毎日がHappy気分♪

映画大好き!山が大好き!ビーズもバラも大好き!!
そんな私の日常を気ままに綴った日記です。

丸亀デビュー

2017-03-26 05:30:50 | 食べてハッピー♪

 

 

とりこぼしネタです。

 

パパが一度食べてみたい、とずっと言ってた丸亀うどん。

とうとう実行に移しました。

季節限定の あさりうどん と迷いましたが

王道の 釜玉うどん + てんぷら にしました。


チャチャッと食べたい時にいいですね。

ツウの方にはいろんな食べ方があるようで。

いつか讃岐で本場のを食べてみたいです。


 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

『リバース』

2017-03-25 05:21:26 | 本でハッピー♪

 

湊かなえ 著。

 

妹からLINEが来て、面白いから読んでみて、というので読みました。

この人の作品は ほんと後味が悪い。(今は ”イヤミス” って言うらしい)

そして、彼女の作品にしては珍しく男性が主役のミステリー。


大学のゼミ仲間が旅行に行き、そこで事故が起き・・・


詳しくは書けません。

4月からドラマも始まるそうですので。

でも、最後の最後に


え・・・・・・・。


と 言葉を失いました。

その後の彼を想像したら眠れなくもなりました。


元々記憶力が弱いのに、老化でそれがますますひどくなり

最初は登場人物の名前が覚えられず

これは誰だっけ? と 何度もページを戻ったり。

小説読むのも 人の倍かかっちゃう。


ドラマは原作とはかなり違うみたいですが

もう 見ないわけにはいかないな。

「え・・・・・・・。」

の その後も描かれているとか。

どうか、がっかりしませんように。




 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

スイーツランチ

2017-03-24 05:19:04 | 食べてハッピー♪

 

我が家から車で20分くらいの所に昨年できたパンケーキ屋さん。

カウンターと小さなテーブルが3つだけの小さなお店にいつも人が溢れています。

以前から気になっていたのですが、やっと行くチャンスが。

 

30分くらいかけて焼くので なんやかんやで1時間ほど待ちました。

友人とおしゃべりしていればそれほど長くは感じないけれど

小さなお子さんを連れていると ちと辛い時間かもしれません。


そして・・・

正直な感想を書きます。

bills のリコッタパンケーキを食べた時のあの感動を上回ることはありませんでした。

でも、この辺りにはなかったお店なので貴重かもね。

私にはパンケーキより、お友達とのおしゃべりの方が楽しかった。

だから総括すると満足でーす。

 




 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

友人K

2017-03-23 05:02:30 | とにかくハッピー♪

 

LINEの返事は早い方だと思っていますが

たまにはそうじゃない時もあります。

 

昨日、高校時代の友人KからのLINEにもすぐには返せず。

でも、それだけでこんなに心配してくれて嬉しかった。

 

一時期音信不通になった事もあったけど

やっぱり私にとって彼女は一番の ”心の友” なんだと思います。

嫌なことは嫌、 と言える唯一の人。
(普段これが言えずにずいぶん自分を苦しめているので・・)

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

開花

2017-03-22 04:47:27 | お花でハッピー♪

 

くるりんぱ の花が咲きました!

昨年我が家に来てから 2度目の開花です。

もう少し暖かくなったら 外に出してあげよう。

 

”くるりんぱ” とは私が付けた愛称です。

本名はアルブカスピラリス

絶対に覚えられない・・

葉っぱのクルクル部分が なんだかグチャグチャになってきたけど

元気に育ってるので可愛いです。

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

紫雲英

2017-03-21 05:09:18 | お花でハッピー♪

 

年々減ってる れんげ草。

今年も会えて嬉しいな。


 

 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

お嫁ちゃんと

2017-03-20 06:03:34 | お兄ちゃん

 

写真の角度が変ですが・・・

お彼岸のお中日、いつものようにお嫁ちゃんとKちゃんが来ました。

一緒にぼた餅を作り、

 

 

 

色々お料理も作り、

お墓参りにも行って お兄ちゃんを偲びました。

毎回よくお手伝いをしてくれて助かります。

 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

一番のり

2017-03-19 04:57:12 | 薔薇でハッピー♪

 

うららちゃんたら気が早い。

もう蕾つけちゃったのね。

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

◆リリーのすべて◆

2017-03-18 06:12:19 | 映画でハッピー♪

  今日のシネマ 

 

2015年 イギリス

俳優の名前をクリックすると詳細が見れます

 

