持続的燃焼

くすぶっていれば、やがてメラメラ

天気ころころ

2006年03月31日 | たびのなか
昨日の荒れた空にはヤラレタワ。雹に雷晴れたと思っていたら雨で夕方こそ焼けたと安心して、大ザックにおお伸ばしの写真入れて走り出したら木津から亀山までは雪もしょうがないとしても、海辺に出てもまだ降ってた。しかもずっと突風で荷物が帆になってフラフラだし、大変でした。
今日の朝一の納品には無事間に合う事も出来たので、今日はもう早あがりで寝る。
明日は休みです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はいしゃ

2006年03月30日 | たびのなか
花も咲いて緑も少しばかりうるんだ気がする春の雨です。
今日は最後の荷物を奈良まで運んだら、そのまま車を解体屋に乗って行く予定です。なかなか快適な車でしたが、やっぱり乗用車は寿命が短い。雨が降ってるから、帰りは歩きかなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

起きる

2006年03月28日 | なまもの
冬眠から覚めていても、まだすぐには動けないですなあ。
午後もまだ穴めぐり。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土木作業

2006年03月27日 | たびのなか
昨日は暗くなるまで肉体労働でした。
しかし重機が一台あると違うなあ。一気に小屋の裏を削って平地を作り出せた。

レベラーで土台まで行けたので、もうすぐだ。
帰りに権現の湯でゆっくり二時間ももんだのに、今日は筋肉痛です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あがり珈琲ゆず桜

2006年03月25日 | たびのなか
彼岸なのでとこんなんもらった。
昔は小豆コーヒーゆず桜だったと思うのだが、ここ何年も気になるコマーシャルである。
しかしこのパッケージではまるでソーセージだ。関西ではイチゴミルク魚肉ソーセージが流行してると言うので試してミタイもんだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青春アドベンチャー

2006年03月24日 | たびのなか
ちょうどこの画像の夕暮れどきに、最終回だった。旅暮らししてるときって、連続ラジオドラマが日課になることが多い気がするなあ。
左手がユビナガ臭くなってしまったので、早く石鹸で手を洗いたい。
もうバリバリ飛んでこんなに忙しくなるとは思わんかった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

狸の恋

2006年03月23日 | たびのなか
天気が良くなり路面も乾いたので、けたくって柳生から奈良市街地に向かって大きく回ってきました

すっかりとうがたってしまっていました。狸を追ってみたらソッコウにとびこんでの俊敏などうさ

明日は日本海側の予定

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また雪が

2006年03月23日 | たびのなか
降ってきたので、きっと凍ってるだろうと入った本日の一洞は巨大なツララが下がってた。
しかし足下は凍ってなくて、長靴を履いて行かなかったらびったんこんなってまった。
こんなとこにも春を感じるぬわあ。
平地出てきたら雨だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青空

2006年03月20日 | たびのなか
今日は銀行がえらい混んでいた。昨日は冬のような寒さだったが今日は日が当たっていれば暖かく、動いていると汗ばむ程だった。
さて、今月は仕事は抑えて、三月中に終らせる必要がある事を片付けるかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天気予報通りの雨

2006年03月19日 | たびのなか
になってしまったので、天気の関係無いとこへ。
いつも静かで変わらないようでいて、どうやら此処にも春の訪れた痕跡を確認。
もう少し細かい調査してから来月のゼミで報告できたらと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広い空

2006年03月17日 | たびのなか
今日も天気が良い日に限ってインドアの仕事で体を動かす機会がない。夕日を追ってこれから西へ移動です。明日はやや南方の予定で、明後日は軽井沢の探鳥会に間に合うかどうかな。行ったり来たりの毎日です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えふぇめらる

2006年03月17日 | なまもの
季節が進んだのを一番実感するのは、五時過ぎに出かけてもまだ明るいところかな。
風呂敷からのこぼれ荷物のように咲く花を見つけて思うのは、引越しの季節だなあと言うこと。

旧暦の二月三日はもう過ぎてますけどね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満月の夜

2006年03月16日 | たびのなか
 今夜の月はタブン満月だった。夕方になっても天気が良いままで、しかもウチのように山がせまっていない、東の空がひらけた地方に行っていたので、あまりに円い月がぽっかり浮かんでいるのをしばし見とれてしまった。15日の十五夜とはこれいかに。

 それに先駆けて暗くなりかけの頃、沢を見下ろす谷間に立っていた。右の林からブフォッブフォッホと言えば、左の尾根からバフッフバフッフと声。イヌではない。やがて左の声の主が翼を拡げて滑空していった。時折羽ばたくその飛翔はタカのようでもあり、翼はノスリより更に短く丸い。フクロウが高い上空を滑空して行くのはなかなか珍しい。思い出したのは秋の満月の夜にコノハズクが群れをなして螺旋を描いて上昇するという話。観たことがないので私はまだ本当であるかどうか信じてはいないのだが、自分の目で見るまでは楽しみなウワサとして信じていたいものだ。
 まあるい月が昇ったのは、そのあとのお話。今はもっと昇った月が雪の山を照らして、北アルプスが長い雲のように見える夜半過ぎ。

 ケータイカメラは夜景が全然ダメなので、今回は画像なし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一転快晴

2006年03月15日 | たびのなか
今日は良い天気になりましたが、午前中はデスクワークです。
昨日の雪は平地のフケのようなボタボタの雪でした。さあ昼休みもオシマイ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィヒテの杜の下

2006年03月14日 | たびのなか
久々に顔が冷たい風だったなあ。どんどん暖かくなって来てたと思っていたのですけど、まだ三月か。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加