Rimshot!!!!

映画観たり、アメコミ読んだり、占いしたり。

風立ちぬ ヒュルルララ

2017-11-21 | 音楽
KIRINJI - <KIRINJI>【コトリンゴ ・ KIRINJI 脱退のご報告】

キリンジから堀込泰行脱退、堀込高樹によるバンドとしてのKIRINJI結成、で
一番驚いたのがソロのシンガーソングライターとして活躍していたコトリンゴの加入でした。

キーボード、コーラス、そして曲によってはメインボーカルとして
堀込高樹の作り出す世界に深みを与え、
カバー曲である「うちゅうひこうしのうた」をオリジナルに匹敵する世界感で歌い上げた彼女は、
並行してソロアーティストとしても精力的に活動していました。

また、アニメ・映画での劇伴作曲の活動も行っており、
特に「この世界の片隅で」の大ヒットで大きな注目を集めることになり、
テレビ出演も相次ぐことになっていました。

自分自身のソロ、劇伴の仕事と、KIRINJIとしての活動の両立。
それは個人の活動が脚光を浴びていく中で、難しいものになっていた・・・のだと思います。
特にKIRINJIはスーパーバンド的な性質を持っており、
各メンバーそれぞれに多忙であるが故に、活動に制約がついている、とは
確かに感じておりました。

それだけにいつかはこの日が来る、とは思っていたのです。

しかし、実際にこの日が来てしまった今は、どうしても寂しい気持ちになっています。

コトリさんの声と鍵盤は、KIRINJIというバンドの大きな柱となっていたから、
コトリさんが抜けたKIRINJIのライブがどうなるのか、
コトリさんが歌ってきた楽曲は今後どうなるのか、
そればかりを考えてしまいます。

明日22日は、コトリさん在籍時最後の新曲「AIの逃避行」配信日。
(さらに同日には、堀込泰行New EP「GOOD VIBRATIONS」も発売になります)
RHYMESTERへの客演返し「Diamonds」(アルバム「ダンサブル」収録)に続いての
ラッパー(Charisma.com)との共演作となりますが、
しっかりとかみ締めつつ、楽しみたいと思います。

・・・ライブ、東京と大阪だけなんだよな・・・
ニコ生とかでの配信、ないのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こういうのじゃないんだよ・・・

2017-06-30 | 音楽
B'z30周年イヤーを来年に控え、久々のニューシングル(最近配信限定でしたからね)、
今年は夏フェス2つ(+稲葉ソロで1つ)出演、
SHOWCASEツアー(地方の小会場での公開ゲネプロ的なライブ)にスタジアムツアー、
そしてセブンイレブンでのキャンペーン・・・と色々と発表されておりますが
ファンの世論を賛否両論真っ二つにするアイテムが告知されました。

B’z COMPLETE SINGLE BOX

88年9月21日発売の1stシングル「だからその手を離して」から最新シングル「声明/Still Alive」まで
全53枚のシングルをリマスターしたもの(8cmシングル作品は12cmシングルに)のボックスセット。
それに特典DVD2枚をつけて、通常版は税込59,400円、セブンイレブン限定版税込75,600円。

シングルタイトル曲は5年前にベストアルバムとしてリリースしたばかり
(その後にリリースされたシングルは3枚のみ)
まぁこれはカップリング曲の存在があるのでいいとして
(B'zのカップリング曲はアルバム収録されないことが多い)
特典DVDの映像は過去の映像ソフトからの再収録が多い、
そして何よりもこの価格。
さらに通常版は店舗ごとに予約特典が違うし、
セブンイレブン版は購入者「抽選」でスペシャルライブ招待というおまけも。

・・・こういう「マニア向け商品」で商売するようになっちゃったかぁ・・・というか
こういう「お布施」商品で勝負しないといけないほどビーイングって追い詰められたのかなぁ、と。
今でもZARDで商売してたり、ビーイングに戻った大黒さんの闘病ネタでTV出してたあたりでも
その窮状は実感してはいましたが・・・
かつてのヒット曲の儲けでブルーズやフュージョンの保護を行うような会社とは
すっかり別物になってしまったなぁ、と遠い目をしてしまっている自分もおります。

・・・まぁ、おそらくアルバムのリマスターもこれに続くでしょうから
当時のマスタリングで薄っぺらいサウンドになってしまっている「RUN」が生まれ変わる可能性もあるし
現在プレミアがついてるB'zデビュー前の稲葉がらみの音源(松川RAN敏也「BURNING」とか前田ソロとか)に
カバーオムニバス「Player's Pole Position」収録曲なども30周年記念で配信とかしてくれても・・・と
(音源がビーイングに残ってるのかどうかわかってないですが・・・)思っていたりもしますけど
・・・できれば30周年にはニューアルバムを出してほしいなぁ、とも思っております。
あと「FRIENDS3」をやってくれてもいいのよw