ああ、どうしよう・・・

エディ・レッドメイン が凄すぎて言葉が出ない・・・

本当に、本当に、すごい映画観ちゃった。

『ラ・ラ・ランド』 であんなに盛り上がった自分をちょっとこっちに置いといて、

この映画、私の今年のベスト1になるかもしれない。


世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベの実話を描いた伝記ドラマ。

1926年、デンマーク。

風景画家のアイナー・ベルナーは、肖像画家の妻ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、

自身の内側に潜む女性の存在を意識する。

それ以来「リリー」という名の女性として過ごす時間が増えていくアイナーは、

心と身体が一致しない現実に葛藤する。

ゲルダも当初はそんな夫の様子に戸惑うが、次第にリリーに対する理解を深めていく。(映画com.より抜粋)


今でこそ、トランスジェンダーと言う言葉はあちこちで取り上げられ、理解も増えてきたけれど

この時代、それを内に秘めて生きていた人たちはどんなに辛かっただろうと・・・

男と女の間で揺れ動く心情を エディ・レッドメインが 完璧に演じてくれました。

私は終始胸が張り裂けそうな思いで辛くて辛くて・・・

そして、奥さんのゲルダの気持ちも痛いほど理解でき、

二人の心の機微に、私も揺れ動き通しでした。


『レ・ミゼラブル』 の時は それほどエディに強い思い入れはなかったものの、

2015年に彼は 『博士と彼女のセオリー』(な、なんとまだ観てなかった!)でオスカーを取っています。

2016年、ディカプリオがやっとオスカーを取って嬉しかったのは事実だけど、

今、この作品を観た時点で、もし私が一票持っていたら間違いなく主演男優賞はエディに入れる!(レオ様ごめん・・)


とにかく、もう、言葉で言い尽くせないほど彼が素晴らしかった。

こんなにすごい俳優さんだったんだ。

それに気づくことができて良かった。

本当に観て良かった・・・


奥さんのゲルダは アリシア・ビカンダー(彼女はこの映画でオスカー取ってます)

手術を行う医師に セバスチャン・コッホ


エディは原作を読み、どうしてもこの役をやりたいと直談判したそうです。

それが叶い、アイナーとリリーを見事に演じ切りました。

俳優という職業を羨ましく思ったし、

人の人生を、こういう形でなぞることができるって本当にすごいことだと感じました。

映画って・・・映画って・・

やっぱり素晴らしいっ!!


内容は辛くて悲しいお話だけど

彼らが記録を残しておいてくれたお陰で 今がある、と思います。

知ることは大切なこと。

そして、きっと後世の誰かを救い上げる一助になっている、と・・




 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆キャロル◆

2017-03-17 05:23:05 | 映画でハッピー♪

  今日のシネマ 

 

2015年 アメリカ

俳優の名前をクリックすると詳細が見れます

 

1950年代ニューヨークを舞台に女同士の美しい恋を描いた恋愛ドラマ。

ジャーナリストを夢見てマンハッタンにやって来たテレーズは、

クリスマスシーズンのデパートで玩具販売員のアルバイトをしていた。

彼女にはリチャードという恋人がいたが、なかなか結婚に踏み切れずにいる。

ある日テレーズは、デパートに娘へのプレゼントを探しに来たエレガントでミステリアスな女性キャロルにひと目で心を奪われてしまう。

それ以来、2人は会うようになり、テレーズはキャロルが夫と離婚訴訟中であることを知る。

生まれて初めて本当の恋をしていると実感するテレーズは、

キャロルから車での小旅行に誘われ、ともに旅立つが……。(映画com.より抜粋)

 

ケイト・ブランシェット の存在感たら!

好きな女優さんの一人で、数々の作品も観てきました。

だけど、なんだろう・・・

彼女のこの圧倒的な佇まいに

もうすっかり慣れてしまっている自分がいてちょっと戸惑った、というか、

お腹の底から笑えるコメディー映画にに出てる彼女を観てみたいなぁ、なんて・・

 

 

これは恋愛映画です。

同姓愛ってことを除けば ストーリーはどこにでもありそうな話。

でも、繰り返すけど やっぱりケイトの有無を言わさぬ存在感と

  ルーニー・マーラ 演じるテレーズの ちょっとおどおどした消極的な雰囲気とのギャップが

二人の恋の危うさを増長させ、気が気でない思いで見てました。


絵がきれい。

仕草がきれい。

視線がきれい。

何もかも、隙がないほど美しい映画でした。

大人の、禁断の、ラブストーリーです。


 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加