Rimshot!!!!

映画観たり、アメコミ読んだり、占いしたり。

7/1~7の占い

2013-06-30 | 占い
7月がいよいよスタートですね。
2013年も半分が終了。がんばっていきましょう。

牡羊座:魔術師(正)
自分に合った計画を見つけることができそう。冷静さを大切に。

牡牛座:女教皇(逆)
得意と不得意の差が堅調に。手抜きは目立ってしまいますよ。

双子座:吊された男(正)
伸び悩みは努力を続けることでしか克服できません。何事も試練の時期。

蟹座:戦車(正)
スピード感が重要になる時期です。何事も早め早めに。

獅子座:悪魔(正)
自制心が薄れてしまいそう。夜型の生活は健康にも良くないですよ。

乙女座:隠者(正)
内面的な美しさが磨かれそうな時期。友人のアドバイスは信用して。

天秤座:力(逆)
目先の誘惑に負けると本命を逃してしまいそう。暴飲暴食も控えて。

蠍座:太陽(正)
手伝いが思わぬ副収入を産みそう。明るい将来に繋がっていきそうな時期です。

射手座:法皇(正)
良い先生に巡り合えそう。集中力も上がり、劇的な進歩がありそうです。

山羊座:星(逆)
着実さが大切になる時期。理想を追いかけすぎるのも問題です。

水瓶座:恋人(逆)
若さを過信すると無理がきそうです。回復力も落ちてきそう。

魚座:死(正)
不幸なアクシデントに見舞われそう。方針を全く変えるといい結果に。

いよいよ夏本番が近付いてきました、がまだ時期的には梅雨。
昼夜の気温差もそれなりにありますので、
扇風機つけっぱなしで寝たりは避けた方がいいかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャスティス・リーグ:魔性の旅路

2013-06-29 | 漫画
ジャスティス・リーグ:誕生」から(劇中時間で)5年。
当時はルーキーだったヒーローたちもそれぞれに経験を重ねてきました。
そしてこの5年の間には、様々なことが起こりました。

多くのヒーローたちの出現。
国連主導のチーム、ジャスティス・リーグ・インターナショナルの設立。
ジャスティス・リーグへのマーシャン・マンハンターの加入と脱退。
アマゾンの島を発見し、ワンダーウーマン、そしてJLの政府との接点となった
トレバー大佐とワンダーウーマンとの関係にも、
そして、あの事件でヒーロー達の活躍を間近に見、
「ジャスティス・リーグ」の名付け親となった作家・デヴィッド・グレイブスの身にも。

あの後、原因不明の白血病的な病気で妻と二人の子を喪い、
自分自身も瀕死となっているグレイブス。
彼の絶望が、JLを揺るがす大事件へと繋がっていくのです・・・

王道ヒーローものの前巻に対し、今回はいかにもアメコミ、といった感じの
「チーム内の人間関係の変化」や「市民たちからの視点の変化」、
そして「ヒーロー達の精神を攻めてくる敵」といった展開が
若干しんどい話になったなー、とも思えたり。

グリーンアローはある程度ドラマ版設定に歩み寄るような形で若返ったり
火星人さんが元ストームウォッチ(元別会社のヒーローチーム)だったり
こっちの世界ではあの人たちがすでに亡くなっている、ということに驚いたり
そしてどうしてもあの二人をくっつけたくなるんだなー、と思ったり
(DK2とかキンカムとか・・・)

そして本編ラストのこれからの展開予告・・・
トレバーとアローの動きはこういうことだったのか!と驚き。
NEW52版JL2年目、3年目も邦訳が続くのかはわかりませんが
これからの展開も楽しみでございます。

さ、来月は今作でも少し繋がったバットマンの「梟」3部作2作目発売。
こちらも楽しみで仕方ありませぬ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歌川国芳展@長崎歴史文化博物館:前期

2013-06-23 | アート
4月末に福岡・博多大丸の催事として見てきた「歌川国芳展」が
今回長崎歴史文化博物館(長崎奉行所跡地・諏訪神社近く)で開催、
それも1か月ごとに展示替えを行う、ということで
6月頭に見てきたわけですが、ブログ更新はこの時期になりました。
(前期終了まであと1週間・・・)

国芳・この展覧会に関しては博多大丸での開催のときに説明したので
そちらをご覧いただくといたしまして、
今回展示スペースの限られる長崎では展示作品を前期・後期に分割し
6月8日から7月1日を前期、7月3日から24日を後期として
展示のうち8点を除く全展示を入れ替え、計152作品を楽しめるという
展覧会となっております。
(前期の半券提示で後期の入場料が半額になります)
さらに長崎会場のみの特別企画として、
国芳の猫作品を集めた「国芳の猫たち」コーナーを設置、
こちらの作品も団扇絵1点を除いた16作品が入れ替わりと
見逃せない展示となっております。

