採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

ニンニク2016:南方系のニンニクの鱗片数

2016-06-30 | +畑・ベランダ菜園

南方系のニンニクを2種類植えています。

最初に植えた年、植えたものとちがう形の、何だか平たくて鱗片数が少ないものがとれて、びっくりしました

その後毎年平たいニンニクがとれてました。
でも昨年冬は、12月いっぱいまで、妙に暖かい気候でした。

その影響かどうか、いつもと様子が違います。
 

南方系ニンニク

これが台湾系ニンニクの全収穫なのですが・・
 

南方系ニンニク



ここ数年は、こんな感じの、鱗片数が少なくて平たい形状のものがとれていました。
それが今年は・・ 

南方系ニンニク



こういう、丸い形のがいくつもとれました。
ただし、福地六片とは異なり、鱗片数が多く、それぞれはとても小さいのです。
実は、これが植えたときのニンニクに近いです。 
(最初に植えたとき数えたものは、1玉あたり32片もありました) 

南方系ニンニク



沖縄系ニンニクもこの通り。
左側に見えるのは例年のように鱗片数少なめ。でも右のように鱗片数が多いものもあります。
(まるでちがう品種みたい)

南方系ニンニク



丸っこいのと平たいの入り交じって、三つ編みにしにくいです。


鱗片数が少ない方が、個々の鱗片は大きくて使いやすかったです。
小さい鱗片が沢山つくのは、品種本来の姿なのかもしれないけれど、なんだかガッカリ。


今年の冬が もし普通通り寒ければ、鱗片数が多いニンニクも、また平たいニンニクに戻る可能性もあります。
でも、これら南方系のニンニクは、今年でお家断絶にしてしまおうかな。
食べるなりなんなりして、消費しつくしてしまう予定です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマモモ

2016-06-29 | +きのこ以外

 ヤマモモを摘んできました。

ヤマモモ




今年は、どちらかというと不作気味かな。
年によっては、木全体に鈴なりで、満艦飾のクリスマスツリーみたいなときもありましたが、 ことしはまばら。

ヤマモモ



この木だけはすずなりですが、成熟が遅い感じです。

ヤマモモ

なるべく熟したものを摘んできました。
実の数が少ないからか、黒っぽくなったものは、今年はとりわけ甘い気がします。
(といっても酸味もしっかりありますが)

美味しくて、生でぱくぱく食べてしまいました。

ヤマモモ

大半は加工することにします。
洗って乾かしたら、こういうヘタを取り除きます。
そして土鍋に入れ電子レンジへ。 

ヤマモモ

加熱すると種と実がほろりと外れるようになります。
そうしたら目の粗いザル(カゴ)で種を漉します。
(毎年ヤマモモの季節はこのカゴの出番。他にいいものはないか、今度100円ショップでも見てみようかな) 

ヤマモモ

ヤマモモピュレの出来上がり。
この日は、ここにお砂糖を混ぜて、ひとまず冷蔵庫へ・・。
 

ジャム、ゼリー、他のベリーと混ぜてサマープディングなどにする予定です。

お友達は丸のままの実をコンポートにされていました。
ホロリとほぐれる美味しいコンポートになりそうです。
生食用に少しとっておいた実で、私も作ってみようかな・・?

ヤマモモジャムは、以前ものすごく頑張って煮詰めたこともありましたが、それでもとろみがつきにくいです。加熱しすぎると色も風味も落ちてしまう気がして、最近ではペクチンを混ぜることが多いです。

摘んでいるとき、珍しく声をかけられました。(おばさん)
「ヤマモモの同量~6割の砂糖と水をひたひたに加えて煮て、ザルにあげて、水分はシロップに、果肉は潰して(適宜砂糖を足して)ジャムにするといいみたいよ」と教えてくれました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウツロイイグチもぽこぽこ

2016-06-28 | +きのこ

畑の帰り、ちょっとだけきのこを見に行ってみました。
 

ウツロイイグチ



お?

おおおおお? 

ウツロイイグチ



晴れてるのに、出てるじゃありませんか!
これはウツロイイグチなのですが、この場所のはナメクジにかじられていなくてとても綺麗なのです。

ウツロイイグチ



わお~。
丁度いい育ち具合のを独り占めできて大興奮。
アドレナリンぷしー、です。

(2日後行ってみたら、念入りに見たはずがやっぱり数個見落としていました) 

ウツロイイグチ



傷のない完璧なきのこを見ると、感動してしまいます。
こんな綺麗なのにはもう出逢えないかも、といつも思いますが、でもきっとまた出逢えるはず。

ウツロイイグチほか



きのこの下処理はこんな風にやっています。
ボウルの水で洗い、新聞紙+ペーパーの上へ。
乾かしながら食い込んだ汚れを掃除。そして縦にカット。
(綺麗に見えても中に虫がいることもあるので必ず切ってみます) 

ウツロイイグチほか


焼くときは、油をしかずにまず焼きます。塩コショウをしてしばらく焼くと、水分がじゅくじゅくと出てきて蒸発し、こうすることできのこの味が濃くなります。
最初から油をいれると、油っぽい仕上がりになる気がします。

ごく太い軸は、輪切りにしてソテーすると、ホタテみたいな雰囲気になってそれも面白いです。

若いものはゆでてお刺身風(ワサビ醤油)というのもコリコリしていけます。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タマネギ2016:収穫・収納

2016-06-27 | +畑・ベランダ菜園

(だいぶ前のことですが)
玉ねぎを収穫しました。
今年の玉ねぎ収穫は、ニンニクより後。(いつもそうだっけ?)

