シュガーブログ

増田カイロプラクティックセンター勤務のカイロプラクター、NAET施術者、名ばかり鍼灸師、時々ランナーによる様々な情報発信

便利な温泉たまご作成器

2020-08-18 15:34:48 | グルメ
猛暑で熱中症警戒の今日この頃。
熱中症予防には水分摂取だけでなく、食事でのタンパク・塩分摂取も重要!
とういことで、手軽に摂れる優秀なタンパク源の卵。
しかしこの猛暑の中、茹でるにも焼くにもガスコンロが暑い!!

ということで、100円ショップ(セリアやレモン)で購入できる便利な温泉たまご器の紹介。
卵2つを入れた本体をシンクに置いて沸騰したお湯をいっぱいに注いで、下から湯が抜けるのを約13分待つのみ。
電子レンジのない我が家でも使えます!


(ガラケーで撮った写真が微妙でスイマセン。)

温泉卵風が出来上がります。
卵が冷蔵庫から出したてか常温かによって、卵の大きさによって熱の通り方が変わるので、出来上がりに多少のばらつきがありますが、
コツをつかめば楽ちんです。
ゆで卵の殻をむくような手間もないですし、フライパンで調理した時のような洗い物も出ません。

夏バテで食欲のない方、少食なご高齢者などにはとろとろ~っと卵が飲むように食せますので役立ちアイテムです。
一方、私のように夏でも食欲旺盛の方には、これで作った卵を3個食べても、噛み応えもなくさらさら~っと静かに胃に入っていくため、全然物足りません。
満腹感ゼロです。卵3つも食べたのにぃ・・・。
そういう方は手間をかけてゆで卵にしてしっかりと噛んで飲み込む作業が必要でしょう。

ちなみにこんな商品も100円ショップ(ダイソー)にあります。


こちらは卵1個を割って本体に入れて、黄身に2-3か所お箸やフォークで穴をあけ、水を少々入れて、電子レンジで40秒ほど加熱します。
すると温泉卵風ができます。
最初の商品よりも固めに仕上がりますので、食いしん坊さんでも噛む作業があるので少しの満腹感は得られます。

脳への刺激~グルメ編

2019-12-08 22:03:37 | グルメ
ルティーンや習慣化は重要ですが、いつもと違った刺激も、脳にとって非常に重要なのです。
だからいつもと違った素敵な美味しいお料理をいただく事も、脳のためには必要なんです!!
(と勝手に主張しますが、科学的裏付けはなし)

という事でご紹介。

まずは1件目
讃岐うどん こころ彩
静岡市駿河区高松に昨年夏にオープンした讃岐うどんのお店。
素敵な日本庭園付きの築150年の古民家で讃岐うどん、ソフトクリーム、シフォンケーキがいただけます。
うどん(かけ・釜たまなど)と天ぷらのセットメニューです。
シンプルに美味しいですし、コシのある麺ですので、少量に見えても満足できます。
天ぷら用にテーブルに用意されている「ほうじ茶塩」が美味しかったです!

シフォンケーキはうどん粉を使って、すぐ近くの「ココダモンデ」さんで作られています。
ここは就労継続支援事業所で、障害などがあって一般的な雇用形態で働く事が困難な方が作業して下さっているようです。
何だか応援したくなりますね。
うどん粉シフォン、コシのあるうどんとは違いふんわりかる~く食べられます。
数種類ありますが、全て静岡県産の素材を使用している、地産地消です。

欲を言えば、うどんには冷水でなくて緑茶(深蒸し茶が合うと思う)が欲しかったなぁ~、
ここも地産地消で。

静岡って皆さんご存知のお茶の産地で、頑張ってお茶を売り込んでいるけど、
食事処で提供される緑茶が美味しくないんですよね。
これじゃぁダメだよね~、って思うのですが。

お茶の販売促進の一環として、
特に県外の方が多く利用する静岡駅構内・周辺の飲食店で提供するお茶のレベルを上げれば、
「さすが静岡!お茶が違うね」って感じてもらえると思うんですけど、、、
そこに力を入れる(投資する)というのはいかがでしょうか、市?県?茶業?担当部署の方々~。

