マクロビオティックな歯医者さんの食と暮らし                   食養塾 無何有庵の日々

無(む)と空(くう)の癒しの時間の中で、心食動息の一つ一つを共に考えていきたいマクロビオティックなスペース。

医は食源に在る。

2017年01月01日 00時00分02秒 | 松見歯科診療所にようこそ
無何有庵のブログにようこそ。
無何有庵 庵主の松見千奈美(たま)です。

松見歯科診療所のホームページ

食養塾 無何有庵のホームページ

黒体セラミック鍋<DIWAMON ぢわもん>公式ブログ

讃岐夢COMのブログ

初めて開いてくださったゲストの方はどうぞここからお読みください。この記事からスタッフ紹介のカテゴリーまでは固定になっていますので、新しく更新した記事はその後のカテゴリーからお読みいただけます。最新日記はこちらからご覧ください。スクロールして、前の日記をクリックしていただくと、ご覧いただけます。カテゴリーの内容は、私、松見の徒然な日記と、院長の連載、スタッフからのメッセージ、当無何有庵で開催しております各コースごとに記事を読んでいただけるようにしております。

 食養塾 無何有庵は、香川県高松市の片田舎で開業する松見歯科診療所がプロデュースする、マクロビオティックをベースとしたホリスティックな空間です。
無何有とは、荘氏が提唱した理想郷の名前です。ここ香川は真言宗の空海(弘法大師)の地で、無何有の何という字が梵字の<きゃ・・・空という意味です。残念ながら漢字がPCではあらわせませんが。>という字に似ているので置き換えて無何有庵(mukhayuan)と名前を付けました。何もないけれど自由にお使いいただける空間になればとの気持ちを込めました。(真言宗は密教なのでこの梵字を使います。とても大切なものなので、真言宗の色々なお寺さんに相談、ご理解をいただき名付けをいたしました。)

 さて、無何有庵のブログに入る前に、是非みなさんに松見歯科診療所を知ってもらいたいと思います。今の私たちの活動は歯科診療から一つ一つ積み上げた、お口と身体の健康を目指すものです。その手段の一つが無何有庵の活動なのです。まずは、私たちの本業からご紹介したいと思います。


【松見歯科診療所】  <院長・松見哲雄>


≪玄米先生(松見歯科診療所)の診療方針≫             

玄米先生は出来るだけ歯を抜きません。削りません。

  
1.乳歯に問題を起こしてご来院された時、永久歯に悪い影響を残さない最善の治療を目指します。

2.永久歯、歯肉、歯根に問題を起こしてご来院された時、できるだけご自身の歯を大切に残すことを目指します。
  
3.8028(はちまるにぃはち)、80歳の時に28本の歯の全てを失わずに、健康な人生を送っていただけることを目指します。


玄米先生は一般の歯科診療と異なることをたくさんします。


1.お口と身体の健康カルテ
患者さまお一人お一人に「健康カルテ」を作成し、お口の中を通じて全身の健康管理を行っています。花粉症、アトピーなどのアレルギー疾患から生活習慣病まで様々なお悩みの解決に取り組んでいます。
  
2.食生活指導
おいしく、簡単な玄米ごはんをすすめ、病気の予防を中心とした治療を行います。栄養士、食養指導・管理士、カウンセラーなど、歯科以外の有資格者をスタッフに加え、チーム医療のコンビネーションであなたに合うケア、予防を実現します。

3.赤血球検査
サラサラ血液を目指して、あなたの血球の様子を画像でチェックいたします。

4.血糖値検査
たった20秒で血糖値をチェック。かくれ糖尿病予備軍をいち早く見つけ薬を使わず根本から予防、改善致します。

5.食養塾 無何有庵(マクロビオティック料理教室)
食生活指導の一環で、砂糖不使用、ノンアニマル、ノンケミカルな玄米菜食の料理指導を行っています。(無何有庵とは・各コースのご案内のカテゴリーをクリックしてください)
  
