採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

台湾のホームセンター(特力屋)

2016-08-23 | +食べるもの以外

先週は、台湾に行っておりました。
ダンナサマは仕事なので、昼間はフリータイム。
(台湾のお友達とお出かけした日もありました)

今回は、出かける前にスライド棚板への取っ手取り付け作業をしていたため、気分は何だかDIYモード。
「そうだ、台湾のホームセンターに行ってみよう!」
と予めお店の場所を予習しておいたのでした。

行ったのは、「特力屋仁徳店」。
市内中心部の宿から、タクシーで向かいました。 

特力屋仁徳店(台南市)



行ってみると、水回り用品の充実ぶりにびっくり。店内で一番スペースを割かれていました。
日本はお風呂といえばユニットバスですが、台湾は温かいので、シャワーのみでも寒くありません。DIYで設備を交換するお宅も多いのかもしれません。

この、 オーバーヘッドシャワー(大きな円盤から真下にシャワーが出てくる)、我が家にもいつか入れたいなー、と構想中です(ダンナサマの希望)。日本だと通常のホームセンターにはこんなに陳列されていない気がします。
大手メーカー品は8万~10万円以上とべらぼうに高価ですが、楽天では格安のがあって、1万5千~1万7千円程度。 
ここにあるのは5000~13000元(1万7千~4万円)。 

特力屋仁徳店(台南市)



出かける前の取っ手とりつけ工事は一段落しましたが、台湾の取っ手もチェック。
(クリックすると拡大します)
でも、正面からネジ留めするものはやはりほとんどないです。

特力屋仁徳店(台南市)



こちらの取っ手は大きくてカッコイイですが、やはりネジ留めは裏側からのタイプ。
業務用のようで、1000元以上の購入が必要のようですが、ひとつ200元程度なので5個くらい買えばすぐにクリアできそう。

特力屋仁徳店(台南市)



あ! 正面からネジ留めするタイプを発見!
まな板にとりつけられていました。

特力屋仁徳店(台南市)



スライドレールは、日本とほぼ同じ品揃えでした。
底付け三段引きタイプ(側面から見えない)があったら買って帰ろうと思っていましたが、おいてませんでした。

特力屋仁徳店(台南市)



ポールを支えるゲンコ。
既製品としてのタオル掛けの品揃えが多いせいか、これは随分目立たないところにありました。諦めかけたほど。

特力屋仁徳店(台南市)



首長タイプ(かなり長い)のみで、日本にはある短いタイプはありません。

特力屋仁徳店(台南市)



あと、中央部分にネジがついています(初めて見るタイプ)。
長さ調節ではなく、おそらく取り付け角度の誤差調整用かなと思います。

特力屋仁徳店(台南市)



その他面白いと思ったもの。
布製の収納箱。
上端が木枠で、下部が布。 

特力屋仁徳店(台南市)



こんな支柱をマジックテープでとめるようになっていて、使わないときはペタンとたたんでおけます。
(上の写真の下段に畳んだものが)
日本にもあるのかな? 

特力屋仁徳店(台南市)



竹製のスノコ状のラック。
組み立てる前の状態で、色々と使えそう。
(でもちょっと高いかな。1000元(約3300円)) 

特力屋仁徳店(台南市)

棚受けのない、壁から生えたような棚板って、スッキリしてカッコイイですよね。そういうキットが打っていました。
2箇所、支柱を壁にネジ留めし、そこに板をはめ込むという構造です。 

特力屋仁徳店(台南市)

こちらはガラス製水筒。
強化ガラス製なので薄手で透明感が綺麗です。
プラスチックやステンレスの水筒は、口をつけて飲むのは美味しそうじゃないなあ、と思っていましたが、これならよさそう。
でも洗うのにはボトル洗い器具が必要です。
危ないところでしたが買わずにこらえました。 
(そもそも水筒が必要なことってすごく少ないですし、軽さでいったらペットボトルが一番軽いです) 


