アドラー心理学に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行っています。
アドラー心理学による勇気づけ一筋30年 「勇気の伝道師」     ヒューマン・ギルド岩井俊憲の公式ブログ



おはようございます。アドラー心理に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

久しぶりにゆっくり起床し、更新の時間が遅くなりました。

昨日(1月21日)は、ヒューマン・ギルドで 「愛と勇気づけの親子関係セミナー(SMILE)」 の集中コースが行われたため出勤しました。

23人の受講者を迎える挨拶をして講師の庭野静子さんにバトンタッチしました。

午前中、事務作業をしてから不登校の子どもとその親たちに勇気づけの研修(3時間)を行うために出かけました。

「不登校」問題とアドラー心理学とは、私にとって切っても切れない関係にあります。

1983年4月から1985年3月まで(ヒューマン・ギルドを設立するまで)私は不登校の子どもたちとその親たちを支援する民間施設で働いていました。

3年間、不登校(家庭内暴力もあり)から高校中退に至った子を家に預かりました。

その意味では、不登校の支援は私がアドラー心理学を学び活用する原点でした。

研修では、親子を一組にしたりして、勇気くじきの3要件として次の3つを伝え、

(1)高過ぎる目標の設定
(2)他者との比較
(3)人格の否定

最後は、「子どもが夢中になれる、役立てる何かを探せ!」で結びました。

◆不登校児を支援するためにこのブログでは、「不登校に贈る応援歌」として10回連載しています。

12月19日 不登校に贈る応援歌(1):踊り場が必要 
12月22日 不登校に贈る応援歌(2):あの人も不登校だった!
12月23日 不登校に贈る応援歌(3):私もプチ不登校だった!
12月28日   不登校に贈る応援歌(4):そもそも不登校って?
 1月 9日  不登校に贈る応援歌(5):苦しまずに学校に行かない選択
 1月14日 不登校に贈る応援歌(6):苦しまないでできること
 1月19日 不登校に贈る応援歌(7):不登校に言及した本の紹介
 1月30日 不登校に贈る応援歌(8):「学校に行きたくない」と言われたら・・・・
 2月 2日  不登校に贈る応援歌(9):役に立っていると考えられないか?
 2月11日 不登校に贈る応援歌(10):パートで社会性を養う


個別の相談も受け、18:00ごろに会社に戻ると、何だかしらないけれどどっと疲れを感じていました。

夕刊を読んだりうたたねをしているうちに「愛と勇気づけの親子関係セミナー(SMILE)」 が終わり、庭野さんを含む12名で香港酒家に。

楽しい会話に加えて、おいしい中華料理とお酒で鋭気を取り戻しました。

「愛と勇気づけの親子関係セミナー(SMILE)」 は、アドラー心理学ベーシック・コース と並ぶ、親子関係をモデルにしたアドラー心理学の基礎的な対人関係が学べるコースです。

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。新宿区神楽坂で研修&カウンセリングの事業を営む ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

昨日(1月20日)の11:00~18:00は朝日新聞社で

コミュニケーション力向上講座      
~自分力アップのすすめ~

の講師を務めてきました。

朝日新聞社の研修は、2008年11月以来10年目、11回目になりました。

10:20に研修会場に入ったところ、大失態に気づきました。
パソコンを持参するのを忘れたのです。
しかもUSBにもデータを入れていなかったのです。

ここで、代替案をとっさに考えました。

(1)パソコンなしで講座を行うこと
(2)配布資料用のデータで対応すること
(3)カミさんに電話をして、家にあるパソコンからデータを送ってもらうこと

私は(3)にトライしました。

ただ、困ったことにカミさんはMacのユーザーで、Windowsに慣れていません。

それでも何とかやりきり、研修開始15分前には、何事もなかったように涼しい顔になり、今までにないくらい反応のいい研修ができました。


研修の内容は、下記のとおりでした。

1.オリエンテーションとリレーションづくり
・参加者相互間の人間関係づくり
・研修の進め方・ルールなどについて合意

2.感情のコントロール法
(1)日常生活で出合う様々な感情
(2)感情の役割
(3)劣等感はかけがえのない友
(4)感情はコントロールできる

3.自分と周囲への勇気づけ
(1)自分自身への勇気づけ(自己受容)
(2)周囲の人たち(部下、家族など)への勇気づけ

参加者数は23名。

驚くべきことがありました。

ベストセラーの『嫌われる勇気』をすでに読んでいる人が2人。
木曜日のTVドラマ「嫌われる勇気」を観た人はゼロ。

アドラー心理学は、まだまだ普及の余地がありそうです。

私は、系列の朝日新聞出版から出している『働く人のためのアドラー心理学』(600円+税)をしっかりと宣伝させていただきました。

働く人のためのアドラー心理学
「もう疲れたよ…」にきく8つの習慣 (朝日文庫)
岩井 俊憲
朝日新聞出版

 昨年5月末に出たこの本、すでに第3版になっています。

◆朝日新聞社の社員対象に行われたこの講座の初回にご参加の編集局 文化グループの谷記者は、研修後私を7日間密着取材、2009年1月30日の同紙夕刊「こころ」欄でご紹介くださいました。

