採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

頂き物のチョコレート

2017-03-29 | ■おともだちの味研究

鳥取リフォームは、おおむね一段落してきました。
でも、年度内引越シーズンに、微妙に間に合わなかったっぽい感じ。
いいや、もうしばらくかけて、別の所でも直そう・・・。
で、頭が完全にリフォームになっていて、この冬、チョコがけは作れませんでした。
(お正月に大量に作って、しかもそれがひどいブルームだったのもトラウマに・・)

お友達のカノンさんのチョコ作り記事を拝見しては、おいしそうだな~、と指をくわえていたところ、沢山頂いてしまいました。(カノンさん、ありがとうございました!!)

毎年研究を重ねつつ繰り返し作ってきた作品は、カノンさんオリジナルの作品です。
真似したくてもなかなか出来るものではありません。
いつも、感動しながら頂いています。

ラッピングもいつもステキなのですが、なにしろチョコに飢えていて、中味に興味が集中!
外側の写真を撮るのを忘れてしまいました・・・。
 

ca_nonnさんのチョコレート

つめあわせセット。
ラムレーズン・ダイジェスティブビスケット入りガナッシュ、甘夏(かな?)のピールと、そのチョコがけ、獅子柚子の皮の薔薇仕立て。
すごく綺麗~。勿論どれも美味しいです。
今年のラムレーズンは、お酒がしっかり効いていて、朝に1個たべたら、なんだかぽーっとしてしまいました。すごく好み☆
ピールのチョコがけ、はしっこを残して(そこを手でつまんで)作るよりも、全体をコーティングする方が格段に手間がかかります。カノンさんは楊枝を刺して、それをぶらさげて干す、という方法でやっていらっしゃいます。 

ca_nonnさんのチョコレート

獅子柚子の薔薇仕立て。
干した輪切りピールの皮のところをカットし(ちょっと固い)、それをぐるぐる巻いて楊枝で留め、片側をチョコがけしたもの。ちょっと固めですが、いい香りで歯応えもよく、美味しいのです。
何より、薔薇のつぼみみたいで美しい・・・。
こういう仕立ては、お店でも見たことがない気がします。カノンさん完全オリジナル!

私はピールを作る際に甘すぎる気がしてレモン汁を入れるのですが、カノンさんはグラニュー糖のみ。なのに甘過ぎなくて、丁度良い味なのです。私ももっと精進せねば・・・。
 

ca_nonnさんのチョコレート

獅子柚子の輪切りピール。
輪切りカットの状態で甘露煮にして干し、カットしてから楊枝に刺してチョコがけしたもの(右側)。
輪切りのまま煮るのはすごくかさばるし、大変な手間ですが、ステキに仕上がっています。
丁度良い丸い器は、チーズの箱です。ピッタリ~。 

ca_nonnさんのチョコレート

チョコがない方はともかく、チョコがけする場合は、もとの輪切りの1セットがバラバラにならないようにしないと、うまく丸に戻らないですよね。整然とした作業手順が必要です。(散らかし屋の私には無理かも・・・)


美味しいチョコ菓子がこんなに沢山、ほんとうに幸せ。
私も来年はまた作りたいです。



■カノンさんの今年のチョコレート作り(下の方が古い記事です)

ぐるぐる巻きの残りで獅子柚子ログ
輪切りを麹に漬けたときのこと 
輪切りを一反干したあと麹漬け、細長いもののチョコがけ
獅子柚子の薔薇(ぐるぐる巻き)製作風景 
干物干しネットで乾かし中 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トルコのバクラバ

2017-03-28 | ■アラブ菓子・中近東食材

友人のGさんが、トルコに出張に行ったとのこと。
(イスタンブールの町には東洋人は少なくて、シリア難民と思われる子ども達が沢山いたそうです)
イスタンブールの空港で買ったおみやげを送って下さいました。

勿論バクラバ☆☆
 

トルコのバクラバ

一箱に一種類入り、というのしかなかったとのころで、なんと二箱も☆☆(わ~い)
上がピスタチオで、下がクルミです。

トルコのバクラバ

早速開けてみました。
きゃ~、綺麗~。

こちらはピスタチオの方。15個入りです。
上にもピスタチオの細かい粉が振り掛けてあります。 

トルコのバクラバ

フィロの層は、何層でしょう。かなり枚数が多いです。
こんな枚数を、一体どうやってカットするんだろう・・・。

ナッツの層のちょっと上くらいまで、しっかりシロップが染みこんでいます。 
(シロップは、結晶寸前くらいの濃い濃度なので、フィロがしんにょりふやけるということはないです) 