6.自律神経免疫療法
福田・安保理論に基づいた、自律神経免疫療法を実施。交感神経、副交感神経のバランスを整え免疫力を高めて様々な全身疾患に対応致します。

7.調和道丹田呼吸法
呼吸を整え心身の調和をはかり、健康作りをバックアップ致します。

8.ストレッチ
身体を適度に動かし、ストレスやエネルギーの発散を促します。

9.三井式温熱療法
身体に注熱することで、さまざまな疾患の改善を目的に実施します。

10.母乳育児のすすめ
母乳育児の大家、故山内逸郎先生の指導に基づき必ず母乳育児を成功させる方法をアドバイス致します。

11.学校給食完全米飯化運動
ミリオンセラー「粗食のすすめ」の著者 幕内秀夫氏の提唱する「ごはん給食」に賛同し、子どもたちの健康を取り戻すための運動を実施いたしております。
 

玄米先生は歯槽膿漏の治療が得意です。
しかし、重症の歯槽膿漏の方の歯を抜かずに 維持していくことは高度な歯科技術だけではなく、患者さまご自身が完治を目指し、ブ ラッシングや食生活の指導をしっかりと守っていただくこと、治療に相当の時間(年単位)と費用がかかることをご承知ください。

≪私たちは、お口の中から身体全体の健康を維持管理できる歯医者を目指しています。≫

■当ブログでご紹介しています自然療法は、リフレッシュを目的としたもので医療 行為とは目的を異しております。病気になる前の未病のうちに、健康維持をはか りましょう。予防が一番大切です。
コメント (10)   トラックバック (13)
この記事をはてなブックマークに追加

松見歯科診療所 プロデュース 食養塾 無何有庵

2017年01月01日 00時00分01秒 | 無何有庵とは
私たちの仕事はお口の問題を治すことです。
虫歯や歯周病などの問題を根治させるための
最の方法として選択したものはごく当たり前のことでした。
それが<マクロビオティック>です。

お口の中の環境が変わらなければ問題に変化は起こらない。
食養を抜きにしてお口の問題解決はありえないことを臨床は語りかけてきます。
マクロビオティックは変化<治癒>を起こす自然医食の原点として
私たちの仕事に生かされています。

<食養塾 無何有庵>は私たちがプロデュースする
マクロビオティックへの扉です。
まずは料理教室で健康を味わってみませんか。


マクロビオティックは身土不二、一物全体食、陰陽調和などの考えを元に、玄米(穀類)と野菜を中心にし、砂糖不使用、動物性食品の排除、化学添加物無しの料理を提案いたします。あれもダメ、これもダメと、一見不自由に思える料理法ですが、実はここに本当の美味しさが潜んでいます。誰もがそんな発見をしていただけるように食養塾 無何有庵では美味しい玄米ご飯、滋味深い野菜料理の手ほどきをお手伝い致します。

香川県高松市香西西町7
電話087-881-2323
E-mail otoiawase@matsumishika.jp
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

各コースご案内

2017年01月01日 00時00分00秒 | 各コースご案内
松見歯科診療所<食養塾 無何有庵>からマクロビオティック生活始まります。
私たちが<食養塾 無何有庵>で提案するマクロビオティックとは・・・・。

■理(ことわり)のコース■
なるほどと納得できる実践への早道
 玄米ご飯の簡単炊飯実習と、玄米の良さ、砂糖の危険性、パンの常食への警報をミーティング形式で学習し、主食のあり方を玄米ご飯の試食会でご指導致します。現代栄養学や西洋医学の落とし穴や目からうろこの最新情報を解りやすい言葉でご説明致します。これから玄米ご飯を始めたい方や、食改善を目指す方にはおすすめの講座です。松見歯科の患者さまには必須コースとしてご参加いただいております。(基礎クラス)月2~3回実施。

■養(よう)のコース■
玄米の炊き方・出汁の取り方・ごま塩や常備菜の作り方など、マクロビオティックの基本を気軽に学習できるコースです。初めてマクロビオティックをされる方への質問に答えながら楽しくおいしく体験していただきます。マクロビオティックにご関心のある方なら、どの回からでも髄時受講いただけます。月1回実施。

■飯(はん)のコース■
基本をしっかり、毎日にいかせます
 玄米ご飯の色々な炊き方やバリエーション、砂糖不使用でも甘くて美味しい野菜料理やデザートなど、ご家庭で簡単実践できるマクロビオティックメニューをご提案。初めてのマクロビオティックが楽しくておいしくて身体に嬉しいと知っていただくための体験スターターコースです。(初級クラス)半年10回コース。

