Rimshot!!!!

映画観たり、アメコミ読んだり、占いしたり。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

2016-04-29 | 映画
チタウリとのニューヨーク決戦
ヒドラとのワシントンD.C.での攻防戦
そして、ウルトロンとのソコヴィアでの決戦
・・・世界の危機を幾度となく救ってきたアベンジャーズ。
しかし、その影には多くの犠牲がありました。

世界を駆け巡り、またもヒドラの目論見を防いだアベンジャーズ。
しかしその戦いはまたしても、巻き込まれる犠牲者を生み出すことになります。
・・・彼らのルールで行動し、「世界の危機」を救う彼らを
世界はいつしか「危険な自警団員たち」と見なしつつありました。

アベンジャーズの活動を国連の管理化に置き、コントロールする協定
「ソコヴィア議定書」。
ヒーロー活動を続けるために賛成するか、
それとも選択を他者に委ねた結果、望まぬ戦場に向かわされる可能性に反対するか。
チーム内でも大きく意見が分かれることになります。
賛成派の中心は、ヒーローとしては一線を退いたトニー・スターク。
一方、反対派の中心は、国ではなく信念に忠誠を誓う兵士、キャプテン・アメリカ。

そして、議定書調印式で起こったテロ事件。
容疑者として浮かび上がったのは、ウィンターソルジャーことバッキー・バーンズ。
友情と信念によって、彼を保護するために動くキャプテン・アメリカ。
テロ実行犯としてバッキーを追う国とヒーローたち・・・
その中には、テロで父を失い、その王位と戦士としての装備を継いだ
若きアフリカの王ティ・チャラことブラックパンサーの姿もありました。

真相を追うキャップたち。
犯人を追うアイアンマンたち。
それぞれに新戦力を加え、二つに分かれたアベンジャーズの内戦(シビル・ウォー)が幕を開けます。
事件の裏で暗躍するのはいったい何者なのか。
そして、引き裂かれたヒーローたちの絆が、戻るときは訪れるのか。

「キャプテン・アメリカ」3作目であるとともに、
「アベンジャーズ2.5」とも呼ばれるほどのヒーローたちが揃った
MCUフェイズ3の幕開けとなる今作。
「ウィンター・ソルジャー」と同じくルッソ兄弟のメガホンとなるこの作品は
これからの展開で登場するヒーローたちの顔見せと同時に
この世界にこれまで以上の「現実の痛み」を持ち込もうとした作品、といえるかもしれません。

加害者と被害者。贖罪と赦し。過去と未来。原因と結果。
過去からの復讐者は過去を武器に、現在のアベンジャーズに刃を突きつけます。
取り返しのつかない過去を経てなお、人は手を取り合い前に進むことができるのか。
・・・人は、自分にとって大切な人を奪った相手を本当に赦すことはできるのか。

「ウィンター・ソルジャー」で登場したエージェント13ことシャロン・カーター。
「AoU」で鮮烈なデビューを飾ったヴィジョンとスカーレット・ウィッチ。
フェイズ2のラストを好評のうちに締めくくったアントマン
(今作では新たなる能力も・・・)
そして猫っぽさもキュート?なブラックパンサーに
ついにMCUに仲間入りしたスパイダーマン。
ソーとハルクの不在(彼らがどこに行ったのか?は「ソー:ラグナロク」で明かされるとか・・・)を
補って余りあるほどの新キャラたちが登場する今作ですが
やはり芯となるのはバッキーを、そしてそれぞれの正義を巡るトニーとスティーブであり
「キャプテンアメリカ3」であり「アベンジャーズ2.5」であるとともに
「アイアンマン3.5」でもあるんだな・・・とも思わされることになりました。

次なる彼らの物語も気になるところ・・・ではありますが、
次にやってくるのはまた新しい、超現実の世界を舞台とした新たなヒーロー。
『世界最高の魔術師』「Dr.ストレンジ」はこの世界にいったい何をもたらすのか?
日本公開の日程が決まるのが、いまから待ち遠しいです。
(アメリカでは11月公開予定だけど、日本どうなるのかなぁ・・・
 ベネディクト・カンバーバッチ人気なんだしそう時差がないように公開してほしいけど・・・)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ズートピア

