ケン坊のこんな感じ。
キーボーディスト、川村ケンのブログです。




先日27日、ツアーラストの東京2デイズの初日。

調律師さんと、全国で出会ったピアノの話をしていた際、

「川村さん、FAZIOLI(ファチオリ)は弾かれたたことありますか?」

「いえ、ないですねえ。置いてあるところも見た事ないですし」

 

と申しますと、

 

「・・・川村さん、明日、会場入りの前、何してますか?」

「ちょくせつ、ここ(Zepp東京)に入るだけですけど」

「では、その前、お時間作って頂けませんか?」

「全然いいですが。なんででしょ?」

「FAZIOLIのショールームが、芝浦にあるんですよ!すぐそばですから、一緒に行きましょう。」

 

ということで、ツアー最終日、一旦、Zeppで待ち合わせて、調律師さんのクルマで、FAZIOLIのショールームへ。

 

出迎えてくれたのは、アメリカ人で、FAZIOLI日本支社の代表氏。

調律師さんは、「ちょっとクルマ停めてきますので、見ててください」

と、僕は代表氏と二人きりで、誰もいないショールームに残されることになりました。

 

別れ際、調律師さんが

「あ、川村さん、ブレスレット・・・。それは、外して下さいね。」

 

FAZIOLIは、手作りの超高級ピアノ。

一番小さなモデルF156(奥行が156㎝という意味)でも、740万円ほど(予想価格。FAZIOLIは、実は値段が表示されていません・・・)。

この大きさですと、ヤマハのC1Xが奥行161㎝と最少で、165万円ほど。

 

フルコンサートグランドになりますと、各社とも値段が跳ね上がりますが、

カワイ EX 標準価格 (税込) 10,395,000円

ヤマハ CFX 希望小売価格 19,950,000円(税込)

スタインウェイ   D-274 輸入元価格 19,950,000円

ベーゼンドルファー Model 290  輸入元価格 20,475,000円

 

さすが、ベーゼン・・・。

と言いたいところですが、FAZIOLIのフルコンサートモデルで、さらに特別仕様になりますと、・・・1億円近いのだそうです。

そりゃあ、ブレスレットも外されられますね(笑)。

 

こちらは、たしか、モデルF183だったと思います。

えーっと。

900万円くらいかな・・・。

 

ちなみに、間もなく特設ページの公開、そして、お申込み受付を開始いたします、

6月24日(土)開催の緑ちゃん倶楽部 第八回 五周年記念特別課外授業。

 

こちらの会場であります、東京都狛江市のエプタザールのピアノは、

なんと。

 

ベーゼンドルファー Model290 インペリアル。

通常のModel290よりお高い、2500万円以上の高級ピアノでございます。

 

ええ、当日のセッションにご参加の皆さんには、こちらを弾いて頂くのですよ。

これも、本当に人生に何度も無い、チャンスだと思います。

 

「私、結構いいピアノ弾いたことあるよー。ベーゼンドルファーのModel290インペリアルだけど。」

 

世のピアノ弾きの多くが、

「えーっ、なんでなんで!」

とびっくりすること、請け合いでございます(笑)。

 

僕もめちゃめちゃ楽しみです

ちょっと、びびりますけどね(笑)。

もう、見るだけでも、素敵ですが、

当日は、僕もこのインペリアルを演奏させて頂きます。

 

お申込み、お待ちしておりますよ!

(緑ちゃん倶楽部会員以外の皆様へ:この課外授業の詳細は、近日改めましてお知らせいたしますが、どなたでもご参加して頂けますので、どうぞよろしくお願い致します。)

 

ではー。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« マイナス何度... 食せ幸せ。 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。