じぃじの骨頭壊死

年金生活のじぃじが一念発起!!
平成元年に発症した右大腿骨骨頭壊死症で手術せず頑張っているブログです。

長い間ご無沙汰しております。

2014年12月18日 15時46分19秒 | つぶやき
平成26年12月17日(水) くも膜下出血の影響なのか??

更新しようと書きかけて入るけれど・・・・・

☆ やる気が起こらない。
☆ 根気が続かない。
☆ 考えがまとまらない。
☆ 思い付いたアイデアもすぐに忘れる。
☆ 足がふらつく。

くも膜下の後遺症??か??「正常圧水頭症」なのか??痴呆??アルツハイマー??に似た症状
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忙中閑無・忙しい一ヶ月

2014年12月16日 11時10分52秒 | 特養老人ホーム
平成26年10月28日(火) 母の移動・転居・・・
 母の入院先に見舞いと入院費用の支払いに出かけるのは大騒動だ。
「くも膜下」の手術後は「単独行動禁止令」が出ているので妹のスケジュールに合わせての行動となっていた。

三月の終わり、市内の「特別養護老人ホーム」に申込みに行く。
自宅から歩いて約1時間、満開に近い桜を愛でながら小川沿いの施設に向かう。
まだ八分咲きで花びらは散っていない。
申込用紙や必要書類を揃えるので精一杯だった。
カメラを持って来るのを忘れたのが悔やまれる。

施設を見つけて入る。
担当者に申込用紙、必要書類を提出し、話を聞く。
1.個室であること。
2.費用は、入所時に金融機関の口座を作って入金し、施設の経費を引き落とす。年金で支払える、と試算できた。
3.この施設の収容人数は50名、市内には同様の特養施設を2カ所あり、合計3カ所、150名が入所しているらしい。
4.「入所を希望する理由」によっては優先順位が早くなるかも、、と聞いていたので

 「入院先の病院」の場所が遠くて通うのが大変であること。
 長男の私は「25年来の右大腿骨骨頭壊死症」で、今年の正月明けには「くも膜下出血」でクリッピング手術を受けた。
 家内は「喘息」で吸入器と薬が離せない事。
 妹は千葉県在住と遠隔地である事。

等々、詳しく書いて提出した。

5.申し込みしている待機者数は約500名いるとの事だった。
 
1,2年は待たないと順番は来ないだろうと他の特養老人ホームにも申し込みをする。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入所連絡待機中

2014年12月15日 14時29分53秒 | 特養老人ホーム
平成26年9月3日(水) 入所準備??

「入所の順番が近いですよ」と連絡があった。少し焦る。

特別養護老人ホームに入所申し込みを行った時に「県内在住であれば入所可能ですが、市内在住の方が望ましい」と聞いていたので住所変更の準備をしていた。
市役所に行き、転居手続、健康保険、後期高齢者健康保険、介護保険、等の住所変更をする。これらは住民票が移れば自動的に変更となる、との事。
老齢年金、遺族厚生年金については住民票と連動しているのだけれど、遺族共済年金は住所変更届が必要らしい。
電話して必要書類を郵送依頼する。

転入が終了した事を連絡する。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加