2009年1月30日付けブログ 「ついに出ました、朝日新聞!―緊急速報 」
をご参照ください。

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。アドラー心理に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』(スーザン・ケイン著、古草秀子訳、講談社+α文庫、840円+税)をテキストとした「内向型人間を勇気づける本」シリーズの5回目です。

内向型人間のすごい力
静かな人が世界を変える
(講談社+α文庫)
スーザン・ケイン著
古草 秀子訳
講談社

 今回のテーマは「内向型/外向型」とは誰が広めた類型論であるのか、また、我らがアルフレッド・アドラーは「内向型/外向型」のどちらに属するのか、の2つに絞ってお伝えします。

まず、『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』の「はじめに」によれば、「内向型/外向型」という性格理論を世に知らしめたのは、1921年、カール・グスタフ・ユングが『心理学的類型』で次のように書いいてた、とされています。

内向型
・自己の内部の思考や感情に心を惹かれる
・周囲で起きる出来事の意味を考える

外向型
・外部の人々や活動に心を惹かれる
・周囲で起きる出来事に自分から飛び込んでいく

スーザン・ケインは、その後の多くの心理学者の考えたことをもとに次のように書いています。

内向型
・ゆっくりと慎重に行動することが多い
・一度のひとつのことの作業に集中するのを好み、すばらしい集中力を発揮できる
・富や名声などの誘惑に惹かれることは比較的少ない

外向型
・すばやく行動する
・すばやく、時には性急に決定をくだし、一度に複数のことをこなしたり、リスクをとったりするのも平気
・金銭や地位などの報酬を「求めるスリル」が楽しい

ユング心理学を日本に広めた河合隼雄氏の『ユング心理学入門』(岩波現代新書)によれば、「完全に内向とか、完全にないこうといった人は、(少なくとも正常者においては)考えることができない」とも書きながらフロイトとアドラーの対比を次のように書かれています。

ユング心理学入門―“心理療法”コレクション
〈1〉 (岩波現代文庫)
河合 俊雄
岩波書店

「フロイトは人間の行動を規定する要因として、その個人の外界における人間や事件を考えるのに対して、アドラーでは、その人の内的な因子、つまり権力への意志を重要視している。このように、同じ事象をみても、それに対する態度が異なると、考え方も、見方も変わってくる点に注目して、人間には異なる2つの一般的な態度があるとユングは考えた」

このユングが書いていること―「権力への意志」、英語では”will to power"、アドラーが頻繁に使っている表現では”striving for power and superiority”(力と優越を求める努力)― は、アドラーの内的な意志の取り組みを浮き立たせ、ユングが身近に接したフロイトとアドラーが内向型/外向型の着想のモデルになっていたことを語っています。

ともあれ、内向型/外向型の類型の創始者のユングがアドラーを内向型のモデルとしていたことは、内向型人間を勇気づけてくれるではありませんか。

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。アドラー心理に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

昨日(1月18日)の9:00~16:30は、某企業の茨城県の研修センターでハイ・パフォーマーである19人の管理職(課長クラス)研修を行っていました。

研修の最後に近い部分ではグループ・ワークを行いましたが、時間内にきっちり終わると共に、完成度の高さによって彼らの(1)共感力の高さ、(2)協力的姿勢、(3)向上心の高さ、(4)責任感の強さが裏付けられました。

受講者一人ひとりからご感想をいただきしたが、職場だけでなく家庭でも生かせる内容であったことの指摘を数人から受けました。

さて、『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』(スーザン・ケイン著、古草秀子訳、講談社+α文庫、840円+税)をテキストとした「内向型人間を勇気づける本」シリーズの5回目です。

内向型人間のすごい力
静かな人が世界を変える
(講談社+α文庫)
スーザン・ケイン著
古草 秀子訳
講談社

今回のテーマは「内向型/外向型は生まれつきか?」という問いに対する回答です。

子どもの感情や認知能力の発達に関する研究に人生を捧げてきた発達心理学者のジェローム・ケーガンは、生後4カ月の乳児500人を集め、45分間観察すれば、一人ひとりの赤ちゃんが将来内向的に育つか外向的に育つかを予測できると考え、実験に着手しました。

