ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




そしてその、インデアンカレーです

って、もう、知ってるって!ってやつですよね(笑)。

昨日のメンバーとの食前写真(笑)は、店員さんに撮って頂いたものです。

どうも、ありがとうございました。お仕事中にすみませんでした。

 

入店して、席に付きまして、メニューを手渡して頂く際、

店員さんは、ロビンとホセに、

「あの、・・・英語のメニューをお出ししましょうか」

と店員さん。

 

即座に、

「いえ、読めません!」

と、僕たちが(笑)。

 

ホセは、読めないんですよね。

移動でも、楽屋でもいつもスペイン語のサイトを見ていますし、

時々英語の注意書きなどは「えーっと」っとなっています。

まあ、見た目で「この人はスペイン語圏の人だな」とは思いませんからね。

 

一方、ロビンは、フランス語は勿論、英語もバッチリですし、日本語も凄くて、結構な漢字まで読めます。

小学校卒業レベルくらいの漢字力はあるのではないでしょうか。

外国人(しかもミュージシャン)では極めて珍しい人だと思います。

 

これ、理由があるのですよね。

 

ホセもロビンも、奥様は日本人です。

しかし、ホセの奥様は、スペイン在住歴が長くて、スペイン語がペラッペラ。

時々、ホセが「ボクが、ときどき、直されるくクライ」の、ネイティブ顔負けの語学力の持ち主。

当然、家でもずっと会話はスペイン語だそうです。

これはこれで、幸せなこと。ホセはラッキーです。

 

一方、ロビンの奥様は、フランス語は「ノー!ぜーんぜん、ハナさないヨー!」なのだそう。

必然、ロビンの日本語力がグングン上達する(笑)、ということなのです。

 

でも、これも、やはりラッキーなこと。

ヘタしたら、漢字検定とか受けられるんじゃないでしょうか(笑)。

 

ともあれ、語学の習得は必要に迫られるのが一番なのだということを、再確認

 

・・・僕には、

大阪では、カレーが必要です

 

ではー。



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« 24/30 大阪! 柿の葉さーら... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-10-20 06:53:35
「よっしゃ~食うで~!」と言わんばかりの、お目当てのごちそうにありつけた笑顔😆✨スプーンを握りしめスタンバイOKなケンさん(笑)

ホセさんもロビンさんも奥様は日本人なのですね!どうりで日本食がお好きなワケだ!
うちの子の同級生にもパパ日本人、ママロシア人のお家が。ママに伝わりやすく…と噛み砕いて話すと、かえって難しい言葉で言い換えてくることも多く、LINEなどでは言われなかったらロシア人とは分からないくらい、漢字まじりのバッチリな日本語です💦💦
いろんな国の言葉が話せたり読み書き出来るって本当に素敵ですよね。
 
 
 
フェスティバルホール💃 (bull-kobe)
2017-10-20 07:49:29
ケンさんおはようございます☺
先日のフェスティバルホール参加しました🎵
またまたスピーカーの真ん前で、ケンさんが見えたり隠れたりしてしまう席で😥
相変わらず玉置さんは絶好調で、お友だちと二人楽しませて頂きました~✌
帰りにロビンさんにバッタリ会って⤴流暢な日本語でお話ししてくれました(笑)
明日の大阪もカレーですか~😚
 
 
 
Unknown (あやの)
2017-10-20 11:32:58
今度大阪に行った時には、是非インデアンカレー
いただいてみます♪(p^-^)p♪
 
 
 
ぷぷぷ(笑) (masako)
2017-10-20 12:56:43
楽しいお話ありがとうございまーす
本当にホセさんもロビンさんもお茶目でかわいいそれにメンバーさんたちのチームワークの良さが伝わってきますケンちゃんがムードメーカーだからじゃないかなーと思います
ホセさんとロビンさんのキャラが印象的なので、目立ってないけど(笑)DJさんもゴンドウさんも個性溢れるお茶目な方ですよねー

やっぱり言葉っていうのは、語学ではなく、コミュニケーションツールなのだと改めて感じますねあと、音楽に国境は無いミュージシャンの人たちは、すでにバイリンガルですね音楽もコミュニケーションツールの1つと言えると思います
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。