Rimshot!!!!

映画観たり、アメコミ読んだり、占いしたり。

ワンダーウーマン

2017-08-25 | 映画
女性戦士・アマゾンたちが暮らす島、セミッシラ島。
その島の王女、ダイアナは近くの海に落ちた飛行機から一人の男を救出する。
彼の名はスティーブ・トレバー、イギリスの命を受け、ドイツに潜入していたスパイであった。
膠着した第一次大戦の戦況をひっくり返す新兵器をドイツが開発したことを
イギリスに伝えようとして逃げる途中に撃たれ、墜落した、ということを知ったダイアナは
「戦争を終わらせ、人類に平和をもたらす」ために外の世界に出ることを決意する。

トレバー、そして彼が集めた仲間達とともに「世界を救う」戦いに参加するダイアナ。
しかし、外の世界、現実の戦場、そして戦争は彼女が思い描いていたものとはまったく違っていた。
はたして彼女は、世界を救うことができるのか?


1941年に誕生し、1976年にテレビドラマ化して途中放送局を変えながら3シーズンが放送、
その後も映像化企画は立てられるもののなかなか納得いく結果を得られなかった
DCの「トリニティ」の一角、ワンダーウーマン。
DCエクステンデッドユニバース(DCEU)の1作として、
BvS」に登場したガル・ガドット演じるワンダーウーマンの単体主役作1作目が今作です。

女性監督(パティ・ジェンキンス)による世界一有名な女性スーパーヒーローの映画化、ということで
どうしてもフェミニズム的な文脈や視点から語られるような印象もあったのですが
映画自体は派手なアクションあり、コメディ要素も、ラブストーリー要素もある
「よく出来たアメコミ映画」でありながらも、婦人参政権もなく窮屈なファッションに押し込められる
当時の女性に対する見方をユーモラスに描き出すことも忘れない・・・という作品です。

公開初日ということもあるのでネタバレは避けますが、
神話世界と第一次大戦の戦場の現実が交差する物語は、MCUで言うところの
「マイティ・ソー」+「キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー」的であるとともに
『英雄になる』とはどういうことなのか、を考えさせられる一作としても
良質なストーリーであったと思います。
世界中で大ヒット、ということでハードルが上がっている感はありますけども、
本当によくできた「アメコミ映画」ですし、何よりガル・ガドットの美しさを大スクリーンで味わう
(クリス・パインもカーク船長とは違ったいいヒーローっぷりでしたね)のもおすすめの
彼氏も彼女も満足なデートムービーにもおすすめしたい一本です。


今回エンドロール後の映像はないですが(むしろオープニングがそれっぽいというか)
次なる彼女の戦いは、早くも3ヶ月後、11月。
彼女とバットマンによる新時代のヒーローたちをスカウトしての巨悪との対決
ジャスティス・リーグ」がついにやってきます。
11月はMCUも「マイティ・ソー:バトルロイヤルラグナロク」が公開されたりもいたしますが
・・・当然、どちらも見に行きたいところですね。

そしてマーベル側は、いよいよ明日から福岡アジア美術館で「マーベル展」開始。
六本木会場ほどの大規模(ショッピングモール店舗でのコラボメニューとか)ではない模様ですが
展示に限定グッズ(九州限定はあるのかな?)はとても楽しみです。(僕は来月に行く予定です)
・・・DCも九州でこういうイベントあればいいのになぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スパイダーマン:ホームカミング

2017-08-11 | 映画
クイーンズ出身・ハイスクール2年生の科学オタク、ピーター・パーカー。
蜘蛛の力を持つヒーロー、スパイダーマンとして活躍するも、
なかなかアベンジャーズの一員としてのお呼びはかからず、
地元に密着したヒーローとしてパトロールをしたり、自転車泥棒を捕まえたりの毎日。
しかし、そんな彼の前に現れたATMを荒らす強盗団が持っていた装備は
街の犯罪者が持つにはあまりにも強力すぎるものでした。

装備の謎を追う一方、ヒーロー活動に圧迫されていく学生生活。
部活も、学業も、恋もピンチにさらしながらも、友人・ネッドの力を借りて
超技術の装備を追いかけるピーターの前に現れたのは、
空飛ぶ強力な怪人・ヴァルチャー!

