マクロビオティックな歯医者さんの食と暮らし                   食養塾 無何有庵の日々

無(む)と空(くう)の癒しの時間の中で、心食動息の一つ一つを共に考えていきたいマクロビオティックなスペース。

あさたまお弁当部 春のお花見弁当 作りました。

2014年03月19日 10時47分16秒 | マクロビおもてなし料理 霽華(さいか)
昨日は、<あさたまお弁当部>第6回ということで最終回の教室でした。
最後は季節がらお花見をテーマに華やかに演出してみましたよ。

今回は試食係だけで楽しようというもくろみにほくそ笑みながらテーマだけ決めて、あさ先生におまかせを決め込んでいたのですが、甘えん坊のあさ先生にほだされて、ついつい、あーしよう、こーしようと、結局メニュー、盛り付けのアイディア担当ということに・・・(^_^;)
いつもの、たま企画、あさ試作となりました。

で、あさたま迷コンビのお花見弁当、あさ先生がこんな感じに仕上げてくれました〜。
お味も、ばっちりな出来栄えでした。






桜むすび、黒米の桜餅風五平、菜花の芥子和え養老巻きの変わりむすび三種、そして、おかずは透明カップでベリーヌ仕立てで春らしい盛り付けにしました。



ベジミートの信太巻



蓮根とひよこ豆のフムス風サラダ



切干大根とふのりの花マリネ



春の三色筑前

 

三色白玉のまめぶ



切干大根の戻し汁とひよこ豆の煮汁で作った野菜のスープを添えて、お重と、お皿にも盛り付けました。



無何有庵の薬膳レシピから、マーラーカオをあさ先生が蒸して来てくれました。

ご参加の皆さんに、綺麗!おいしい〜♫と喜んでもらえて、最終回を終えることができました。
あいにくのお天気で、お外でお花見とはいかず、急遽、枝ぶりのいい桜をご用意。無何有庵でのお花見となりましたが、春を先取りな素敵なひと時でした。

さてさて、あさたまお弁当部、みなさんからのリクエストで始めたクラスですが、あさたま迷コンビのおいしい旅はまだまだ続きますよ〜。
26期は私はお休みさせていただきますがコンビ解消ではありませんので、また、時間が出来たら時々楽しい企画で開催したいと思います。なので、今期はあさ先生のご活躍に乞うご期待を!
丸亀の教室で、いろいろ発信してくれることになってますよ〜。































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おせち料理を作りませんか?

2013年12月13日 17時41分15秒 | マクロビおもてなし料理 霽華(さいか)
今年もあと1月半。
そろそろ、一年の締めくくりの季節になりましたね。

たくさん、リクエストを頂きましたので今年も頑張って、おせち料理のクラスを開催することになりました。

お重に詰めておもてなしするお節料理は、それぞれのお重にも、お料理のひと品ひと品にも意味があって、日本の伝統を大切にしたいなぁって思わせてくれます。
そんな一年の計ともなる元旦に、華やかで、身体に優しい、そして、目にも、ココロにもうれしいおせち料理をご一緒に作ってみませんか?



今年も、家族やお友達が集まる賑わいの席にふさわしい内容で、お節を作りたいと思います。

おうちでできるおせち料理にチャレンジしてみませんか?


日 時 2013年12月18日(水)10:00〜16:00

参加費 8400円

<お料理の献立>

壱の重:口取りとしてお屠蘇に合うものを作ります。

黒豆、田作り、たたき牛蒡、数の子風アマランサスのテリーヌ、白いんげんとリンゴのきんとん

参の重:祝い煮しめ

人参のねじり梅、松蓮根、手綱蒟蒻、椎茸の祝亀、牛蒡の若竹など



弐の重:口代りの酢のものに、焼きもの、煮ものなどを取り合わせたお料理を作ります。

柚子釜七福煮なます、紅白菊花蕪、松笠焼き、南瓜の物相、どんこアワビ、牛蒡の丸煮の昆布巻き、紅白相生結び・千代結び

お申込みお問い合わせは、松見歯科診療所 087−881−2323 メディカルコンシェルジュ 喜田まで。



































 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アサたまお弁当部、始動〜。

2013年10月02日 19時45分55秒 | マクロビおもてなし料理 霽華(さいか)
今日からアサたまお弁当部が発足しました!

