シュガーブログ

増田カイロプラクティックセンター勤務のカイロプラクター、NAET施術者、名ばかり鍼灸師、時々ランナーによる様々な情報発信

大学入学共通テストと言えば

2021-01-19 15:47:36 | 健康ネタ
ちょっとピンときませんが、今年から大学入試センター試験の名称が変わったようですね。

センター試験と言えば、偏頭痛!
私はセンター試験1日目終了後の帰宅途中に超激しい偏頭痛に襲われた思い出しか残っていません。
帰宅後は夕飯も食べずに布団に入ったので、母親が心配していました。「あの食いしん坊がご飯を食べないなんて、かなり重症だ」と。
以前の私は偏頭痛もちでしたが、しっかりと布団に入って眠れば数時間後には治るタイプでしたので、2日目の試験は問題なく受けられました。

偏頭痛は、その発作の引き金となる物事があると言われています。
私の場合は、仕事の終盤(夕方)、人混み、美術館・博物館、映画館、アウトレットモールでよく偏頭痛を起こしていました。
他にも光刺激やにおい刺激、食物(チョコやチーズ、ワイン)、月経周期などが引き金となり発症する人もいます。

今思えば、私は副交感神経優位の時、そして化学物質やホコリの多い密閉空間の条件下で発症していたのでしょう。
仕事帰りに駅の階段を上ると(当時使用していた駅にはエレベーターもエスカレーターもなかった)、頭がズキズキして割れそうなくらいでした。

そこで当時はまだ発売されたばかりだった偏頭痛薬イミグランを処方してもらったのです。
まだ取り扱っている病院も少なく、あまりメジャーな薬でもありませんでした。
今は分かりませんが、当時は1錠900円しましたので、もったいなくて中々使えず、結局痛くても「家まで我慢しよう」みたいな感じで・・・。
最終的には使わずに残ってしまい、そしてありがたいことに今となっては使う機会もなくなってしまいましたが、、、私のカバンの常備薬セットには15年以上入りっぱなしのような気がします。
これを機にさすがにもう処分しなきゃですね。

ちなみに今は偏頭痛から解放されています。
増田カイロに来て、NAET施術を色々と進めているうちにいつの間にかなくなりました。
原因物質に対するアレルギー除去も重要ですし、全体的な体質改善により、ちょっとした悪条件にも影響を受けなくなってきたのです。
本当にありがたい。

私の中で、センター試験と言えば偏頭痛、それくらい強烈に頭が割れそうに痛かった記憶です。
ちなみに中学受験の時は、数日前に風邪をひいて、当日は37.8℃の熱があるまま試験を受けました。
試験前はもちろんのこと、日ごろからの体調管理は大切ですね、大人になってしみじみと感じます。

ということで、難しいことは考えずに、まずは身体を温めて早く布団に入りましょう!

免疫力を落とさない!

2021-01-07 20:49:24 | 健康ネタ
寒くなってきて空気が乾燥してきて、人々の移動も増えてきて、感染症が流行してきています。
最近は新型コロナに関して、無症状者にも積極的にPCR検査や抗原検査を行っており、これで「陽性」反応が出た人の数が、日々ニュースで「感染者数」として報道されています。

本人元気で、でも気づかずにウイルスを運び、同居の家族(特に高齢者)や周囲に感染させてしまうのも問題だと。
けどこれって、今回の新型コロナウイルス感染症に限ったことではないのです。
インフルエンザだって症状がなければ病院に行って検査しませんから、感染しているかどうかは分かりません。
もちろんその状態で周囲に感染を拡げている事でしょう。
私は今までインフルエンザに罹ったことはありません(自覚はなし)。
しかし今回のような「無症状の人が周囲に感染を広げている」と言われても・・・という感じです。

私の母は嘔吐下痢症かノロかロタかのウイルスの運び屋になったことがあります。
週に数回、小学校でボランティアをしていた母、そこの子供たちの間で冬に感染症が流行り、母親は幸いなことに無症状でした。
一般的には「私は免疫力強いから、周りで流行っているウイルス感染に罹っていない」という状態。
しかし、感染流行の小学校に行っていない父親の方に下痢症状がでたそうです。
こういったノロ・ロタ感染の状況に対し、「運び屋」と言ってニュースになったこともありました。
これこそが今回言われている「無症状感染者」です。

もちろん感染症対策は必要です。
しかし無症状感染者まで大きく問題にしていたら、まともな社会活動・経済活動・人間生活ができないですし、精神衛生上良くないですよね。
私もある程度感染症対策は考えて行動していますが、完璧はないですし、それなりに趣味の活動もしますので、いつ「濃厚接触者です、検査してください」と言われるかビビっております。