■羹(こう)のコース■
美味しいから、楽しいから続けられます
 マクロビオティックテクニックが身に付いたら、ワンランクアップのメニューに挑戦!和食もフレンチもイタリアンも中華だって自由自在。お肉も牛乳もバターだって使ってない!! 本当にノンシュガー?!って、びっくりの腕前になります。毎日のごはんからウイークエンドのスウィーツまで、アレンジができるようになったらもうあなたもマクロシェフ合格です。(中級クラス・食養お手当てもしっかり学ぶコースです。)半年10回コース。

■霽華(さいか)のコース■
話題のカフェや、うわさの名店に負けないおもてなし
 料理は見せ方も大切。霽れ(はれ)の日・褻(け)の日の、霽れの日のおご馳走を素敵にコーディネートしてウンと頑張りたいそんな日のためのメニューをご提案致します。野菜の切り方や盛り付け方、メニューの組み立て方やテーブルコーディネートまで、楽しく身に付けてご家庭で活用できるようご指導いたします。隔月1回、年間6回コース。

■庫裏(くり)のコース(玄米ミニランチ付)■
日本人だから守りたい大切な伝統の味
 お味噌作りや糠漬け、梅干しや豆腐、濁酒、福神漬け、金山時味噌、切干大根や干し柿などなど、簡単に日本の伝統食ができるのを知っていますか。こんなに素晴らしい手作りの味を次代に伝えないで忘れてしまうのは勿体ないですよね。お手軽インスタントな加工食品よりずっとヘルシーで美味しいおふくろの味を再現します。月1回。

■茶菓(ちゃか)のコース(玄米ミニランチ付)■
パティシエも注目のレシピ、マクロビオティックスウィーツ
 ノンシュガーなのにとってもスゥィート♪バターや牛乳も使わないのにお洒落なケーキやクッキー、粋な和菓子まで気軽に作れるレシピをご紹介いたします。マクロビオティック初めてでも大丈夫!ダイエットはしたいけどお菓子大好きな欲張りさんに、子育て真っ最中の賢いママにおすすめのコースです。月1回。

■月例 『mihokoのマクロ日和』料理教室
毎月1回開校。玄米おむすび屋「飯'z」を主催しながら無何有庵アシスタントとして活躍していますmihokoちゃんの料理教室です。お得意のカフェメニューや和のスイーツなどアイディアあふれるレシピは普段使いにもOKと好評です。マクロビオティック料理初めてでも丁寧にご指導いたしますのでお気軽にご参加いただけます。

 Monthly マクロビオティック・カフェ  ゆるりまんま  (月1回・12:00~13:30 OPEN)
無何有庵のマクロビ料理が食べた~いという皆さまのあったかいご要望にお応えして、月に一度だけ、無何有庵がカフェ『ゆるりまんま』に変身!素敵な笑顔とおしゃべり、おいしいマクロビオティックメニューでおもてなし致します。料理の手ほどきも致しますのでご希望の方は朝の準備からご参加いただけます。(お1人1000円・ドリンク、デザート付)

■「リビング文化教室」マクロビオティックなお菓子教室(玄米ミニランチ付)

毎月1回、高松リビング新聞社主催のリビング文化教室として無何有庵にて、お菓子教室を開催。砂糖不使用、乳製品など動物性食材、イーストやベーキングパウダーなどケミカル素材を一切使わない、安心安全でダイエタリーなお菓子を作ります。こんなに素材の制約をしているのに(しているからこそ)本当に甘くておいしいデザートがお家で簡単に作れちゃうからうれしいね。(日程やメニューはリビングたかまつ紙に掲載。お問合せお申し込みは087-812-1777「リビング文化教室」係まで)



■出前出張いたします!■



学校やPTA、婦人会などの集まりに、出張講演を実施いたしております。食生活の大切さや、歯と健康について、マクロビオティックのお話し、自然医食のお手当法、料理教室など、ご要望に応じたお話をさせて頂きます。開催主旨により講師料などのお気遣いは一切ご無用です。

      

食育の時代といわれる昨今ですが、本当の食育とは健康になる食事のあり方をしっかりと学び実践され全ての人が当たり前に健康であるということがなされなければ絵に描いた餅となり、形骸化されたものとなります。真剣に食を考え、次代に伝えて行く事が私たちの大切な仕事です。

