答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

芽吹き(平鍋から)

2011年08月28日 | 土木の仕事

 

谷底からはおおよそ30mはあろうかという道路ぎわに生えるクスノキ。

ご覧のように土石流で無惨な姿となっている。

ところがどっこい生きている、てなもんなのだ。

 

 

芽が吹いてきた。

 

 

 ←高知県人気ブログランキング 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加