ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 




宮本商店。静岡県伊東市新井2-17。2015(平成27)年1月18日

国道135号沿いの「あらいの湯」のすぐ裏手。寄棟屋根出桁造りの家がGoogle地図では「宮本商店」。なんの店だか分からないのだがストリートビューでは硝子戸ごしに洗剤がみえるから雑貨店だろうか。隣に洋風に見える家があり、さらに隣が「勘五郎丸肉店」。肉店は看板が一切ないから廃業したようだ。勘五郎丸というのは持ち船の漁船の名前かと思う。



鈴進水産。伊東市新井2-1。2015(平成27)年1月18日

Google地図で「鈴進水産」となっている家。国道135号からも、石垣の上に建っている家がよく見える。写真左にわずかに写っている家は国道135号に向いて「鈴進」と「星野ひもの店」の看板を出す店。
この辺りまで来ると商店は減って民家の方が多くなってくる。ぼくはいい加減なところで引き返してしまったので、「太吉丸」という屋号の網元の家を見損なった。その家は「新井」バス停の山側(伊東市新井2-14)に、通り沿いに石垣を築いて建っている。『ゆったり・湯めまちウォーク』の「海辺とまちなみコース」の地図では「重厚な外壁と昔ながらの戸袋と建具/江戸末期に建てられた」とある。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« あらいの湯、... 野島崎灯台/... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。