  
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

院長 松見哲雄

2016年12月31日 23時59分57秒 | スタッフ紹介
 1950年生まれ。早稲田大学理工学部を4年まで行くがやりたい事が見つからず、日本大学歯学部に。卒業後歯科医となり勤務医を2年程経て家業をを継ぐ。豊中市の歯科医・片山恒夫氏の指導をを受け、虫歯や歯周病の再発防止を目的とした治療を行ううち、食生活の改善で生活習慣病やアレルギーなどが治癒することを確信、食養の方向へと進む。未病を作らない、未病のうちに癒すということを診療方針にしている。

 歯周病(歯槽膿漏)治療が得意。重度歯周病の方も諦めないで欲しいと訴える。
 
 故・桜沢如一先生のマクロビオティックをベースにした食事療法だけではなく、福田安保理論に基づく自律神経免疫療法や、帯津良一医学博士の指導を仰ぎ調和道丹田呼吸法などのホリスティック医療を導入し、お口の中から身体全体の健康まで視野に入れて指導を進める。

■日本自律神経免疫治療研究会 会員
■マクロビオティック望診法指導士

趣味はテニス、釣り。こよなく酒を愛している。
血液型 A型 五黄土星(五黄の寅)
性格は、温厚だがこうと思ったら梃子でも動かせない。思った事はやり抜く、いい意味での頑固。体育会系だが、ちょっとお茶目。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

無何有庵 庵主 松見千奈美

2016年12月31日 23時59分56秒 | スタッフ紹介
 1959年生まれ。京都の広告代理店勤務後、23歳で独立し、大阪で企画会社を設立。コピーライターとしてCM、番組、雑誌などを制作。実家の事情で27歳で帰郷。製パンメーカー神戸屋(坂出工場)に勤務し、お客さまセンター、販売促進、マーケティング、営業企画、商品開発、パッケージデザインなどを手がけた後、総務課長に就任し、人事、労務、能力開発を担当する。店舗デザインも好きで、瀬戸大橋博覧会での神戸屋の店舗や直営店の店舗、地元のアウトドアショップ・ベースキャンプゆめタウン店、当無何有庵のデザインなども。

 39歳で結婚、玄米に出会う。玄米を頂き砂糖無しの生活が始まり、患者さま対象の料理教室を開く。この頃マクロビオティックを知り、マクロビアンとなる。医院の裏に【食養塾 無何有庵】を開校。料理などマクロビオティックな生活の普及に努める。

◆産業カウンセラー、フードオーガナイザー協会認定食養管理士、自然医食フォーラム認定食養指導士、正食クッキングスクール師範、自然医食フォーラム嘱託講師、マクロビオティック望診法指導士。リビング高松文化教室講師、十字屋カルチャーセンター高松講師など
◆趣味 キャンプ、ガーデニング、料理

血液型 B型 五黄土星(亥のしし座) 通称たま   
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

歯科衛生士 今川さえ

2016年12月31日 23時59分55秒 | スタッフ紹介
 歯科衛生士になって14年目。当院ではベテラン衛生士です。延べ人数2万人のお口の中を覗いてきました。歯周治療にかけては県内でもトップを走る若手ホープの一人です。歯を抜かない削らない治療に情熱を燃やし、食事指導も熱心に行います。患者さまからの信頼も厚く、重度歯周病の患者さまの治療を通し、患者さまと喜びを共にする姿は患者さまにとって心強いパートナーです。 
2009年、様々な職種の方と10分間のセミナーで講師力を競うセミナーコンテストに出場。
全6回行われているグランプリ大会で唯一の女性。
また、28歳と最年少でグランプリを受賞しています。

 新人スタッフには手厳しいけれど面倒見の良い姐御肌のところも・・。甘える事が大っ嫌いで人知れず頑張るタイプで、当院きっての勉強家。

そして、幼稚園児の優しいママでもあります。

2008年、NPO日本歯周病学会認定歯科衛生士 資格取得。



コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

歯科技工士 大住隆之

2016年12月31日 23時59分49秒 | スタッフ紹介
 院長の片腕として長年松見歯科の技工を担当。無理難題にも果敢に取り組み、患者さまに最も適した技工物を作成しています。歯科技工は24時間体制で作るものも多く大変なのですが、当院の診療方針を理解しいつも頑張ってくれています。
 
