goo

アウディーA2 コンセプト

2000年6月に本国発売になった独創的な小型車「A2」。 アルミボディーの高級小型車としてデビューしたものの 市場での反応はイマイチで、2005年に製造を中止しています。 日本にもアウディージャパンにより2台程度が テスト輸入されたものの、ATの設定が無い事や、 当時はアルミボディーの修復工場が困難だった為、 結局正規輸入はされませんでした。 しかし熱心なユーザーや並行業者により それなりの数 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2011年の新規生産予想(セアト編)

スペインを代表する国策自動車会社セアト。 誕生当初の1950年代からフィアット資本が入っていたため、 1993年のフォルクスワーゲン完全子会社化まで、フィアット車両を中心に 生産して来ました。現在は全てフォルクスワーゲン車両をベースに セアト専用設計車両の生産を行っています。 正確にはアウディー傘下の為、スポーティーで安価な小型車の生産を ヨーロッパで行い、ラテン系の国を中心に販売をしています。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ベントレーの未来予想

1998年からフォルクスワーゲングループ内、アウディー傘下に入った ベントレーモーターズ。 古典的なロールスロイスベースのアズールから、 幻のVWフェートンR60ベースのフライング・スパー、 フェートンから派生したトゥアレグやカイエンベースのコンチネンタルGTと 意外にもバラエティーに富んでいます。 また古典的なロールスロイスのV8エンジンを再設計して搭載した ミュルサンヌと言った、新旧が混同した . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ランボルギーニの未来予想

アウディー傘下になり安定した経営と車両生産が行われるランボルギーニ社。 イタリア車では弱いと言われた電装系トラブルも格段に減り、 その技術は、他のイタリア車(敵対会社)への転用も水面下では行われているようです。 今後もアウディーがラテン系車両の未来を担う唯一の会社と言えるでしょう。 ハンドメイドのスーパーカーという性格上、新型モデルや追加モデルについては、 生産予定変更が頻繁にあるようです。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2011年の新規生産予想(アウディー編)

今年発表予定の車両です。 日本には輸入予定の一切無い、各地域限定の独自モデルも含まれています。 A3(AU360) ドイツ生産 NSF(AU110) スロバキア生産 オールロード(AU576) ドイツ生産 A6L(AU571) 中国生産専用モデル 注意: この情報はあくまで僕個人が入手した情報を総合して記載しています。      事実と異なる事もありますので、ご了承下さい。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