お弁当をおいしく作りたい〜!
でも、お肉も魚もなしじゃ家族が不満〜!

残り物を詰めましたにしたくない〜!
でも、残り物を活用したい〜!

短時間で作るのは難しい〜。
でも、朝の時間は限られてる〜!

冷凍をチンしてって、ちょっと後ろめたい〜!
でも、ちょっとずつ品数作るのはめんどうだし〜!

茶色いお弁当って言われたくない〜!
でも、玄米にきんぴら牛蒡にひじき蓮根じゃ精進弁当になるし〜!

などなど、マクロビオティックを始めるといろいろ悩みがつきませんね。

と、いうことで、中原あさ先生と、私、たまがマクロビオティックお弁当指南をさせていただくことになりました。

楽しいクラスにしたいので、名付けて「アサたまお弁当部」ということにいたしました。

月一回で半年の特別クラスです。

初回の今日は、男性2名を含む7名の部活動となりました。



今回は、マクロビ・ビビンパ弁当。野菜たっぷりの韓国風混ぜ混ぜごはんです。

それから、アサたま発酵培養菌エキスの作り方と、無何有庵オリジナルマクロビヤンニョムの進化系ヤンニョム「楽熟キムチの素」を伝授。
これで、お料理に深みと幅ができるというもの!

さてさて、今日はあまりにも晴天で日中の日差しがきつく、青空ランチを予定していましたが、次回に。無何有庵でのランチタイムとあいなりました。

それぞれお弁当箱持参でしたので、盛り付け方はいろいろでした。
私が選んだ今日のお弁当箱は、友人の手作りの漆のお弁当椀。

ころんとして、とってもかわいいんです。



まずはビビンパを下段の椀に盛りつけました。

ビビンパの盛り付けをする前に、ご飯には甘辛な特製たれをかけて味に変化をつけています。これが、おいしさの秘密。マクロビだから味が薄いとか、ヘルシーはわかるけどとか、言われないコツ。ガッツリ食べたい若い人や男性の食欲をメロメロに満たさなくっちゃね!
もちろん、それぞれのナムルは少しづつ味を変えていますよ。



その上に重ねるおかず入れには、楽熟キムチの素の使いこなし術として、玄米ビーフン、小松菜の和え物、厚揚げのキムチ焼きを盛りつけました。



皆さんのご感想は、「おいしい〜!」を頂けたました。男性2名も「これはめちゃくちゃおいしい!」とうれしいお墨付きをいただきました。

お弁当を広げながら、おいしくお弁当談義。
今後の部活での希望などもいろいろお伺いすることができました。

以前に息子のお弁当を毎日写真に撮って、facebookに投稿していたんですが、それを見ていた部員のみなさんから秘訣をとの声が・・。
で、じつは、小さいフライパン1つで作ってたんよって話をしたら、「え゛〜」って驚かれて、それならば、次回は実演をということになり、次回の内容が決まりました。



いつも使っているミニフライパンは、左から3つ目のフックにかかっているものです。



アップで見るとこんな大きさです。



右のフライパン2つはふた付きですが、いつもは左のものがヘビロテなもの。

片づけがすんでから、アサ先生とミーティングして、いつもの私のお弁当づくりの実践を絵に描いてみました。



これを、実際に作ってみましょうね!

ミニフライパン一つでいかに合理的になのにおいしく、品数も豪華に作るかをご披露いたしますね。

制限時間は30分と、部員の皆さんから言われていますので、頑張りたいと思います。


次回ご参加の方は、これくらいのミニフライパンか、もしくは卵焼き用の四角いパンでもOKなのでお弁当箱と一緒にご持参ください。
一人一人、実習していただけるようにレシピをご用意したいと思います。

単発参加の場合の部費は、3500円(税別)となります。
お申し込みは松見歯科診療所 087−881−2323 メディカルコンシェルジュ 喜田までご連絡をくださいませ。

男性も参加頂ける楽しい女子会のようなクラブ活動なので、お気軽にご参加くださいませ。

次回は11月6日(水)10時開催です。







































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なかじさんのぷくぷく発酵お料理教室開催しました♪

2013年09月25日 20時29分27秒 | マクロビおもてなし料理 霽華(さいか)
昨日は、千葉県香取の発酵の町・神崎にある酒蔵「寺田本家」の蔵人頭として活動をされてきた「なかじ」さんをお迎えして、「ぷくぷく発酵料理の会」を開催いたしました。