「見せ方」という点でもう少し工夫が欲しいかな、と思わないでもない
(ここの企画展ってそういう感想になることが多いんですが・・・
 設備サイドの問題なのか、それともキュレーターの問題なのかな)
展覧会ではありますが、長崎でこれだけの大規模な展覧会が見れる機会も
そうないとは思いますので、ぜひ前期後期ともに見に行ってくださいませ。
(個人的には「金魚づくし」が展示にないのはちと残念・・・
 物販コーナーで復刻作品は見られ(る上に買え)ますが)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6/24~30の運勢

2013-06-23 | 占い
いよいよ6月も終わりですね。

牡羊座:節制(正)
「繰り返し」が成功のカギ。毎日の生活から重要なことに気が付きそう。

牡牛座:戦車(正)
反射神経が鋭くなる時期。自分の力で事を成し遂げられそうです。

双子座:運命の輪(正)
愛の告白は直接会って伝えると吉。長い間の努力も実ります。

蟹座:正義(逆)
不得意な分野がすべての足を引っ張ることに。好き嫌いもほどほどに。

獅子座:吊された男(逆)
尽くしても報われないなら、意地を張らずにさっぱりと次を目指しましょう。

乙女座:太陽(正)
仕事・勉強も恋愛運も好調。エネルギーに溢れている一週間です。

天秤座:愚者(正)
ユニークな方法が能率アップにつながりそう。イメチェンもいい結果に。

蠍座:魔術師(正)
独創性を活かして活躍できそうです。思い切った行動がいい結果に。

射手座:女教皇(逆)
すぐにイライラしてしまいそう。集中力が途切れがちになりそうです。

山羊座:審判(逆)
何もかもが行き詰まってしまいそうな雰囲気。悲観的な考え方になりすぎないよう注意。

水瓶座:塔(逆)
何事も慎重に、慎重に。長期間の休養が必要になりそうです。

魚座:恋人(逆)
机に向かっていても長続きしない時期。正攻法の手段でいきましょう。

ようやく長崎は梅雨らしくなってきた気配。
冷房も上手に使って、快適で健康な生活を目指していきましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バットマン:デス・イン・ザ・ファミリー

2013-06-20 | 漫画
給料日にふらりと本屋に行って、買いそびれていたこれを買いました。
・・・買わなくちゃいけない邦訳本多いんだよな・・・(遠い目)

バットマンの相棒、ザ・ボーイ・ワンダー(驚異の少年)ことロビン。
その初代はサーカスの空中ブランコ芸人の息子、ディック・グレイソン。
両親を犯罪者に事故に見せかけて殺され、天涯孤独になった彼を引き取り
鍛え上げたのがバットマンことブルース・ウェインでした。

そして時は流れ、ディックも成長。バットマンの元を離れ
独立したヒーローであるナイトウィングを名乗り活躍することになります。
そんなときにバットマンが出会ったのが、
バットモービルのタイヤを盗もうとする少年・・・
ジェイソン・トッドでした。

父は犯罪者、母は病死。
天涯孤独の身であった彼はバットマンに引き取られ、2代目ロビンとなりますが
父がトゥーフェイスの部下であり、犯罪失敗によって殺された、ということを知った後
彼の心は怒りに支配されてしまいます。

ブルースとジェイソンの心のすれ違いと
ジェイソンが手に入れた本当の母に関する手がかり、
そして、中東にミサイルを売りさばこうとするジョーカー・・・
この3つが、バットマン史上最大の悲劇の引き金を引くのです。

「2代目ロビンの死」「生死決定は電話投票で」という
エピソードは有名ですが、こうして実際に読んでみると
ジェイソンというキャラの持つ悲劇性が際立つ作品であるとともに
ここからバットマンの変質が始まっていったんだなぁ、と
いろいろと感慨深くなるような作品です。
(実在の人物や国をこういう使い方しちゃうあたりが80年代末のアメリカ的というか
 正直今では若干引くわー、って展開がラストにあったりもしますが・・・)

同時収録は3代目ロビン(仮)デビューのストーリーである
「ロンリー・プレイス・オブ・ダイイング」。
タイタンズとのクロスオーバーとして描かれる
ジェイソンを失い、凶暴性を強めるバットマンと
謎のストーカーに付きまとわれるナイトウィング、
そして暗躍するトゥーフェイス、というこれまた読み応えのある1作。
今のアメコミ絵に慣れていると若干厳しいかもしれない
80年代的な絵の作品ではありますが(個人的には大好きです)
バットマンが好き、という人にはぜひとも読んでほしい1冊です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加