2016-04-29 | 映画
進化の末、「本能」を克服し、「文化」を獲得、
肉食動物も草食動物も仲良く暮らす世界。
動物たちはそれぞれにあった職業につき、平和に暮らしていました。

そんな世界で農業に従事するウサギの中で、
子どもの頃から「警察官になる」ことを夢見るウサギ、ジュディ。
周囲の「無理だ」という声を押しのけ、
警察学校をトップで卒業、大都会・ズートピアの警察官として配属されます。

その中で発生する、謎の連続失踪事件。
キツネの詐欺師・ニックとともに事件を追うジュディがたどり着いた
この世界を揺るがす陰謀とは?
そして、夢を追い求めるジュディの未来はどうなるのか?


性別・出自などで、我々は常に「先入観」に縛られて、
あらゆるものを見ているように思います。
本当は望んだものに誰もがなるチャンスはあるはずなのに、
性差などの「属性」でどういう人生を歩むか、が
決められているようにも思えるのがこの社会の「現実」に思えます。
そして、この映画が描いているのも、そんな「現実」と、
それに向き合い、抗う「挑戦者」の物語、であるように思うのです。

肉食・草食、大型・小型。
それぞれの属性で何になるかが決められ、
夢を見ることが嘲笑され、反対されるこの世界。
幼いころの夢を追い求め、叶えるも壁にぶつかり、悩む者。
幼い頃の夢に絶望し、現実を飲み込むことを選んだ者。
そして、己の不遇を、策を巡らすことで塗り替えようとする者。

現実社会を映す鏡として戯画化された動物の世界、としての視点で見ると
かなり大人向けな作品じゃないかな、と思う一作でございました。
しかし、もちろんディズニーアニメが大人向けだけな作品であるわけではなく、
笑うシーンでは劇場に子どもたちの笑い声が響き、
アクティブなシーンでは激しくもユーモラスなアクションもあったりと
広い年齢層をがっちりと掴む、そんな良質なエンターテイメントであったなぁ、と。

それだけに吹き替え版で、どうしても一人キャラクターの立ち居地と
声が合ってないなぁ・・・と思う人がいたのがちょいと残念です。
大人の事情、なんだろうけど、人選どうにかできなかったのかなぁ・・・と。
主演の二人をはじめ、ストレスなく見られる作品ではあったのですが、そこだけが少し残念。
地元での字幕版上映がないので、字幕版はソフト化のお楽しみにしておきますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴッサム・アカデミー

2016-04-25 | 漫画
ゴッサムシティの全寮制名門校、ゴッサム・アカデミー。
歴史あるこの学園に通う2年生、オリーブは夏休みの間に巻き込まれた事件から
すっかり人が変わってしまい、ボーイフレンドであるカイルとの間もギクシャク。
そんな彼女が、新入生でカイルの妹、”マップス”ことミアの面倒を見ることになってしまい
さらに学園には謎の幽霊騒ぎに、閉鎖された北校舎と謎がたくさん。
はたして、この学園の抱える秘密とは・・・?

「高校生探偵団による学園青春ミステリー」という紹介も、もちろん間違っていません。
オリーブの抱える悩み、マップスたちキャラクターの活き活きとした描写、
そして恋愛や友情など、学園青春ミステリーとして楽しく読める作品なのは確かです。

しかし、この作品、それ以上に「アメコミ」であり「バットマン」でした。

バットマン世界と文字通り地続きな設定であること、
そしてこれがアメコミであること。
それについて具体的に触れることがネタバレになってしまい、
初読の楽しさを削いでしまうのでは・・・と思ってしまって
詳しく触れられないのが残念に思ってしまうのですが、
「青春学園ものかー、じゃあ読まなくてもいいや」と思ってしまう
バットマンファンの方、もしいるのならもったいないですよ。
あんなキャラやあんなキャラ、そして最後にはあのキャラまで出てきますし・・・。

もちろん、オリーブやマップスたちキャラクターの魅力
(特にマップスのTRPGオタクぶりは・・・)に花を添えるカール・カーシルのアート
(さらに本作ではライターですが、バリアント・カバーを手がける
ベッキー・クルーナンのアートだとより「マンガっぽさ」が強くなる印象があります)も
またこの作品を手に取る魅力のひとつといえそうです。