玉ねぎ大産地の佐賀県でニンニクが不作で、(北海道産が出回るまでの)今のところ玉ねぎが高騰気味だそうです。出来はともかく、自家製があって、ちょっとうれしいです。
 

タマネギ



今年一番の変わり種。
ニンニクみたいにいっぱい分球しちゃってます。 

タマネギ

保管場所は玄関脇の倉庫部屋の、棚の裏。
 

玄関セルフリフォーム

リフォーム直後はこんな風に鏡を吊していましたが、この場所は滅多に通らないということが分かったので、鏡を移動させました(生ハムがあった場所へ)。 

タマネギ

前の段階では背板がなくて布を垂らしている状態でした。
タマネギを吊るすにあたっては背板があった方がいいので、棚をリメイク。背板はこれ。
(実は背板なしで吊していて、背面側の重量オーバーによりバランスを崩して倒壊。で、いい機会なので作り直しました) 

タマネギ

お分かりかと思いますが、扉だったものです。
フラッシュ扉ってこんな風になっているのですね。 
中央が窪んでいて、そのふちどりが飾りのため出っ張っているこの構造は、ドアとしての見た目はいいかもしれませんが、材料としてみると、妙な出っ張りのためにツブしが効かず、非常に不便です。
ぺたんとした平らなドアだったらどんなによかったか。 


(かなり苦労して)棚を加工したあとは、まず棚板にジャガイモを収納。
それなりに安定してから背面側にタマネギを吊しました。

苦難の道は下に書いたような感じ。
タマネギを吊したいだけなのに、DIYから始めなきゃいけなくて、長いみちのりでした。
(壁がないと、困ることもあるのね・・・)


ジャガイモ収穫前、棚がほぼ空の状態でタマネギを無計画にぶらさげ 
↓ 
背面側に負荷が加わりすぎ、棚が倒壊

タマネギをベランダに一時的に移動。

棚を分解。
玄関を片付け。作業スペースを確保。

棚を丈夫にするため、構想を練る。
 ・背板を買うか(現状の幅のままにすれば棚板が加工せずに使える
 ・手持ちのドアを流用するか(邪魔なドアが片付くが、幅が狭くなるため棚板を短くカットしないといけない)・・・

ドアがとても邪魔だし、凹凸があって他に使い道もないのでこれを使ってしまうことに決定。

棚の高さにドアをジグソーでカット。
ドアの幅はこれまでの棚の幅より狭いため、棚板も短くカット。
棚板として、手持ちの丈夫な板も動員(カット)。
ジャガイモは重たいため、引き出しレールを購入、とりつけ。 

各部材組み立て。ようやく棚復活。

タマネギ吊り下げ用のネジとりつけ。
ジャガイモ側にカーテンレール的なものとりつけ。

ジャガイモ収穫。洗って棚に収納。

ベランダからタマネギを移動。
背面側に吊り下げ。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きのこ出始めました

2016-06-24 | +きのこ

まだ6月ですが、雨の日は畑作業も出来ないので、きのこパトロールに行ってみました。
 

アンズタケ



わ!やった!
アンズタケ!
夏のきのこかと思っていましたが、こんな時期から出てくるのですね。 

アンズタケ



割と太めです。

アンズタケ



ヤマドリタケモドキは全然なし。
こんな、なめくじにかじられちゃったのだけ。
いじましく摘んできました。 

アンズタケ



この日の収穫。
太めでしっかりしたアンズタケです。

ヤマドリタケモドキ

別の日、アンズタケスポットを見に行ったら見あたらず。
ちょっと別の場所に行ってみると、ヤマドリタケモドキの赤ちゃん発見!
カラス?がカサをつついています。んもう!

と思ってふと横をみたら・・・

ヤマドリタケモドキ



落ち葉の中からにょこにょこと!
わおっ。 

ヤマドリタケモドキ



こちらにも。 

ヤマドリタケモドキ

こっちにも~。
すごい!

何がすごいって、虫食いやひび割れなどの変形がないきのこが、こんなに同時にみつかるのがすごいです。

個人的にはもう少し成長したものが好みですが、若いものは日保ちもいいし、おいておくと中に虫が入ったりもするので、摘んでしまいましょう☆
(完璧にチェックしたつもりの場所でも大抵見落としがあるので、成長したものは、数日後必ずみつかるのです) 

ヤマドリタケモドキ



とりわけ別嬪なのが沢山とれて、大興奮でした。
 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加