採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

東京へおでかけ

2017-02-27 | +国内

昨日はうららかな春の気温でしたが、今日は寒さが逆戻り。そうですよね、まだ2月です。

あたたかな昨日、タイミングよく母と東京にお出かけしてきました。 

東京へおでかけ

待ち合わせ場所は押上駅。
東京スカイツリーのふもとです。
高速道路からチラリと見たことはありましたが、こんなに近くからまじまじと見るのははじめて。
ほほーう。 こうなっているのか。
結構綺麗かも。
東京タワーやエッフェル塔は裾広がりで安定した形状ですが、これはとってもほっそりしています。 

東京へおでかけ

タワーの真下にはショッピングモールなどがあるようですが、今回はパス。(タワーに登るなんて思いつきもしませんでしたが、母は登りたかったかな?)

この地域は墨田区で、小さめの工場や製造所、会社などが集まった地域のようですが(印刷会社の看板をいくつか見ました)、日曜日は閑散としています。お店も全然ないです。

東京へおでかけ

お城みたいな和菓子屋さんがありました。
(森八というお店) 

東京へおでかけ

午前中の目的地は、たばこと塩の博物館の企画展「西アジア遊牧民の染織」。
1900年代以降くらいのアンティークの絨毯やキリム、塩入れなどの個人コレクションの展示でした。絨毯ってやっぱ綺麗だなー。
凸みたいな形のものが塩入れ。家畜が顔を突っ込んで舐めたりできないように、口を狭めてこの形状になっているそうです。何故房が沢山垂れているのか知りたかったのですが、解説にはありませんでした。

企画展はもちろん、常設展も見応えがありました。塩関連で一部屋。そしてたばこ関連でもう一部屋。タバコにまつわる器具やタバコ製造道具、そしてタバコの箱のデザインの変遷などなど。
人は少なく静かで、おそらく禁煙なのでたばこ臭くもなく、料金は安く(企画展込みでも300円)、くつろぐために行ってもいいくらい。

東京へおでかけ

博物館から少し歩いて、今度は東京マラソン見物。
墨田区ががんばって今年からルートが墨田区内を通るようになったのだとか。

東京へおでかけ

江戸東京博物館の中庭では、マラソン祭りが開催中。
物品販売や区のPRなどのブースがいくつか出ていました。
(来年はもっと増えそうな予感☆) 

東京へおでかけ

期待した食品屋台は少なめでした。
相撲にゆかりの両国、ということで、鶏塩ちゃんこを試してみました。
まあまあでしたが、煮詰まってきたせいか、つゆの味が濃くて飲みきれませんでした。

東京へおでかけ

大江戸線に乗って、両国から六本木へ。
次はサントリー美術館です。

個人コレクター二人からの寄贈品の展示でした。
ひとつはデルフトの焼き物、もうひとつはガラス。

撮影OKの展示だったので、いくつか撮ってみました。 

東京へおでかけ

デルフトの焼き物は、土としては陶器の種類だそうですが、中国や日本から輸入された磁器に触発されて、磁器風のものを製作しています。
オランダでは牛は大変な資産だったそうですが(今で言う車みたいなもの?)、馬はさらにその上の存在。
大切な存在である馬なので、焼き物作品も沢山つくられたそう。

私は特に馬好きではないのですが、この馬は足が短くてずんぐりして可愛いくて、つい撮ってしまいました。実際、こんな馬がぱかぱか働いていたのかも、と思わせます。 

東京へおでかけ

まるで青磁に青絵付け、のように見えますが、欠けたところを見ると土としては薄茶色の陶器っぽいです。
釉薬なども研究して、根性で青磁風にしたのだろうなあ、と思いました。 

東京へおでかけ

もうひとつのコレクション。
陶芸家だけれど、ガラスのコレクションも精力的にしていた方。
(60代になってからガラス制作も始めたそうです)

古代のガラスから現代のものまで、いろいろありました。
このカットグラス、いいなあ・・。



■参考情報
絨毯やテキスタイルなど遊牧民の周辺の染織品についてのブログ トライブーログ
 塩入れに関する記事 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手作り生ハム(4本目):仕込み

2017-02-24 | +ジャム・保存食

今年も生ハム仕込み会に参加させて頂きました。
Duckbill師匠、わらびさん(2本)、サチコさん、私の、計5本。

昨冬仕込んだものは、まだ切り始めていません。これを2年ものに仕立てる予定。
なので一昨年仕込んだものを冷蔵庫にしまいつつ、ケチケチ食べています。
 

生ハム仕込み

モモ肉5本!
最初の頃は見るだけでドキドキしましたが、だいぶ見慣れてきました。

生ハム仕込み

お肉の分量にあわせて、塩と硝酸カリウムを計量します。
私のものは、肉12.3kg、塩680g(肉の5.5%)、カリウム6.1g(肉の0.05%)。
昨年より重めです。
太い血管から血を押し出し、塩を擦り込み、あと血管に飽和食塩水を注入して仕込みは完了。 

