井内利彰

競馬に携わってます

キング・ボブ

2017-04-25 | Weblog
先週末は京都競馬場で就活生を対象とした競馬教室の講師を務めさせていただきました。
やっぱり京都は近くていいなあというのとは別に、やっぱりノリのいい大学生。
私自身も楽しんで、バックヤードツアーまでご一緒させていただきました。

競馬を「USJ」に例えて話した時に「日曜日に行くんですよ」って話したので、それについて書いてみようと思います。

日曜は夜からインパして、ごはんを食べた後にミニオンパークを散歩。
この時間なら「キング・ボブ」のポップコーンバケツをゲットできると思ったのですが…。

なんと売り切れ。
やっぱスゴイなあと思いながら、クルーに詳細を聞くと「整理券を渡している」とのこと。
その整理券も早い時間になくなる可能性があると聞いていたので、翌日は一番にポップコーンカートへ向かうことにしました。

インパしたのが、8時50分ごろ。
ここで驚いたのは、ミニオンパークへ入るのにものすごく長い列ができていたことですが、ポップコーンカートはパーク外なので、列に並ばず、カートへ直行。
予想通り、整理券を渡されましたが、その引き換え時間は10時から10時30分でした。

ほっとして、ひと通りのアトラクション回りをした後、引き換えに向かうと、すでに「SOLD OUT」の文字。
またクルーに詳細を聞いてみると「今日は9時15分ごろに整理券はなくなりました」とのこと。前夜のリサーチが功を奏した感じですね。

キング・ボブのおかわりは年パスを持っていれば、なんと無料(※ただし期間限定)
だからもちろん、おかわりして帰りましたよ。

詳しくはコチラでご確認ください。

この記事をはてなブックマークに追加

調教動画診断

2017-04-23 | Weblog
現在、友駿ホースクラブの会報において、毎月コラムを担当させていただいています。
以前のコラムでクラブHPで提供されている動画を見て、調教の動きをコラムで取り上げたのですが、それをきっかけに2歳募集馬に関する原稿を書かせてもらうことになりました。

本来なら会報をお持ちの会員様しかご覧いただけないのですが、今回はクラブHPにPDFファイルがアップされています。
これを見ていただければ、募集中の馬の「調教動画診断」を読むことができます。

調教動画診断はコチラからどうぞ。

それぞれの馬に関して、いいところ、気になるところ。
自分が正直に感じたことを挙げたつもりです。
皆様の出資の参考になれば幸いです。

ちなみに動画は会員でなくとも観ることができます。
クラブHPからご確認いただいてもよろしいかと思います。

なお友駿ホースクラブでは、5月末まで入会金無料のキャンペーンを行っているようなので、これをきっかけに入会していただけるとこれまた幸いです。

この記事をはてなブックマークに追加

明日も京都競馬場です

2017-04-22 | Weblog
今日は京都競馬場でREXSのお仕事。
京都競馬場の芝でも撮影しようと思いましたが、電池不足でごめんなさい。

昨年の今ごろにも書いたと思いますが、やっぱり開幕週の京都芝は丈が長い。
これだとパワーがいるのかも知れませんね。

そんな今日感じたことをウマい馬券にも反映してみました。
その結果、午前中とは◎が違ったレースもありますが、その結果はどう出るか。

良くも悪くもあとで回顧してみたいと思います。

4月23日分のウマい馬券は入稿済み。

コチラからどうぞ。

今日の傾向を顕著に反映したのは、京都5、6、7Rです。

この記事をはてなブックマークに追加

今開催も、オープン型レーシングセミナー

2017-04-21 | Weblog
4月30日、5月7日、5月14日。

東京競馬場の名物企画・オープン型レーシングセミナー
G1当日に限定開催!
直近のレース予想に役に立つ情報が満載ですので、競馬ビギナーの方もぜひお立ち寄りください!

僕の出番は4月30日。
当日は天皇賞(春)が京都競馬場で行われますが、もし東京競馬場へお越しの方はぜひ。

ウマい馬券の4月22日分はすでに入稿済み。

コチラからどうぞ。

「春の福島で井内が勝負」というプレッシャーをかけられると・・・困っちゃいます(笑)

この記事をはてなブックマークに追加

コーラルリーフ

2017-04-20 | Weblog
父ヨハネスブルグ
母フィーユ
宮本博厩舎

画像は4月18日の坂路馬場をキャンターで駆け上がってくる様子。

宮本先生には20日に話を聞きましたが、コーラルリーフよりも前に入っていたレンブランサとともに、まずはゲート合格が目標。
そのあとは一旦牧場へ戻す予定で調整を進めていくとのことでした。
レンブランサ(後ろに映っています)に関しては、ノーザンFしがらきへの放牧になるようなので、そこでの調整次第では早期デビューもあるかも知れません。

それらよりも早くデビューしそうな馬は明日入厩予定とのこと。
こちらは画像さえ用意できれば、来週のnetkeibaのトレセンニュースで取り上げようかと思っています。

この記事をはてなブックマークに追加