・・・と、つい語ってはしまうのだけどB'zを聴く時間というのはどんどん減っていて
今これ書くBGMとして流しているのはコーネリアスだったり
どこぞの週刊誌ライターの「LINEモバイルCM効果でキリンジ再結成」に全力で「ねーよ!」と突っ込んだり
bonobosの「Cruisin' Cruisin'」いい曲だなーとか
婦人倶楽部の新曲もいいなー、とすっかり好みが変わった、わけなんですが
やはりその根っこもB'zの「Tonight」とか「THE BORDER」とかの曲にあるんだろうなーと思ったりと
そんなことを考えてみたり、もするわけです。

まぁこのシングルボックスは絶対に買わないけどな。
その金あればほしいもんはいくらでもあるわけでw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々の新作

2017-01-26 | 音楽
Suchmos「THE KIDS」いいアルバムですね。
(1曲目「A.G.I.T.」から3曲目「PINKVIBES」の流れが大好き)

さて、そんなSuchmosにも色濃い影響を与えた
Jamiroquaiのニューアルバム「AUTOMATON」が3/31発売(海外では)だそうで。
予告PVトラックリスト動画が公開されておりました。

大ヒットした3rd「Traveling Without Moving」以降、新譜が出たら聴いてはいるけど
実際そこまでがっつりと聴き込んではこなかったなぁ・・・と思って
4th「Dynamite」以降を聴いてはいるのですが、
どうしても「やっぱり1st(「Emergency On Planet Earth」)最高だなあ」と戻ってしまう
そんな駄目リスナーっぷりを発揮してしまっております。
(これはOASISでも同様の症状になります)

さて、ニューアルバム、日本盤はいつ発売になるのかな・・・
(輸入盤は大型CDショップが無くなった長崎では買えないですし・・・)
3月はBBSのファイナルベストも出るし色々大変そうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本当に終わる、んだなぁ

2017-01-23 | 音楽
BOOM BOOM SATELLITESの中野さんのツイート。
BOOM BOOM SATELLITESのベストアルバム「19972016」が遂に完成しました。
(全文はリンク先でご確認を)

前の10周年ベスト盤タイトルが「19972007」。
そして今回のファイナルベストが「19972016」。

20周年にはあと1年、足りませんでした。

そしておそらくこのアイテムで完全に、BOOM BOOM SATELLITESが終わってしまう、ということを
(ソニーが未発表テイクやライブ音源で集金目的盤出すなら別ですが・・・)
今更ながらに実感したりもして。

全曲に中野さんの手によるリマスタリングが施されており
これまでの音源のほとんどをもっているファンにとっても楽しみなアルバム。
まだ川島さんがいない世界に慣れてはいませんが
(佐藤伸治(FISHMANS)、アベフトシ(THEE MICHELLE GUN ELEPHANT)、宮内和之(ICE)あたりは
 実際まだ心のどこかに引きずっていたりもするのです)
このアルバムでそこに一区切りつけばいいなぁ、とも、
また、このアルバムで新たにBBSの音楽に出会い、過去の作品を遡って聴いてくれる
そんなファンが出てくれるといいなぁ、とも思うのです。

欲しいCD、まだまだいっぱいあるなぁ。
(Suchmosのアルバムも明日がフラゲ日ですね)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の歌、といえば

2017-01-18 | 音楽
お題「冬ソングといえば?」に参加中!
あまりにも気の抜けた日記率が高いのでお題記事です。「冬ソングといえば?」

どうしても冬ソングの多くはクリスマスソングというイメージがありますが
そんな中で「正月ソング」という切り口を見せたこの曲に驚きました。

堀込高樹「冬きたりなば」

KIRINJIリーダーが日本の正月、という空気を描ききったこの曲。
冷たくも穏やかで静かな空気の中向かう初詣や、こたつでごろごろしながら豆を食べたりといった
そんな変わらない正月の風景を詩情豊かに歌う一曲です。
なぜか収録しているCD「HOME GROUND」は廃盤となっていますが
(レンタルなどではちょくちょく見ますが・・・)
近々アナログでのリリースがあるということなので
最近の星野源のラジオでキリンジを知った方にはぜひ聴いていただきたい1枚です。

あとぱっと浮かんだ冬ソングといえばB'z「SNOW」かなぁ。
「FRIENDS」シリーズは大好きなのでまたこういう音楽性やってほしいんですが
なかなかB'zって形でやっていくのは難しいんだろうな、とも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加