噛むと、上の方の乾いたフィロ生地がパリパリ・ザクザクした食感で、下の方はずっしり濃厚な感じ。ナッツは比較的細かく刻んであるので、ポリポリの食感はあまり目立たず、シロップとあいまった濃厚な隠し味、という存在です。
噛むと、下の方に含まれているシロップの甘みが染み出します。
ベーカリーの店頭で売られているものには、シロップが滴るようなものもありますが、これは比較的長く持ち歩くことを想定されているせいか、したたりはしません。

シリアのsemiramisや、Al Rifai のものに比べると、濃厚でパンチの効いた味です。
これを2個食べるってどうよ、と思うのですが、なぜか1個で止まらずに2個目が口の中へ・・・。

あ~・・・美味しい~・・・。陶然。

脳内麻薬物質がぷしー、と分泌されてる気がする。
御近所に激甘友がいればいいのになあ。ダンナサマはついてこれないみたいだし。

Gさん、いつもありがとうございます!! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニンニク2017:葉っぱがピンとしてきた

2017-03-27 | +畑・ベランダ菜園

悲惨な種芋を植えたジャガイモは期待出来無さそうですが、ニンニクは、いまのところ元気です。
真冬と違って、葉っぱがピンと伸びて、青々してきました。
そろそろサビ病の季節。
元気な今のうちに、記念写真を撮ってきました。

左に小さく、1月末の写真を載せています。(クリックすると拡大します)
青々と変化しているのが分かります。 


自分以外には、もしかして全部、同じに見えちゃうかも?
(写真で見るよりも、実物の方が品種ごとの違いが分かるので、写真の腕が悪いのもある)
つまんない写真でごめんなさいね。

ふくちふくち

ふくち。
冬の間はぐにゃぐにゃとねじ曲がった葉っぱが、ピンとのびてきました。

ふくち新タネふくち新タネ

福地の、JA白樺にて新しいタネ500gを追加で購入した方。
育ち具合にばらつきがありますね。

みやこ(岐阜)みやこ(岐阜)

友達のmiyakoさんから頂いた岐阜のニンニク。2世代目になります。
ややばらつくものの、なんとか葉っぱの枚数も増えてきました。 

山形山形

山形の最上赤にんにく。
大きく育て☆と、マルチ穴に1列おきに植えたせいかどうか、発芽や育ち具合がばらついて見えます。次回はマルチ穴にびっしり植えてみよう。 

アブルッツォアブルッツォ

イタリアのアブルッツォのニンニク。
ソフトネックタイプで、鱗片数はぐるりと2周する感じで多く、小さな粒もできるタイプです。
ぴらぴらと、細長い葉っぱです。 

スペイン白スペイン白

スーパーで売っていたスペイン産の白いニンニク。
冬の状態では枯死寸前に見えましたが、それなりに持ち直してきました。 

スペインスペイン

スペインのアホ・モラード。何世代目かです。
緑色が、ほかのものよりやや薄い(明るい)傾向があります。
背は高めです。 

アーティチョーク畑アーティチョーク畑

アーティチョークを買いに行った際、おまけで頂いたニンニク。茎が長めで、スペインタイプに似た品種ではないかと想像していましたが、葉っぱの色が、こちらがやや濃いめ。
葉っぱの先が寒さで(?)赤紫になるのも、アホ・モラードにはない現象かも。

シチリア冷蔵シチリア冷蔵

シチリアのニンニク。おそらく、アメリカでクレオールタイプと呼ばれているグループではないかと思います。
春、分けつというのかな、茎がフサフサに分かれてしまうものが多発するので、これも半量、冷蔵方式を試してみた、冷蔵組の方。常温組よりは生育がいいですが、下の方の葉が黄色くなってしまって、他の品種よりは具合が悪そう。
エノキの大木がそばにあって、栄養か水分を奪われている気がする。何かしてあげたいけど、どうしていいか分かりません。 

