真夜中の血糖

HbA1c13.3の暗き淵よりプーカプカ

Mの世界

2016年10月19日 | 真夜中の血糖バナシ

どーも。特別なヒト、プーカプカです。

 

どう特別かというと…既に書いたように、糖質制限を厳格に長期間実行しているのにもかかわらず、減量には結びつかない人間だったという

 

まぁ、えぇわ。しゃぁない。

その代り、血糖値はきっちり、どころか、血液検査の項目ほとんど中央値になりおった。

何もかもを得るのは、慢心を招きますから。

 

それでも多くの方がその存在を知る事になるという、Mの世界。

Mサイズという、プーカプカの知らない世界が、この世にはあるという

いつか…いつの日か…<無理ちゃうか

 

んで、別のMの世界…

マゾの世界をひと足早く体験してきました(笑)

 

四十肩の悪化に悲鳴をあげて、とうとう整形外科でリハビリ三昧になったわけですが。

最初の一か月、理学療法士の施術においても、痛い事は全くしなかったんです。

モチロン、自分でも「痛い」と思うリハビリは御法度。

それでも劇的に改善されました。

 

続く一か月は、最初の一か月ほどの驚異的な回復スピードと比べると、中々苦しい進捗状況で…

上方向には何の問題もなく上がるようになった肩ですが、横、とくに後ろには殆ど全く動かせません。

ドラマや映画で、テロ犯や連続殺人鬼に後ろ手で拘束される俳優たちを観ては、ヒィっ~と悲鳴を上げる始末。

 

この頃から、理学療法士の施術においてのみ、痛くても我慢してリハビリすることが増えてきました。

ただし、その時だけ痛いだけで、クリニック出た後はすんごい軽くなってるのが、やっぱりプロやな~と思ったり。

 

そして3ヵ月目に入った今月。

ぎゃーレベルで痛い施術が入ってきました。

冷や汗もんです。

自分でやるリハビリも、冷や汗こらえて痛くてもやって欲しい動作、というのが加わりました。

 

この半月ほど、ヒィ~なマゾの世界を堪能しておりましたけど、なんと!

とうとう今日、背中に廻した右手と左手の指先同志が、とうとう出会う事ができました<そのレベルかヲイ

 

ま、あまりに辛いので、色々ネットでも勉強したんですが、コレを読んだ時に、四十肩のリハビリと糖尿病の闘病は似ているなぁと。

四十肩はですね。理学療法士がほぐしたり、伸ばしたり、すこしずつ動くようにしてくれるんです。

しかし、それを維持していくのは、あくまでも日々の自分の意識と行動なんだと書かれています。

リハビリの先生に任せておいて、あとは毎日寝転んでテレビ三昧~では絶対良くならないんです。

あ~。

やっかいな疾患になってしまった(笑)

 

残る生涯ずっと、血糖値と肩の筋肉、両方するどく見張って付き合っていかねばなりません。

まだお若い読者の方がいらっしゃいましたら、悪い事はいいません。

(マゾが好きなら別ですけど)毎日ラジオ体操でもなさって、動きの悪い部分が無いか、日々、意識して、ごくごく初期の内に理学療法を受けた方が、どれだけの時間とお金と苦しみの節約になるか…

心からの老婆心でございます

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 糖質1gのチョコ | トップ | 哀れなサラリーマンの夕食 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。