じぃじの骨頭壊死

年金生活のじぃじが一念発起!!
平成元年に発症した右大腿骨骨頭壊死症で手術せず頑張っているブログです。

母の緊急入院-⑥

2016年02月26日 11時38分26秒 | 特養老人ホーム
平成28年2月25日(木) 退院はお預けとなる

面談予約時間の40分前に301号室に見舞いに行く。
寝ていたが起こすと”退屈で、、お尻が痛い!!”と何時もと変わらない??
本人曰く”食事は美味しいので完食している”??
ベッド脇に医事課より、「2月前期の入院費支払要請」メモが貼り付けてあったので
1F医事課で支払う。

Dr.との面談は約束通り、14時に出来た。
まず、血液検査のCRP結果。
先週は1.1が0.8にさがって、もう一息なので点滴から服薬に変更した。
今回は1.01となった。通常であれば退院しても良い値付近なのだけれど
年齢や食事量を考えると落ち着いていても、炎症がぶり返すことも
考えられるので抗生剤の種類を変えて、徹底的に症状を抑えたい。
次回採血は3月1日(火)を予定。

食事量は波はあるけれど、少し増えてはいるようだ。


退院の目途は未だついていない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の緊急入院-⑤

2016年02月24日 19時21分28秒 | 特養老人ホーム
平成28年2月19日(金)
見舞いに病院へ行く
病室に行くとベッドにいない。
病室の名札にもない。
ナースセンターで聞くと「症状も落ち着いているし、痴呆症の患者が増えてきたので静かな部屋に移動しました」

16日に採血した検査結果をDr.の代わりに”師長”さんより説明を受ける。
「CRPは0.8 と下がって来たが、基準値が0.3以下なので充分とは言えない。もう一歩」
「18日より、抗生剤は点滴をやめて、服薬に切り替えている。」
「23日(火)採血予定なので結果次第です。食事量が少ないので基礎体力が回復するか心配です」


Dr.との面談は2月25日(木)14時に調整してくれた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の緊急入院-④

2016年02月15日 15時30分29秒 | 特養老人ホーム
平成28年2月14日(日) 途中経過
炎症を起こしている所を特定出来ていないので手探り状態だけど、今の抗生物質がそれなりに効いているよう。
徐々に回復に向かっているとの判断だが、もうしばらくはこのまま様子見?
次回の採血、検査に期待しよう。

2/12(金)Dr.との面談を 17:00 予定だが、早く病院に行く。16:20 母を見舞ってDr.からの連絡を待つ。
     明日が手術日なので患者家族に説明をしている。
     Dr.に代わって「師長」がカルテを持って説明があった。血液検査の結果
     CRP(基準値0.3以下)30⇒11⇒10⇒1.3 今回の抗生剤が効いているがまだ値は一桁高い。
     次回採血は 2/16(火)
     入院費の計算が出来ているとのメモがあったので会計で支払って買える。

2/9(火) メールでは妹が千葉から見舞いに来るらしい。 後日のメールでは、病室で従兄夫婦と会ったらしい。

2/8(月) 同級生の従兄から電話あり。”都合がつけば見舞いに行く。確約ではないが・・”

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の緊急入院-③

2016年02月06日 20時15分20秒 | 特養老人ホーム
平成28年2月5日(金) 14:00面談予約

13:30 早目に病院に着く。
病室に行くとウトウト、ゴロゴロしていた。
14:00 を過ぎてもDr.はいない。呼び出しもない。
14:20 痺れを切らしてナースセンターに申し入れる。

急いでやってきて、廊下でカルテを見ながら説明する。

  炎症値が下がっていないので別の抗生物質に変更して様子を見る。
  次回採血は2/9(火)の予定。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の緊急入院-②

2016年02月03日 13時42分13秒 | 特養老人ホーム
平成2月1日(月) 検査結果を聞きに行く
面談予定が15:00なので14;30頃に病院に着いて3階の病室に行く。
巡回してきた看護師に聞くと、
食事量が少し回復してきた? 体温は落ち着いてきた。

15:00過ぎてもDr.の呼び出しがないのでナースセンターに面談の約束があることを告げる。
30分遅れで面談する。
「炎症反応は、基準値の30倍あるが、半分にはなっているので、この抗生物質は効果があるようなので、このまま様子を見る。」
「次回採血は2/4(木)、結果が判るのは翌日16時以降。」

  「次回の検査結果に期待して!!」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の緊急入院-①

2016年02月02日 16時15分15秒 | 特養老人ホーム
平成28年1月25日(月) 市立病院受診する
1/24日曜日にもかかわらず、特養ホームより電話連絡があり、「食事をとらないし嘔吐も少しだがあった。採血の結果、炎症反応があるので市立病院を受診してほしい。」との事だった。

1/25(月):ホームにバスで駆け付けて、予約しておいた介護タクシーで市立病院へ行き、受診する。
      :エコー、レントゲン、採血と検査を受けたが、原因、炎症ヶ所は特定されなかったが炎症を表す値からは
      :「即入院値」だが、空きベッドがないので市内の病院で受け入れ先を探してくれるとの事だった。
      :会計を済ませて待っていると、ようやく受け入れ先が決まったと連絡を受けたので介護タクシーとホームに連絡して受け入れ病院に向かう。
      :入院先の病院で、採血、レントゲン、エコー検査を再度行うと病室のある三階に行き、ベッドに移ると入院の説明を受け、手続きをする。
      :炎症の箇所は不明、抗生物質を点滴する。約1週間後に炎症が治まっていれば飲む抗生剤に変える事が出来れば退院の予定が立つ。

  1/27(水)、1/30(土)様子うかがい(見舞い?)に行ってDr.との面談予約をする。⇒2月1日(月)15:00~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

右大腿骨骨頭壊死症 六ヶ月検診

2016年02月01日 10時07分57秒 | 大腿骨骨頭壊死症
平成28年1月20日(水) あけおめです。
本年初更新となりました!。
この冬は、暑かったり寒かったりで”体調管理”が大変です。
風邪やインフルには罹っていないが、食欲旺盛、鼻水ズルズル

久し振りに検診に行く。

追い駆けて来た今までの医師が転院し、引き継いだ医師との面談は二度目となる。
特別変化は無いのだけれど、ロキソニンの在庫が無くなって不安なので多めの処方を御願いする。
手術の話もなく、六か月後の予約をして終了。
ロキソは倍増!! 感謝
コメント
この記事をはてなブックマークに追加