 温厚で優しい彼は、スタッフの良き相談相手でもあります。院長と同様、お酒をこよなく愛しています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

外部スタッフ 天雲隆夫

2016年12月31日 23時59分47秒 | スタッフ紹介
 松見歯科の運営に欠かせない外部スタッフ、オーガニックガ-ディナーの天雲農園社長天雲隆夫(通称てんさん)さんです。

 庭の手入れは勿論ですが、無何有庵の大きな鉢に活ける花樹やお手当て用の枇杷の葉の調達、家庭菜園のアドバイスなど、ある時は天才庭師、またある時はカメラマン、そして又ある時は診療室の整備士・・・。八面六臂の活躍で当院の応援をしてくれています。渡辺の「良い歯の子ども教室」では中心スタッフとして手伝ってくれます。当院無何有庵のデッキにある素敵な釜は、てんさんの手作り!とにかく何でもできる天才です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯科相談はこちらから

2016年12月31日 23時59分00秒 | ブログ内歯科相談
歯科でのお悩み・ご質問などございましたらこちらに書き込みをしていただきましたら、歯科医師、歯科衛生士がお応えいたします。
お気軽にお問い合わせください。
コメント (224)
この記事をはてなブックマークに追加

お待たせいたしました。食改善のための講座「理のコース」を再開します。

2016年09月16日 18時01分19秒 | 食事改善の基礎 理(ことわり)のコース



松見歯科で20年来続けてきました食改善のお話の講座ですが、諸事情で半年以上お休みさせていただいていましたが、ようやく再開させていただけることになりました。

新患さんの初診プログラムのカリキュラムのひとつである「理のコース」の食の話は、現代栄養学では語られることのない!、西洋医学の常識が揺らぐような、松見歯科だからこそお伝えできる内容が満載です。


一大ブームとなった糖質制限食や、酵素ジュース、スムージーなどなど、本当にカラダに良い健康法なのでしょうか!?

今回のお話のテーマは、<カラダを壊す糖質、カラダを守る糖質>。
間違いだらけの食の常識を深く掘り下げて、本来あるべき食のあり方をお伝えしたいと思います。

松見歯科のスタッフは、何がカラダに良くて、何がカラダを壊しているのかを日々患者さまを通して実感しています。そして、患者さまもご自身が被験者となって体感されます。臨床は、目に見えるエビデンスです。

もちろん健康な体を構成する要素は食だけではありません。色々な物をカラダに取りこんで構成されています。
でも、口から取りこむ物質としての食は、自然や社会のようなものとは違い、私たちが自由に選択できる無二のものかもしれません。

だからこそ、環境に左右されないような健康なカラダ作りの要として、食のあり方を少し学んでみませんか?

気になっていた不定愁訴や未病、持病や慢性疾患、重篤な症状など、窮屈な状態からもう少し解き放たれて、元気を取り戻す糸口になることと思います。


食改善の基礎<理のコース>

開催日  平成28年10月29日(土)
時 間  10:00~14:00(9:45集合)

参加費  756円(玄米ランチ付き・炊き方実習あり)


ご参加希望の方は必ず事前にお電話でお申込みください。
松見歯科診療所 087-881-2323まで。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そろそろ社会復帰しています。

2016年09月14日 18時51分29秒 | 庵主の日記
12日は母の月命日でした。
母が亡くなりもう半年になりました…。
母の葬儀にはたくさんのご厚情を頂きまして、ありがとうございました。
遅くなりましたが、心からお礼申し上げます。

私は、相変わらず実家暮らしではありますが、先月末から松見歯科の受付嬢をやってます(笑)
ご主人の転勤などでスタッフの退職が続き、ピンチヒッターというところでしょうか。
母の病気療養のため始めた実家暮らしですから、もう半年以上も高松の家を空けてしまいましたその間に、家も診療室もいろいろ大変なことになってます!!!
片付けや整理に、エンジン全開、ネジを締め直さねばな我が家ですが、こうして、少しづつ母の死を乗り越えて行くのかなと思っています。