期待していた「見えないスライドレール」がなかったのは、ちょっと残念。
とはいえ、じっくり見物して、楽しみました。
(多分台湾の友人の誰よりも、念入りに見て回ったと思う) 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

引き出せる棚板に取っ手

2016-08-22 | +木工・DIYなど

 

台所食器棚



今年の5月、キッチンの食器棚を取り替えて、こんな風に作ってみました。
真ん中あたりにある引き出しが、カトラリー入れ。

スライドレールつき棚板に取っ手



この取っ手が、予想外のヒット。
処分した洋服入れの扉についていたネクタイ掛けを、何かに使えるかも、と取ってあったものです。ふと思いついて再利用したのですが、これが大変に具合がいいです。
細くて指にひっかけやすく、また金属製なので手が濡れていることもあるキッチンにぴったり。

すごくいいなあ、これ・・・。

棚板にスライドレールをつけたものがこの食器棚をはじめ家中のあちこちにあるのですが、引き出すときの手がかりがないのです。
棚板をぐっと指先でつまんで引っ張って使っていますが、引っ掛ける方がずっと楽。
同じような取っ手をつけたいな・・・。
 

スライドレールつき棚板に取っ手


検索してみると、類似のネクタイ掛けにこんなものがありました。(約550円)
でも、ネジ穴の位置が、棒の上下になっており、薄い板の端部にとりつけるのには不適です。
(無理矢理90度ひねるという手もあるか・・?) 

スライドレールつき棚板に取っ手

ホームセンターにないか、リサーチ。
通常は取っ手は引き出し前面につけるため、裏から留めるようになっています。正面側からとりつけられるような、ネジが見えるタイプの取っ手って、ものすごく少ないです。

これよりも、もっと細くて長~い棒がいいなあ。 

スライドレールつき棚板に取っ手

これは、ステンレス製でごく単純なつくりではありますが、引き戸用なのかな、左右(上下?)非対称の形です。

スライドレールつき棚板に取っ手

しかも、ひっかける部分も変な形状。
引き出し用ではなさそうですよね。

スライドレールつき棚板に取っ手

固くて細くてまっすぐな棒・・・

ホームセンターを練り歩いていたら、ふとひらめきました。
バーベキュー用串!
とても長いものが家にあったはず(スモーク用に買った)。そして、土台というか高さを出すのには、ワインのコルクがいいかも!!!

バーベキュー用串の両端にカットしたコルクをとりつけ、こんな感じで試作してみました。
使い勝手はなかなかいいです☆
板のまんまより、断然引き出し易い!

スライドレールつき棚板に取っ手

でも、 片側に串の柄が・・・。
これはない方がいいかな、やっぱ・・・。

まっすぐで固くて細い棒・・・。 

スライドレールつき棚板に取っ手



打開策保留のまま、懸案だった倉庫部屋を片付けていたら、いいものを発見!
以前、何かに使えるかも、と拾ったステンレスのこれ。
(本来の用途は不明)

スライドレールつき棚板に取っ手



角のところをジグソーでカットして、念願の金属棒を手に入れました。

スライドレールつき棚板に取っ手


かなり長い棒なので、コルク3個で固定。
正面から45mmの長いネジ(コーススレッド)で留めました。
(コルクは、太さが同じものを選び、カッターで3cmにカット。2.5cmでもよかったかも)

スライドレールつき棚板に取っ手

農作物部屋に作った新しい棚(サツマイモ置き用)。
下3段がスライドレールつきの引き出せる棚板になっているので、取っ手をとりつけておきました。 


あちこちの棚板が引き出しやすくなって、便利になりました。
あと、材料費がほぼゼロというところも嬉しいです。
当面、これで使ってみようかと思います。


 

=========

こんな、なんちゃって貧乏DIYでは誰の参考にもならなさそうだわ。
ちゃんとした商品はないか捜してみました。
今回私が捜したようなものは、取っ手/引き手というよりは、タオル掛けかも?