赤ちゃんにさまざまな未知の体験に対してそれぞれ次の分布の反応を示しました。

約20%・・・元気よく泣いて、手足をばたつかせた「高反応」のグループ
約40%・・・静かで落ち着いたままで、時々手足を動かすものの、さほど大きな動きがなかった「低反応」のグループ
約40%・・・「高反応」と「低反応」の中間

その後、それぞれのグループに属する赤ちゃんが2歳、4歳、7歳、11歳の時点で見知らぬ人や初めての体験の事柄に対する反応をテストされたところ、ケーガンの予測通りに成長しました。

20%の「高反応」だった赤ちゃんの多く・・・思慮深く慎重な性格に成長
「低反応」のグループだった赤ちゃん・・・大らかで自信家の性格に成長

ケーガンらの研究はどれも完璧ではないが、結果は一貫して、内向性・外向性が調和性や勤勉性など主要な特質と同じく、40%から50%は遺伝によるものだと『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』の第4章にスーザン・ケインは書いています。

また、双生児を対象にした遺伝研究では、内向型となるか、外向型となるかは40%から50%は遺伝によるとしつつも、遺伝と環境の理論によれば、特定の性質を持つ人は、その性質を強化する人生体験を求める傾向があることも書かれています。

以上のことからケインは、内向型の属する高反応の子どもに勇気づけに満ちた書き方をしています。

〔彼らは〕安定した家庭環境できちんと育てられれば、低反応の子どもよりも感情的問題を抱えることが少なく、社会技能(ソーシャルスキル)にもすぐれる傾向があると、研究は示している。
共感する力が強く、思いやりがあり、協力的なのだ。

こう読んでいると、私が昨日「ハイ・パフォーマーの4つの特質」に書いた条件 ― (1)共感力の高さ、(2)協力的姿勢、(3)向上心の高さ、(4)責任感の強さ ― を内向型の人たちが備えていることになります。

いかがですか?
内向型のあなた、勇気づけられませんか。

<お目休めコーナー>1月の花(19

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。アドラー心理に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

一昨日(1月16日)から某企業の茨城県の研修センターで19人の管理職(課長クラス)研修を行っています。

今日が最終日。

昨年も同じ研修を2回行っていますが、講師としてとても満足な進行状況です。

研修時、休憩時間、懇親会の場などで彼らを観察していると、企業内で高い業績を上げている人たち(ハイ・パフォーマー)の特質が浮かび上がってきます。

それらをまとめると、次の4つです。

1.共感力の高さ

相手や場の状況に対する関心が抜群に高い。

2.協力的姿勢

懇親会を自主的に行っていて、気持ちいいくらいの時間内に後片付けしました。

3.向上心の高さ

自分を高めようとするモチベーションが極めて高い。

4.責任感の強さ

自分のなすべきことに積極的に応答している。

逆に、ロー・パフォーマー(業績不振者)は、それぞれが逆になります。

本当ならもっともっと書きたいところですが、研修センターの通信状況がよくないので、このくらいにしておきます。

<お目休めコーナー>1月の花(18

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。アドラー心理に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

昨日(1月16日)から某企業の茨城県の研修施設に来て、3日間の管理者研修を行っています。
この企業様からは、昨年も同じ研修をお引き受けし、来年度もすでにご依頼を受けています。

ヒューマン・ギルドの強みは、抜群のリピート率の高さです。

さて、『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』(スーザン・ケイン著、古草秀子訳、講談社+α文庫、840円+税)をテクストとした「内向型人間を勇気づける本」シリーズの4回目です。

内向型人間のすごい力
静かな人が世界を変える
(講談社+α文庫)
スーザン・ケイン著
古草 秀子訳
講談社

1回目のブログで内向型/外向型のチェックをしたとき、私は両方の傾向がある両向型としましたが、研修に臨む際の私は、かなり内向型の傾向があります。

研修講師をしていると、「先生に対してどのようなお世話をしたらいいでしょうか?」と尋ねられることがありますが、そんな時は「放っておいていただけると一番うれしいです」と答えることが多いです。

休憩時間でも、頼みもしないのにコーヒーやお茶を入れてくる人 ― 時にはお菓子を持ってくる人 ― もがいますが、「これからは自分でやりますから」と言います。

一人でいることに寂しさを感じる人もいるようですが、私は何人でワイワイガヤガヤするよりも一人でいる方がずっと安心感を得られます。

『内向型人間のすごい力』の第3章「共同作業が創造性を殺すとき」によれば、内向型人間は単独行動を好み、孤独が革新の触媒になること、「集中的実践」が可能になることにより創造性を発揮することが書いてあります。