シチリア常温シチリア常温

こちらがシチリアの、タネ常温保存組。
真冬よりはマシですが、やはり成長が悪いです。ちゃんと結球するのだろうか・・・。
ニンニクの玉の分けつの程度にどう繋がるか楽しみです。 

完全抽台白完全抽台白

ここからは、畑友のY氏に頂いた種。
完全抽台白。
しゅるん、と細長く伸びて、いい育ち具合です。

静岡薄紫静岡薄紫

静岡薄紫、と名前をつけたもの。
これも勢いよく育っています。 

紫(2)紫(2)

紫(2)。
外皮、および鱗片を包む皮が綺麗な紫色で、三つ編みにしても可愛いニンニクです。
静岡薄紫の個体差かどうか、注目しているところ。

Y氏白Y氏白

昨秋、新たに頂いた種。一番最後に植えました。
玉は白くて、鱗片はほぼ2周。
茎が柔らかくなって倒れるタイプも育てているそうなので、もしかしたらそれかもしれません。
植え付け時期のせいか、品種の特性か、非常に調子よく見えます。
葉っぱが幅広なので、これを植えたエリアは、青々して見えます。 


このまま順調に育って、病気にかかりませんように・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャガイモ2017:植え付け

2017-03-23 | +畑・ベランダ菜園

ジャガイモ、3/18頃、植えてきました。

植える前に、浴光催芽、ってのをするといいのだっけ、と、昨年のお芋を日に当ててみました。
ベランダに置いて、日に当てるだけじゃなくて、そのまま何日も放置・・・。
その間、氷点下に下がった晩もあった気もしますが、リフォームのドタバタでそれどころではなく・・・。
 
しばらく経って見てみたら、すごく可哀想なことになっていました。
種芋の虐待といってもいいかも・・・。 

ジャガイモ植え付け

芽が出ていた芋を寒さにあてたので、当然芽はしおれます。
で、芋の方も、黒っぽく、シワシワに・・・。日に当たって緑になったというよりは、傷んじゃった・・・?

ジャガイモ植え付け

もとは、普通の色の芋だったはずなのだけど、何で赤黒いんだろう。

ジャガイモ植え付け

こちらは、半分が赤くて半分はベージュで、簡単に見分けがつくはずだったのに、もはやどちらがどちらか・・・

ジャガイモ植え付け

こんな傷んだお芋で、ちゃんと芽が出るのでしょうか?
見るのも忍びない種芋なので、証拠隠滅のため、全部埋葬しました。 
(かなりの個数なので、全部育ったらそれはそれで困るかも) 


昨年秋、ニンニクを植えすぎて、場所が足りない気がします。
芽が出るか分からないじゃがいもに面積を使いすぎたかも。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥取マンションリフォーム(10):IKEAのカーテンレールVIDGA

2017-03-22 | +木工・DIYなど


 

IKEA_VIDGA

濃い青の点線部分、カーテンで間仕切りを作ろうと考えました。

IKEA_VIDGA

特に深く考えず、IKEAでこのVIDGAというレールを買ってみました。
色や形があっさりシンプルで、しかも長さが140cmと短い単位なので、運ぼうと思えば運べるし、送ることも出来ます。店頭で操作してみたところ、とても軽く動きます。

ところが、いくつかの点でややこしかったので、記録しておきたいと思います。 これから買う予定の方の参考になれば・・。

IKEA_VIDGA

まずはデザイン。
白くてスッキリ細身です。
レールの下からランナーのパーツがあまり見えないところが、日本のレールと違います。

IKEA_VIDGA

こちらは一番安い、ステンレス製のC型レール(オシャレなおうちならば、見えるところには使わないタイプ)。
ランナーの下部がレールから随分と下がっています。
カーテンを下げれば見えなくなるから、という考え方でしょうか。 

トーソーネクスティ

参考までに、国産の色のついたレールはこんな感じです。
こちらはトーソーのネクスティというレール。
C型レールのランナーとはまた違いますが、ランナー下部のパーツが少し見えます。
(ただし輪っかのところには回転する機構がついています) 

