答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

木製型枠

2012年06月13日 | 土木の仕事

けんせつPlazaブログ「コンパネ」がスタート、

というのをFacebookで山政睦実さんから教えてもらう。

で、さっそく拝見。

第1回はその当のご本人が書いた、「コンパネってご存知ですか?」。

 

「コンパネ」は「コンクリートパネル」の略称で、コンクリート型枠用に使用する合板です。
業界の方でしたら、ほとんど知られている材料ですが、工事完成時にはその役割を終えてしまう材料でもあります。

・・・・・・・

 

うん、確かにそりゃそうなんだが、

高知県発注の工事では県内産間伐材を利用した木製型枠を原則使用となっていて、

近年、コンパネはあまり使われていない。

そして、コンクリート構造物の出来栄えだけを見れば、断然コンパネのほうに歩があるのだが、

森林県高知の土木屋たるもの、木製型枠を使わねばならぬのだな。

 


 




 

 ←高知県人気ブログランキング

 

   ← 高知情報ブログランキング 

 

  

 

  


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加