また、1990年から1995年のかけての芸術、科学、ビジネス、政治の分野で並外れて創造的な91人を研究した、有名なミハイ・チクセントミハイの研究によれば、対象者の多くは孤独な思春期を過ごし、その理由の1つとして「同級生たちには奇妙に思えることに強い関心を持っていた」ことも紹介されています。

職場環境からしても、オープンオフィスは、生産性を減少させ、記憶力を損なうことがわかっており、スタッフの離職率を高め、働く人の気分を悪くさせ、敵対的にし、意欲を奪い、不安を抱かせ、ストレスを高めることがわかっていることが記されています。

それにも関わらず、長年の研究結果から従来の創造的ブレーンストーミングが有効でないとわかっているのに、いまだに人気があることをスーザン・ケインは嘆いています。

こうして読んでみると、私たちの中に存在するまだまだ「外向型の方が望ましい」というような社会的な価値を疑問視するアプローチは、内向型人間を大いに勇気づけてくれます。

次回は、内向型/外向型が生まれ持った性質であるかどうかに迫ることになります。

<お目休めコーナー>1月の花(16

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。アドラー心理に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

昨日(1月15日)は、タクロウの27回目の誕生日。
カミさんの手作りの料理を3人で味わいました。

昨日はオフの日のはずなのですが、会社にいるよりも忙しく、今月はこれから残りの半月で11日も研修 ― 今日からは3日間の宿泊研修 ― をするので、その主要な研修のプレゼン資料・配布資料作りで朝から晩までかかってしまいました。

ただ、違うジャンルの研修をいろいろ担当できるので、刺激になります。

疲れたときは音楽と前妻が送ってくれた孫の写真に癒されました。

とりわけ昨年5月に生まれた女の子の成長が著しく、またとても素敵なので、カミさんやタクロウに見せてはその可愛らしさを家族でも確認しました。
こういうのを「ジジバカ(爺馬鹿)」というのでしょうか?

カミさんに言わせると、イラストで描きたい表情だそうです。


さて、1月下旬~2月上旬の受講可能な外部研修のお知らせです。
お知り合いの方がご近所におられれば、ご紹介ください。
 
(1)NPO法人 日本交流分析協会 東北支部
 アドラー心理学による勇気づけ
 
 アドラー心理学は、もともとE.バーンが”Games People Play”のはしがきでアドラーの影響を認めているとおり、交流分析のルーツの1つでもあります。
 アドラー心理学にかかわって32年の岩井俊憲が日本交流分析協会にて(1)アドラー心理学の基本原理と、その技法としての(2)勇気づけについて1日たっぷりと。
 日時:1月28日 (土) 10:00~16:30
 会場:盛岡アイーナ803会議室(盛岡市盛岡駅西通1-7-1)
 受講料:日本交流分析協会会員 岩手7,000円 県外6,000円     
     産業カウンセラー協会会員6,500円、 一般8,000円
 http://www.jtaa-touhoku.com/wp-content/uploads/2016/05/20170128_adler.pdf
 
(2)中小企業大学校三条校 http://www.smrj.go.jp/inst/sanjyo/
 経営トップセミナー ― ビジネス心理学に学ぶ最良の組織づくり


 
  本研修では、「アドラー心理学」と「アンガーマネジメント」により、怒りの感情を上手にコントロールする方法と、社員に「勇気づけ」を行うことで、尊敬・信頼・共感をベースにして活力を与える方法を学び、社員そして組織全体の活性化に役立てていただきます。
 日時:2月10日(金)9:30~16:40
   会場:中小企業大学校三条校(新潟県三条市上野原570番地)
 講師: 阿井 優子さん と私のダブル講師
 受講料:16,000円
 http://www.smrj.go.jp/inst/sanjyo/list/details2016/099898.html
◎テキストとして『人を育てるアドラー心理学』がつきます。

人を育てるアドラー心理学
最強のチームはどう作られるのか
岩井 俊憲
青春出版社

※お申し込み、お問い合わせは、各URLからご確認下さい。

 阿井 優子さん 、中小企業大学校三条校の方と私の打ち合わせ時のブログは、下記をご覧ください。

2016年11月1日付けブログ 【縁】を強く感じた1日 (の前半部分)

<お目休めコーナー>1月の花(16

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。アドラー心理に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