なかじさんとは、2006年に中島デコさんが主宰するブラウンズフィールドで「エリック&さなえさんのクッキングライブ」が開催されたときに初めてお会いして以来の素敵な交流をさせていただいてきました。

今回、この冬に北海道へと移住をされるとのことで、ちょうど京都での料理教室があって西に遠征してこられるとのことで、久しぶりの香川に遊びに来てくださるとのご連絡をいただき、それならば、ぜひ教室をしてほしいとお願いしまして、快くお引き受けしていただき教室が実現いたしました。

中島デコさんが高松に来てくださったときには、50人を超える方々がご参加くださったので、どこか場所をお借りしてとも思いましたが、なにせ、急なお話でしたので、窮屈な場所で申し訳なかったのですが無何有庵で開催させていただきました。

おかげさまで、第1部、2部とも定員を超える満員御礼で開催させていただくことができました。
ご参加の皆さま、本当にありがとうございました。県外からもご参加をいただき、心よりお礼申し上げます。

なかじさんには、おとといのお昼に高松入りしていただき、買い物の後、下準備。
甘酒やりんごと酒粕のシュワシュワドリンク、ごはんで作る豆乳ヨーグルトなどの仕込みをしていただきました。

その後、香川の友人たちとウエルカムパーティ。
持ち寄りでしたので、なかじさんにトマトの酒粕グラタンを作ってもらいました。
すご〜くおいしかったです。

もちろん寺田本家の「むすひ」やシャンパンなどもご用意して、しゅわしゅわな夜を醸しました。

昨日は、10時から第1部のお料理教室がはじまり、「ご飯からの乳酸菌培養による豆乳ヨーグルト」と「酒粕ホワイトソース」をベースにした、お料理6品のレシピをご紹介いただきました。













人参のヨーグルトサラダ



サツマイモとナッツの酒粕白和え



酒粕のかぼちゃクリームコロッケ



グリーンサラダ甘酒ソース



豆と野菜の酒粕シチュー



黒米とドライフルーツのコンポート ヨーグルトクリーム

その他にも、きゅうりの豆乳ヨーグルト漬けを作りました。






第2部は、発酵のお話をしていただきました。
これが本当に興味深いお話の数々で、詳細はfacebookにご紹介していますので、ご覧くださいませ。










そして、糀を使った甘酒の試食、酒粕のりんごのシュワシュワドリンクの試飲、豆乳ヨーグルトの試食、酒粕ホワイトソースの試食、そしてそれらの作り方の説明をいただきました。



ご参加の皆さまからご感想をいただきましたが、みなさん、とても喜んで頂いたようで私もうれしかったです。なかじさん、本当にありがとうございました。また、開催してほしいとの声をたくさん頂きましたので、きっとまた企画させていただきたいと思います。

おなかの中が生き生きしていると、しあわせが増すこと、
もう今日から実感しています。
我が家の豆乳ヨーグルトの種、元気にぷくぷく楽しみたいと思います。

ご参加の皆さんも、ぜひ、周りの方に幸せの種まきをしていっていただければと願っています。
ありがとうございました。



































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親パンダ、子パンダ、親子で作りました。

2013年08月18日 12時30分10秒 | マクロビおもてなし料理 霽華(さいか)
今月の初め、夏休み特別企画の親子料理教室を開催いたしました。

今回は、鹿児島からゲスト講師中平ちほ先生をお迎えして、飾り巻きずしのパンダの親子の作り方をおそわりましたよ。

写真をいっぱい撮りましたので、楽しい様子をごらんください。
子供たちも上手にできました。

ちほ先生、ありがとうございました。






































































































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

霽華のコースはおもてなしのクラス

2013年08月17日 17時21分12秒 | マクロビおもてなし料理 霽華(さいか)
なかなかアップできなかったのですが、7月17日に霽華のコースを開催しました。

このクラスは、無何有庵の専属の料理講師を勤めてくれています、中原亜智先生にお願いしています。

今回は、夏のイタリアンな薬膳フルコースをおうちご飯で、ということで、ちょっと贅沢なおもてなしのレシピをご指導させていただきました。







aperitivo アペリティーヴ
●ブドウの薬膳ソーダ(ノンアルコール)

