真夜中の血糖

HbA1c13.3の暗き淵よりプーカプカ

さようなら

2016年12月06日 | 1日三食写真シリーズ

どーも。職場の新人と8回も目が合ったプーカプカです。

 

惚れるなよ、をい<おまえこそ、ヲイ

 

どうやらヤツは、プーカプカの技を盗むことにしたらしい。若いのに、エェ根性しとるやないか~

では早速、足で引出しを押し込む技を真似したまえ、とばかりに華麗なるキックで引出ししめました。

いや~四十肩だから

 

そんな平和な職場へ出発する前の朝ごはん

鶏もも肉を煮た汁に、塩&コショウで味をつけ、白菜、椎茸、高野豆腐。ゆず七味で引き締めて。

水抜きヨーグルト(=ほぼクリームチーズ)

 

昼ごはん

サイリウムおから餅が沈んでおります。上から朝のスープ。柚子七味でピリっと。

ブロッコリーと鶏もも肉と焼き海苔で水分漏れを抑えます。

 

間食

ココア風味のおから蒸しパン1/3量。

 

晩ごはん

平和な一日、社内では殆ど座って過ごしました。この位の歩数だと全然疲れず帰宅、となります。

疲れてないわりに、手抜きすぎるメニューですが(笑)

モヤシ、ブロッコリースプラウト、豚キムチ玉子。

 

実は、さようなら、です。

約2年以上も続いていた、激安スーパーの豚キムチ玉子…

この日でさようなら、です

 

いよいよ、食べ物の見直しに着手しますよー

いつまでたっても四十肩が治らないので、運動量増やすに増やせず、先に食べ物で体重をコントロールする試みに着手することといたしました。

 

はてさて。

 

はてはてさぁのぉ。<まじめにやれ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

検査結果炎上、じゃなくて炎症

2016年12月05日 | 数値

どーも。ブッ刺されてきたプーカプカです。

 

自分の生活は、全ては職場の健康診断に照準を当てて、生きております<あほか

それさえクリアすれば、あとはどうでもエェねん、ともいえます…

 

そういうわけで、職場の健康診断まで一か月半と迫った週末、主治医のクリニックで検査されてきました。

といっても、世界糖尿デーのイベントで、三週間ほど前にHbA1cを測ってもらってるので、そっち方面(?)の数値は安心しておりました。

HbA1c6.0は変化なく、維持できておりましたが、前から疑惑のあった、朝食抜きのほうが血糖値が高くなってしまう問題は、やはりハッキリとそのような結果に。

起床後4時間の空腹時血糖が142になってます。

直近検査値は食後90分でも124なのに。

職場の健診は、食べてから行くか!?<こらこら

 

ところで、赤で囲った期間は、炎症反応が血液に出ている期間です。

四十肩のヤローめ

全然なおっとらんやないけーっ<お上品に

 

主治医曰く「軽い関節炎のヒトっぽい感じ」

…つまり、高齢者ならこんなもんってとこで

未だ中高年なんですけど(汗)

この先、加齢していくとどうなってしまうねん、と初めて足元に吹き抜ける風を感じました。

忍び寄る老後に戦々恐々でございます。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

治る気がしない

2016年12月05日 | 1日三食写真シリーズ

どーも。月曜は荷物の多いプーカプカです。 

ボス提供のクオカードを軍資金に、業務用スーパーで仕入れてきました。

うまい棒チョコ30本とチロル90個で千円。すごいね。若者達が食べます。

チロルは1個ずつ成分表示があるので、自分も食べようと思ったら食べられますが。

この「食べようと思ったら食べられる」ことが肝心なのです。そうすると、安心して食べない(笑)

人間の心理とは、摩訶不思議で愛おしく、そしておバカなのであります。

 

愛おしいおバカの日曜の朝ごはん

鶏手羽元を煮込んだ汁に、醤油と塩で白菜、小松菜、椎茸。この日はずーーーっとこの食材(笑)

前日の残りの豆乳プリンと、水抜きヨーグルト(=ほぼクリームチーズ)

 

