すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

「食足世平」を貫いた人

2016年06月14日 | 雑記帳
 横浜に出かけるので20年ぶりにラーメン博物館にでも寄ってみようかなと思っていた。検索していると「カップヌードルミュージアム」が付近にあることがわかり、俄然興味が湧いてきた。実は朝のNHK連ドラ「てるてる家族」の再放送を見ていて、そこに登場した安藤百福の存在がとても面白く、印象に残ったからだ。


 チキンラーメンに始まり、カップヌードルそして宇宙食ラーメンまで、その成功物語について少しは知っていたが、トータルで見てみたかった。またその建物全体プロデュースを、あの佐藤可士和がしている点も気になった。日曜日午前、家族連れなどで賑わうその場所へ。エントランスからなかなかオシャレだった。



 最初の展示である「インスタントラーメンヒストリーキューブ」で、数々のラーメンの展示は壮観だった。それは1958年から始まり、まさに我々の世代が歩んできた道と重なる。個人的にチキンラーメンの馴染みは今一つだが「出前一丁」「どん兵衛」「ラ王」そして有名ラーメン店とのコラボなど日清恐るべしである。


 創業者である安藤百福の歩みで強調されているのは、創造的思考の大切さ、そしてあきらめないこと。数々の偉人の成功と重なる点が多い。特徴的な四字熟語?が提示されていた。「食足世平」…「食足りてこそ、世の中が平和になる。」これが百福の志であり、それを麺に求め一生を貫いた原動力だろう。徹底していた。


 見どころはまだまだあったが、さすが佐藤可士和と思わされたデザインを最後に見つけた。見終わり建物の外へ出て足元を見た。タイルが敷き詰められたおしゃれなアプローチなのだが、その中に百福の言葉らしきピースが埋め込まれている。たくさん撮ってきたが一番お気に入りなのはこれ。現役世代を勇気づける。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嬉しい復帰~aiwa | トップ | 囲いを越えた心で生きる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。