あまり甘くなく、食欲をそそる薬膳ドリンクです。




antipasto アンティパスト
●ソイフィッシュのコテキーノ風 枝豆と緑茶の冷製スープ

鮎をイメージしたソイフィッシュをライスペーパーでコテキーノ風に包み、夏をさわやかに過ごせる冷製スープと共に・・・。








Primo piatto プリモピアット
●朝日米玄米の冷製リゾット

フレッシュトマトをふんだんに使った、さらっとした朝日米の玄米冷製リゾット








Secondo piatto セコンドピアット
●賀茂ナスのソテー トウモロコシのマクロビオティックザバイオーネソース トウモロコシと玄米のクロッカンテ添え

トウモロコシのクリーミーなソースが肉厚でジューシーな賀茂ナスによく合います。








Dolce ドルチェ
●アボガドとゴーヤのベジクリームジェラート

アボガドのクリームとゴーヤのほろ苦いジェラートが絡み合って、おいしいデザートです。





みなさん、お楽しみいただけたでしょうか?



次回は秋半ばに開催させていただきたいと思います。





































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パンダの巻きずし♪

2013年05月24日 11時12分24秒 | マクロビおもてなし料理 霽華(さいか)
恒例になりました、中平ちほ先生の「飾り巻きずし講座」!

今回はパンダの親子を作りますよ。





こ〜んな感じ♪
とってもかわいいですね!

人気講座なので、ぜひぜひお早めにお申し込みくださいね。

子パンダは、初級クラス、親パンダは中の上位のクラスだそうですが、もちろん、初めての方でも大丈夫。ちほ先生がちゃんとご指導くださいます。

なので、夏休みだから、親子で参加も楽しいかも。


日 時 8月3日(土) 10:00〜

場 所 食養塾 無何有庵

参加費 4000円  

●親子参加につきましては、小学生以上のお子様を対象とさせていただきます。参加費は別途、お子様お一人につき2000円で、子パンダ1本を作成いたします。スープ、副菜、スイーツはご試食いただけます。


お申し込みは、松見歯科診療所 087−881−2323まで。 受講料を納付いただいて受付とさせていただきますので、ご了承願います。尚、1週間前のキャンセルにつきましてはご返金ができませんので、万障お繰り合わせの上、お申込みくださいませ。






































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏のイタリアンな薬膳フルコースをおうちご飯で。

2013年05月20日 16時48分13秒 | マクロビおもてなし料理 霽華(さいか)
久しぶりの「霽華のコース」の開催のお知らせです。

今回は薬膳がテーマ。
暑い夏を乗り切るおいしいマクロビオティック料理をおしゃれなイタリアンレシピでご紹介します。

おうちで気軽に作れて、ちょっとおもてなしなメニューを
ご一緒に作ってご試食いただきます。
夏の薬膳のミニレクチャーもついていますよ。

aperitivo アペリティーヴ
●ブドウの薬膳ソーダ(ノンアルコール)

あまあり甘くなく、食欲をそそる薬膳ドリンクです。



antipasto アンティパスト
●ソイフィッシュのコテキーノ風 枝豆と緑茶の冷製スープ

鮎をイメージしたソイフィッシュをライスペーパーでコテキーノ風に包み、夏をさわやかに過ごせる冷製スープと共に・・・。



Primo piatto プリモピアット
●朝日米玄米の冷製リゾット

フレッシュトマトをふんだんに使った、さらっとした朝日米の玄米冷製リゾット





Secondo piatto セコンドピアット
●賀茂ナスのソテー トウモロコシのマクロビオティックザバイオーネソース トウモロコシと玄米のクロッカンテ添え

トウモロコシのクリーミーなソースが肉厚でジューシーな賀茂ナスによく合います。



Dolce ドルチェ
●アボガドとゴーヤのベジクリームジェラート

アボガドのクリームとゴーヤのほろ苦いジェラートが絡み合って、おいしいデザートです。



(写真はイメージです)


