シュガーブログ

増田カイロプラクティックセンター勤務のカイロプラクター、NAET施術者、名ばかり鍼灸師、時々ランナーによる様々な情報発信

平城宮跡のアレが・・・

2021-03-28 13:36:25 | 旅行
奈良にある平城宮跡。
奈良公園から走って約20分の所にある、ただただ広大な草っぱら。
大学時代によくジョギングで行っていました。近くには小さな古墳も複数あります。
奈良文化財研究所によると、その広さは「甲子園球場30個分」だそうです。東京ドームで例えない関西魂が素敵です。
その広場にポツンポツンと朱雀門や大極殿などが復元されて建っています。

奈良時代にはここに天皇の住まいや官公庁(役所)があり、貴重な情報が大量に埋もれている凄い場所なのです。
多数の出土品や木簡、遺構などで当時の建物の配置、仕事(事務処理)や生活の様子をうかがい知る事ができますし、土を分析すればこのあたりにトイレがあったという事も分かるのだそう。
木簡は木の札で、今で言うノートやメモ用紙のようなもの、そこに墨でかかれた文字も残っていて、解読できるものが多数発掘されています。
「天皇に米を納める」ことを記した荷札や、職場への不満、仕事の欠勤届け(仮病っぽいものも多々見つかるらしい)、いたずら書きっぽいものなど、様々なものが発掘されています。
784年に京都の長岡京→平安京に遷都して以降、奈良の平城京は廃れてしまい、開発されることもなく農地として使われている程度だったため、もしかしたら平城宮があったことさえも気づかれることもなく、様々なものが埋もれたまま綺麗に保存されていたと考えられています。
歴史の授業で習った「長屋王の変」の長屋王の邸宅跡は平城宮に隣接しており、ここからも多くの木簡が発掘されています。
木簡に関する本も以前何冊か読みましたが、とても興味深いものです。
平城京に暮らす―天平びとの泣き笑い
平城京のごみ図鑑: 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし (視点で変わるオモシロさ!)
木簡 古代からの便り
まだまだ紹介したいことがたくさんある草っぱら平城宮ですが、90%割愛しまして今日の本題。

国の特別史跡、世界遺産である「古都奈良の文化財」の構成資産である平城宮跡、こんな貴重な遺構の中を、なんと近鉄奈良線の電車が横断しているのです。
これも語れば長く複雑な事情があるのですが、平城宮保存運動や用地買収など色々な要素がからんで、最終的に現在のルートとなったわけです。
平城宮保存運動といえば棚田嘉十郎氏が有名ですね。
彼らのおかげで、今私たちが1300年以上前の当時のままの貴重な出土品や遺構に触れてロマンを感じることができるのかと思うと、感謝しかないです。
ちなみに、平城宮跡の原っぱに立って東の方向を見ます。
すると若草山が見え、その麓に東大寺の大仏殿が小さく見えます。この風景が大好きです。
約1300年前から人々が同じこの光景を見てきたのかと思うと、ロマンを感じますし感動します。
マニアックな事を言うと、戦国時代の一時期、大仏殿が戦火で焼失し大仏さまが雨ざらしになっていた期間が長くあったそうで、という事は平城宮から大仏さまが見えていたのかなぁ??どんなふうに見えていたのだろう??なんて空想やら妄想やらしてしまいます。

復元された朱雀門の内側を近鉄特急が走る↓


復元された第一次大極殿から若草山を望む↓左1/4の辺りにある三角屋根が東大寺大仏殿。


写真画像データが探し出せなかったため、印刷してあった写真をデジカメで撮影したので、画像が荒すぎますね。


再び話がそれましたが、、、
知らない人が見れば、田舎の田んぼの中を電車が突っ切っているような光景なのですが、突っ切っているのが貴重な歴史資料が眠っている場所ですから驚きです。
しかし見慣れてしまえば普通の光景です。

この近鉄奈良線の線路が、このたび平城宮跡の外に移設されるというニュースが一昨日の新聞に掲載されておりビックリしました。
踏切による事故や交通渋滞解消が一番の理由だそうです。
移設される前にこの光景をもう一度見に行かなくては!!と一瞬焦りましたが、移設完了が2060年予定だそうで、、、
逆に線路や架線のない新しい光景を40年後に見に行けるかが微妙なのでした・・・。

ライチョウ

2020-09-08 17:59:12 | 旅行
ライチョウと言えば、信州銘菓「雷鳥の里」、安定の美味しさ♪大好きです。

雷鳥と言えば、特急サンダーバード、北陸旅行♪♪ですね。

じゃなくて、、、ライチョウは鳥です。富山県・岐阜県・長野県の県の鳥となっています。
高山に生息していて、絶滅が心配されている特別天然記念物。

先日北アルプスの山に行った際に幸運にもお目にかかりました、しかも3羽。
私は自然が好きですが、草木や花、鳥や動物に非常に疎いので、目の前に現れても自分では気づかないのですが、一緒に行った山ツウの方々が教えてくれました。
初めましてでしたので、しっかりと目に焼き付けてきました。
かわいいし平和な雰囲気満載で癒されました。
我々の住む下界には現れず標高の高い所限定ですので、ピュアな雰囲気しかし野生ならではの鋭い眼差し。






1羽は足輪をつけていましたので、保護の観点での生態調査をされているのでしょう
「美味しそ~」と言った人がいましたが、、、確かにいい肉付きです。

最近は、スマホで写真を撮るとその花や植物の名前を教えてくれるアプリや鳥の名前を判定してくれるアプリがあるそうです。
便利ですよね。
山で会う方がよく山で見かける動植物のことを色々と教えてくれるのですが、
山ではもちろん3歩以上歩きますので、下山する頃にはスッカリ忘れてしまい、
再度調べるにもキーワードすら出てこなかったりもします。
スマホに全く興味のなかった私も、このアプリのためにスマホをもちたくなる程です。

ところ変わって、増田カイロそばの大谷川放水路にはカルガモ(多分)やその他カモ、
アオサギ(多分)やその他サギの仲間(詐欺グループではない!)が多数見られます。

朝の散策の方々もいつも放水路をのぞき込んで、誰かを探しています。
先日は横一列に異なる種類の鳥が3羽並んで止まっていました。
残念ながら名前は分かりませんでした。
アプリも良いけど、折角なので古典的な図鑑で鳥のお勉強でもしようかしら~。

9月に入り暑かったり台風が来たりと不安定感たっぷりの天気ですが、
確実に涼しくなってきていますので、天気の良い日は外で蜜を避けて生態観察も良いですね。
生態系と言えば、、、(続く)