ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




さてさて、今日から、いよいよグランドピアノでのリハーサルございます。

TAKUROさんも、「お、来ましたね」と。

どのくらいサウンドが変わるのか、楽しみでございましたが、

 

まあ、なんといいますか、

 

・・・全然違うじゃん(笑)。

 

としか、言いようがございませんでした。

 

カワイのMP9000(とMP9500)は、もうここ15年ほどに渡っての、僕のお気に入りのデジタルピアノです。

今発売中のキーボードマガジンでもこんな、もう(新品では)売っていない古い機種をお薦めしたほどなのですが、

緑ちゃん倶楽部の会員様にもお薦めして、大学の学生たちに至っては、特にS足学園大学のキーボード専攻に限って言えば、7割以上の学生が購入したという(笑)。

勿論、もうお店では手には入らないので、

「オークション、出たよ」

と、学生の知らせるわけですが、そうすると、すぐに買ってしまうのです。

今も、「待ち」の学生がいるのです(笑)。

 

でも、よく、参考にこのYoutubeの2分半ほどの動画を見せるのですが、

https://youtu.be/n6Y3EkRFwNc

だいたい皆、最初の1分も聴くと「うわ、これは」といって、

「(オークションで)出たら、買います買います」というのです。

実際、こんな音で鳴ってくれるデジタルピアノは、今でも無いですからね。

 

ですが、

ですが。

 

グランドピアノは、まったく別ものなのでございました。

 

詳しくは、語ると長くなりそうですので、明日も最終リハーサルがありますので今夜はやめておきますが、

とにかく、生楽器は別物、たぶん未来で開発される世界最高のアンドロイドがあっても、でも、やっぱり生身の人間との違いはあるよね、という感じです。

 

やはりトーンホイール方式のヴィンテージのハモンドオルガン、80年代までの、ヴィンテージアナログシンセもそうなのですが、

やはり、どこか、

 

不安定であること、

不確定であること、

 

が大切なのだと思います。

 

調律だって、厳密に言えば、やはり1分前とは微妙に違っているのですからね。

材質である木だって、刻一刻と変化しているわけですよ。

僕たちも、勿論、1分前よりは、老けて・・・って言っちゃいけないですね、熟成されているのですが、

同じなのです。

生ピアノという楽器は、「生」と書くだけあって、

 

・・・生きているのですよ。

 

勿論、プレイだって、全然といっていいほど、変わってきます。

感じ方が変わるので、自然と変わっていくのです。

 

これから、会場ごとに一台一台、全部違うピアノなのですから、

いやはや、これは。

楽器に弾かされてしまう部分も、多いと思います。

当然、ライブが、一層楽しみになりました。

もう、皆さんに、見て頂きたいです。本当に。これは

 

ではー。

 

 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 動画で見て、... シャキシャキ... »
 
コメント
 
 
 
響き合う。 (のすけのおっかさん。)
2017-01-31 01:51:47
ピアノも生きているのですね。
変化して、長い年月をかけて熟成される…
使い込めば使い込む程味がでる、それぞれ一つ一つにクセもあり、使う人でまた違う顔を見せ…ピアノではないけれど木とか革とか、永く使えるモノも大好きです。
いいなぁ、ライブ観たいなぁ………(泣)
少し前にケータイを替えたら、なんだかコメント書くのに「居酒屋情報」とかが邪魔をして、恐ろしく書き込みづらく………
コンピューターに弱い私(泣)。はよ消えてくれ、居酒屋情報………。
 
 
 
グランドピアノ (YOH)
2017-01-31 17:17:36
会場ごとに違うグランドピアノと
ステージ上の奏者の皆さんとその場に居合わせるお客様との、まさに 一期一会のライブとなるのですね。

その会場でしか聴けない音、貴重なセッション

どんな事になるのかな
わくわくドキドキです。

参加する方も 一瞬たりとも気が抜けませんね

楽しみです。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。