昨日(1月14日)は、10:00スタートで第36期 ELM勇気づけトレーナー養成講座 を開催しました。

研修室には、遠くは福岡、宮城などから14名の受講者が集まりました。

私は、開講挨拶と共に講師2名(鈴木三穂子さん小倉玄さん、両氏ともELM勇気づけプログラムの開発者)のご紹介をさせていただきました。

事務作業をしながら会場の様子を窺うと、とても活気に満ちていました。

受講者の方が2日間のうちに1回、あるいは2回トレーナー体験をし、仲間からのフィードバック、講師からのコメントを受けて力量を高めていきます。

19:00少し過ぎてからは、14人で香港酒家で懇親会。

まずは、食事をしていただきながらたっぷり歓談。

続いて一人ひとりの質問付きの自己紹介。

とてもなごやかな雰囲気。

私は、懇親会も大事な講座の一環と捉えています。

21:30をを過ぎたところで解散。

受講生には今日もしっかり学んでいただきましょう。

◆次回の第37期 ELM勇気づけトレーナー養成講座 は、次のとおり開催します。

日 程:3月25日・26日(土・日・2日間コース)
講 師:鈴木三穂子氏(ELM開発メンバー)、永藤かおる(ヒューマン・ギルド研修部長)
受講料:64,800円(税+テキスト代込み)、再受講は32,400円(税込み) 会員限定。
 再受講は4名限定(ELMリーダー養成講座受講者も再受講枠になります。テキストはご持参下さい)。
参加条件:
(1)アドラー心理学ベーシック・コースを修了していること。
(2)SMILEを修了していること 
(3)SMILEの課題(宿題)の提出が終わっていること。
(4)ヒューマン ・ギルドの会員であること(一般の方がお申込みの場合は、同時にご入会下さい)。
※ELMリーダー資格をお持ちの方も同じ条件です。

 

<お目休めコーナー>1月の花(15

 

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。アドラー心理に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

昨日(1月13日)は、静岡県内の某企業の事業所で継続的な研修の一環としてカウンセリングを行ってきました。

温暖な静岡県でもかなり寒かったです。

さて、「内向型人間を勇気づける本」シリーズの3回目。

 『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』(スーザン・ケイン著、古草秀子訳、講談社+α文庫、840円+税)の第2章をもとに、そこから連想する話を書きます。

内向型人間のすごい力
静かな人が世界を変える
(講談社+α文庫)
スーザン・ケイン著
古草 秀子訳
講談社

内向型の著者のスーザン・ケインは、全米一の自己啓発コーチ、トニー・ロビンズの入門レベルのセミナーに潜入した演出一杯の様子を描写し、トニー・ロビンズが彼女の目には「発揚性気質」― 一種の外向的な気質で、ある精神科医によれば「活動的で陽気で、自信過剰な感情的気質」― と映っています。

もう1つ外向型が闊歩しているのがハーバード・ビジネス・スクールのキャンパス。

ここでは、55%しか自信がなくても100%のような確信を持って話すことが文化的な価値となっています。

そのことでリーダーの立場にある人間は雄弁でなくてはならず、外向型こそが有能なリーダーであるかのような印象を与えがちです。

しかし、スーザン・ケインは、内向型の人間にも有能なリーダーが存在するし、外向型と内向型は陰と陽のように補完し合うことを書いています。


実は、私は自己啓発セミナーの操作的な演出にアレルギーを持つ人間です。

一応あるセミナー会社のベーシックとアドバンスの両コースを受講しましたが、演出される感動には辟易し、先のコースに進むのは辞退しました。

トニー・ロビンズのビデオも持っているのですが、全部を観る気持ちを失ってしまい、途中でやめました。

なお、自己啓発セミナーのインストラクターの指導者から電話があったときは、次のような対応をしたことがあります。

◆2015年3月6日付けブログ 『嫌われる勇気』を発揮:久しぶりだからとて会いたくもないとき

このように極端な外向型には違和感を持つ私です。

<お目休めコーナー>1月の花(14

 

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。アドラー心理に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

昨日(1月12日)から静岡県の某市にいます。

ホテルの近くには食事をする場所がなく、駅の反対側にやっとありました。

22:00 から連続TVドラマ「嫌われる勇気」を観ましたが正直言って期待外れでした。

何よりも香里奈の演ずる刑事を「ナチュラル・ボーン・アドラー」として扱うのはクレームものです。

あの人物像が「生まれながらに自然にアドラー心理学のライフスタイルと共同体感覚を備えた人」として受け入れられるでしょうか?