2件目
セラヴィ
静岡市駿河区馬渕にあるフレンチレストラン。
毎年11月、ここのランチで知人と女子会を開いています。
11月はオープンした月でアニバーサリーランチが超お得なのです。
アニバーサリーでない通常のランチももちろん素敵です。
このレベル、東京だともっと高いと思いますが、さすが静岡!3000円台で贅沢なランチコースがいただけます。

特に前菜のオードブルとして出てくるお野菜のプレートが、素材の味が生かされていて、とても贅沢な気分になります。
このプレートだけで視覚・味覚・臭覚・幸福感が満たされます。
普段はボリューム重視でモリモリバリバリとサラダを頬張る私ですが、この時だけは1つずつゆっくりと箸を進めます。
県外出身同士の知人と、静岡のいろんなお店を開拓しよう!と言っていたのに、
お陰様で毎年このレストランでの女子会開催、しかもお得な11月に固定されてしまいました。




3件目
スラッシュカフェ
突然場所は変わり、東京の八芳園内にあるレストラン。
東京でのランチにめちゃくちゃお勧めです。
港区白金台の八芳園の庭園を眺めながら、ランチのコースが約4000円。
安くはないですがコスパが良すぎです。

特に野菜にこだわっていて、前菜もそうですし、メイン料理に添えられている野菜も色とりどりで素材の味が生かされています。
料理は、調理・盛り付け共に全て手が込んでいます。
コース以外にもパスタとリゾット、ワインも絶品です。


これが東京のど真ん中で、しかも落ち着いた雰囲気で味わえるのですから最高です。
東京で人に会ってお食事、という機会があるならこちらお勧めです。スタッフの方々の知識や気遣いも素晴らしいです。
事前予約で窓際の席もリクエストできると思います。
春は桜、晩夏は蚊(との闘い)、秋は紅葉、眺めるだけでなく食後に庭園内を散策することもできます。

写真を入れてみましたが、PCオンチのためサイズを調整できません・・・。
害のある映像ではないので、どうぞ眼の保養にお使いください。


お塩

2019-06-07 18:04:02 | グルメ
先日、脱水症対策のブログで塩分補給について触れましたが、汗をかく時期は食事の際に塩分をしっかりと補給することが大切です。
米を炊くときに、水を分量入れてそこに塩を適量ふってかき混ぜてから炊くと、後から塩を振るよりしょっぱさを感じにくく食べやすいので、塩気が苦手な方にもおすすめです。

今日は個人的にお勧めの塩の紹介です。
色々な種類の塩が市販されていますので、味の好み・購入しやすさ・用途に合わせて数種類常備しておくと楽しめます。

ピンク岩塩
様々な種類がありますので、かわいらしい見た目(ピンク色の具合)と購入のしやすさで選んでいます。
粉末タイプは肉料理にもあいます。
味にクセがないので、料理(和・洋・中)・製菓など何にでも使えます。
ミルで引くような粒タイプのものはアウトドア(スポーツ・登山など)時の携帯に便利です。

ぬちまーす
沖縄の海塩。ミネラル豊富でスープに入れても塩辛くなりにくい。まろやかな味。
パウダータイプの塩なので、溶けなくても粒のじょりじょり感はありせん。
減塩主義の人には怒られそうですが、卵サラダをつくる時は、マヨネーズにぬちまーすを混ぜてから卵と和えます。
きゅうりの塩もみにも使いやすいです。
無塩のミックスナッツを購入し、そこにぬちまーすを投入し、袋のまま思いっきり振るとナッツによくなじんで美味しく食べられます。
見た目は粉雪がかかったみたいになってしまいますが、間食時のビタミン・ミネラルの補給に最適です。

竹焼き塩
アルカリ性で還元力(体のサビ取り)が強い塩です。
個人的には揚げ物に合わせるのが好きです。
竹焼き塩「匠」や自然の味そのまんまシリーズの竹焼き塩があります。
硫黄臭は感じません。
「匠」よりも高温で焼いた「極」の方が還元力が強いですが硫黄臭が少々あるようです。