実家は、33歳の時、母と一緒に暮らすために購入した小さな家ですが、私の結婚後は母が一人で暮らすことになり、寂しい思いをさせてしまいました。
でも、高台の緑豊かで静かな環境にあり、母はこの家をこよなく愛していたようで、亡くなる前には、手放さないで欲しいと何度も申していました。 母にとってこの家はまさに終の棲家となってくれました。私は母への返しきれない恩返し…少しは親孝行ができたでしょうか。

母が他界して半年。実家の暮らしは、母が生きていたという再確認の毎日でした。

娘に負担をかけまいと節約をしていた暮らしぶりはそこかしこに…
慎ましく、爪に灯りを灯すようにして、残さなくてもいい蓄えをしてくれていました。

一番好きだった椿の花を道連れに、まさに落椿の如く次の世界に旅立った母。
実生の種から芽を出した小さな樹々を屋根の高さほどに育てたり、挿し木をして大きくした数々の花々など、母が手入れをしてきた庭には、この半年、一度も絶えることなく季節、季節の花が咲きほころび、毎日が驚きと喜びにあふれていて、私を慰め守ってくれているかのように、母の温もりと面影を感じます。
花のひと…春の花を独り占めにして最期を選んだ母は本当に花が好きだったんだなぁと、庭に咲きほころぶ花の数々に、母と会話しているかのように話しかける毎日です。

遺品の整理は、物寂しい作業でしたが、ほぼ片付けが終わり、後は、庭に残された鉢植えの樹々を、高松の畑に移植する大作業が残っています。高松と丸亀を毎日、水やりに通うことは無理ですので、悲しいですが、プランターの花々はどこかで諦めなくてはなりません。私も鉢植えと共に、もう少し陽射しが和らぐ季節を待って、高松の家に帰る予定です。なので、今しばらくは高松の家に通勤ということになります。

来月には、食改善のお話「理のコース」も再開いたします。
少しづつこれまでの仕事を見直しながら
活動を始めたいと思います。

そして、離れ難い丸亀の家は松見歯科の《食養塾 無何有庵》の活動の一部を移して《養生塾 はーとりーと》というホリスティックリトリートの拠点となるべく活用して行きたいと考えています。

母の病気療養は、昨年4月末に末期ガンと告知されはじまりました。本人が医療介入を望まず、自宅でセルフケアと自然な手当てにより対応致しました。最期の2週間はベッドの上で過ごすことになりましたが、完全に寝たきりの介護は4、5日でした。骨転移による痛みはありましたが、手当てにより、比較的軽く済んだように思います。
母の看取りの経験は、もしかしたらどなたかのお役に立てるのかもしれません。きっと母は自分の療養の始終をオープンにすることを誇らしげに天国から見守ってくれることでしょう。そして、《養生塾 はーとリーと》としてこの家を活用することを喜んでくれると思います。
ここでは、自然のお手当法や、療養食の作り方、医療や介護施設、自治体の利用法や、介護技術の体験など、プロの方などのレクチャーなども頂き、そして介護や看護だけではなく、日々の暮らしの中で役立つセルフケア、予防、食改善のアドバイスができればと思っています。

また、具体的な計画が立ちましたらご案内いたしますね。

これからも、よろしくお願いいたしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰しています。

2016年07月30日 14時08分24秒 | 庵主の日記
ずいぶん長い間、ブログの更新が途絶えてしまいました。
久しぶりにブログを開くと、
それでも、毎日、見に来てくださる方がいらっしゃって、本当にうれしいことだなぁとココロが温かくなりました。ありがとうございます。

この春、実の母が他界し、思いのほか母親ロスの影響が心身にこたえ、実家でひきこもっています。

マクロビオティックな暮らしをしていれば更年期なんかへっちゃら~なんて思ってましたが、母を自宅で看取ったのち、あ~、私の大きな役目はこれで終わった~なんて、なんだか、人生をやり遂げたような、心の中にぽっかりと虚空が生まれ、それと同時に、自律神経が大きく乱れ、自分の体や心をうまくコントロール出来ず、人に会うのもおっくうで、ホットフラッシュ、むずむず脚症候群(睡眠障害)、不整脈、動悸、へバーデン結節などなど、一気にいろいろなものが覆いかかってきました。

ストレスが大きかったのかなぁ・・・。

そんなやこんなやで、まだ、実家暮らしをさせてもらってますが、そろそろ社会復帰の準備を始めています。初盆を終えたら、高松に帰ろうかなと、やっと思えるようになってきました。

