じぃじの骨頭壊死

年金生活のじぃじが一念発起!!
平成元年に発症した右大腿骨骨頭壊死症で手術せず頑張っているブログです。

やっぱりね

2009年04月30日 23時24分10秒 | 大腿骨骨頭壊死症
恐れていた事実ですね
18歳からの喫煙、睡眠薬代わりの毎日飲酒でしたので、、、、
壊死の原因は消去法で「長年に亘る多量の飲酒」と宣言されました。
喫煙について質問すると「喫煙率が高すぎて特定出来ない!」

血行不良って言うかアルコールで血液粘度が上がり、毛細血管に血が流れなくなって壊死するんだよと医者は禁酒を主張したが交渉の結果「連続した飲酒」でなければ、と週末飲酒を勝ち取ったどぉ~
当初は月に一回給料日のある週の金曜日に奥さんと居酒屋デートで飲むお酒が楽しみでした。
旅先のお酒がたまらなく美味しく、沖縄でドップリとはまった泡盛を最近では毎土日にたしなんでいるので完全禁酒は苦しい選択ですぅ。

完全禁酒禁煙ですか?
煙草は昨年の5月連休から吸っていません。タスポ?大人証明カードが無いと自販機で煙草が買えないとかで頭にきた!!!やーめたっと
もうすぐ一周年です。
完全禁酒は無理かなぁ  ストレスで壊死になりそうだし、もう少し考えよう

「完全禁酒・完全禁煙」で壊死は治る。。かも??と大声で掲示板荒らしをして下さい。
やっちゃんは病院で煙草を吸う所が無いとぼやき、酒飲んで転んだと書いていた。
トニーさんは喫煙は判らないけど時々大酒を飲んでいるようですよ。
うさぎさんやたごさんの飲酒喫煙は不明だけれど血行障害を改善する方法を探すきっかけになればと思います。
そう言えばトニーさんやうさぎさんは加圧療法で血行障害改善を目論んでいるね。

私の骨は丈夫なんだけどなぁ。64歳の今も歯は全部自前で揃っているし、
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

有難う・・Kさん・・

2009年04月29日 16時13分36秒 | 大腿骨骨頭壊死症
Kさん、励ましのコメント有難う御座いました。
コメントで返事を書きかけたのですが長くなりそうなので本文にしました。

 トカゲや蛇の尻尾のように再生する事を願って人工骨頭、人工関節、サイボーグ化を拒否して20年、医療の進歩とこの関節の壊れ加減の競争をして来ました。
ハードクラッシュしないように無理せず大切に扱ってソフトランディング(軟着陸)を目論んで、思惑通り今日に至っている訳ですが、肝心の医療の進歩が追いついていません。
ようやく再生医療の入り口に来た感じです。細胞移植等の再生医療を受けるにも条件が厳しく狭き門のようなので年寄りには希望が見出せない・・・

 私の場合、幸いな事に無理をしなければ痛くなかった事災いだったかも?)です。
片松葉杖で1/2荷重は骨頭を潰さない為、結果的には関節ごと磨り減ってしまったが
関節の動きが悪いけれど無理をしなければ痛くないので手術を勧められても決断出来ない
3ヶ月、6ヶ月に一度のレントゲンで判らない程度に磨り減って行って気が付いたときには人工関節しか選択肢がなくなっていた
発症時から受診している病院の方針が”保存治療はせず手術で早期社会復帰を目指す”事を最近知った不幸もあるのかなぁ

 そんなこんなで医療に対しての期待は全く無くなり、自分自身の治癒能力、再生能力を過信してみようと言う気持ちになって来た所にKさんが”再生して完治した!”との朗報に小躍りしたのです。
治る、と言う事実に安堵しております。
不治の病だった癌やエイズも治療方法や予防を含めて対処法が次々と開発されて今では恐ろしい病気ではなくなっています。
自分自身の日常で特別な治療や行動、行為をしている訳でもないので、治る等と虫の良い期待は無く、今のまま、この程度であれば結構だと思っているのです。
でも心の片隅では六甲山に登って「この新緑、萌黄色の山波と鮮やかな紫色した三つ葉ツツジを孫達に見せてやりたい」
と言って悲観しているのではありませんよ。
2月は伊勢志摩、3月は奈良京都、4月は出雲、5月は利尻礼文と結構遊び呆けている?のでご安心を!!

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

最近関節が変??

2009年04月28日 19時34分59秒 | 大腿骨骨頭壊死症
右足が伸びない?
 いつ頃からかなぁ、立ち上がって左足立ちから右足を踏み出そうとすると股関節が引っ掛かったように痛い!☆
最初の内は一過性の痛みだと「必殺ロキソニン」を決め込んでいたが変!★
一向に治まらない。2月の検診では「変化なし」だったのに。。。。
椅子や床に座ったり、寝転んだり就寝には今まで通り何の問題もない。痛くも痒くも引き攣る事もない。
立てばしゃくやな右足で真っ直ぐ立てない。歩く姿は腰曲がり。ヨタヨタの年寄りのようだ怒
1月末に風邪と診断され消炎剤を呑んでいると関節の痛みも柔らいで2月の検診時にはすっかり忘れていた。
次回の検診は7月末。残り少ないロキソニンを持たせなくては・・
対症法は?
☆痛いのを我慢してゆっくりと右足を伸ばして右足で立つ。
☆肘掛のある椅子で両腕で突っ張って身体を支え腰を伸ばす事で牽引と同じ効果があり、痛みが治まる。

変な話だけれど・・・
希望的観測として☆★ひょっとして骨頭?軟骨?が再生してきて縮んでいた筋肉を押し付けて、それが突っ張って引っ掛かり痛むのではないか?☆★
★☆んな上手い話はないよな。自分の普段の怠慢を棚に上げて何言ってんだよ!! リハビリ体操もしていない、ストレッチもしていない、散歩も三日坊主。これでは当然の帰結、自業自得★☆

柔軟体操、ストレッチ、肘掛け椅子での腰の牽引等を心掛けて次回の検診(7月末)を楽しみにしよう。
但し、今までの主治医は転勤とかで新しい医師なのでどうなる事やら。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加