答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

優良工事表彰を受けたという知らせが届く

2011年08月11日 | 三方良しの公共事業

優良工事表彰を受けたという知らせが届く。

いわく、このブログを参考にしてくれているという。

しかしな、と私は思うのだ。「技術屋日記」と銘うちながら、ホントに技術的なことはほとんど書いていない私は、(狭義の土木技術という意味合いでは)じつのところ全国の皆さまに発信できるほどの技術の持ち主でもなんでもない。

だからかなんだかわからないが、「心構え」だとか「心持ち」だとか、(考えようによっては)技術屋にあるまじき言葉をついついと綴ってしまう日々なのであり、しまいには、「宮内さんって、ホントに技術屋なんですか?」なぞと疑われてしまうこともある。

そんな私に対してだ。

「三方良しの公共事業」に賛同してくださって工事をしているそのことが、優良工事表彰につながったのだということを、面識のないかたが知らせてくれる。

望外の喜びとは、まさにこんなことなんだろうなと頷きながら、そいつを肴にまた酒を呑もうかと画策する。

こちらこそ、ありがとうなのである。

 

 

←高知県人気ブログランキング

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加