Rimshot!!!!

映画観たり、アメコミ読んだり、占いしたり。

ウォルト・ディズニー展

2014-02-26 | アート
世界のアニメーション、いや、コンテンツビジネス界の神ともいえる
ウォルト・ディズニー。
1920年にカンザスで最初のアニメ会社を興し、
紆余曲折(「しあわせウサギのオズワルド」権利問題とか)を経て
ハリウッドにアニメーション会社を設立。
そして初のトーキー(音声入り)アニメ「蒸気船ウィリー」と
その主人公である「ミッキーマウス」を生み出し、
初の長編カラーアニメーション映画「白雪姫」を制作し
アニメーションというものの立場を大きく変え、
クラシック音楽との融合「ファンタジア」を作りだしたり、
テレビという新しいメディアの持つ可能性にいち早く着目したりと
その逸話には事欠かない人でございます。

この展覧会では、ウォルト存命時の長編アニメーション作品を中心に
彼の生涯や作品に関する資料を豊富に展示しており
「白雪姫」「ピノキオ」「ファンタジア」「ダンボ」「バンビ」
「わんわん物語」「シンデレラ」「眠れる森の美女」「101匹わんちゃん」「くまのプーさん」
そしてウォルト存命時最後の長編作品「ジャングルブック」・・・といった
彼らの「魔法」の片鱗を伺える内容に加え
『永遠に未完成の夢の国』ディズニーランド、
そして晩年のウォルトが夢見た未来都市、EPCOT計画といったものについても展示されています。

テレビというメディアを活用してディズニーランド建築の模様を放送しつづけ、
興味を引き付け続けるという方法論のもっていた先見性、
すべてが管理された未来都市・EPCOTのもつそこはかとないディストピア感・・・
(個人的に感じたのは「WALL-E」の宇宙船内描写に繋がる感覚でした)
これだけを見ても、ウォルト・ディズニーという人の非凡さを感じます。

ディズニー好きの方だけでなく、アニメーション全般に興味を持っている方にも
ぜひ見て頂きたい展覧会です。長崎県美術館で4月6日まで開催中です。

そして常設展示室では、「内と外―スペイン・アンフォルメル絵画の二つの『顔』」も開催中。
スペインのソフィア王妃芸術センター所蔵のアンフォルメル(不定形)絵画9作品の展示から
この抽象美術の一形態に見られる芸術家たちそれぞれの表現や内面の違いを「感じる」ことができる
見ごたえのある展覧会となっております。こちらは3月9日まで。

長崎歴史文化博物館
では3月21日より「伊藤若冲と都の美術 ~細見コレクションの精華」も開催と
アートの春を感じる長崎でございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2/24~3/2の運勢

2014-02-23 | 占い
ソチオリンピックも最終日。今週で2月も終わりですね・・・

牡羊座:死(逆)
イメージチェンジや心機一転で生まれ変わるチャンスの時期です。

牡牛座:皇帝(逆)
恋人との喧嘩に注意。あと、過労が原因の病気にも注意しましょう。

双子座:太陽(正)
仕事や勉強に意欲が出てきます。理想の人との出会いもあるかも?

蟹座:運命の輪(逆)
深追いすると失敗します。一呼吸おいてじっくり考えて行動を。

獅子座:女教皇(逆)
何事にも手抜きが目立ちます。集中力が低下してしまいそう。

乙女座:悪魔(逆)
周囲の人間関係を一度整理してみる時期のようです。束縛から逃れるチャンスも。

天秤座:節制(正)
くりかえしの毎日から、重要なことを発見できそう。食事や入浴にも気を配って。

蠍座:塔(正)
急病などで、スケジュール通りには進まない時期のようです。浮気や火遊びはやめたほうが無難。

射手座:星(正)
将来への明るい見通しが見えてきます。旅行もよさそう。

山羊座:審判(正)
決断することがいい結果に繋がりそう。対人面も好転しそう。

水瓶座:恋人(逆)
机に向かっていてもついつい遊んでしまいそう。手抜きをせず正攻法で。

魚座:世界(正)
目標達成、一区切りの時期です。恋愛面でもハッピーエンドの兆し。

学生さんは卒業シーズンですね。
自分の「今まで」と「これから」にできるだけ悔いが残らないような
そんな時期にしていきたいものです。

あと、3月1日に私的な発表があります。
大したことではないですが、とりあえず言いたくてうずうずしてるのを我慢してますのでw
よければおつきあいくださいませ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2/17~23の運勢

2014-02-16 | 占い
バレンタインデーの結果、いかがでしたか?