昨日は、かんき出版から『アドラー流 一瞬で心をひらく聴き方』2000部重版、5刷のご連絡をいただきました。

アドラー流一瞬で心をひらく聴き方
岩井 俊憲
かんき出版

 さて、今年は化石人間化しないためにも若者から大いに学ぼうと新年の誓いを立てました。

 間もなく27歳になろうとしている息子と話すだけでかなり知的な刺激を受けます。

 若者の生態を学ぼうとして読んだのが『何者』(朝井リョウ、新潮文庫、590円+税)

直木賞受賞作です。
映画化もされていますね。

何者 (新潮文庫)
朝井 リョウ
新潮社

就職活動中の大学生5人を中心に、飾ったり、見栄を張ったり、表と裏の顔を持つ若者の生態が浮き彫りになる小説です。

最初は、自分には関係ない世界のようでのめり込めないでいましたが、いつしかグングン引き込まれていきました。

そこには、愛や嫉妬・羨望の感情が交錯し、何がそれぞれのアイデンティティかわからなくなります。

圧巻は2つのコンフロンテーション(直面化)。

主人公の拓人が傍観者の立ち位置だったものが、いつしか「冷静な観察者」の仮面がはがされる時が来ます。

この最後の部分には、ゆったり呼吸できないでいる読者としての自分がいました。

朝井リョウ恐るべし。

<お目休めコーナー>1月の花(13

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。アドラー心理に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

昨夕(1月11日)、富山から北陸新幹線で東京に戻ってきました。

オフィスの近くで18:55に帰り際に会った永藤かおるさん(研修部長)からは、「私のPHP研究所のWebsite に掲載される原稿を見てほしい」との依頼を受けました。
机の上に置いてあり、すぐチェックをしました。

宮本 秀明さん(法人事業部長)は、依頼を受けているテキストの原稿書きにふーふー言いながら、私にとても魅力的な提案をしてくれました。
この人は、自分のためでなくヒューマン・ギルドにとって何が一番最適かを考えてくれます。

私の机の上に置かれた12月度の経理資料に目を通し、一部修正して会計事務所に送る指示をしました。
12月度の経営状況もとても順調で、とりわけ法人事業部門の売上が全体の6割を占めていることがわかりました。

ところで、ヒューマン・ギルドの私を含む3人の講師は、抜群のリピート率を誇りますが、3人とも外向型ではありません。
受講者に細やかな配慮をしながら、持続的な効果が発揮できる指導法を心掛けています。
感動で盛り上げるフィナーレを演出することがありません。


さて、「内向型人間を勇気づける本」シリーズの2回目。

まずは、フェイスブックにコメントをしてくださった方が何人もいます。
ありがとうございました。

「え、この人が?」という人もいれば、「やっぱりね」という人もいました。
かなり内向型の人は、日本人には多いようです。

 『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』(スーザン・ケイン著、古草秀子訳、講談社+α文庫、840円+税)の第1章では、20世紀に入ってアメリカで外向型人間がいかにして文化的な理想になったのかが書かれています。

内向型人間のすごい力
静かな人が世界を変える
(講談社+α文庫)
スーザン・ケイン著
古草 秀子訳
講談社

その支柱がアドラーから影響を受けたデール・カーネギーの自己啓発本。
この影響で「他人に見られる自分を意識する時代」に入ったことが書かれています。

アドラーもしっかりと登場します。

物怖じしないように見えることをとりわけ重要視し、「劣等感」の概念を広めた心理学者として2ページにわたって登場します。

しかし、1920年代から内向型が「環境に適応できない個性」によって悲惨な結末をもたらすことが強調され、成功を導きやすい外向型が賞賛される歴史がトレンドになったことが書かれています。

私は、この本を読みながら訳のあり方に異論を持ちました。

訳者がどうやらcharacterを人格、personalityを性格と訳しているらしいことがわかりました。

心理学の世界ではこれは逆です。

正しくは、characterを「性格」、personalityをそのまま「パーソナリティ」と受け止めた方が好ましいです。

このところを読む際にご注意願います。

<お目休めコーナー>1月の花(12

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。アドラー心理に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

昨日(1月10日)は、ある企業に出向きカウンセリングを行っていました。

昨晩中に富山に移動しました。

企業のご担当の方から富山に着いてからお食事のご提案をいただいていたのですが、ご遠慮し、新幹線の中で軽い食事をし、ホテルでマッサージ機のお世話になりました。

私はひとりでゆったりするほうが好みです。

それにしても、最近のマッサージ機の性能の良さにはビックリしました。

さて、昨年、うちのカミさんが長いこと読んでいて、やっと私のところにやって来て、私もまた長い時間をかけて読んだのが『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』(スーザン・ケイン著、古草秀子訳、講談社+α文庫、840円+税)。