イタリアンなマクロビオティック薬膳を楽しむ会

日 時  2013年7月17日(水)10:00〜15:00

場 所  松見歯科診療所 食養塾無何有庵

参加費  5250円

講 師  中原亜智

スーパーバイザー 松見千奈美

お申し込みは、松見歯科診療所 087−881−2323まで。
受講料納付を持って、受付とさせていただきます。
材料の調達の都合で、多少メニューの素材などが変更になる場合がございますのでご了承くださいませ。





































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桃の節句に、飾り巻きずし✿

2013年01月18日 11時10分23秒 | マクロビおもてなし料理 霽華(さいか)
無何有庵恒例になりました、ちほ先生のマクロビオティック特別料理教室を、またまた開催いたしますよ〜。

今回は、桃の節句とバレンタインにうれしいメニューです。

【メニュー】
  
  ・桃の花の飾り巻き寿司
  ・四海巻き
  ・ごぼうと柑橘のチョコパウンド
  
   おまけチョコスイーツ         
                  スープ付




桃の花の飾り巻き寿司



四海巻き



ごぼうと柑橘のチョコパウンド

これは楽しみですね〜。

今回の桃の花の飾り巻きずしは、初めての方でも上手にできて、しかも可愛い!

過去の飾り巻きずし講座シリーズで腕を磨かれた方も、ぜひ、ご参加してくださいね。

また、バレンタインに何をプレゼントしようかなってお悩みの乙女(昔乙女でもOK!笑)も
手づくりチョコケーキで高感度アップを狙ってください。
甘みは、果物の甘みと玄米甘酒、米飴、リンゴジュース、ドライフルーツだけで、レシピをお願いしています。どんなレシピか楽しみですね。

ちほ先生のマクロビオティックスペシャル講座

日 時 2月9日(土)10:00〜14:00
場 所 松見歯科診療所 食養塾 無何有庵
参加費 4,500円


持参物 エプロン、ハンドタオル、お持ち帰り容器、筆記用具。
    スリッパなしのキッチンなので、寒い方は厚手のソックスをご持参下さい。
    (床暖房はしています)

※参加費はできるだけ前納でお願いたします。開催1週間以内のキャンセルにつきましてはご返金できませんので、万障お繰り合わせの上、お申し込みをお願いたします。

お申し込みは松見歯科診療所 087−881−2323 メディカルコンシェルジュ 升本までお願いたします。定員8名、先着順となりますので、お早めにお申し込みくださいね。




































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

霽華のコース<お節料理>を作りました。

2011年12月21日 19時14分21秒 | マクロビおもてなし料理 霽華(さいか)
お節料理って、おうちで作るのは大変って思っていらっしゃいませんか?

最近は、ホテルや料亭のお節料理で済まされる方が多いようですが、結構高価ですし、案外見た目と違って美味しくないし、日持ちさせるために添加物も多く入っていますし、やっぱり手作りが安心ですよね。

豪華にされなくても、お節料理の雰囲気を家族と味わうお正月っていいですよ〜。
肩肘張らなくっても、きっと素敵な時間って作れると思うんです。

ファミレスもコンビニも、スーパーも元旦から営業しているこのごろですから、ますますお節料理の意味も薄れてきてしまってすごく残念です。

だからこそ、おうちで作るお節料理を大切にしたいものです。

日本の文化でもあるお節料理は、もともと家庭で作られてきたものですし、、構えずにチャレンジされると楽しいですよ。年の初めはお台所も休ませて、同時に主婦も一息ついて・・・。

だから、年末まで一気に頑張って、お正月の一日、二日くらいは主婦もゆっくりできるようにしたいでじゃないですか!

お節初めての方もぜひ、楽しんでくださいね。

今日は、基本のお節のアイテムを、マクロビオティックに置き換えて、さらに、ちょっと盛り付けもアレンジしてみました。
ご参考になれば幸いです。






































また、来年もご一緒に楽しみましょうね。
マクロビオティックは、本当に素敵ですよ。































































コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

モダンにお節を楽しんでみませんか?

