シュガーブログ

増田カイロプラクティックセンター勤務のカイロプラクター、NAET施術者、名ばかり鍼灸師、時々ランナーによる様々な情報発信

広背筋

2019-05-31 19:04:20 | カイロプラクティック
今日はカイロプラクター&鍼灸師らしく筋肉のネタから入ります。

広背筋、文字通り背中にある広い筋肉です。
身体には多くの筋肉がありますが、どれも内臓や経絡と関わりがあります。
どこか内臓の不調があれば、内臓自身で問題が生じる場合もあれば、内臓でなくその関連する筋肉の問題としてお知らせサインを出してくることもあります。
関連痛として有名なのが、左肩が痛いと心臓に問題があるかも、といった感じに。

広背筋は脾経や脾臓・膵臓と深い関りがあります。
脾臓・膵臓は胃や大腸ほど有名人ではないですが、大切な場所です。
脾臓は免疫系や造血に重要な働きを担っていますし、膵臓は消化酵素(膵液)を出したり、インスリン・グルカゴンを出して血糖調節をしてくれています。

広背筋は背骨の胸椎5番~腰椎5番、仙骨、腸骨稜(骨盤の上端)など広範囲に始まり、
ざっくり言うと肩(上腕骨)の前側に終わる、大きな筋肉です。
一般的には肩関節の動きに関与する、とされていますが、これだけ大きな背中の筋肉ですので、腰の問題や姿勢の問題にも影響してきます。

かといって、この筋肉を鍛えれば・整えれば肩の動きも腰の問題も改善するというわけではありません。
広背筋は脾臓・膵臓と関連していますので、これら内臓機能に問題があれば、いくら外側から筋肉に刺激を入れて一時的に動きが良くなっても、再発したり改善しきれません。
身体の他のどの筋肉も同様に、内臓や経絡との関連があり複雑なのです。
内臓をいたわってあげることで、身体の骨格筋の問題も改善されやすくなります。
ということで増田カイロプラクティックでは、筋骨格の問題に対して、アクティベータメソッドとNAETで外側と内側からの両方のアプローチをしています。

で、最近知ったことなのですが、
鉄棒にぶら下がって懸垂を行なう時にこの筋肉を使うのだそう。

懸垂なんてできたことがないので、興味が全くなく知識ゼロでしたが、
懸垂って腕や胸の筋肉で身体を持ち上げているのかと思いきや、この広背筋をギュッと収縮させて肩甲骨を寄せて持ち上げているのだそう。
筋肉モリモリの方にその話を聞いて目からうろこでした。
そして軽々と実演してくれました。
理屈が分かり見ていたら、何だか自分もできそうな気がしてきました。
棒にぶら下がってみました。
結果、見事惨敗。
ビクともしません。というかジタバタしていました。

そう簡単にできるわけないですよね、只今広背筋を収縮させて持ち上がるイメージトレーニングを頑張っています。
イメトレだけでどこまで行けるか、、、実験中。

インド料理パート2

2019-05-30 18:52:03 | グルメ
私がはまっているインド料理のお店紹介、その2東京編。

◎Aarti(アールティ)-秋葉原駅から徒歩約3分(お店のHP
カレー(具だくさん)もスナック(サイドメニュー)も静岡ではお目にかからないようなものが多く魅力的です。
特におすすめが、そら豆のクミン炒め(おつまみ風ですが美味しい!)とアルティッキ(うまく説明できませんが、とにかく美味しい一皿!!ジャガイモ・豆・玉ねぎのカレー風味の上に何かのソースがかかっている)。
カレーなしでもこの二品だけのために訪れたいお店。
こじんまりとした店内で、平日夜は大概静かにお食事できます。

◎ダバインディア-東京駅八重洲口から徒歩約10分(お店のHP
庶民派ではない。
おしゃれ・きれい・仕事が丁寧・上品なお味。いろんなお上品な料理があってひかれますが、一人で楽しむととても高くつきます…。
夜に前菜の温野菜系とカレー単品で2000円を超えました・・・。
前菜に添えられたソースもお上品なお味で良かったのですが。
店内はインド方面(?)の方々が多く、たぶんビジネス利用のお客さんも多いのでしょう。
アジアからのお客様をもてなすには良いかもしれません。
多分インド人もびっくりの高級感でしょう。

◎ニルヴァナム-東京・神谷町(食べログページ
庶民派食堂。
超丁寧な仕事とはいきませんが、ランチバイキングで色々試したかったので行きました。
人口密度の高い店内、日本人率は2割ほどでした。
ビジネス利用の人々、インド系家族連れの人々など、日本感が全くありません。