牡羊座:恋人(正)
仕事も恋愛も直感に従うといいことが。協調心を忘れずに。

牡牛座:塔(正)
トラブルが多くなりそう。書類のミスには十分に注意を。

双子座:法皇(逆)
独りよがりでは何事もうまく進みません。広い視野を忘れずに。

蟹座:運命の輪(正)
転換期。最善を尽くせば結果は必ずついてきます。

獅子座:正義(正)
裏表のない態度が好かれます。仕事と趣味の両立ができそう。

乙女座:審判(逆)
過去にこだわりすぎると進歩はありません。見通しは明るくない模様。

天秤座:愚者(逆)
無茶なアイデアがトラブルの原因に。投げやりにならないように。

蠍座:月(正)
目的がはっきりせず、だらだらしてしまいそう。陰で足を引っ張る人に注意。

射手座:吊された男(正)
試練の時。一時的な足踏み状態からの回復がありそうです。

山羊座:女教皇(正)
鋭い閃きが問題解決に結びつきそう。精神的なふれあいを大事にしましょう。

水瓶座:死(正)
八方塞がりな状況になりそう。病気やけがには十分に注意を。

魚座:魔術師(逆)
やる気もアイデアも足りなくなりそう。薬の飲みすぎに注意。

テレビはオリンピック一色ですが、大雪など大変な事態も発生していますね。
一刻も早く交通網が復旧し、問題が解決してほしいものです・・・
そして私、今週で一歳年を取ります。
占い結果はよくありませんが、なんとかがんばっていければと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイティ・ソー:ダーク・ワールド

2014-02-14 | 映画
ニューヨークでのアベンジャーズでの戦いから1年。
ロキは囚われ、死ぬまで獄に繋がれる身に。
破壊された虹の橋も復旧し、荒れていた9つの世界はソーたちによって平定され
アスガルドは久々の平和となっておりました。

その頃、この世界が出来る前にオーディンの父と争っていた
ダークエルフたちが復活、惑星直列に合わせて世界を闇に包もうとします。
そして地球でソーを待つジェーンたちにも異変が・・・

ダークエルフの猛攻に、弟であり宿敵、ロキと手を結ぶソー。
ロキははたして敵なのか、味方なのか?

というわけで「アイアンマン3」に続くアベンジャーズ2へのカウントダウン2作目。
アベンジャーズ最強のパワーを誇る(ハルクって規格外はいるけども)
雷神ソーの物語、第2幕です。
クリス・ヘムズワース(「RUSH」も公開中。こちらもおすすめ)に
トム・ヒドルストンの二人の俳優人気が高まったこと(日本でもロキの女性ファンは多い模様)
前作の重厚さを引き継ぎつつもアクション描写・ロマンス描写を強めた内容で
世界的にヒットしているようです。

そして今回もエンディング後とスタッフロール後に映像があるので
どちらも見逃さないように最後まで席を立たないで!(今日も一人いたよ・・・)
そして次の「キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー」も
2か月後には公開ということで早くも待ち遠しいです。
(別ユニバースではあるけど「アメイジング・スパイダーマン2」も楽しみ!)



(ネタバレ配慮のため少し改行)



ラストシーンのロキ、すごく良かったなぁw
「詐術の神」としての見せ場が多くなる後半は本当によかったですな。
そしてヒロインであるジェーン(ナタリー・ポートマン)よりも
ダーシー(カット・デニングス)のほうが魅力的に見えるかなー、とも思ったりw

エンディング後の映像、やはり「アベンジャーズ」ラストの人が
あれを集める展開になるのかなぁ・・・?
アベ2はウルトロン登場ということなのであの人はアベ3かGoTG2になるのかな・・・
(あの人があれ装備しちゃうと、マーベル最強クラスの敵だしなぁ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LIFE!

2014-02-14 | 映画
公開1か月前ですが、試写会・字幕版で見てまいりました。

タイムライフ社で「LIFE」の写真整理をする主人公。
時々の妄想癖ですっかりスイッチがOFFになってしまう以外は
いたって地味な普通の男。
そんな彼に降りかかった、「LIFE」誌の休刊、Webへの移行と
有名写真家から「最終号の表紙に」と送られたネガが見当たらない、という事件。
「最高傑作」というネガの在処を突き止めるため、
どこにいるのかわからない写真家を捜して、大冒険が始まる・・・という
そんな物語でございます。

ベン・スティラーという俳優は、「情けなさ」からの成長、という役が似合う
(「ナイト・ミュージアム」シリーズとかね)役者さんであるのですが
今回もその魅力が前面に出ている作品となっており、
妄想続きの前半の顔と、冒険を経た後半の顔の違いにその変化がうまく表れています。
そして前半の妄想シーンの荒唐無稽さも楽しい部分ではありますね
(いろいろ映画パロディもあったり・・・)

公開前から吹き替えキャストで不安視されてる作品ではありますが
30~40代の男性に是非見てほしい作品だな、と思います。
選曲も面白かったですし、何よりメッセージが胸に響いてくる作品でございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加