そして邦訳は「シャザム!:魔法の守護者」で翻訳家デビューしたSENこと内藤真代さん。
今作でも解説文でのTRPG解説などにその愛情が溢れまくっています。
5月末発売の「グレイソン」も翻訳担当、ということでそちらもいまから楽しみです。


ゴッサム・アカデミー


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホークアイ:リオ・ブラボー

2016-04-25 | 漫画
常人ながらもアベンジャー、”ホークアイ”ことクリント・バートン。
そんな彼が暮らすアパートの地上げ騒動から始まったこの物語も
どんどんシリアスな事態へと発展していきました。
友人の死、恋人との破局、そして相棒といってもいい
「もうひとりのホークアイ」ケイト・ビショップも彼の元を去り、
そして地上げをたくらむマフィアたちは総攻撃を計画します・・・
そんなクリントの前に現れたのは、かつては「トリックショット」と名乗り
アベンジャーズと戦ったこともある兄、バーニー。
いよいよ物語は最終局面に突入することに・・・。

というわけでホークアイ最終巻は、
リトル・ヒッツ」からの続きとなるクリント編となっています。
(西海岸に旅立ったケイトの顛末は「L.A.ウーマン」にて)
今回も丸々1話がクリントたちが見ているテレビアニメの回あり、
手話で展開される回あり、といった実験精神溢れる内容でありつつも
ハードボイルドで映画的なストーリーとなっております。

兄との会話や回想から伺えるホークアイの少年期や
ジャージマフィアたちとの決戦、
そして思わぬ伏線の活かし方・・・と、
ここまで読んできた読者を驚かせる展開の数々は流石、の一言。

映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」ではキャップ側で登場、
コミックのほうでも「デッドプールvsホークアイ」も邦訳決定と
これからも見逃せないホークアイの物語。
ユーモラスな面もありつつ、読み応えは案外がつんとくる
この傑作コミック、完結したこの機会に4冊通しで、ぜひ。

ホークアイ:リオ・ブラボー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4/25~5/1の運勢

2016-04-24 | 占い
熊本・大分はまだ大変な状況が続いているようですが
長崎はすっかり日常を取り戻しております。
ゴールデンウィーク、ぜひ長崎や福岡といった九州に遊びに来て
「九州は大変なところもあるけど、元気だぞ」ということを
一人でも多くの方に伝えていただけるとうれしいです。
特にハウステンボスは様々なイベントを予定してますよ!

今週の占いをどうぞ。

牡羊座:皇帝(逆)
ゴールデンウィークだからと無理をすると大変なことに。デートは喧嘩に注意。

牡牛座:女帝(逆)
怠け癖がついてしまいそう。ベタベタしすぎないように。

双子座:法王(逆)
スケジュールは余裕を持って。連休前に浮わついた気分にならないようご注意。

蟹座:力(正)
連休、ちょっとハードなスポーツに挑戦するのもいいのでは。大恋愛のきざしも。

獅子座:女教皇(正)
研究心が活発になってきそう。休日は図書館で過ごしてみるのもいいのでは。

乙女座:月(正)
ついついだらっと過ごしてしまいそう。愛情に不安な影の予感も・・・。

天秤座:愚者(逆)
休みだからと不規則な暮らしは禁物。無茶な思いつきでの行動はやめましょう。

蠍座:世界(逆)
努力が空回りするような出来事が。心が折れやすくなっているみたいです。

射手座:悪魔(正)
悪い仲間に誘われ、気苦労が増えることになりそうです。

山羊座:死(正)
病気や事故に細心の注意を。今までの無理をゆっくり休んで回復しましょう。

水瓶座:隠者(正)
努力が実を結ぶ展開がありそうです。片思いの人には話しができるチャンスが。

魚座:戦車(逆)
運動不足になりがち。気弱なままではなんにも解決できませんよ。

Twitterで手軽にタロット占いができるbotアカウント
「占い猫ガンダルフくん(@cat_gandalfbot)運営中です。
Twitterをされている方、お気軽にフォローして「占って」と話しかけてください。
大アルカナを1枚引いて占います。けっこうパターンは作っております。
おみくじ感覚でお楽しみください。
フォロー数が伸び悩んでいるのでまだまだ宣伝をします。よろしくね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加