バンビの独り言

バンビことけーちんの、あくまでも「独り言」デス☆

素晴らしい★城南信金「吉原理事長」のお話(「たね蒔きジャーナル」より)

2012-02-06 20:01:05 | 原発/環境/基地/貧困/政治
昔から公正な金融機関として知られていた城南信金、吉原理事長のお話♪

………[s-hama]MLより一部抜粋(少し文章変えます)………



城南信金は東京では知らない人はいないもので、吉原さん(電話での出演)、3・11の大震災、翌日、原発の水素爆発をテレビで見て、福島の半分は立ち入り禁止、東京にも放射能が来て水が飲めなくなり、「何とかしないといけない」と思った。

 個人としてやれるものの、信金として全国2位の機関が「脱原発」と言うのは(組織としてどうか)勇気が要り、しかし福島の信金で「採用内定取り消し」など仲間が大変なことになり、困った人を見捨てられない、信金は銀行と違い、地域を幸せにするためのものであり、地域を守るために金融以前の業務として行動した。
原発に正面から取り組むべきと思った。

信金は戦後、「銀行にする」と言う話もあったが、吉原さんは「お金儲け」ではなく、「社会福祉のためのもの」であり、もともと銀行と目的は違う、先人の教えを受けて町に尽くすためにやっているのです。

福島の予定者を10人引き受けて、東北の津波被害者も受け入れていて、原発もこんなことは2度とあってはいけない、調べたら「危険で採算も安くない」、原発は民間事業として成り立たないと思った。

つまり、民間だと「儲からない事業」を判断して融資するが、プロから見たら原発は固定費とリスクが高く、原発にとても融資できない、国民にツケを回すから銀行は融資する、しかし、銀行も今は融資に躊躇している。
「石炭、ガスは安いのに、原発をやると採算が高い」。


ーそんな高い原発になぜ依存したの?ー

日本のエネルギー危機を救う期待もあったものの、建設他で巨額の金が絡み、世界的にも利害関係が出て、金が流れるほど止められない。
国民がリスクを負担するのでリスク計算が出来ず、しかしそれも明らかになり、廃炉に天文学的な金額が要り、長く使わないといけなくなる。
「使った燃料の再利用も無理」で、問題が噴出している。

浜岡原発にはみんな反対している、福島と同じ古い機械で、しかも活断層があり、風が吹けば東京直撃、遠距離まで被害が及び、そんなものを稼働することに反対で、訴訟の原告団に加わった。

健全な未来に貢献したい、原発は最大の環境問題。
メガバンクは原発に融資しており、メインバンクとして電力会社を支えているので動きは取れないが、三井住友は「城南の動きを評価」している。
預金残高は増えてはいないものの、口座を開きたいとの声もあり、支援の声に涙が出る
「銀行は経済の血液」であり、金融機関が考えを変えると日本は変わる。
また金融は情報産業であり、社会をリードする中、あとにツケを残さないことが仕事。
ジャンル:
きいてきいて
この記事についてブログを書く
« ガレキ受け入れもやっぱり、... | トップ | 「地球上で最も放射能が強い... »
最近の画像もっと見る

原発/環境/基地/貧困/政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事