という事で、ウイルス感染は起こるものです。ウイルスだって生き物です、簡単に退散するわけにはいきません。
繁栄のためには人間の身体に入り込み増殖し外部へ拡散されたい。
いざとなれば姿や形を変えて(変異株)生き残るすべを見つけます。
ですので、いかに症状を悪化させないか(重症化を防ぐか)が一番重要だと思います。
免疫力や抵抗力がない方、高齢の方や基礎疾患のある方、生活が超不規則な方は、インフルエンザでも普通の肺炎でも誤嚥性の肺炎でも重症になりやすい傾向にあります。
だから日々の生活で抵抗力を下げないように、そして抵抗力を上げる習慣を身につけるように、こちらの方に最大限の注意を払うことが大切です。

首都圏では緊急事態宣言が発令され、これで夜早く帰宅せざるを得ずに、飲酒の機会が減り、早寝の習慣が身につけば、免疫力のアップにつながるかもしれませんね。良いことです。
飲食業の方は大変厳しい状況かと思いますが、体調管理の上では夜9時にはもう寝るモードに入っている方がよろしいかと個人的には思います。

抵抗力を下げないために大事なことは難しくなく、一般的に良く言われている事です。
1.規則正しい食生活
2.十分な夜間睡眠
3.温活
4.必要な栄養素の補給
5.電磁波の影響を最低限に
6.頑張りすぎない
7.笑顔

冷え・室内の乾燥・疲労困憊・頑張りすぎに気を付け、食事は甘いものを控え、タンパク質・塩分をしっかりと摂りつつバランスよく、ビタミンCやD3はサプリで補給、そして良く寝る。
体温・酸素飽和度を日々計測しておくことも重要です。
発熱よりも実は低体温の方が大問題です。
低体温の人や発熱できない人は抵抗力が低いですから、感染症においてはウイルスに立ち向かう兵士がいない状態、完敗です。
換気も必要ですが、それ以上に温活はと~っても重要です。
ずーっと窓を開けっ放しで換気する必要はなく(寒すぎる&乾燥する)、その時の室内の状況に応じて1時間に1回5-10分などと区切って換気をします。

あと、免疫力低下の最大の要因は恐怖心です。
TVなどで不安をあおるような情報を入れすぎることも良くありません。
毎日の感染者数に恐怖を覚えるなら、そういう情報は入れすぎず、地方のローカルニュースだけ見る、新聞で必要最低限な情報を文字ベースで入手するほうが良いでしょう。

恐怖にあおられて家に引きこもってばかりでは、免疫力が下がってしまいます。
「コロナにかからなかったけど癌になった」なんてことが笑い話ではなくなるかもしれません。
実際に起きているらしいですし(不調はあったもののコロナを恐れて通院を避けていたら癌が発見され、ステージが進んでいたというニュース)。

今年も制約のある事が多くなるかもしれませんが、好きな事・楽しい事・笑顔になれることは積極的に行いましょう。


新年

2021-01-05 17:17:27 | つぶやき
明けましておめでとうございます。

年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?
自粛自粛と言われ、例年とは異なる年越しだった方が多かったのではないでしょうか?
私は密になる事や人混みを避けるようにしていたくらいで、基本的には例年通りの年末年始を過ごしました。
何の不自由もありませんでした。
知人に会ったり買い物に出歩かない分、自宅でたまっていた作業を進めたり、片付けをしたり、美味しいものを食べたり、自然と触れ合ったり無駄のない充実した休暇でした。

正月と言えば、年賀状。
PCが使いこなせない私は、毎年数枚ですが手書きで書いています。
年に一度のご挨拶の方々ばかりですが、だからこそこの機会につながりを持っておきたいですし、近況を報告し合えますし。
手書きって味があって好きです。
(大量)印刷したものに何のコメントもなく送られてくるものは嬉しくないですね。
こういう年賀状をくれるのは、私の中では唯一兄だけですが・・・。
付き合いで仕方なく送り合うなら必要ないと思いますが、、、
私の少ない年賀状相手で近年「今年で年賀状やめます」と言う人が2人(40代)。
メールに変えますと言いながら、今年メール来てないしー。LINEを教えてくれたけど、私LINEやってないしー。
やはり年賀状での年に一度のご挨拶が好きです。

今年も新型コロナウイルスの関係で、オンライン〇〇みたいなことが多くなるでしょう。
お買い物をネットで済ますことも多くなるでしょう。
東京に行かなくても平日の夜にちょっとしたセミナーに参加できるのは大変ありがたく思います。
しかし直接人に合って話す・雰囲気を感じることはとても大切ですし必要ですよね。
お買い物だってお食事だって店員さんと情報交換しながら世間話しながら人の温かみを感じながら楽しみたいですよね。

今後ますます発展するであろうネット文化と昔からのアナログとのバランスが崩れないといいな、人とのつながりを大切にしたいな、と切に願うアナログ人間でした。

必要以上に恐れず、程よい社会的距離を保ちつつ、明るく楽しく笑顔で免疫力を高めていきましょう。

今年は昨年よりも笑顔が多くなる一年になりますように。