果たしてスパイダーマンは、一人前のヒーローになれるのか?
そしてピーター・パーカーとしての日常の行方は?
2度目のリブートとなったスパイダーマンの物語が、ここから始まる・・・。


シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」でアイアンマン陣営の「新人」として登場した
マーベル・シネマティック・ユニバース版スパイダーマン。
ソニーピクチャーズとディズニー/マーベルとの合意により実現した
マーベルユニバースで一番の知名度と人気を誇るヒーローのMCU入り、単体映画第1弾が今作です。
(よく誤解されてる方もいますが、今作はソニーピクチャーズ作品です)

トビー・マグワイヤ主演の旧シリーズ3作、アンドリュー・ガーフィールド主演の「アメイジング」2作と
3度目のリブートとなる今作は、トム・ホランドを主演に、
「学業とヒーローと青春の両立に悩むティーンエイジャーヒーロー」としての側面を重視し
これまで「1作目」で触れられてきたスパイダーマンのオリジン・・・
蜘蛛に噛まれて能力を身に付け、慢心して見逃した強盗にベンおじさんが撃たれる、という流れを
さすがに2度目のリブートということで省略し、その分を学園での描写に割いています。

そして今までの映画版になかったもの・・・「アベンジャーズ」の存在。
今作のヴィランとなったヴァルチャー、ショッカーの能力のベースは
今までのアベンジャーズや所属ヒーローの戦いで出来た超技術の残骸たち。
一方、ピーターのヒーロー活動を(不器用に)見守るトニー・スタークとハッピー・ホーガン。
ラストシーンに出てくるあの人や、作中何度か出てくるあの人も含めて
「この世界」にスパイダーマンがいる、ということが改めて嬉しくなります。

公開初日なのでネタバレは避けますが、
「これぞスパイダーマン!」といえるシーンもあり、
原作ファンにも、これまでの映画版やアニメ版のファンにも楽しめる
そんな良くできた1作となっています。

次のMCUタイトルは、「シビル・ウォー」未参加組の「マイティ・ソー:バトルロイヤル
(いまだにこの邦題はしっくりこない・・・)ですが
その前にDCEU現時点での最高傑作!との呼び声高い「ワンダーウーマン」も公開間近。
そして11月には「ジャスティス・リーグ」に、MCUも来年には「ブラックパンサー」と「アベンジャーズ3」も。
まだまだアメコミ映画の黄金時代は終わらない、みたいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カーズ/クロスロード

2017-07-21 | 映画
稲妻のようにオーバルサーキットを駆け抜けてきたライトニング・マックィーン。
連戦連勝のチャンピオンであった彼の前に現れたのは、
最新のスタイリングとテクノロジーでレベルの違う走りを見せる
「新世代」レーサー、ジャクソン・ストーム。
新世代たちの台頭に焦ったマックィーンは、レース中に大クラッシュを起こしてしまう・・・

新しいオーナー、新しい設備の中、トレーナーのクルーズと再起を目指すマックィーン。
再起か、それともリタイアか。
「ベテラン」になったマックィーンの物語が、幕を開ける。


前作「カーズ2」から6年。
コメディリリーフであるメーターをW主役にしたことでストーリーの軸がぶれ、
マックィーンの物語が描かれているとは言えなかった前作をまるでなかったものにしたかのように、
(実際、1だけ見て今作を見ても話はつながります)
前作でほぼ触れられなかった師であるドック・ハドソンの喪失と、
新世代たちの登場で自分が「時代遅れ」になってしまったことの焦りを主軸にした
ライトニング・マックィーンという一台のレーサーを主役とした物語が今作となっています。

1作目「カーズ」から11年。
1作目をお子さんと見た大人の方にこそ見ていただきたい、中年レーサーの悩みと意地、
そして未来への展望が描かれた作品(お子さんに伝わるのか心配になるくらいに)です。

吹き替え版の上映しかない地域だったので吹き替えで見ましたが、
芸能人キャストの違和感もなくスムーズに見られましたし
吹き替え版オリジナルエンドソングの奥田民生「エンジン」も
物語の余韻にうまくはまる選曲であったと思います。
(オリジナルキャストは実際にNASCARレース中継でお馴染みのアナウンサーや
 実際のレーサーが参加しているようなのですが・・・)