2011年12月10日 11時33分31秒 | マクロビおもてなし料理 霽華(さいか)
無何有庵の霽華のコースで、久しぶりに「お節」を作ることになりました。

どんな風にしようかなって考えていましたが、
今年はちょっとモダンな盛り付けにしようと思います。



基本のお節のレシピに少し手を加えて
ちょっとアレンジすれば、とっても雰囲気が変わります。

まだ、お申し込み可能ですので、
ご一緒に楽しんでみませんか?












































コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日本のお正月を迎える心

2011年12月01日 12時59分23秒 | マクロビおもてなし料理 霽華(さいか)
一年の始まりを祝うのがお正月。

ずいぶん前に日本文化史の研究家・熊倉功夫さんが雑誌のコラムに書いていましたが、
古代では4月8日の花まつりのころを農民にとってのお正月にしていたのではという説があるそうです。

3月から4月にかけての桜の時期はあたらしい季節のスタート。
山から新しい神様が下りてきて里にいらした神様と交代をします。そうして、田植えなどの農作業が始まるわけです。
この時の山の神様が里に下りてくる姿を「さくら」というのです。
「さ」と言うのは農業の神様。「くら」は神様の居ますところを表しています。
「さのかみのいますところ」、それが「さくら」なのです。
桜が山の中でぱっと咲きますよね。
それを見て、山から神様が下りてきたなぁと思う。その喜びと共に農作業を始めた、それが正月だったのではという説です。
新しい季節をもたらし、農事とも深く結びついていた桜。「花見」の見るというのは、どちらの方角にさくらが咲いているかを見て、その年の豊凶作を占うことから来ています。宴会の花見もそもそもは山の神をもてなすための宴だったようです。

今は、お正月は一月一日が一年の始まりとなっておりますが、
いずれにしましても、一年の幸福を願い、家族で祝うのがお正月ですね。
もう、ひと月で新年を迎えます。
日々に追われ、お正月にもスーパーやコンビニが開いているようになりましたので、
節目の日と感じにくくなってきましたが、
今年は少しあらたまって新年をお迎えするのもいいのではないでしょうか?



ということで、今年こそはお節料理にチャレンジって方、ぜひ、マクロビオティックのお節料理を作りませんか?
無何有庵でのお節のメニューは、動物性のものは使いませんが、
元来、お正月には神様にも海の幸、山の幸、お神酒をお供えしますので、
私たちはそのお下がりとして、普段頂かない動物性のものも少し頂いて
一年のお祝いをされるといいと思います。



ただ、どうしてもお正月にはお御馳走(肉や魚や甘いもの)が並びますので、
お正月明けの体調の管理にもマクロビオティックの考えに基づいた調理法で作るお料理は
カラダに優しくて現代人には理想的だと思います。

もちろん、おいしくて見た目もきれいでなくちゃ、お正月気分になれません。

マクロビオティックのお料理ならではの素材のうまみを引き出す調味と
切り方や盛り付けなどの創意工夫や、センス良く見えるコツなどをご一緒に作りながら学べるクラスを企画いたしました。

例年、一日で30品近くを作っていましたが、長時間になりますので、
今年は2部制にしてお料理を分けて作ることにいたしました。



マクロビオティックなお節を作ろう♪

日 時 

第一部  12月13日(火)10:00〜15:00
受講料 4000円


壱の重:口取りとしてお屠蘇に合うものを作ります。

黒豆、田作り、たたき牛蒡、数の子風アマランサスのテリーヌ、白いんげんとリンゴのきんとん

参の重:祝い煮しめ

人参のねじり梅、松蓮根、手綱蒟蒻、椎茸の祝亀、牛蒡の若竹など


第二部  12月21日(水)10:00〜15:00
受講料 4000円


弐の重:口代りの酢のものに、焼きもの、煮ものなどを取り合わせたお料理を作ります。

柚子釜七福煮なます、紅白菊花蕪、松笠焼き、南瓜の物相、どんこアワビ、牛蒡の丸煮の昆布巻き、紅白相生結び・千代結び 







以前に無何有庵で作ったお節料理です。

お申し込みは松見歯科診療所 087−881−2323 メディカルコンシェルジュ宮本まで。




































































コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

2012年のお節料理はマクロビオティックで♪

2011年11月10日 14時32分48秒 | マクロビおもてなし料理 霽華(さいか)
11月ももう半ばになってまいりました。
クリスマスもさることながら、お正月の支度もそろそろ考える時期ですね。
今年は、「断捨離」という言葉がはやりましたが、年末のお掃除も計画しなくてはです。
我が家も、無何有庵はかろうじてお掃除出来ていますが、パントリーの中や調理台の引き出し、流しの下、換気扇、ガスコンロなど、毎日お掃除していないところのお掃除計画をしなくてはです。
そして、計画倒れにならないようにしなくては。
住まいの方も、これまたまだ冬の支度もできておらず、衣替えもしなくてはです。
それに合わせて大掃除ですかね〜。
がんばります。

