詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)

日々、読んだ本の感想。ときには映画の感想も。

浜田優『哀歌とバラッド』

2017-07-16 12:07:29 | 詩集
浜田優『哀歌とバラッド』(思潮社、2017年07月20日発行)

 浜田優『哀歌とバラッド』の8ページ。タイトルはなく、詩がはじまっている。

冬晴れのある日
高層ビルの一角がくぎる路上の日だまりに立ってあなたは
目の前で垂直の穴がぽっかりと口を開けているのを
見たことがありますか
見たことがあるならあなたは
その穴へひとり、理由もなく
墜ちていったことがあるでしょう

 幻想というか、錯覚というか、あるいは虚構というか。呼び方はいろいろあるだろうけれど、私はその「内容」には関心がない。私が関心を持ったのは、「見たことがありますか/見たことがあるなら」という「動詞」を反復しながら動いていくことばと「あなた」が繰り返される点だ。
 詩は、こう続く。

墜ちていった穴のなかで、あなたは
冬晴れのある日
路上で起こっていたのに誰も気がつかなかった無音の惨劇を
もう一度、初めから終わりまで見たはずです

 「墜ちる」という動詞が繰り返され、「あなた」が繰り返される。その「あなた」の繰り返しは、常に「過去」へ戻ろうとする。
 「冬晴れのある日」で始まって、また「冬晴れのある日」。時間が循環する。この循環が、すべてが「あなた」の内部で起きたこと、意識のことがら(意識としての追体験/追体験の意識)であると告げる。
 幻想であるにしろ、錯覚であるにしろ、虚構であるにしろ、それは「意識」であり、「意識」は反復する(繰り返す)ことしかできない。
 ここから、浜田の詩は、意識をテーマにしていることがわかる。
 さらに、浜田の意識は、視覚を中心に動いていることもわかる。「見る」と「無音」の対比が浜田を動かす。視覚に集中する。そのとき、浜田の聴覚は閉ざされる。

 「沈む水球」を読むと、「さえずりは一瞬にして炸裂する。ルー、リリュ」というような「聴覚」を刺戟することばもあるが、そこに書かれている音は、私には「炸裂」そのもの、中心をうしなったもののように感じられる。他の感覚と融合していない。「視覚」と「聴覚」が拮抗しているというとらえ方もあると思うけれど、私には「感覚の協力/融合」というよりも「離反」の方が強く感じられる。

 これに比べると、「冬晴れのある日」の方は統一感がある。「あなた」という「人称」が世界を統一しているのかもしれない。
 「沈む水球」には「私」、あるいは「あなた」という「人称」が登場しないせいかもしれない。
 そうだとすると、「冬晴れのある日」の作品でもっとも重要なことばは「あなた」だったのかもしれない。
 「あなた」とは誰か。

 「静かな村」の一連目。

森のなか 七月の校庭に
むらさき色の夕暮れが下りてくるころ
遊び疲れた子どもたちは めいめいが
めいめいに背を向けて 四方へ散らばっていく
そこにはいつも だれかがいる
じっと動かず立っている
もう一人がいる

 「あなた」とは「だれか」であり、それは「もう一人」なのだ。「もう一人のあなた」。それは「背を向けて」離れていく「だれか」でもある。「私」のなかの「私に背を向けて」離れていく「もう一人の私」。
 これはもちろん「意識」の世界である。
 41ページに、こんな二行がある。のことば。

あなたには気づけない
それがわたしという存在の証し

 これは、他の浜田のことばと比較するとき、とても刺激的だ。
 「あなた」を「わたし(私)」は「見ている」。何度も何度も見ている。けれども、浜田は「気づけない」という。「気づけない」とは「意識」に取り込むことができないということだろう。
 「あなた」を「わたし」として言語化できない。あるいは「わたし」を「あなた」としてしか言語化できない。言い換えると「わたし」を「わたし」としてことばに定着させようとするとき、「違和感」がある。その「違和感」に対して「正直」であるとき、ことばのなかに不思議な「乖離(あなた)」のようなものが始まるということ。その「乖離」をことばで追うことが、浜田の詩という「行為」になる。
 38-39ページの二行。

わたしはわたしのなかに
ひろがっていく影を感じます

 この「影」は「影」のままにしておくのがいい。「冬晴れのある日」のようにビルから落ちる影でもいい。
 「静かな村」では、強引に「影」に輪郭を与えている。

夜の閾(いき)で 痩せた母が陣痛に耐えている
乗客のいない終列車が 鉄橋を渡っていく
だれもいない校庭 ざわめく森が息をひそめる
月光の素足が 青い桔梗の露にかがむ
明け方にちかく 森の上に現われて
昇らないまま消えていった
二つの星

 これでは古くさい「抒情詩」になってしまう。
「形」のないものを「形」のないままに書くために、反復(繰り返し)がある。「繰り返し」のなかで「動き(動詞)」が形(軌跡)になる。それは目に見えるが、目に見えない。「肉体」で追認するとき、「肉体」の内部で甦るものだ。
 一方でそういうものを「意識」しながら、「静かな村」の最終連のようなことばになってしまうのは、なんだかよくわからない。「静かな村」の最終連は浜田の「原体験」なのかもしれないが、それに頼らない方が意識の運動がなまなましくなるように思う。


哀歌とバラッド
クリエーター情報なし
思潮社
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憲法9条について考える。 | トップ | 伊藤浩子「約束の途上」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

詩集」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。