goo

奥三河をちょっとドライブ

5時過ぎに東京で友人をピックアップして東名で西へ。 朝食頃には浜松に到着。 午前中には所用を終えて、新城辺りをドライブしてみました。 車好きにはラリーで有名な場所ですね。 旅好きの方には、奥三河という表現が良いのかしら。 どうやら名古屋市内の人も普段は訪れない場所のようですが、 新東名が出来てからアクセスが格段に良くなったそうです。 以前、南信方面から豊橋までこの辺をドライブしながら走った事 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

オイル交換・・・

【88,900km+94,614km=183,514km】 作業日:2017年5月9日 レカロシートを導入してから、本当に疲れ知らずのカラヴェル。 レカロヴェントは背中に汗を貯めないので、不快を感じず助かります。 オーバーヒートしがちなエンジンの冷却も抜群で、 気になり始めたのはオイルかな? という程度。 今回もオートサービスヤマダさんの所でボトルキープしている 「バーダル・スーパー . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夏タイア&エアコンフィルターを交換

【88,900km+94,400km=183,300km】 作業日:4月30日 もう雪は降らないだろうと、夏タイアを倉庫から出して来ました。 パサートW8純正(BBS RS800)にミシュランといういつもの夏パターン。 プライマシーなので雨には多少弱い気がしますが、それはパイロットスポーツとの比較で ゲリラ豪雨の中、140km/hで巡行しないのなら(日本ではあり得ない)問題ありません。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

働くフォルクスワーゲン(日本編)

昔から日本では働くフォルクスワーゲンが存在します。 古くは空冷ビートルのタクシー(メキシコではなく1950年代の東京!) そして、広告看板として使われた1950~70年代のタイプⅡトランスポーターだ。 最近はレストアされて、移動カフェなどでも使われていますね。 法人登録されるフォルクスワーゲンのPKW(乗用車)は今でもあるものの ステッカーなどで会社の広告がされており、役員ではなく従業員が 乗 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

8年目に突入 / Fブレーキパッド交換(8年・72,690km)

※作業日:2017年4月7日 高速の出口などのブレーキングで、フロントから軽いジャダーが出て来た上に、 踏み始めの効きが悪くなったので、パッドを交換する事にしました。 外して頂いたパッドを見れば一目瞭然。 左はローターの傷が付いて居るものの、スリットは健在です。 右は完全にスリットが見えません。 厚さ的には、まだまだ使えるものの、 ハイスピード走行では不満が出るレベルで . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フォルクスワーゲン、再編とともに急速に前進

VPR17-033 2017年5月8日(月) フォルクスワーゲン、再編とともに急速に前進 → ブランドCEOディース:自動車業界で主導的役割を目指す → ブランド史上最大のニューモデル攻勢を開始 → 2017年第1四半期の業績は、年間を通じての追い風となる → 未来のための協定:対策を早急に実施 → SUV攻勢とeモビリティを引き続き強化 → 各地域における再編プ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

レカロ装着と各種整備(2)

【88,900km+92,967km=181,867km】 ユタカモータース滞在期間⇒ 2016年3月5日~20日 <ついにカイパーレカロ製品を導入> 長年の懸案だったのは、純正のフロントシート。 欧米の大男がラフに乗り降りしてもトラブルの出ないシートには、 アームレストが左右に装備され、ランバーサポートとVR6エンジンとが相まって ロングクルージングには最高のコンビネーションです。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

レカロ装着と各種整備(1)

【88,900km+92,967km=181,867km】 ユタカモータース滞在期間⇒ 2016年3月5日~20日 ある日、大きなVA純正箱がドイツカッセルから豊橋本社経由の航空便で自宅に届いた。 マニアックな話を書けば、ドイツからコンテナで運ばれ、 豊橋本社内パーツセンターで検品を受けて 日本のVA箱に入れられて発送されて来ます。 皆さんのワーゲンやアウディもこのような丁寧な作業をを . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新型「up!」 (2017年)

Volkswagen Press Information The New up! 2017 年 4 月 注記:  本資料は VWAGが製作した原稿に基づき、日本仕様にあわせて装備、数値などを加筆修正しています。  以下、表中で車両名を短縮して表現する場合があります。 「move up!(2Dr)」を「mu2」、「move up!(4Dr)」を「mu4」、「high . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

I.D. CROZZ(アイ.ディ.クロス)

Auto Shanghai 2017 「I.D. CROZZ」 - World premiere - 概要 フォルクスワーゲンが中国でゼロエミッションのクロスオーバーを公開 SUV とクーペの世界を融合した「I.D. CROZZ(アイ.ディ.クロス)」 500km の航続距離、4 輪駆動、自動運転モードを備えた電気自動車のコンセプトカー 新しい“CleanAir”シス . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

クーラント交換(7年11ヶ月・72,075km)

最近特に気になるのは水温、そして油温。 いくら冷却効果の高いネオ製クーラントを使って居るにもかかわらず、 なかなかエンジンが温まらず、逆にスポーツ走行もしていないのに 冷えにくい気がしたからです。 会社に行くのに、全然エンジンが冷えないから飛ばせず(それは良い事ですが) 出社した頃にエンジンが温まるとは、何処かがオカシイ?! 過去の作業納品書やブログを見ると、最後に交換したのは、 5年半と . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

懐かしの2002tii

僕が幼少期に良く手にしていたミニカーの中で、マルニー(02)は特殊な存在だった気がする。 小さいミニチュアカーというサイズの中でも、丸い空冷ビートルとは真逆の 四角いボディーラインが強調されて、おもちゃ箱の中で異彩を放っていたからだ。 多くの人がマルニーと言うと3シリーズの祖先であり、 2002やターボを想像されますが、2リッターの2002どころか、 1502、1602、1802とそれぞれ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

AE86改 ショーカーに出会う

以前、安城市のユタカモータースさんに整備に入っていた赤いAE86があった。 社長に聞くと、個人情報だから多くは語れないと言いつつも、 「この方は複数お持ちです。これが一番痛んでいるかなぁ」 とおっしゃっていましたが、それでも赤いボディーはエンジンルームまで 綺麗に磨かれて、何とも言えないオーラを感じました。 数か月後、お店を訪れると「黒い86」が工場の前に止まっており、 オーナー氏との交流が出 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ゴルフRにエンジンコーティング

ブログを見てご連絡をして下さったK氏は以前、シロッコRやニュービートル を楽しまれていたとのこと。そしてお話していくうちに、昔は 「初代フォードフェスティバβ」というオートラマで正規輸入されていた 左ハンドルの4ドアノッチバック(生産は起亜)に乗られ、 雨漏りで泣いたというお話まで聞かせて頂いた。 (※余談だがこの車は今でも中東で常時生産されています!) 昨年よりゴルフRに乗り換えられ、現在4, . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

定期点検(7年10ヶ月・71,746km)

※作業日:2017年2月24日 車検から一年が経過し、今年は定期点検です。 ご存知の通り任意ですが、僕は心配性なので入庫させました。 それにコンピューターに繋いで頂くと、いつでも最新の情報に コンピューターが更新されますので、安心ですね。 また点検内容にこの作業が含まれていますので、単品で整備を頼むより お得感があります。 <作業内容> 1.法定12ヶ月点検一式 2.フューエルフィルター交換 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