Rimshot!!!!

映画観たり、アメコミ読んだり、占いしたり。

キャプテン・アメリカ:ホワイト

2016-10-08 | 漫画
「キミはただの少年だった

確かに、私だってそれほど年上ではなかった。
・・・6、7年くらいだ。・・・だが、その年齢差は
キミを子供扱いするには充分だった」


マーベルユニバースを代表する英雄、キャプテン・アメリカ。
第二次大戦中、枢軸国と戦う彼の隣には常に
「相棒(サイドキック)」であるバッキーの姿がありました。

スティーブ・ロジャースとバッキー・バーンズの出会い、
そしてバッキーがスティーブのもう一つの姿を知ったとき、
物語は動き始めます。

スパイダーマン:ブルー」「デアデビル:イエロー」、
そして未訳の「ハルク:グレイ」に続く
ジェフ・ローブ&ティム・セイルの「カラーシリーズ」4作目が
この「キャプテン・アメリカ:ホワイト」です。

このシリーズに共通しているのは「ヒーローが喪った大切な誰かを回想する」こと。
スパイダーマンはグウェンドリン・ステイシー。
デアデビルはカレン・ペイジ。
ハルクはベティ・ロス、とそのヒーロー最愛の女性との別れから
その出会いのときを回想する、というのがシリーズの流れとなっていました。
しかし、今回は恋愛ではなく友情、ということで
バッキーとの出会いを回想する、という形となっています。
(前書きで映画「キャプテン・アメリカ」シリーズの脚本家もその点に触れていますが)

映画版の設定(スティーブとバッキーが幼馴染の親友)と違い、
スティーブが配属された基地のマスコット的な孤児がバッキーであり
スティーブが真面目な兄、バッキーがやんちゃな年の離れた弟・・・といった関係が
スティーブの秘密をバッキーが知ることで動き始め
そして戦場と言う極限状態の中で、彼らの「理想」と「現実」がぶつかり始める、という物語。

しかし既訳2作と今作の(性別以外の)一番の違いは、もう皆様ご存知の通り
『バッキーは後にキャップの元に戻ってきた』ことだと思います。
それも過去に後付の設定を付け加えた、という形で。
(本書解説とコミックの方の「キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー」をどうぞ)
そういう設定を知っている状態で読んでしまうと、
どうしても既訳2作品とは味わいが違って感じられるんですよね・・・。
(今作で描かれている戦争当時/復活当時のスティーブは当然そんなことは知らないんですけど)

「スパイダーマン:ブルー」ではジャズのスタンダード、
「デアデビル:イエロー」ではボクシングにまつわる言葉だった
各章のタイトルは、今作ではフランク・キャブラ監督の名画から取られています。
(もちろん最終章のタイトルは「素晴らしき哉、人生!」です)
残る1冊の邦訳、そしてさらなるシリーズの新作が描かれる日を期待しつつ
是非皆様に読んでいただきたい、そんな1作です。
(ジェフ・ローブは現在マーベルドラマ部門のトップをやっているので
 当然そちらでのさらなるお仕事にも期待したいのですが・・・
 AoSとNetflix作品のクロスオーバーとかエージェントカーター復活とか)

キャプテン・アメリカ:ホワイト
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長崎くんちに行って来たよ | トップ | 10/10~16の運勢 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

漫画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。