生ハム仕込み

自宅にて2週間寝かせます。
温度は5~10度の間がよいので、うちの場合は北側の玄関の外に置いています。 

生ハム仕込み

20度近くに気温が上がる、という予報の日は、あたふた。
前夜から保冷剤をいっぱい凍らせておいて、お肉にのっけておきました。
本当はこれだと冷えすぎでよくなかったようですが・・。保冷剤と肉の間にタオルでも挟むようにしておけば、少なくとも凍結の問題はなくてよかったかも。

生ハム仕込み

のっけた保冷剤が重石になったのか、今回は割と沢山水が出て、表面にのせた塩も大半が溶けたようでした。
例年は、最後までジャリジャリ塩が残っていたりします。 

生ハム仕込み

2週間後、塩抜き。
まずは肉の表面、およびケースを綺麗に洗い流します。

生ハム仕込み

今年は玄関外にて塩抜き。
24時間、チョロチョロと水を流しておきます。

生ハム仕込み

その後、吊して乾燥。キッチンペーパーで水気を拭いた後に、アルコールを吹き付けてから、自然乾燥させます。

生ハム仕込み

しばらく屋外でよく乾かし、その後室内へ。
春先まで自宅に保管します。
いい菌がついてくれますように☆ 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パリチョコモナカ

2017-02-23 | +食べるもの・お酒

スーパーで見付けたお菓子が予想外に美味しかったので、ご紹介します。
 

パリチョコモナカ

名前は、「パリチョコモナカ」。
チョコレート系のお菓子ですが、クッキーやチョコのコーナーではなく、芋けんぴや五家宝など、袋入りのなつかし系和菓子のコーナーにありました。

パリチョコモナカ

薄茶色(ココア入りかな)の小さなモナカが個包装でいくつか入っています。

製造は、岐阜県各務原市の足立産業株式会社というところ。
初耳の会社ですが、袋入りのモナカ菓子などを作っているところのようです。
なるほど、モナカつながりでチョコモナカ。

 

パリチョコモナカ

モナカの模様は、梅や菊、松など、和風の柄が何種類かありました。可愛い☆

パリチョコモナカ

モナカの皮は、通常よりパリっと仕上げてある気がします。普通の最中皮はすぐに口の中で溶ける印象がありますが、これは数回噛んでもカリカリ感が。
中はチョコクリームで、クリームの中にも、何かパリパリしたものが入っています。
メーカーの説明によると、森永コーンフレークが混ぜ込んであるそうです(原材料のコーングリッツは、これかな)。
和風のおやつコーナーに置いてあるとは思えない、おいしいチョコ菓子です。
(ブルボンのエリーゼの隣に置くとよさそう) 


モナカの皮とチョコ(ガナッシュ)は合いそうだなーとずっと思っていました。
なのでこれは、自分でも作りたいと思っていた系統のお菓子。
モナカの皮だけ買いたいと、ネットで検索しまくったこともありましたが、この小ささのものはみつかりませんでした。(大きめの最中皮で、モナカ皮+フロランタンというのは試しました)

ブルボンのエリーゼは、(最中皮ではなく)ウエファースですが、あの皮の軽さとチョコクリームって合いますよね。

こちらのサイズは約3cm角で、ガナッシュのお菓子にしては大きめですが、皮がふんわり分厚い形状なので、クリームの部分はチョコトリュフくらいのサイズです。
二口くらいで食べるのに、丁度いい大きさ。
和風の模様なのに、ちゃんとしたチョコの味、というアンバランスさがまた面白い。
海外に輸出しても売れるのでは!と思ってしまいました。

どうやら季節限定商品のようです。
今ならまだスーパーにあるかも。よかったらお試しを☆

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥取マンションリフォーム(3):防音材貼りおわり

2017-02-22 | +木工・DIYなど

先週末(2/17-18)、また鳥取に行ってきました。
実はその一週間前、2/10の週末に行く予定でしたが、大雪のため飛行機が欠航に。
一週間遅らせて、この日になりました。
 

鳥取リフォーム

雪は止んだものの、あちこちにまだ、たっぷり残っています。

物流は乱れているし、道路はいまだにかなりの渋滞だそうです。 

鳥取リフォーム

住宅街の道路はまだこんな感じ。
晴れ間が出ると、あちこちから雪かきの音が聞こえてきますが、雪かきを出来ない/しないお宅もあるようで、残っているところが多いです。溶けるまでこのままかな・・。

鳥取リフォーム

さて、リフォーム中のマンション、こんな風になっていました。
前回からほぼ一ヶ月後になります。
壁や電線は前のままですが、床が変わっています。
コンクリートの不陸を調整し、防音マットを敷き、合板を敷き詰めてあります。 

鳥取リフォーム

このあたりに斜めの壁が来る予定。その奥が寝室コーナー。ふむ。

鳥取リフォーム

フローリングはものすごく迷いましたが、結局これに。
ホワイトアッシュ(タモ)です。
オスモの3分ツヤの床用塗料を塗る予定。そうすると、もう少し落ち着いた色になります。