昼ごはん

朝のスープ(鶏手羽元ごとマグカップ…)に焼き海苔とゆず七味を追加。

糸寒天に粉末のパスタソースを和えました。ブロッコリーと椎茸も。ナポリタン味の粉末は、わりと味にパンチがあるので、野菜を混ぜて丁度といったところ。

ミニ豆腐は、デザートといってもよい甘さがあるので、味付けナシ。

 

晩ごはん

朝のスープに高野豆腐を一緒に煮こんで。ゆず七味で引き締めました。

ローソン様のブランのセサミスティック。冷凍してあったやつをそのまま齧ります。

油分がある商品なので、カッチカチには凍りません。普通に食べられる硬さです。

 

先日、ブログでちょっとしたお知らせを書き散らしましたが、それに先立って、本気で四十肩の完治を目指しております。

こちらの解説にある3期と4期の間くらいかな?といったところ。

自分でやってもいい動作としては、肩甲骨を寄せるのと、腕を上と横に伸ばすだけだったのが、後ろ手や筋力をつける動作も加わっきて、伸ばし方を失敗するとしばらくは痛いけれども、「肩そのものが痛い」というような時間はほぼ無くなりました。

 

15回ちゃんとできたのは久々かも。

いつもは12~13回が精いっぱいかな。

といっても、やってる事はホンマ、泣けてくるほど簡単なレベルです…

簡単だけど、真剣に集中してやらないと、逆に悪化させてしまいそうになるので、慎重です。

その分、疲れる…アタマが(笑)

 

囲碁を習った時と同じ疲れ方。

脳ミソの中でも、人生で使ったことのない部分がフル回転して煙上げてる感じです

伸びなさ過ぎても意味ないし、伸びすぎてもアカンし、伸びるとこ間違えたらアカンし、順番かえると全然伸びへんし、省略すると伸び方変わるし、どうなっとるねん肩

 

もう肩の本ばっかり10冊ほど借りてきて読み込んでますが、謎過ぎる…

とうとうamazonで購入ボタンをポチっと(笑)

すでに態勢としては、自分はこれだけリハビリに全力投入して、勉強もしてみたけれども、治らなかったのだから、自分は悪くない!という逃げ口上の道に走り出しておりますよー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糖尿病患者お年ごろ

2016年12月04日 | 新聞記事から

どーも。え~そうだったの!?と、池上彰氏の生徒みたいなプーカプカです。

 

DeNA、健康医療情報キュレーションサイトである「WELQ」の全記事を非公開に

同社のリリース

新聞記事の背景

これって、DeNAが上場会社だから問題になった(した)クチだと思うんですが

 

こういう健康情報って、皆、本当のことを突き付けられたくないけど、雰囲気だけ味わって、なんちゃって健康感を味わって楽しむ前提で、メディアに垂れ流し状態なんじゃナイんですか!?

本当のこと(サッカー日本代表選手でも糖尿病を放っておいて脳梗塞

聞きたくないこと(まさか本当に足を切るハメになるとは。そんな事態になったら反省して闘病すれば間に合うとナメていたけど、そんな猶予は全然なかったハナシ

知りたくないこと(自分が引き返せる地点に居た事を、知った時には、もう引き返す橋は落ちているんだという体験を惜しげも無く公開してくださった故人の手記

 

ほらほらほら。こんな内容ばっかりテレビや新聞や雑誌でバンバン特集しまくったら、皆、健康情報なんて欲しくなくなるでしょ

なまあたたーく、なまぬるーく、ちょっとだけ本当の事を混ぜて、あなた好みに仕立てて情報くれてるんです。

という前提でメディア情報を吸収してるんでは無かったのか!

