王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

防衛省 発足

2007-01-10 07:40:53 | 政治
防衛省が発足、「庁」設置から53年経て格上げ(読売新聞) - goo ニュース

昨日9日朝 久間防衛省大臣が「防衛省」の看板への架け替え、その後儀杖兵の栄誉礼を受けて登庁(いや登省かも)していましたね

昨年の春は防衛施設庁の官製談合問題で施設庁の解体が話題になり、夏以降は北朝鮮のミサイル発射と核実験という外的脅威 加えて「郵政解散」による自民の圧勝を梃子にあれよあれよと言う間に「防衛省」昇格の法案が成立し関連法の施行で昨日はれて「防衛省の発足」となってしまった

国内問題であれば我慢もしましょうが「海外活動」を本来任務に格上げしたそうです 老妻に言わせれば「これで海外で死んだり怪我する若者が増えるわね」という事だ

日本は戦前の軍部のあり方を反省して軍隊(自衛隊)は「専守防衛」を旨としている そこから派生する解釈で「敵或いは相手方が発砲したり攻撃したりしてこない限り反撃しない」という奇妙な行動を押し付けられ60年間を過ごしてきた
警察も海上保安庁もその他取り締まりに銃火器の対応が必要な部署では同様の行動が求められていた その結果の幾つかの中に北朝鮮による密航船の日本潜入があり「日本人拉致」にもつながった 
01年暮れ北の武装不審船を契機にようやく海上保安庁も警察も銃火器による不審者/物の抑止が世界基準に近い形で運用される様子が見える

今一度自衛隊に話は戻る 国内の事情を背負って海外に出れば先の「イラクのサマーワ」への派遣と同様 着膨れして見えるほど防弾チョッキを着てその上外国の軍隊に身辺警護をしてもらうなら「憲法の制約」を理由に派遣しない事が見識だったかもしれない
「武力あるいは武」とは本来必要悪でその使用に制限を加えれば威力を発揮できない
戦争もしくは武力による紛争地区に軍を出すなら「威力偵察も先制攻撃も防衛の為の先制発砲」もあるだろう 又「集団的自衛権」に関する「神学的解釈論争」が絶えない 多分国連の要請が「お墨付き」で海外に出るのであろう 隣にいる他国の部隊と有意に連携出来なければ軍隊として機能できない
ここら辺りを「スッキリと解決出来ない」のであれば「本来任務」にしないのが一国の総理の見識と思うがどうであろうか
さっさと決めた付けは後日高いものになって請求がくる

安倍総理 海外派遣など粋がらず「おめおめと」「しらしらと」「ぬけぬけと」と罵詈雑言を浴びせられても若者を海外で死傷させない努力をして見せて下さい

読売新聞:
防衛庁の省昇格関連法の施行により、防衛省が9日、発足した。防衛庁設置から53年を経て、内閣府の外局だった同庁は独立した省に格上げされ、防衛長官も「防衛相」となった。
 安倍首相は9日午前、久間防衛長官に辞令を交付し、初代防衛相に任命した。

 首相はこの後、防衛省での記念式典で職員・自衛官ら約700人を前に訓示し、「国防と安全保障の企画立案を担う政策官庁として位置づけ、国防と国際社会の平和に取り組むわが国の姿勢を明確にすることができた。戦後レジームから脱却し、新たな国造りを行う基礎、大きな第一歩となるものだ」と強調した。

 久間防衛相も「長年の地道な努力が実を結び、防衛省・自衛隊が国民各層に広く受け入れられるに至った証しだ」と述べたうえで、政策機能の充実強化、厳格な規律の保持、専守防衛をはじめとする防衛政策の維持を求めた。式典には、中曽根康弘・元首相ら歴代防衛長官のほか、各国の駐日武官らも出席した。(引用終わり)
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山崎拓氏 訪朝 | トップ | 松岡農相・伊吹文科相 不透... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (non3377)
2007-01-10 12:20:38
TBありがとうございます!最初にTB頂いてからたまにブログみて頂いているのですね。嬉しいです!私はブログ初心者なのでいまだにTBのやり方がわかりません。(笑)
見てますよ (浜の偏屈爺)
2007-01-10 18:16:40
NON3377 様 今晩は お立ち寄りとコメント有り難う御座いました TBは相手側の記事の最下段にTB( )という場所がありますからその数字をクリックしましょう その記事のTB-URLが表示されます
それをコピーして貴方がその記事と結び付けたい御自分の記事の編集欄にあるTBの場所にペ-スト(貼り付け)すればそれで終わりです お試しあれ よく読んでTBしないと反対意見の怖い人に「逝ってよし」なんて脅されますよ 又
TBありがとうございます。 (よっぱらいパパ)
2007-01-11 00:45:23
未来を担う者が戦争と言う非人道的な行為で亡くなるのだけは勘弁して欲しいですね。
ありったけの愛情をこめて育てた子が戦争で死んでいくなんて考えただけでも寒気がします。
本当ですね (菜花)
2007-01-11 10:44:38
こんにちは。
本当に、『海外派遣など粋がらず「おめおめと」「しらしらと」「ぬけぬけと」と罵詈雑言を浴びせられても若者を海外で死傷させない努力をして見せて』欲しいです。

