王様の耳はロバの耳

横浜在住の偏屈爺が世の出来事、時折の事件、日々の話、読書や映画等に感想をもらし心の憂さを晴らす場所です

生活保護世帯 100万突破

2006-10-07 08:06:15 | 社会
生活保護世帯、初の100万突破(読売新聞) - goo ニュース

可哀想な話は個別にいろいろ有るが昨日の報道は大勢が可哀想な話である
2005年度の生活保護世帯(月平均)が100万世帯を越えてしまったのだと

厚労省の発表によると2005年度の生活保護世帯数が104万1508世帯となり前年より4.3%増となり、しかも1951年度の統計開始以来、初めて100万世帯を突破したそうだ

被保護者数も10年連続増加の147万5838人だそうだ 新規の生活保護世帯は減少傾向にある一方、生活保護を続ける世帯が多く、保護世帯は13年連続の増加だと

爺のうろ覚えだと日本の世帯数が4750万戸 人口が1億2774万人ほどだから世帯数で2%、人口で1.2%程度が生活保護の対象であって被保護世帯当り1.4人は日本の世帯当たりの2.7人より小世帯なのが分かる

それもそうだ 05年度の内訳は「高齢者世帯」が45万1962世帯と第一位、次いで「障害者・傷病者世帯」38万9818世帯、「その他の世帯」10万7259世帯などだった
そこで思うに「高齢者世帯」は人口の高齢化で爺婆の一人暮らしが多くなれば生活保護から抜け出るのはほぼ無理であろう ついで「障害者・傷病者世帯」これも本人一人か親子の組み合わせ これも年齢に関わらず就業が難しいのであろうから保護から抜けられない

「その他の世帯」はすぐ離婚による母子家庭が浮かぶ 適用されず母子で餓死とか心中とか年の数件は耳にする 一方引きこもりの若者に対する適用とかやくざ者に脅され適用してしまっているとか嫌な話が無いではない 必要な所帯に必要なだけが大切なのであろう
更に生活保護世帯の下層にホームレスが2万6千人(推計)いる 彼らは家を持たないから生活保護の対象にもならない

別のエントリーでもしばしば書くが日本政府に金が無いわけではない 役人による税金の無駄使い、未だに止まらないダム・高速道路・新幹線の建設等など 既得権・省の権益・族議員の跋扈:これを止めて税金の投入先を優先順位をつけて政治を行えば済む事なのである

小泉総理と竹中先生のコンビで大手銀行は公的資金(税金)の投入分を繰り上げ返済できるほど業績は回復したそうである 安倍総理と大田財政担当大臣のコンビで是非貧乏人を救って欲しい 救えなくとも生活保護所帯を3割減にする位の貧乏人に金の回る政策を実行して見せてください 差し当たり消費税を0%にすれば貧乏人の懐にその半分くらいは恩恵があると思うのだが

でも昨日の衆議院予算委員会での答弁:「日本国内にはA級戦犯はいない A級戦犯であった重光元外相は勲章をもらっている 犯罪人であればその様な事にはならない」とのお考え しかし彼は日ソ交渉の北方四島の問題で大間違いをやって今日に至る係争の種を蒔いた人である 爺がもっと補足してあげる カーチス・ルメイというアメリカの空軍の大将にやはり勲一等なんちゃら勲章を与えた 彼は先の大戦で日本の絨毯爆撃を指揮し2発の原爆も彼の指揮下の部隊が実施した そういう人物に最高位の勲章を授与する国柄なのである

安倍氏の答弁にはプロの法律家がついて講義した内容がぎっしり詰まっている様だがその視野と思考は余りにも狭くてか細い 明日から訪中訪韓だが何を柱に未来を語るのであろうか とても心配である
さて話は戻ってある店のサービス水準を見るときにはその店の最低のサービス水準が実力だそうである 安倍さん! 難しい事はよく考えてからで良いから「生活保護世帯」を減らして見せてください


読売新聞:
2005年度の生活保護世帯数(月平均)は104万1508世帯と前年度より4・3%増となり、1951年度の統計開始以来、初めて100万世帯を突破した。
 被保護者数も10年連続増加の147万5838人だった。新規の生活保護世帯は減少傾向にある一方、生活保護受給を続ける世帯が多く、保護世帯は13年連続の増加となった。

