じぃじの骨頭壊死

年金生活のじぃじが一念発起!!
平成元年に発症した右大腿骨骨頭壊死症で手術せず頑張っているブログです。

コメント御礼

2014年07月14日 13時24分24秒 | 大腿骨骨頭壊死症
平成26年7月14日(月) 皆様、御心配をお掛け致しております。 
eeedon様、脱臼の心配について、御自身の実体験からの貴重なアドバイスと励ましを有難うございます。
     医者との話でも、「手術後3か月後」にはパンフレットにある脱臼についての危惧は殆んどなくなるそうです。

たご様、トニー様、中々決断、踏ん切りがつきません。生活に支障がある程の痛みがある訳でもないし、、、、

「くも膜下出血」から生還後、家族、親戚等々から責められて・・・・・
何故?「人工股関節」にしないのか???
「くも膜下」術後の歩行困難は、右大腿骨骨頭壊死症で人工股関節にしていない為に歩行に必要な筋肉が衰退した。
 *毎日1〜2時間の散歩をして4ヶ月でようやく緊急入院前の8割程度まで回復したような気がする。

「くも膜下」の手術は、「生死」「麻痺、言語障害、歩行障害、痴呆等の後遺症」が予想され、病院からは「承諾書」等にサインを求められ緊急であり署名した。らしい。
それに比べれば、「人工股関節手術」は生死には係らない、痛みもないので緊急性もない。

「人工股関節」にして、杖なしで無理なく歩行が出来るようになったとしても、「くも膜下」の影響で単独行動が出来ない。今迄の様にカメラを首からぶら下げて山野をうろつく事が出来ない。・・・これは却って大きな苦痛・・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

骨頭壊死定期健診日

2014年07月09日 19時46分30秒 | 大腿骨骨頭壊死症
平成26年7月4日(金) 説明会の後、診察を受ける。 5,586歩
説明会が終わって即整形外科受付!診察室前で待つ。
予約時間は14:30  診察が始まったのが 14:25
待つ事30分 15時に名前を呼ばれる。

レントゲンは今迄と変化がなく、主治医とは手術について話をする。
今迄も述べて来た通り、「股関節は痛くない」「多少の不自由はあっても困ってはいない」
手術をしようという気持ちは「50%」で、この病院で長く主治医だった先生が移った市民病院になると思うことを話す。
主治医は「強くは勧めないが市民病院に決めたら、一報下さい。あちらの先生から引き継いで、よく知っているので気分を害することはありません。」
次回予約は 9月5日(金)

平成26年7月9日(水) 市民病院予約 6,790歩
予約の30分前に到着。
レントゲン撮影後整形外科受付、診察室前で待つ。
3人目で呼ばれた。


手術する側から見ると、通常の方法、正面(前)からの手術には隙間がないので困難。
後ろから切開になる。手術時間はその分長くなる。多少難しいが困難ではない。

股関節はこの形で固まって役割を果たしている。
痛くて生活に支障をきたしたり、やりたい事が出来ず、ストレスが溜まって・・とかの理由があれば手術も選択肢の一つではあるが、医師としては「強く勧めるものではない。」

こんな話で、手術は一旦保留する事にして、半年後の健診を予約をする。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

骨頭壊死定期健診日:手術決定者の為の説明会

2014年07月05日 15時30分47秒 | 大腿骨骨頭壊死症
平成26年7月4日(金) 前回申し込んでおいた「説明会」に参加する。 5,586歩
1月に定期健診の予定だったところ、「くも膜下出血」で緊急入院した影響で3月に延期した。
その時の予定では、特定疾患の更新が7月にあり、主治医の診断書などを依頼する必要があった事、
人工関節手術を決定している患者と家族を対象とした講習、説明会があると聞いて申込んでおいた。
受付を済ますとX線撮影に行く。
3ショット撮影後、講習会会場に向かう。
講習会では小冊子を受け取る。

マイクを握っているのは、この後診察を受ける予定の「主治医」が熱心に説明している。

リスクの話では、「歯周菌」「水虫菌」等による細菌の感染による「合併症」と術後の「脱臼」を強調していた。

パンフレットには術後のリスク(脱臼)が記述されていた。


医師に続いて看護師が入院中の注意事項を説明した。
本日の説明会はこれで終了!

安心出来る話はなかった。
注意事項、脱臼するかもしれない事等は今出来ている体勢、なので、術後には出来ない、してはいけない事ばかり。
この分では相当ストレスが増えて溜まりそうだ。

人工股関節の手術を受けてメリットは何だろうか???




コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加