バイキング料理は、カレーが4種類くらいに副菜2~3種、ワダやキャロットのスイーツ(ハルワ)など他ではお目にかかれないものがあって食欲が超そそられます。そして全てが美味しい。
ワダ(lentil doughnut:レンズ豆ドーナツ)は、甘くなくてほんのり豆風味で美味しかったです。
インド系の人がこぞって取っていたので、現地人に人気のようです。
カレーに浸して食べるのだと思いますが、シンプルな味が気に入ったので、そのまま2~3個プレーンで頂きました。
ナンは日本人向けにふんわりもちもちさせていないところが良いです。
私の好きなマトンのカレーもあったので、マトン多めですくうこともできるのが、セルフサービスの良い所。また行きたいなぁ~。

神谷町以外にもお店があるようです。

◎ダクシン-八重洲・東日本橋( お店のHP
行ってみたい南インド料理屋!
行ったことがないのでもちろん感想は書けません・・・。
八重洲店はダバインディアのご近所さん。
こちらもメニューが豊富で気になる料理がたっくさんですが、何回通えば制覇できるのだろう・・・。

東京方面に用事があって行くと、行きたいインド料理屋がたくさんあって大忙しです。少しずつ開拓・制覇していきます!

脱水症対策

2019-05-25 19:03:40 | カイロプラクティック
暑くなってきましたね。
日本各地で30度を超える暑さを記録する中、こちら静岡市は27度くらいで風も吹いており、日差しは強いものの快適な天候となっております。
熱中症で搬送といったニュースが毎年取り上げられますが、この時期は外出時だけでなく、日ごろの生活から熱中症・脱水症対策をしなくてはなりません。

まずは食事。
塩はたっぷり摂りましょう!
汗で失われる塩分・ミネラル分は身体の細胞が機能するためには必須のものです。
食卓塩のような精製塩は、「血圧を上げる」といわれる代表格でお勧めできませんが、自然に採れる岩塩や沖縄の海塩ぬちまーす、竹焼塩などはお勧めします。

自然塩はミネラル豊富でバランスよく含まれています。
私は数種類の自然塩をたっぷり使っていますが、血圧の問題はありません!
岩塩はお肉料理に合いますし、ぬちまーすは味がまろやかで多めに使っても料理の味を損ないませんし、何しろミネラル含有量が素晴らしい。
竹焼塩はpHが高く還元力(サビとり)に優れています。

普段の食事の際にタンパク源(肉・魚・卵料理)と共に、いつもより多めに(美味しさを保てる量で)摂っておきましょう。
塩おにぎりだけでなく、白米を食べる時にかる~く岩塩をふりかけても◎です。

余談ですが、、、私が新入社員のころ、「お茶碗の米はそのまま食べるけど、洋食屋で平皿に盛られたライスには塩をかける」という上司が二人ほどいてかなりの謎でしたが、今なら「お茶碗のお米にもお塩をかけましょう!!」と言えます。

屋内外での活動時には、水分と共に塩分も補給します。
粉末状の塩だとしょっぱさが苦手な人もいますが、粒状の岩塩ですとしょっぱさを感じることなく水分と共に飲み込めます。

運動時のミネラルバランスの崩れ・塩分不足は「脚を攣る」にも影響してきます。
脚の筋肉の痙攣ならまだしも、心臓の筋肉が痙攣してしまったらどうにもできませんので、本当に侮れません。

ランナーの間では痙攣対策として、漢方の芍薬甘草湯を携帯する人が増えているそうですが、そこまでしなくても日ごろからの食生活&運動時の水分塩分補給によりかなり予防できると思います。
試合のたびに攣るから漢方を準備しておかなくては不安という人は、まずは日ごろの食事や生活を見直した方が良いでしょうね。

また熱中症対策の塩タブレットや塩飴、スポーツ飲料などもありますが、あれらはほとんどが糖分ですので身体は酸性に傾き、筋肉はかたくなります。
いっそのこと天然塩をそのまま摂る方が安いし早いし効果的です。

こういった便利なものもあります(黒球式熱中症指数計)。
特に保育士さんや小学校の先生はこれを腰につけておくと、ちょうど子供の頭の高さでの温度・湿度・地面からの輻射熱を総合した危険度を知らせてくれますので、目安になります。
大人の頭の高さでは心地よい風が吹いていても、子供の頭の高さでは風の通りも異なりますし、地面からの輻射熱によるモワっと感も異なります。

まだまだ注意すべきはたくさんありますが、暑さに身体が順応していなくて体温調節がうまくいかないこの季節、
まずは普段から睡眠時間をしっかり確保し、タンパク・ミネラル(塩)たっぷりの食事を摂る事が基本になるかと思います。

あと紫外線対策の日焼け止め・帽子・サングラスもお忘れなく!