さて、そんな一年の総決算のひとつに、お節料理がありますね。
お正月をゆっくり過ごすためにも、日本の文化を楽しむためにも
お節料理はお正月に欠かせませんね。



今年こそはお節料理にチャレンジって方、ぜひ、マクロビオティックのお節料理を作りませんか?
無何有庵でのお節のメニューは、動物性のものは使いませんが、
元来、お正月には神様にも海の幸、山の幸、お神酒をお供えしますので、
私たちはそのお下がりとして、普段頂かない動物性のものも少し頂いて
一年のお祝いをされるといいと思います。



ただ、どうしてもお正月にはお御馳走(肉や魚や甘いもの)が並びますので、
お正月明けの体調の管理にもマクロビオティックの考えに基づいた調理法で作るお料理は
カラダに優しくて現代人には理想的だと思います。

もちろん、おいしくて見た目もきれいでなくちゃ、お正月気分になれません。

マクロビオティックのお料理ならではの素材のうまみを引き出す調味と
切り方や盛り付けなどの創意工夫や、センス良く見えるコツなどをご一緒に作りながら学べるクラスを企画いたしました。

例年、一日で30品近くを作っていましたが、長時間になりますので、
今年は2部制にしてお料理を分けて作ることにいたしました。



マクロビオティックなお節を作ろう♪

日 時 

第一部  12月13日(火)10:00〜15:00
受講料 4000円


壱の重:おとそを祝うための祝い肴(数の子・黒豆・田作り)や
紅白蒲鉾、伊達巻、錦玉子等の口取りをマクロビオティックにアレンジして作ります。
 
参の重:煮しめ


第二部  12月21日(水)10:00〜15:00
受講料 4000円


弐の重:口代りの酢のものに、焼きもの、煮ものなどを取り合わせたお料理を作ります。




以前に無何有庵で作ったお節料理です。

お申し込みは松見歯科診療所 087−881−2323 メディカルコンシェルジュ宮本まで。






































コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

10月の霽華のコースのお料理

2011年10月25日 15時57分26秒 | マクロビおもてなし料理 霽華(さいか)
10月11日に無何有庵マクロビオティック料理教室 霽華のコースを開催いたしました。
ご報告がずいぶん遅くなりました。

このクラスはおもてなしのお料理をご紹介いたします。

今回はフレンチ♪
秋の食材を使って、美味しい素敵なお料理にいたしましたよ。





玄米栗ごはんのガレット





ワイン風味の豆腐の味噌漬け・フォアグラ風グリル



玄米入り豆腐ソーセージ



ドライトマトと白いんげんのソテー



サツマイモのソイミート詰め シナモンとアニスのソース



きのこのポタージュ



スイートポテトの蕎麦粉クレープ包み アングレーズショコラソース


コース仕立てで、おうちご飯もいいですね。
家族をもてなす・・・
忘れていませんか?お料理のこころを。




























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月の霽華のコースはフレンチです。

2011年09月01日 19時56分14秒 | マクロビおもてなし料理 霽華(さいか)
月一不定期のマクロビオティックおもてなし料理講座<霽華のコース>のご案内です。

今月はフレンチにいたしました。

豆腐のフォアグラ&ソーセージ 白いんげん豆を添えて





蓮根のソイミート詰め シナモンとアニスのソースをかけて



栗ごはんのガレット マロンソース



きのこのポタージュ



スイートポテトの蕎麦粉のクレープ包み アングレーズショコラソース




穀物珈琲


こんなイメージです。

秋の夜長に、ゆったりとした時間の中で召し上がってほしいディナーのご紹介です。


日 時 9月30日(金) 10:00〜14:00

参加費 4,200円



お申し込みは松見歯科診療所 087−881−2323 メディカルコンシェルジュ 宮本まで。

































香川 高松 歯医者 食事指導 マクロビオティック 食養塾 料理教室 オーガニック 霽れの日 おもてなし
 穀菜食 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加