 厚生労働省は、「いったん保護世帯となると長期化する傾向がみられる。長期化は、格差の固定化を示している可能性がある」と分析している。

 同省が6日公表した社会福祉行政業務報告で明らかになった。05年度の内訳は「高齢者世帯」が45万1962世帯とトップ。次いで「障害者・傷病者世帯」38万9818世帯、「その他の世帯」10万7259世帯などだった
引用終わり



『社会』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮 核実験? | トップ | 北朝鮮 核実験に安保理が「... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最低限の暮らしも… (うたたねオジサン)
2006-10-07 16:05:54
今日は いつも拝見させて頂いてます 生活保護を受ける世帯が増え続けるのは問題ですが 怖いのは厚労省が考える社会保障費の削減策です 高齢者 母子家庭への支給の減額 そして 保護を受け付けない 廃止に追い込む 生活保護基準額の見直しですね 最低限の生活すら営む事が出来ない 冷たい日本になりそうです。
金持ちから取らねば (浜の偏屈爺)
2006-10-07 19:17:05
うたたねオジサン 様 今晩は お立ち寄りとコメント有り難う御座います 先だってもコメント頂きましたね 経済成長率の低い場合(1~2%)、平均で話したらば平均以下はマイナスなのです その上税金の基礎控除や社会保障費の最低負担分の金額や率を上げれば貧乏人はたまったものでは有りません



金(きん)に裏付けされない米ドルを垂れ流すアメリカと円高を避ける為無制限にそのドルを買い上げる日本の無策の為、インフレの中でのデフレという捩れた経済運営を行ったのが特にこの5年の小泉政権でした



安倍氏も同様の道を選んだようです 新円切り替え(旧札は強制的に回収、不正蓄財には50%位税金を掛ければ生活保護費の50年分くらいすぐ回収できます 旧札で退蔵(箪笥預金)されている金が26兆円あるのです

金持ちは益々金持ちに、貧乏人は益々貧乏になってはいけません

金持ちは半分、貧乏人にくれなければ!

トラックバックありがとうございます。 (きむ)
2006-10-09 21:36:40
お返事おそくなりました。



仕事柄、国民健康保険の問題を中心に色々調べています。

で、この国保を入り口に考えてみると、どんどん値上がりさせておいて、払えなくなったら「生活保護をうけなさい」と指導するようにしていると行政は言います。

でもそのくせ生活保護の面で見れば申請そのものを受け付けないように行政は指導されているわけですから、「本当に困っている人はどうやって助けられるの?」といわざるを得ないです。



多分何も考えていないのでしょうけど…。
何かを言いましょう (浜の偏屈爺)
2006-10-10 17:18:06
きむ様 お立ち寄りとコメント有り難う御座いました

行政は縦割りですから貧乏人の事を包括的には考えていないでしょう

まあ幾らかでも歪みがなくなるよう監視と発言をしていきましょう 又 お寄りください

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
閑話休題 -9 生活保護は格差社会の尺度 (花・髪切と思考の浮游空間)
05年度の1カ月平均の生活保護世帯数が、104万1508世帯と初めて100万世帯を超え、過去最多となったことを朝日新聞が伝えている。 日本ではこれまで、福祉を支え担ってきたのは主に企業と家族だといわれてきた。しかし、いまやどちらもこれを支えるこ ...
生活保護、過去最多の104万世帯 05年度の月平均 (人生ど真ん中...(こう))
生活保護、過去最多の104万世帯 05年度の月平均 2006年10月6日(金)22:23  05年度の1カ月平均の生活保護世帯数が、104万1508世帯と初めて100万世帯を超え、過去最多となった。92年度の58万5972世帯を底に増加の一途をたどっている ...
景気拡大と生活保護 (DANGER)
景気拡大戦後最長  「いざなぎ景気」に並ぶ 内閣府 02年2月に始まった現在の国内景気拡大が、今月も続いて4年9カ月に達し、戦後最長の「いざなぎ景気」(65年11月~70年7月)に長さで並んだことが確実になった。 政府