敵です。
私のお気に入りは「豚あみもおかずも食べたい 欲張りなあなたへ弁当」。
注文の際にタイトルが恥ずかしいですよね。
お肉だけでなく、おかずがバランスよく入っています。
静岡駅近くの店舗でもあみやき弁当だけでなく、美味しそうなお惣菜も購入できます。

セミナーを受講される先生方、
どうしてもワンパターンになりがちなお弁当、、、「これが食べたい!」というものがあればご指名ください。
もしかしたら採用されるかもです。

他にもローカルフード・お漬物・スタッフ手作りの品など、スタッフの気分により食料が追加されます。
少しばかりのおもてなしです。
大規模なセミナーでもないですし、東京のかっちりした会議室で行なっている訳でもありませんので、
アットホームな感じな部分も大切にしていきたいと思っています。

以前はアメリカ本部でのセミナーが、カリフォルニア州のブエナパークで開催されていました。
その際のランチはケータリング形式で、インド料理でした。
数種類のカレーに(ふんわりしていない)ナン、揚げ物(カレー風味)、謎のデザートなどが提供され、最初は何から何までカレー味だったことに衝撃を受けました。
そのうちあの何とも言えぬスパイスの感じが気に入り、今ではインドカレーの虜になっています。
静岡でも美味しいインドカレーが食べられますし、東京にもお気に入りがあります。
また別途紹介していきます!