ふくちゃんの絵日記

バイク等での旅行記や、日常生活で感じたことを、絵(写真)に描けるものは描き(添付)絵日記風にしたいと思います。

夕食を済ませて・・

2017年05月27日 | 日記
 夕食を済ませ、今日一日を振り返った。
 「何もしなかったなぁ!」
 犬くんとの散歩もなくなった。
 音楽を聴くことも無く、メダカ鉢を目的もなく唯・眺める一日であった。
 夕方になって「明日、山に行きます!」と、連絡を頂いた。
 明日は、目的と意義を持った一日に成るでしょう。
 助かります・・・!
コメント

勘違い・・・?

2017年05月26日 | 日記

 今日の絵日記の絵(写真)は、2枚である。
 ツリーハウス造りのお手伝いで、クヌギの木を伐採し、椎茸菌を移植した事は日記(「体験的学習(2017.5.11)」)にしている。
 そして、家庭での栽培にも挑戦してみようと、実践している。
 写真・左が、その様子で、保湿のため、ワイヤー・ハンガーを加工し、ビニル袋を被せ、時折・霧吹き器で、水分を補給している。
 日射光も必要とのことから、窓辺に配置した。
 今朝、観察していると”芽”らしきものが出ている事(写真・右)に気付いた。
 「えぇ!早や・・!!」 
 そう!椎茸が芽吹いたのかと、思った事であった。
 よくよく見ると、母木の”クヌギ”の新芽の様である。
 この”芽”は、根が無い事に気付かず、日光と栄養(水分)で「(初夏となって)葉を付けなければ・・・!」と思ったのでしょうか・・?
 それとも、伐採して十分に日の経過がないままに(椎茸菌を)移植した警鐘なのでしょうか・・?
 知識を得る中で、私に教えようとしている事は、後者の様な気がする。
 
コメント

犬くん

2017年05月25日 | 日記
 我が家の、犬くんの名は”杏”と云った。
 娘が名付けた”名”である。
 5月5日頃から、急激に食欲が失せた。
 それまでは、朝夕に与えていた食事を、待ちかねていた。
 獣医師の指導(貧血症状)で、子犬用の缶詰(野菜・鶏肉などの料理品)と、ドライフーズを与えていた。
 缶詰は、犬くんにとっても美味しいのか、好んで食べていた。
 食欲が無くなってからは、その缶詰も食べなくなった。
 加えて、鶏肉を茹で、サツマイモは、焼き芋風にしたものを与えたが、食べない。
 しかし、有る時、与えたままにしていたら、食べていたので「気が向けば食べるのかな・・?」と思った。
 9日となっても、改善(食べない)しない事から、病院へ行った。
 レントゲン検査では、肺や胃には問題は無いという。
 血液検査で、腎臓に問題があるとの検査結果が示された。
 計測機で測定できる範囲を超える(スケール・オーバー)結果とのこと。
 又しても、医者から出た言葉「(生存している事が)不思議・・!」と・・・
 エコー検査を始めようとした時、獣看護師が「先生!」と、医師に異変を告げた。
 医師は、心肺蘇生を始めた。
 そして、気道確保のための器官挿入を行う指示をだした。
 すぐさま、集中治療室に運ばれた。
 30分程が経過した時、医師に呼ばれ集中治療室へ行った。
 そして、告げられた言葉が「改善の手当てが無いので(器官挿入を)抜きたい!」であった。
 ちっちなカラダに太い管が口に刺さっている。
 ”楽にして遣りたい!”と思ったら目頭が熱くなってきた。
 「抱いてやって(看取って)下さい」との医師の言葉が、追い打ちを掛ける。
 支払いは「後日で・・!」とのスタッフの言葉に送られて帰宅する。
 帰宅したのは、お昼前であった。
 唯々・撫でてやることしか、出来ないもどかしさ・・!
 14時過ぎ、息子から「今日、どう!?」と電話があった。
 帰省中の息子に「飯でも食わんか!」と、提案していた。
 この様な仕儀に成るとは、思ってもいなかった。
 誰にも、犬くんの事は告げづに看取ってやりたいと思っていたが、事情を告げなくてならなくなった。
 「様子・観に行く・・!」と云って電話が切れた。
 17時過ぎに、息子夫婦が来てくれた。
 心細かった気持ちも救われる思いであった。
 息も細く、心臓の鼓動も、観察できない程に弱って来た。
 19時10分、11年と4ヶ月の生涯を、静かに閉じた。
 娘夫婦も来た。
 娘(息子の嫁)が「お義父さんの匂いがするシーツを敷いてやろう!」と云う事で、使っているシーツを寝床(箱)に敷いてやった。
 やがて、子等は帰って行った。
 添い寝をしてやろうと、隣にふとんを敷いた。
 翌朝、病院に結末の連絡と、治療・診断料金を支払いに行った。
 そして、医師やスタッフに礼を述べ”葬儀”の準備を行った。
 ペット霊園の担当者から「15時に来てくれ!」との指示で、火葬に付した。
 永く共に生活を送っていたが、別れは、一瞬にして呆気なく過ぎ去った。