とビックリした次第。

 

まぁ、このブログを真実当てにして同じ事をする人が居るとは思いませんが、ちょっと心配になってきました。

最近コメント欄で気になるのが、何人かの方は、自力だけで血糖値のコントロールに挑もうとされていらっしゃる…

 

自分は、一見華々しいコントロールを報告していますが、これら全て、医師の管理下、また頻繁な血液検査によって効果を確かめながら、色んな修正かけていってます。

ブログには自分に当て嵌まったテキトーな事を、ふざけて書いてますが、せめてこのブログ記事が理解できる程度には、勉強して、その上で「糖尿病なんかポイっ」とか「糖質摂取量で血糖値をコントロールしていく」とか「コミットする肉体に向き合う」とかっていう立場を選択するならいいですけど…

他人の情報は鵜呑みにしないで、また事実からも目を背けないで、自分はどうなのか、落としどころは動かせないのか等、一度は向き合いませう

 

 

おまけ

糖尿病の、どの治療法にも偏らない、最初の勉強教材としてお薦め本

 

バーンスタイン医師の糖尿病の解決―正常血糖値を得るための完全ガイド

糖尿病バーンアウト

糖尿病・最初の一年

自分は、選択の余地なく、背水の陣で、糖質制限による治療を選びましたが、一般的なカロリー制限食による治療や、肉体増強による克服など、それぞれの治療法を選択された方にも、上記の本は価値ある一冊かと思います。

そして、そろそろ新人ではなくなってくる今後、色々と考えさせられたのがこの本。

トビウオじゃなくて(笑)

上にも書いた「糖尿病バーンアウト」の訳者である石井医師が書いた、

病を引き受けられない人々のケア

です。

この本の面白い点は、医療の提供者と利用者の、両方のメンタルが描かれているところが気に入りました。

これ、きっと、発症スグと、2年目以降と、そしてベテラン患者になってからと、読む時期を変えると、感じ入る箇所も違ってくるんでは?と思います。

自分の場合、浅慮ですから、発症スグに読んでいたら、「ふーん」ってポイってしたかも←ホントにやりそう

そういう意味では、ちょうど今が読みごろ?の糖尿病患者としてお年ごろです(笑)

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

バンビちゃんのご飯

2016年12月04日 | 1日三食写真シリーズ

どーも。バンビちゃんのプーカプカです。

何のハナシかって…

 

あのね。四十肩のリハビリで、本気モードで攻勢かけてるんですよ。(1日12~15回のリハビリ!)

それで、もっとチカラのつくリハビリやりたい!←いま、電車のつり革に手は伸ばせるけど、持ち続ける筋力がアリマセン…

訴えたら、両手をクビの後ろに充てた状態(ハンズアップ)で、肘を前に出してくる動作の許可が出まして。

 

しかし

 

それやると、生まれたての鹿がごとくに、ぷるぷるぷる

職場で目撃されたその姿から、バンビちゃんと揶揄されております(笑)

ちなみに、腰に手をあてて(いわゆる仁王立ち)も、まったくできません。ぷるぷるワナワナ…目撃した同僚が笑い崩れてた

 

毎日震えながら腰に手を当てて頑張っています。

はやく仁王立ちの栄光を取り戻したい<ソコかヲイ

 

そんな生まれたてのバンビちゃんの朝ごはん

スケジュール的に、外で食べる事になったので、前回の記事で書いたサンドイッチ(ふう)とコーヒー。

かなり美味かった。

しかしこのチーズはデンジャラスすぎるので、次からは普通のスライスチーズで。

 

昼ごはん

14時過ぎ。お腹過ぎすぎて、激安スーパーのカットキャベツ&豚キムチ玉子。

休日くらい、ちゃんと作れよ

焼き海苔と、生のオクラ。

気温17度以上、日差しも強く、汗ダラで帰宅したので、冷たい炭酸水も。

よく書いてますが、ホントーに「冷えてみたい」プーカプカです…

 

晩ごはん

こらこらバンビちゃん、ちゃんと食べなさい

いや~ランチが14時過ぎてたもんで、20時半になっても空腹にならず…

その時間を境に、固形物たべるかどうか決めてます。

四十肩のリハビリは5分間×13回+クリニックでリハビリ、歩数は13,856。

 

ちょっと野菜が少ない一日だったなあ。

明日は、一日中コレ↓の予定。

 

おまけ

こういう便利な道具も売られていますが、このポーズが既にアウトです…

背中がかゆくても、孫の手すら使えません。

壁の角を利用して、背中をこすりつけるのみ(爆)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加