タチカワファンティア

こちらはタチカワのファンティアというレール。
トーソーのと似て見えますが、ランナーの互換性があるかどうかは不明です。

IKEAカーテンレールVIDGA

IKEAのとC型レール用ランナーを比べてみました。
車輪の大きさが全然違うし、IKEAのは4輪だ! 
吊す部分に回転機構がないとはいえ、24個で約400円と安いです。
ちなみにC型レール用は24個で約540円。トーソーのネクスティのランナーは定価で8個400円。 

IKEAカーテンレールVIDGA

大きな車輪が4つ、しっかりはまるので、走行性は非常にいいです。

IKEAカーテンレールVIDGA

C型レール用ランナーは、IKEAのにははまりません。

IKEAカーテンレールVIDGA

4輪ランナーには問題も。
これは双方を5個並べて比べたところなのですが、C型ランナー用は5個で5cm。IKEAのは9cm(写真では9.5に写っていますが9.0です)。
寄せたときに2倍近いスペースをとるということになります。(布の厚みも関係するのでここまで違わないかもしれませんが) 

IKEAカーテンレールVIDGA

この大きさは、ランナーの数が多くなるときには要注意です。今回がそうでした。
通常ヒダを縫うと、どうしても裏と表が出来ますが、間仕切りなのでどちらから見ても同じようにしたかったので、縫わない吊し方にしたのです。カーテンをコサインカーブのように蛇行させ、変曲点のところをクリップで吊す、という方式。
ところがこの方法は、ランナー(クリップ)がとても沢山必要なので、布は薄いのに、小さく畳みたくてもかなりの場所をとってしまうのでした。これはレールを買うときに想定していませんでした・・・。

IKEA_VIDGA

レールの固定方法もちょっと独特で、コツが必要です。
今回は天井付けタイプ。レールを枠のところにピッタリネジ留めしてもよかったのですが、ここに見えるような天井付け用のパーツを買ってみました。
(私はなくてもいいと思ったのだけれど、ダンナサマが一応買っておいたら、ということで。)

IKEA_VIDGA

枠とレールの間、そしてレールとカーテンの間に隙間が出来るので、やや軽やかな印象にはなるかと思います。
ただし、隙間をあけるだけならば、ネジ留めして、隙間にナットでも挟めばいいです。 

IKEA_VIDGA

一番の問題は値段。
このちゃちなパーツ2個で1セット、なんと500円もします。悪い冗談のような値付け。
(これを6個も買ったのです。くぅー)
こんなに高価なので、一応、着脱がしやすい、という機能がありますが、3000円節約できるなら、電動ドライバー何回使っても苦じゃなかったよなあ・・・。

四角い金属パーツの方を天井側にネジ留めします。 

IKEA_VIDGA

三角のプラスチックパーツを、まずはこうやって金属パーツに差し込んで、楕円の出っ張りにカーテンレールをあてがい・・・

IKEA_VIDGA

90度回転させることで、カーテンレールを固定できる、という仕組み。
ところがこの回転が、とても人間の手の力では回せない固さ。ここ数年で一番指先に力をこめましたが、それでも回らず、1点でネジ留めしてある金属パーツの方が回ってしまうほど。
スウェーデン人は日本人より筋力あるから?、とも思いましたが、それにしてもおかしい。
金槌で叩こうかと思うような固さなのに、IKEA社内のデザイン会議を通ったのだろうか? 

IKEA_VIDGA

パーツの噛み合わせなど、じっくり覗き込んでみました。
固いのは、パーツがキツイからのようです。グレーに着色している場所が、金属パーツとプラスチックパーツが当たっているところ。
金属パーツを塗装する際、厚みが(設計より)分厚くなってしまい、そのために回転しにくくなっているようです。

IKEA_VIDGA

であれば、とプラスチックパーツの方を、カッターで削ってみました。(下にフケみたいに落ちているのが削った断片)。
そうすると、普通程度のがんばり力で動かせるようになりました。
やっぱそうよね。この位ならば、商品としてアリだと思います。


壁紙を貼る前、レールをカットする際に長さを試しながら一回とりつけてみました。
で、外してランナーを入れてまたとりつけ、カーテンの長さチェック。
更にまた外して、壁の塗装後にまたとりつけ、など、何回も着脱して、段々使いこなせるようになって、着脱の容易さの恩恵も、少しは味わうことが出来ました。

でも普通は、そう何回も着脱するものでもない気がします。
結論としては、天井付け用パーツは、買うほどではないかな、という気がします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加