よもぎパワー

2019-05-24 14:26:28 | 増田カイロ
ヨモギといえば、ヨモギ団子にヨモギ餅!美味しいですよね~。
ヨモギは田舎のおばあちゃんが摘んできてお餅に練り込んでくれる、
そんなイメージですが、実は薬草・民間万能薬として古来から様々な効能が発見されています。

緑の葉っぱですので、クロロフィルやビタミン類(A,K,C,B)、その他にも無機質も多く含まれているので、血管・血液への働きかけ効果があり、循環器系疾患(脳・心臓)の予防、肌・髪質の改善、免疫力アップ、排泄作用(お通じ改善、解毒作用)などが期待できると言われています。

またヨモギに含まれるアルテミシニンという成分には抗ガン作用が認められているようです。
ただしニガヨモギ(worm wood)に特に多く含まれ、日本で多くみられるヨモギとは異なる種類のようですが、日本で採取できるヨモギにその成分がゼロというわけではありません。
またニガヨモギは寄生虫のデトックスにも有効といわれています。
さらにあのいい香りの芳香成分によるリラックス効果もあります。
韓国の民間療法のよもぎ蒸し、未体験ですが気になります。


何気なく食べていたヨモギ団子のヨモギがこんなにも万能だなんて、もっとありがたくいただかなくてはいけませんね。

学生の頃、徳島出身の知人のおばあちゃん手作りのヨモギ餅を食べて衝撃を受けたことを今でも覚えています。
市販の物よりも濃い緑の色・香りだけでなく、ヨモギの葉や繊維の感じがそのまま入っていて、本物のヨモギとはこういう物なんだ!と感動しました。

ヨモギは5月からが摘むのに良いシーズンですが、ド素人には雑草の中から正しくヨモギを見分けて摘んできて、あく抜きをして、、、という工程は大変です。
ですので、市販されているヨモギ茶、ヨモギパウダー(製菓などに使う)、浴用などに加工されたものが便利ですね。
ちなみにお灸に使われるもぐさもヨモギから作られています。

私のお気に入りのヨモギ茶は阿蘇薬草園(こちら)のヨモギ茶葉です。
それだけで煮だしても美味しいですが、ほうじ茶葉と一緒にお茶パックに入れて数分煮だすとさらに美味しくいただけます。

他にも1回分ずつパックに入っているものなど便利なものがありますので、使いやすいものがいいでしょう。
煮出し終わった茶葉(パック)は、良く乾燥させて部屋の隅っこや冷蔵庫、靴箱にいれて消臭剤としても利用できます。

ちなみにヨモギはブタクサ同様にキク科植物なのでアレルギーに注意が必要です。
ヨモギ製品を摂って、何か症状が出てきたらすぐに止めましょう。
またメロン・セロリ・スイカなどと交差反応を示しますので、食べすぎにも注意です。

インド料理パート1

2019-05-12 17:42:33 | グルメ
静岡でのインドカレー屋さんのお勧め情報です。

◎マハラジャ池田店(お店のHP
増田カイロから徒歩圏内のインド料理屋さん(駐車場有)です。
全体的にどれも美味しいのですが、私の一押しは「キーマナン」。
ナンの生地の間にスパイスで味付けされたひき肉がはさんであります。
驚きの美味しさです!!これだけを食べに行ってもいい位。
というかこのナンにカレーをつけて食べたらもったいないので、キーマナンはそのまま食べるのがお勧めです。
コンビニのカレーまんの代わりにキーマナンにしたいくらい、価格が違うけど。

◎インドカレーハウスチャイ
静岡・呉服町商店街にあります。
私の一押しは単品のサラダとタンドリーチキンカレー。
サラダもカレーもセットのものはどうしても作り置き感があるのですが、セットには含まれないこれらを単品で頼むと出来立てがいただけます。
タンドリーカレーはいつもやけど級に熱々で、他のカレーにはないスパイス感が最高にお気に入りです。
単品サラダはドレッシングも美味しいですし、業務用の千切りキャベツサラダとは違って、野菜ゴロゴロです。苦手な野菜があれば抜いてくれます(これ重要)。
値段的にはセットの方がお得なのですが、美味しさ優先です。


インドカレーは単に唐辛子で辛いだけでなく、スパイスが豊富に使われていますので味わい深くてはまってしまうのでしょう。
ターメリック・クミン・コリアンダー・シナモン・カルダモン・クローブetc、ハーブや漢方のように身体によい成分がたっぷりです。

香り豊かで美味しい反面、スパイスアレルギーで関節痛になったり、ヒマワリ油などの植物性油も多めに使われていますので胃もたれをする人もいますので、食べすぎにはご注意ください。

次回パート2は東京編です。