ファインソルト(スマイル総合研究所)
ミネラル豊富なピンク岩塩。硫黄臭がするので好みが分かれます。
臭いにクセがあるため、調理にどのように使うかは分かりませんが、スポーツ時の塩分補給に使っています。
とがった塩辛さはありません。まろやかな味かと思います。
硫黄臭のおかげで、ゆで卵を食べたような気分になれ、アウトドアではお得感(?)があります。

藻塩
ホンダワラ(海藻)を使って作られた塩ですので、うすい茶色~濃い茶色をしています。
色を見るだけでもミネラル豊富感があふれています。
商品によって色やミネラル含有量が全く異なりますので、成分表を比べながら好みを探してみてください。
角のない味なので、普段使いの塩に、そして海の塩なので魚料理に用いています。
私は成分と価格の都合上「海人の藻塩」を愛用していますが、成城石井のスーパーには多種類の藻塩が置いてあるので、いつか色々試してみたいなと思っています。

あと、海外に行く際にも塩を持っていくと便利です。
国によっては料理の味が物足りなく感じてしまうことがありますので。
韓国(ソウル)で、白い牛骨スープのうどんのようなものを食べた時のこと。
普通はキムチやコチュジャンを好みで加えるのでしょうけど、辛いのとニンニクが苦手だったので、そのまま食べたら味が薄っぺらくて、そこでマイ塩を投入したら味が締まり美味しくなりました。
ツアーで一緒になった世界中を旅している高齢のご夫婦にも追加塩が好評で、「私たちも海外旅行の時は塩を携帯しよう!」と言っていました。
減塩主義の抜けない私の母親は、高齢者に塩を進める私を見てドン引いていました。

ついでに、、、
その旅で釜山のローカルなお店でお刺身を食べた時、大量の大根のツマの上に大量の白身魚の刺身が載せられ、その他えごまの葉やコチュジャンが添えられていて、韓国入りしたばかりの我々はどう食べて良いものか困りました。
だって、どこを見ても醤油がないんですもん。
醤油なしでどうやってツマと白身魚を食べろっていうのか!!衝撃的でした。

さらにさらに、その店で出てきたタコの刺身(ゴマ油の味付き)。
お皿への盛り方が雑だなぁ~と思っていたら、タコが動いていました・・・。
「サンナクチ」というお料理らしいです。
逃げるタコの脚をお皿の中に戻しても、クネクネ動いてまたお皿からはみ出ていって、、、。
これまた凄い衝撃的でした。
↓お皿から必死に脱走中のタコ。本当は動画なのですがあまりにも気持ち悪い。



予備知識なしに行ったため、白身の刺身とタコの刺身でテンションが下がり、ヘトヘトにくたびれた我々。
最後に出てきたのが何かのフライ。
サツマイモ(スティック状)の天ぷらのようでしたが、一応店員さんに確認したところ、返ってきた答えが「コグーマ」。
子熊??
韓国語でコグマはサツマイモの意味だそうです。

余談が長くなりましたが、海外旅行の際はちゃんと予備知識を持って美味しく食事をいただきましょう。
そして保険のための塩は忘れずに!!

インド料理パート2

2019-05-30 18:52:03 | グルメ
私がはまっているインド料理のお店紹介、その2東京編。

◎Aarti(アールティ)-秋葉原駅から徒歩約3分(お店のHP
カレー(具だくさん)もスナック(サイドメニュー)も静岡ではお目にかからないようなものが多く魅力的です。
特におすすめが、そら豆のクミン炒め(おつまみ風ですが美味しい!)とアルティッキ(うまく説明できませんが、とにかく美味しい一皿!!ジャガイモ・豆・玉ねぎのカレー風味の上に何かのソースがかかっている)。
カレーなしでもこの二品だけのために訪れたいお店。
こじんまりとした店内で、平日夜は大概静かにお食事できます。