施工は、将来、剥がそうと思えば剥して再利用が可能なように、接着剤なしで、釘のみでやって頂くことにしました。 

鳥取リフォーム

防音マットと合板を敷いたので、床がぐっとあがりました。
玄関の上がりがまち付近は、現状のものに、木をかぶせる予定とのこと。
(この寄せ石のものは、「人造大理石研ぎ出し仕上げ」というそうですが、昭和レトロな感じで嫌いじゃなかったのだけど) 

鳥取リフォーム

ここは玄関入ってすぐ右の部屋の入り口。傾斜をつけて戸枠にすりあわせる予定とのこと。

鳥取リフォーム

ここはトイレ入り口。こちらは、廊下ギリギリまでフローリングを敷いて、戸枠の上に斜めのパーツを取り付けるとのこと。トイレのドアは下に隙間が大きいので、玄関脇の部屋とは仕立て方が異なるようです。

鳥取リフォーム

元和室の掃き出し窓の下。
今の左右の枠を少しけずって、巾木が連続的になるようにするとのこと。

鳥取リフォーム

もう一つの掃き出し窓。
ここも巾木をつけるようです。窓枠は白に塗装するようにお願いしました。

鳥取リフォーム

台所にあったパイプ。
これから囲っていくとのこと。

鳥取リフォーム

キッチンは前のまま。
この吊り戸棚は位置が高すぎて「許せない!」のですが、簡単には取り外せないようなので、今いじるのはやめました。近い将来、付け直すぞー。 

鳥取リフォーム

床が高くなったので、キッチンのワークトップはやや低くなったということになります。
このステンレスのワークトップは嫌いではないですが、いずれキッチンも付け替えて、L字型にしてみたいです。


床以外はもとのままで、まだ「工事中」という感じですが、大きく違うと感じたことがあります。
それは、室温。
前回、1月13日に来て、コンクリート剥きだしだったときは、ものすごく冷え冷えしていました。
エアコンをつけても、なかなかあたたまらない状態。(外が雪だったせいもありますが。結局復路は飛行機が飛ばず、深夜バスで帰りました)

防音のウレタンクッション材を敷き詰めて、更に合板も敷いてあるので、床から冷たさが上がってこないのです。足の冷たさが全然違います。

ガスファンヒーターをとりつけられるように、ガスの配管をしてもらう予定なのですが、いらなかったかも?と心に迷いが生まれてしまうほど。(でも、もうガス工事の手配もしてもらったし、つけます。初志貫徹!)。
内窓もつける気満々だったのですが、こちらに関しても、まあ当面はいいかな?という気分。
工事が全部終わってから再度考えることにします。(内窓の注文は簡単ですしね)


今の家(茨城)も、足下はとても冷えて、一冬に5回くらい、床暖房っていいなあ、と思ったりしますが、防音マットを敷くだけでも全然違うかも。(現状は、ペナペナの合板と、3mm程度のごく薄いクッション材を組み合わせた「直貼りフローリング」です) 
我が家もフローリング貼り替え、したいなあ。でも、床の上にあるものを全部どけなきゃいけないかと思うと・・・。くらくら。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒もちあわ

2017-02-20 | +食べるもの・お酒

黒もちあわ、ご存知ですか?
いつだったか、どこかの産直にて買いました。
 

プーリー交換

グレーの小さい粒で、ヒエのようにも見えます。
(あ、よく見ると鹿児島県産って書いてありますね)

滅多に見かけないので勿体なくて使えない状態だったのですが、ネットで捜せば買えそうですし、消費促進することにしました。

プーリー交換

目の細かい茶こしのようなものでよくゆすぎ、ご飯と一緒に炊き込みます。
そうすると、黒というよりはベージュ色に。
黄色いもちあわはどうだったか記憶が朧ですが、小粒の割りにはもちもちした粘りがすごく出て、独特の甘いような味わいになります。(好み)
炊きたては特に美味しい気がします。 



この黒もちあわは、以前に飼っていたハムスターが好きでした。
ある朝、わが家の玄関ポーチで小さなジャンガリアンハムスターをつかまえました。マンション内のどこかから逃げてきたのかと迷子の案内を出したけれど結局誰も名乗り出ず、うちで飼うことにしたのです。(名前は「なまはむちゃん」。ブログには載せてないです)。
ほっぺをまるまるふくらませた様子が見られるかな~、と思っていましたが、食が細い子でした。何をあげてもちょっぴりしか食べてくれませんでしたが、この黒もちあわの粒は割とよく食べてくれました。
全然なついてくれませんでしたが、我々が寝る頃、回し車をカラカラ回してせっせと運動している様子は心が和むものでした。
ネットで色々調べたつもりでしたが、温度管理がよくなかったのか、寒くなり始めた頃、死なせてしまいました。
なまはむちゃん、ごめんね。
残りの黒もちあわ、頂きます。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加