 お線香をあげて、偲ぶ日々である。
コメント

”上棟式”を迎える

2017年05月24日 | 日記
 今日(24日)ツリーハウス造りの「上棟式」を迎えた。
 そうです!
 ”上棟式”のセレモニーへのお招きを頂いた。
 
 今日の絵日記の絵(写真)は、ツリーハウスの上棟式を迎えた現状である。
 時折、小雨降る天候のなか、大きな区切り点である「上棟式」を迎えた。
 我が事の様に”喜ばしい”一日であった。
 加えて、日本古来の建築方法を踏襲したオーナーの「木組み」加工に敬服した。
 そうです!
 生木(間伐した丸太)を加工した部材が、段々と、組み上がっていくのである。
 丸みを帯びた部分も、自然体で結合していく。
 屋根の材質や壁面の形状・材質を如何にするか? オーナーさんも思案のなかである様だ。
 小雨降る中、木組みを勘合させる”玄能”の音が静寂を破るコダマとなって幻想的な雰囲気を醸し出していた。
 作業が終わり”上棟式”のお祝いで、夕食(酒宴)にお招き頂いた。
コメント

”歯”の治療

2017年05月23日 | 日記
 要するに歯の治療が切羽詰まったテーマである。
 40数年来、家族共々お世話になった「歯医者」は居た。
 治療を受ける中「(完治させる為には)インプラントしか方法がない」との診断結果があった。
 私にとって、未知なる治療方法であり、友人の奥さんが、インプラント治療を受けたが、食べ物を噛むたびの、頭に響いて気分が悪くなる。
 仕方なく、100万円近く投資した治療を放棄したという話も聞いた。
 そして、私に置き換えた。
 インプラント一本40万円、3本を手術して120万円程が掛かる。
 今後・10年生きたとして、12万円/年。
 それが最良であるとは分からない。
 友人の奥さんの事例もある。
 治療に関する、会話のなか、私に「(手詰まりであることを)気付け!」と云っている事を感じた。
 そうです! 再来院が拒まれたのである。
 日時の経過とともに(歯に)違和感を覚える事が多く成ってきていた。
 そして、意を決して、私が住む地域(徒歩でも10分程)の医者を訪ねた。
 しかし、私の意に沿うモノでは無かった。
 確かに、今も使っている。
 モノ(食べ物)を噛む為でなく、人と接する為の儀礼的”義歯”として・・・!
 ある日、バイク仲間の集い(ツーリング)で、歯科医である人・S氏を知った。 
 「使えるモノ(義歯)造ってや!」
 「良いよ・おいで!」
 と、言ってもらってから、二ヶ月程が過ぎた昨日、診察を受けた。
 訪問する為には、一時間半程を要する行程ではあるが、食べられる”義歯”を造ってもらう為に通院します。
 アワビの刺身や、サザエのつぼ焼きが、難無く食する事を期待する。
 ”頼むで!Sさん(歯科医)”
 一時間半掛っても、通院します。
コメント

新しい”いのち”

2017年05月22日 | 日記
 今年も、メダカがたくさんの卵を抱卵した。
 現在、親メダカは7匹、昨年・この親メダカから”生まれた”子メダカが20数匹居る。
 そして、子メダカも、今年・抱卵した。
 昨日、孵化用の水槽(ホテイアオイを投入)をみると、チイチャナ物体が動いている。
 無事に孵化した様である。
 チッチャクても、大きな命を持ったメダカさん! 無事に育って(成長して)くれと願うものである。
コメント

急ぎ・やらなければ成らない事・・!