実家にはネット環境がなく、今日は、月次の仕事もあって、久しぶりに高松の自宅に一時帰宅したので、PC開いて、やっとの近況報告です。

母は昨年の春、末期ガンの告知を受けましたが、医療介入を拒みましたので、自然のお手当で自宅療養をしてきました。一年ほどの闘病の記録は、また、少しずつアップしていこうと思います。自然の力の素晴らしさに改めて気づかせてくれた一年を、皆さんの暮らしにお役立て頂ければ母も喜んでくれると思います。

今日は、簡単な近況報告ですが、これからもよろしくお願いいたします。

土用のうなぎ、写真ですが気分だけでも~。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

歯科医、歯科衛生士 募集中!

2016年06月30日 10時28分18秒 | 松見歯科診療所にようこそ
現在、松見歯科診療所では歯科医、歯科衛生士を募集しております。
それぞれ正社員、パートのどちらでも可能です。

どうしようか迷っている方は、ぜひ一度見学にいらしてください。
いつでも見学可能です!

詳細は松見歯科までお電話ください。
ご応募、お待ちしております!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆ 初診受付についてのお知らせ ◆

2016年06月22日 08時28分04秒 | メディカルコンシェルジュ涼ちゃんのブログ


毎月たくさんのお問合せありがとうございます。


只今、歯科衛生士不足もあり、実は現在拝見しております患者様で手いっぱいの状態です。

患者様にご迷惑をおかけしてはいけないので、一旦初診の受付を打ち切らせて頂きます。


また診療に余裕ができましたら、受付を再開したいと考えております。

よろしくお願い致します。


初診予約、という形で受付することは可能です。

再開の際にご連絡させて頂きます。


診療自体は通常通りしております。

すでに拝見させて頂いている患者様はご心配なさらないで下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うおのめ

2016年05月28日 11時44分05秒 | 歯周病学会認定歯科衛生士今川さえのブログ
歯科衛生士の今川さえです。

松見歯科では足指の歪みを取り除き、しっかりと足指が使えることも全身の健康維持のために大切ですとお伝えしています。
全身の骨のうち、4分の1がなんと足に集中しています。
足の歪みから全身の歪みが生じます。
足指が歪むと、
成長期の成長痛
巻き爪
うおのめ
たこなども生じやすくなります。

うちの5歳の娘。
昨年年末に右足の足の裏にうおのめが出来てしまいました。
普段履いている靴の中敷きを見てみましたが、足指が滑っているような様子はありません。
げたが大好きで保育園の時以外は、雨の日でも冬でもずっとげたを履いていました。
げたを履いて歩いている時の娘の足指をよく見てみると、げたを一生懸命つかむように足指が力んでいる状態でした。
原因はげたかもしれないと思い、まずはげたを止めました。

さて、出来てしまったうおのめをどうするか?
市販のうおのめを取るテープは7歳未満は使用禁止。
私自身もできるだけ薬品は使いたくないし。。

私が小さい頃にうおのめが出来た時にお灸で治したのを思い出して、娘にやってみることにしました。

1.お灸がつくように、うおのめ部分をほんの少し湿らせる
2.うおのめの部分にのる程度もぐさを三角錐にする
3.この時もぐさをかたくこよると痛みが強くなりやすい
4.もぐさをうおのめにのせ、線香で火をつける
5.火が消えるまで、周りの皮膚を押さえると痛みが少ない
6.1日7火継続しました
お灸を初めて3週間くらいしてからの写真です。


うおのめが浮いてきて、膨らんでいます。
表面の硬くなっている部分をやすりで少しずつやすりながら、うおのめにお灸を続けること約1ヶ月。
うおのめの周りの部分が足の裏からはがれてきているのが確認できるようになって、ある日ぽろっと取れてしまいました。

うおのめが取れた日の写真です。


芯の部分がきれいに取れました。
うおのめは再発しやすく、早いと2週間で再発すると聞いたこともあります。
現在うおのめが取れて約4ヶ月経過しましたが、再発はしていません。

足指の歪みがあると、5歳でもうおのめが出来る事。
うおのめはお灸だけで取れることを実感しました。
皆さんも足指の歪みには気をつけて下さいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加