内向型人間のすごい力
静かな人が世界を変える
(講談社+α文庫)
スーザン・ケイン著
古草 秀子訳
講談社

この本の「はしがき」に内向型・外向型のどちらに自分が属するのかをチェックする質問があります。

まずは、やってみましょう。

□グループよりも1対1の会話を好む。
□文章のほうが自分を表現しやすいことが多い。
□ひとりでいる時間を楽しめる。
□周りの人にくらべて、他人の税さんや名声を地位にそれほど興味がないようだ。
□内容のない世間話は好きではないが、関心のある話題について深く話し合うのは好きだ。
□聞き上手だと言われる。
□大きなリスクは冒さない。
□邪魔されずに「没頭できる」仕事が好きだ。
□誕生日はごく親しい友人ひとりか2人で、あるいは家族だけで祝いたい。
□「物静かだ」「落ち着いている」と言われる。
□仕事や作品が完成するまで、他人に見せたり意見を求めたりしない。
□他人と衝突するのは嫌いだ。
□独力での作業で最大限に実力を発揮する。
□考えてから話す傾向がある。
□外出して活動したあとは、たとえそれが楽しい体験であっても、消耗したと感じる。
□かかってきた電話をボイスメールに回すことがある。
□もしどちらかを選べというなら、忙しすぎる週末よりもなにもすることがない週末を選ぶ。
□一度に複数のことをするのは楽しめない。
□集中するのは簡単だ。
□授業を受けるとき、セミナーよりも講義形式が好きだ。

弁護士を経てライターになった内向型の代表格の著者、スーザン・ケインはチェックの数が多いほど内向型で、少ないほど外向型だと書いています。

ちなみに、私は20項目に9つのチェックが付いたので、両向型だとみなされます。
カミさんは、かなり内向型で、人と会うよりも静かにイラストを描くことを好んでいます。

一般に言われていることですが、内向型と外向型とでは行動の点でも違い、それぞれに次のような違いがあります。

外向型
・すばやく行動する。
・すばやく、時には決定をくだす。
・一度に複数のことをこなせる。
・リスクを取ることも平気
・金銭や地位などの報酬を「求めるスリル」が楽しい。

内向型
・ゆっくりと慎重に行動することが多い。
・一度にひとつの作業に集中するのを好む。
・すばらしい集中力を発揮できる。
・富や名声などの誘惑に惹かれることは比較的少ない。

こんなかたちでこの本を素材に内向型人間を勇気づける記事を書いていくつもりです。

お楽しみに。

<お目休めコーナー>1月の花(11

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。アドラー心理に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

昨日(1月9日)9:30 ~17:00に 「愛と勇気づけの親子関係セミナー(SMILE)」のリーダー資格が得られる  SMILEリーダー養成講座 の3日目(最終日)が行われ、9名の方が無事修了しました。

誰もが割り当てられた章・節の2つ(人によっては3つ)を担当してもらい、実際に力量を試します。

最終日は、ロールプレイが盛りだくさん。

家族の雰囲気がもろに出る2つのパターンも。

 全員総出です。

 最初にストレッチングを入れてくれた人もいます。

 

第8章のところでは、資料を使って勇気づけのメッセージも。

2回目、3回目のリーダー役に対するフィードバックは、まさに勇気づけに満ち満ちていました。

最後は、3人一組で勇気づけの言葉を添えた修了証の授与。

感想を発表していただく場面では、こんな言葉がありました。

・やっぱりSMILEはいいな。

・中身の濃い3日間

・「地獄の特訓」と聞いて参加したが、「天国の特訓だった」

・共に学び合いの3日間だった。

・一体感が生まれた。「援助」の背後には愛があった。

・想定外のことが起きて鍛えられた。

・講座そのものが勇気づけ

私は、数多くの講座をだんだん他の講師に委譲していますが、このSMILEリーダー養成講座 と アドラー・カウンセラー養成講座 はなかなか手放せません。

SMILEリーダー養成講座 は今後次のとおり開催されます。

日程:5月コース5/3.4.5.(水、木、金・全祝日、3日間コース )

 ※5月コース、満員御礼(キャンセル待ちのみ受け付けいたします)。

日程:7月コース7/15.16.17.(土、日、月祝、3日間コース )

時間:1日目10:00-18:30  2日目9:30-18:30  3日目9:30-17:30

会場: ヒューマン・ギルド研修室 

講師:岩井俊憲(ヒューマン・ギルド代表)

料金:91,800円 再受講21,600円(再受講も会員限定4名様まで)

定員:11人(厳守します。定員以上の人数は入れません。再受講者は受け付け可能です)