2017年05月21日 | 日記
 2012年5月・佐渡島に行くにあたって、私の”存在”を知らせる意味もあり「ふくちゃんの絵日記」を始めた。
 日記(Blog)を書き始めて、早くも五年になる。
 そして、書き始めて・二年が経過した時、プロバイダーの一方的な論理で「Blogサービス」を停止した。
 書き始めた日記を辞めるのも嫌だと思い、異なるサイト(プロバイダー)に引っ越した。
 引越し(日記「お引越し(2014.11.14)」)をしたものの、完璧では無かった。
 「絵(写真)」は、転居が叶わなかったのである。
 今、利用している”サイト”にも制約があり、画像保存が一定容量を超過しているらしく「月額利用料金」が発生する様に成った。
 そこで、古い日記は”書籍化(有料)”して、情報量の軽減化を図りたいと思っている。
 「絵日記」に絵が無いのも如何なものかと、絵を画き(添付)直して復元したいと作業を行っているところである。
 絵(写真)が増える事で”月額利用料金”の増額となる事から、急ぎ作業をしなければならない。
 私が書いたモノが”書籍”・・・そう!「本」になる。
 初めての経験で、興奮もする。
 秘かな”楽しみ”としようと思ったが、ついつい言って(日記にして)しまった!
コメント

山には山の愁いあり 海には海の悲しみや・・・・

2017年05月20日 | 日記
 歌唱曲「あざみの歌」の、一節である。
 若かりし頃(昭和45年(1970年)頃)酔いに任せ、合唱したものである。
 今日(20日)お誘いを受け、山に行った。
 行き道では気付かなかったが、帰り道に、鮮やかな色を付けた「あざみ」が咲いていた。
 その様を観て、何の思慮も無く、思い出されたのが、若かりし頃に歌って騒いだ「あざみの歌」であった。
 カラオケ等無かった時代である。
 手拍子など”全員参加”型の、懇親(飲み)会であった。
 そして「こんなに、鮮やか(な色)だったかなぁ?」と、思った。
 酔って歌っても「あざみ」を観る事は、稀だった生活(環境)であった。
 そうなんです! その姿態(あざみ)は、歌う事で思いだされたものであった。
 何年振りかに、鮮明な画像として、再記憶する事が出来た。
 家に居ては、体験出来ない事である。
 さて、本来の”山”での出来事であるが、近日中に、所謂”上棟式”を行うと云う。
 オーナーさんが、窓枠を入手したことで、その寸法に合う”木組み細工”を現地で行った。
 私にも、遣らせてもらった。
 自信はあったつもりだが、オーナーさんが墨入れした寸法からはみ出した。
 木工ドリルでの、穴あけ作業で誤った。
 「隠れて見えない!ドンマイ!」と、慰められた。
 恥ずかしい!!
 
 今日の絵日記の絵(写真)は、昼食で出された素麵である。
 奥さんが、谷にある竹林から切り取ってきた”竹”を容器にして食した。
 汗ばむ陽気(暑さ)に心地よかった。 ご馳走さんでした。
コメント

”山”行きのお誘いが・・

2017年05月19日 | 日記
 「明日、山に行きます」と云う連絡を、慰めの言葉と共に頂いた。
 と、云う事で明日は”山”に行きます。
 天気も良いようで、気温も上昇するという。
 新緑の環境の中で、良い空気を存分に吸ってきます。
コメント

気分転換に・・

2017年05月18日 | 日記
 気分転換に、使えなくなった「電子レンジ」を処分するために分解した。
 冷蔵庫の上に設置して、20年程に成るだろうか・・?
 使えなくなって一年以上は経過していると思う。
 (電子レンジが)無くても、何とか成っている。
 使えた時には、重宝していたが・・・
 分解するにあたって、最終確認を行った。 未練だねぇ!
 コップの水が温まらない。
 分解を始めた。
 電子レンジの”心臓部・マグネトロン”を確認し、このマグネトロンを動かす、千数百ボルトの電源トランスも確認できた。
 使えそうな部品・リレー(継電器)5個と、冷却ファンとターンテーブル用のモーターを、取り外し部品箱に収めた。
 ターンテーブル駆動用のモーターは、回転数が2.5RPMで、何かに使えそうで、楽しみである。
 他のモノは、使い道は限定されるが、買えば”銭”が要る。
 筐体は、押し潰して”資源ごみ”に出す。

 蛇足
 マグネトロンは、真空管の一種で、周波数の高い・高エネルギーの電波を発生させる。
 レーダー(電波を発射し、物体に当たって反射して帰って来た電波を捉えることで”物体(船舶や航空機など)”の存在を探知する装置)に使われる電子管である。
コメント

女々しい・・と云われそう!

2017年05月17日 | 日記
 日々の過ぎ去るは、早い!
 しかし、空虚であっても、事を成さねば日々は成立しない。
 日々を過ごす為の手段として、何度も観た”映像(映画)”が救いの様に成っている。
 「北の国から」や「ドクター・コトー」が、今の私の”女神(救世主)”である。
 結果が判りながらも・・・と、云うより、安心して観ていられる。
 何度も観ながら、感動する。
 涙腺も緩む!
 明日は、定例会である。
 何か、変るかなぁ!