◎ダバインディア-東京駅八重洲口から徒歩約10分(お店のHP
庶民派ではない。
おしゃれ・きれい・仕事が丁寧・上品なお味。いろんなお上品な料理があってひかれますが、一人で楽しむととても高くつきます…。
夜に前菜の温野菜系とカレー単品で2000円を超えました・・・。
前菜に添えられたソースもお上品なお味で良かったのですが。
店内はインド方面(?)の方々が多く、たぶんビジネス利用のお客さんも多いのでしょう。
アジアからのお客様をもてなすには良いかもしれません。
多分インド人もびっくりの高級感でしょう。

◎ニルヴァナム-東京・神谷町(食べログページ
庶民派食堂。
超丁寧な仕事とはいきませんが、ランチバイキングで色々試したかったので行きました。
人口密度の高い店内、日本人率は2割ほどでした。
ビジネス利用の人々、インド系家族連れの人々など、日本感が全くありません。

バイキング料理は、カレーが4種類くらいに副菜2~3種、ワダやキャロットのスイーツ(ハルワ)など他ではお目にかかれないものがあって食欲が超そそられます。そして全てが美味しい。
ワダ(lentil doughnut:レンズ豆ドーナツ)は、甘くなくてほんのり豆風味で美味しかったです。
インド系の人がこぞって取っていたので、現地人に人気のようです。
カレーに浸して食べるのだと思いますが、シンプルな味が気に入ったので、そのまま2~3個プレーンで頂きました。
ナンは日本人向けにふんわりもちもちさせていないところが良いです。
私の好きなマトンのカレーもあったので、マトン多めですくうこともできるのが、セルフサービスの良い所。また行きたいなぁ~。

神谷町以外にもお店があるようです。

◎ダクシン-八重洲・東日本橋( お店のHP
行ってみたい南インド料理屋!
行ったことがないのでもちろん感想は書けません・・・。
八重洲店はダバインディアのご近所さん。
こちらもメニューが豊富で気になる料理がたっくさんですが、何回通えば制覇できるのだろう・・・。

東京方面に用事があって行くと、行きたいインド料理屋がたくさんあって大忙しです。少しずつ開拓・制覇していきます!

インド料理パート1

2019-05-12 17:42:33 | グルメ
静岡でのインドカレー屋さんのお勧め情報です。

◎マハラジャ池田店(お店のHP
増田カイロから徒歩圏内のインド料理屋さん(駐車場有)です。
全体的にどれも美味しいのですが、私の一押しは「キーマナン」。
ナンの生地の間にスパイスで味付けされたひき肉がはさんであります。
驚きの美味しさです!!これだけを食べに行ってもいい位。
というかこのナンにカレーをつけて食べたらもったいないので、キーマナンはそのまま食べるのがお勧めです。
コンビニのカレーまんの代わりにキーマナンにしたいくらい、価格が違うけど。

◎インドカレーハウスチャイ
静岡・呉服町商店街にあります。
私の一押しは単品のサラダとタンドリーチキンカレー。
サラダもカレーもセットのものはどうしても作り置き感があるのですが、セットには含まれないこれらを単品で頼むと出来立てがいただけます。
タンドリーカレーはいつもやけど級に熱々で、他のカレーにはないスパイス感が最高にお気に入りです。
単品サラダはドレッシングも美味しいですし、業務用の千切りキャベツサラダとは違って、野菜ゴロゴロです。苦手な野菜があれば抜いてくれます(これ重要)。
値段的にはセットの方がお得なのですが、美味しさ優先です。


インドカレーは単に唐辛子で辛いだけでなく、スパイスが豊富に使われていますので味わい深くてはまってしまうのでしょう。
ターメリック・クミン・コリアンダー・シナモン・カルダモン・クローブetc、ハーブや漢方のように身体によい成分がたっぷりです。

香り豊かで美味しい反面、スパイスアレルギーで関節痛になったり、ヒマワリ油などの植物性油も多めに使われていますので胃もたれをする人もいますので、食べすぎにはご注意ください。

次回パート2は東京編です。