参加条件:ヒューマン・ギルドのプレミアム会員で、ベーシック・コースとSMILE(課題・宿題も)修了者であること。


◆今月中旬に開催される ELM(エルム)勇気づけトレーナー養成講座 は1名だけ受け入れ可能になっています。
受講資格を満たす方ならば、ELM勇気づけリーダーの方が、再受講料金で参加が可能です。

第36期:1月14日・15日(土・日・2日間コース)

会場:ヒューマン・ギルド研修室 

料金:64,800円(税+テキスト代込み)、再受講は32,400円(税込み) 

参加条件:ヒューマン・ギルドのプレミアム会員で、ベーシック・コースとSMILE(課題・宿題も)修了者であること。

※ELMリーダー資格をお持ちの方にはお申し込みの際、備考欄にリーダーコースを受講済みであることと、リーダー講座の講師名をご記入の上お申し出下さい(テキストはお手持ちのものが使用出来ます)。

<お目休めコーナー>1月の花(10

 

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。アドラー心理に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

昨日(1月8日)9:30 ~18:15に 「愛と勇気づけの親子関係セミナー(SMILE)」のリーダー資格が得られる  SMILEリーダー養成講座 の2日目が行われました。

2日目の後半で、参加者全員がリーダー役を担当する姿を見ることができました。

この講座では、グループを目の前にしたときのリーダー役のライフスタイルが出ます。

鋭い質問に対応するのも大変です。

参加者は劇団 SMILEの団員のような人たちです。

実際にSMILEリーダーとしてこれから出会うであろう受講者よりも手ごわいです。

担当部分が終わってからのフィードバックは、勇気づけに満ちています。

講座が終わってからは9人で「竹ちゃん」に。

メンバーそれぞれの愛と結婚の物語に花が咲きました。

すっかり仲良しになっています。

今日は最終日。

どんな展開になるのか楽しみです。

<お目休めコーナー>1月の花(9

 

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。アドラー心理に基づく勇気づけの研修(外部研修も)とカウンセリングを行う ヒューマン・ギルド の岩井俊憲です。

昨日(1月7日)から1月13日(金)まで1週間、私は新春早々研修の連続の日々になります。

その皮切りが SMILEリーダー養成講座 。

9人の受講生(男性1名)が集まり初日が始まりました。

一人ひとりの自己紹介から始まった折にSMILEリーダー養成講座 が「〇〇の特訓」の別名があることを披露する人がいて、「私たちってMよね」という言葉が飛び交っていました。

テーブルを囲んで座る方式。

椅子だけで座る方式。

 4人一組でグループで進めるやり方など多彩です。

 

受講者のフィードバックが活発です。

リーダーを務める人の成長を願って辛口の発言も出ます。

1日目はペアゲームが中心、今日からロールプレイがどしどし展開されます。
楽しみです。

SMILEリーダー養成講座 は今後次のとおり開催されます。

日程:5月コース5/3.4.5.(水、木、金・全祝日、3日間コース )

 ※5月コース、満員御礼(キャンセル待ちのみ受け付けいたします)。

日程:7月コース7/15.16.17.(土、日、月祝、3日間コース )

時間:1日目10:00-18:30  2日目9:30-18:30  3日目9:30-17:30

会場: ヒューマン・ギルド研修室 

講師:岩井俊憲(ヒューマン・ギルド代表)

料金:91,800円 再受講21,600円(再受講も会員限定4名様まで)

定員:11人(厳守します。定員以上の人数は入れません。再受講者は受け付け可能です)

参加条件:ヒューマン・ギルドのプレミアム会員で、ベーシック・コースとSMILE(課題・宿題も)修了者であること。


◆今月中旬に開催される ELM(エルム)勇気づけトレーナー養成講座 はキャンセルが出たため、2名だけ受け入れ可能になっています。
受講資格を満たす方ならば、ELM勇気づけリーダーの方が、再受講料金で参加が可能です。

第36期:1月14日・15日(土・日・2日間コース)

会場:ヒューマン・ギルド研修室 

料金:64,800円(税+テキスト代込み)、再受講は32,400円(税込み) 

参加条件:ヒューマン・ギルドのプレミアム会員で、ベーシック・コースとSMILE(課題・宿題も)修了者であること。

※ELMリーダー資格をお持ちの方にはお申し込みの際、備考欄にリーダーコースを受講済みであることと、リーダー講座の講師名をご記入の上お申し出下さい(テキストはお手持ちのものが使用出来ます)。

<お目休めコーナー>1月の花(8

人気ブログランキングへ 
(クリックして勇気づけを)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