 犬くんの終焉を日記にしたいと思っている。
 書きたいこと(テーマ)が、多くて整理が出来ない。
 しかし、書きながら・・思い出しながら、纏めればと思っている。
 書き上げれば、私の気持ちも落ち着くのではないだろうか?と思う。
コメント

犬くん 逝く・・

2017年05月16日 | 日記
 2017年5月9日 19時10分、11年と4ヶ月を以って、逝ってしまった。
 一週間となるにあたり、墓参を済ませてきた。
 犬くん・自身、病魔と闘いながらも、安息の日々を我々に与えてくれたのである。
 初対面となった空港での思い出が蘇り、悲しさがぶり帰す。
 熊本で生誕し”我が家族”となった。
 両掌に乗る”小っちゃくて・愛くるしい”姿が思い出されるのである。
 今は・ただ、虚しく時間が過ぎる事を容認する事しか出来ないでいる。
コメント

世の中、満更でも・・・・

2017年05月15日 | 日記
 心和むニュースに接し、日記にした。
 中央官庁の保存文書(交渉記録)を破棄した事に対し、市民団体が告発状を出したと言うニュース。
 そして、宮崎県(警)の、夫婦(の警官)での派出所勤務に関するニュースである。
 「不正は許さない!」と云う市民感情と、粋な計らいの出来る経営者が居たモノよ!と、感銘を持って読んだ。
 ”世の中・満更でもないなぁ!”と、ほんのりと気持ちが、和んだ一時であった。
コメント

目を見て語れ・・・

2017年05月14日 | 日記
 今は亡き・阿久 悠さんの”詩”である「目を見て語れ恋人たちよ」である。
 幾度となく見聞きする「高橋 真理子」のライブ映像で、再会した。
 人と人との”会話・対話”も様変わりしている観がある。
 意思の伝達は、手紙であったり・電話であって、最終的には”目を見て語って”事を成してきた様に思う。
 15年前に放映された「北の国から 遺言」で、会った事も無い人と、会う約束をして、離別した母親の元に帰ってくる”息子”の場面がある。
 メールでのヤリトリを”当たり前”とする世代と”会った事も無いのに!”と訝しがる世代の隔たりが表現されていた。
 15年が経過した現在「大切(重要)な事だからこそ、メール(等)で!」と云う人達が居るという。
 会話は”手”でする。
 口は、食事をし、呼吸するだけの器官に成ってしまうのだろうか・・?
 ”目”を見て語らなくても、理解し合うツールは存在するのだろうか・・・?
 スマホ也を操る人達は、既に持ち合わせているのかも知れない。
コメント

如何しよう・・?と思った事

2017年05月13日 | 日記
 私・ふくちゃんは”道具好き”である。
 しかし「費用対効果」を考えると、あれもこれもとはいかない。
 新たな挑戦であるとか、更改にあっての”新調”しかできない。
 電動ドライバーに、関する日記である。
 私が、電動ドライバーを入手した頃、息子は、既に所有していた。
 息子からのアドバイス・・「値は張るけど”プロ仕様”が良いよ!」だった。
 しかし、倍以上する価格差では(購入する)勇気は無かった。
 結果的に、H社製の冠に「F」が付記された商品を選択した。
 プロ仕様ではなく、家庭用・DIY用である。
 H社は、品番で差別化している様だ。
 入手し、使った感想は、手動式ドライバーに対して、驚くほどの機動性にあった。
 時間の経過(10年程)と伴に、避けては通れない”寿命”に直面する。
 バッテリーが不良のため、充電が出来なくなった。
 バッテリーの購入代金に、少し足すと、新品が買える。
 それも、バッテリーが、二個付いてのセット物である。
 買い替えを決断したが、又しても息子が言う言葉(過去のアドバイス)が思い出される。
 しかし、何の事はない。
 広告商品と銘打った”商品”の価格表示に負けた。
 そして、二年が経過し、現在に至っている。
 先日、山(ツリーハウス造りのお手伝いで!)で使用したことから、充電をした。
 一個目が完了したので、二個目を装着した。
 充電ランプが点灯しない。
 「えぇ!壊れた?」
 「修理に出さなければ・・」
 「保証書がない!」
 充電器の価格を調べると、八千円程である。
 数千円を追加する”セットもの”が買える。
 悩みの再来である。
 買い替えるなら、充電器を分解して遣れ!
 ”御多分に漏れず”プリント配線で、手が出せない。
 過電流が流れ、焼損した様な箇所(配線や部品)は見当たらない。
 元に戻して、コンセントに繋いでみた。
 電源ランプが点灯し、充電中の表示もされる。
 要するに、治った様である。
 不正なメモリーがリセットされたのであろうか・・・?
 良かったです。 余分な出費が抑えられました。
コメント