でも、安倍氏は全く逆の方向を目指しているようです。国のトップに立つ人が、国の面子や体面を重んずれば、国民は不本意な戦いへの参加を強いられる事と思います。
若者の戦死 (浜の偏屈爺)
2007-01-11 11:16:56
よっぱらいパパ様 お早う御座います 防衛省になると「省令」を出せます これが官僚の横暴の元です
防衛省が「省令」を盾にどんな無茶苦茶をやらかすかきちんと点検しないと「アメリカ兵の代わりに日本兵が戦死」が冗談でなく起きてきます 自衛隊は募集制だから構わないのか、それとも徴兵制になるのか
不安材料はつきません 又お寄りください
非国民 (浜の偏屈爺)
2007-01-11 11:32:05
菜の花様 お早う御座います 為政者にとり平和的愛国者を脅し上げるには「非国民」とか「軟弱者」なんて罵声を浴びせるのが常套手段です 「おずおず」と対応しましょう
今から2500年ほど前に中国の孫子が「軍事はまがまがしい(災いをもたらす)事だ よくよく考え(て行う)なければならない」と言っています
「誰の為に何を守るのか」もはっきり決まらない自衛隊を海外に出す事は間違えです しっかり政府と防衛省の動きを注目しましょう 又お寄りください
なぜ?なぜ?の毎日 (ののはな)
2007-01-11 22:23:37
報道の断片性と速報性に翻弄され、快・不快の二進法アルゴリズムのはてに、議論抜きの教育基本法改悪、次は防衛省発足、憲法改悪、徴兵制と悪夢が続いていくのでしょうか。わたしたちは今どうしたらいいのでしょう。学校現場を去ってしまった人たちは、何をしているの?と非難めいた事が言えるようですが、
未だ生活のため辞めることも出来ない者は、せめて、自分が守れるここ半径1mはという気持ち。それすらもおぼつかなくて、校長に非難され、HPをやめろ!の連呼。なぜ?どこが問題なの?教師にはHPで自由に発言する自由もないの?
もっと悠々と (浜の偏屈爺)
2007-01-12 07:16:53
ののはな様 お早う御座います URLを頼りにHPに跳んでみましたが貴方のプロフィール(簡紹)を始め全体がよく分かりませんでした 何か不満と不安がありそうですね HP上で実名を名乗り何がしかの政治的発言をすれば反対意見が出るのは当然です でも権力でHPを閉鎖される訳ではないでしょう 仮名(ハンドルネームというらしい)で作り直す手もありますよ 視野を広く未来に希望を持って悠々と生きてください

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「防衛省」発足 (DANGER)
自衛隊海外活動「本来任務」に 「防衛省」発足 「防衛省」が9日に発足した。 先の臨時国会での関連法成立を受けて、内閣府の外局として位置付けられてきた防衛庁が独立、省への昇格が実現した。 新たな省の誕生は、2001年1月の中央
揺らぐ“戦後の常識”を前に・・・本物の秩序は己の良識で打ち立てよう (八田修一・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ))
早稲田の3学期が始まったと思ったら、もう来週で終わりである。2月は最大のイベントである一般入試があるので、大学も準備が大変だろう。期末試験は筆記ではなくレポートが多い。仕事や易占の合間に書こうと思って原稿に向かうのだが、写真の通り未だ白紙のまま ...
粗雑な「防衛省」 ( 反戦老年委員会)
 お目にかかったことはないが、ブログ文学の師であるtaniさまから、昨日のエント
マグロ消費と環境(下-1) (関係性)
    (副題:資源維持)  先ず、(中-1)へのコメントの紹介から入る。  una:TBありがとうございました。  東京新聞経済欄に、EPA(経済連携協定)の記事がありました。オーストラリア側の要求は、小麦・砂糖・乳製品・牛肉の4品目の関税を撤廃せよ ...
防衛省発足 (憲法9条の逆襲! -THE ARTICLE9 STRIKES BACK-)
いよいよ防衛庁が防衛省になりましたね。 同時に首相は改憲論議も盛り上げたいようですが、 それに対してキーキー騒ぎ立てる気は起きません。 「国際社会で平和と安定のために責任ある役割を担っていく」 とかいうのも、陣頭で指揮をとってくださるならね ...
防衛省が発足(`・ω・´) (作った(´・ω・`))
防衛省が発足 久間氏が初代防衛相に任命  防衛「省」昇格関連法が9日施行され、昭和29年に発足した防衛庁は約半世紀を経て「防衛省」に昇格した。久間章生防衛庁長官は同日午前、東京・市ケ谷の防衛省正門で「防衛省」と書かれた仮看板の除幕式を行った後 ...
「美しい国」へ向け「防衛省」発足 (残 照)
防衛庁が「防衛省」に昇格。 朝鮮戦争勃発時に警察予備隊として組織され、これが1954年に自衛隊(防衛庁)として改編されたのだったが、いずれも総理府の1機関としての組織だった。 言うまでもなく憲法九条の戦力不保持との制約からのもの。 ついにこのタガが外 ...
防衛省発足 (よっぱらいのたわごと)
防衛庁が「防衛省」に昇格しました。 これと同時に海外活動も付随的任務から本来任務に格上げされたとのこと。 与党は、 ・自衛隊の活動は憲法9条の枠内 ・集団的自衛権の行使は認めない との条件付きで提出を容認した。 ということですが・・・。 安 ...