ピクサーの次作はメキシコの死者の祭りをモチーフにした「リメンバー・ミー」。
さらに「Mr.インクレディブル2」や「トイ・ストーリー4」も進行中、という話。
以前ほど磐石なブランドイメージとはいきませんが(続編が増えてきたのもね・・・)
常に「次の作品」が楽しみな制作会社、であり続けるのは本当にすごいと思います。
(今や技術面で「ここがすごい」という部分すら感じなくなったしね・・・)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ローガン

2017-06-01 | 映画
近未来。
ミュータントは姿を消し、「ジェームズ・ハウレット」として
リムジン送迎サービスで金を稼ぎ、メキシコ国境で老いたプロフェッサーXを養うローガン。
そんな彼の前に現れたのは、少女を連れた看護師だった。

殺された看護師の依頼で、少女・ローラを
サウスダコタまで送り届けることになるローガンとプロフェッサー。
そして少女を追う追っ手たち。

荒廃したアメリカを舞台に、ウルヴァリン最後の物語が幕を開ける。


現在のアメコミ映画ブームの礎となった「X-MEN」から17年。
その全作(「ファースト・ジェネレーション」ではカメオ出演でしたが)で
ウルヴァリンを演じ続けたヒュー・ジャックマンが最後のウルヴァリンを演じるのが今作となっております。

二人の老人(ローガンは老化が遅いとはいえ100歳以上、教授は90以上)と少女のロードムービーであり
R-15の残酷描写の多いアクション映画でもあり、そして何よりも
「グラン・トリノ」や「ノー・カントリー」と同じ『現代の西部劇』でもあるわけです。

3人のメインキャラクターは、それぞれ痛みを抱えています。
(ネタバレは避けますが、台詞に出てくる「ウェストチェスター」は「恵まれし子らの学園」があった場所です)
その痛みと、「愛すること」への恐れ、そして絶え間なく続く暴力がこの物語を前進させていきます。

悲劇の中に、ほんの少しの、それでも強い光を見出す物語。
そして、「GotG2」とも少し違う、「家族」の物語でもあります。
青春時代に「X-MEN」に触れ、ここまで彼らを追い続けた人に向けた、苦く痛い「大人」の物語です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メッセージ

2017-05-19 | 映画
アメリカ、ロシア、中国、日本など世界12箇所に同時に現れた浮遊体。
どう見ても地球の物質でないそれと、その中にいる何ものかとの意思疎通のために
召集された言語学者のルイーズと数学者のイアン。
言語学を活かしたアプローチで「彼ら」の言語を解明していく中、
世界各国の「彼ら」に対する態度は変わっていく・・・。

・・・「彼ら」は何を伝えるためにこの星を訪れたのか?


テッド・チャン「あなたの人生の物語」を原作としたファーストコンタクトSF、であるとともに
原作のタイトルどおりの「あなたの人生の物語」でもある、という一作。
原作未読の状態で見に行きましたが(買ってあるので今から読みます)
『あぁ、これ出来るだけ予備情報入れずに見たほうがよかったやつかもしれない!』と思いました。
ということで、あの「ばかうけっぽい宇宙船」のビジュアルだけを頭に入れた状態で
劇場で見ていただけるとより楽しめる一作なのでは、とも思います。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の派手なスペースオペラ感とはまったく違う
『言語』などをテーマの中心に据えたリアルでシリアスなSF、であるのですが
感情に訴えるエモーショナルさは甲乙つけがたいものがあるなぁ、と思えるストーリーであり
むしろデートムービーとしてはこちらが向いているのかも・・・?とも思わせられました。
(見たあと色々将来について話したくなる映画、だと思うのです)

アニメ「正解するカド」を毎週楽しみに見ている皆様や、
クリストファー・ノーランの新作が実話の戦争映画でちょっとがっかりきている方、
(「ダンケルク」すごそうでしたけども)
宇宙船の形がばかうけっぽくて気になる、というくらいの方にも
是非見てほしい映画でございました。

そして終盤の展開で驚いてほしいなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加