「タオル掛け」でヤフオクを捜してみると、いくつかみつかりました。
 

タオル掛け

これこれ!
今回私が捜していたのは、こんな感じのシンプルなものでした。
細い鉄の棒で、正面からネジで留めるもの。
高さ(取り付け面からの出っ張り)は約3cmで、ほぼ希望のサイズ感です。
でも、お値段が2300円・・・。

アイアン細工ってどこかで習えるのかなあ・・・。
(お店はヤフオクのこちら) 

タオル掛け


正面からネジ留めするもので、しかもネジ穴が左右方向に配置されている、興味深いタイプ。
これはタオル掛け部分が折りたたみ式だから出来る構造です。
板の端部にタオル掛けをくっつけたいならばこれはよさそう。
500円とお手頃。高さは約5cm(今回の私の目的にはやや大きすぎ)。
(お店はヤフオクのこちら)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラックベリー摘み

2016-08-15 | +きのこ以外

お友達のキョウコさんのおうちに、今年もブラックベリーを摘みに行ってきました。
毎年ずうずうしくもこの時期になると参上してます。
 

blackberry

7月最終週くらいから熟し始めたそうです。
もうずいぶん摘んで、冷凍庫がいっぱいという状態。
でも、これをみるとまだまだ熟してきそうですよね。 

blackberry

黒々とした実がたわわに。
綺麗~

 

blackberry

ものによっては、ものすごく大粒!
当然口にも入れながら摘んでいくのですが、何粒か食べるとおなかがたぽたぽになるくらい。
 

blackberry

だいぶ食べちゃったので、収穫はこのくらい。

いつもヒヨドリのように熟した頃に摘みにくるだけで恥ずかしい・・・と思っていたのですが、
「Fujikaちゃんの木だと思っていいからね!」
と嬉しいことを言って頂きました。 

blackberry

この日は朝からものすごい暑さで、梅の土用干しにはぴったり。
(私は朝からトマトを干してました) 

blackberry

ちょっと上がらせて頂いておしゃべりなど。
手作り系は何でも得意というキョウコさん。
糸紡ぎや染織も出来るのですよ。染織家といってもいいくらいかも。
(私も手芸は好きでしたが、一旦作り始めると、何故か量産スイッチが入ってしまう体質なので、最近はセーブ気味。あと食品加工に追われて心の余裕がないです・・・)

下の刺し子はキョウコさん作。(頂いてしまいました☆)
上に載っているのは、キョウコさんのお友達のお父さん作の、(竹ではなく)マタタビ細工のザル。こんなの編めたらいいよねえ、と二人で共感。
キョウコさんは籠細工全般、大好きではあるものの(素敵なアケビの籠バッグもお持ちです)、作ったことはまだないそうです。
いつか笠間にある体験教室に行きましょうか、と淡い希望を話し合ったのでした。
(二人ともいささか出不精気味。もっと近くに教室があればいいのだけれど・・)
 


キョウコさんへ:
いつもいつも、ありがとうございます! 
また遊んで下さいね! 


======

今週はこれで更新お休みです。
また来週・・・。
よい夏をお過ごし下さい。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

かぼちゃ豊作

2016-08-11 | +畑・ベランダ菜園

今年の畑はナスが不作。
例年長茄子を2本(あと面白い品種があればそれを1本)植えるのですが、少なくとも1本の長ナスは好調で、加工に疲れ果てるほどに採れます。
今年は2本とも瀕死。
これから後は、買うことになりそうです。

具合が悪い理由は、おそらく隣の畝に植えたかぼちゃ。
(植えたときは、ズッキーニかかぼちゃか、はたまたユウガオか、よく分かってなかった)
これまで育てたどのかぼちゃよりも、勢いよく茂っているのです。
おまけに、別の場所にもう1株(買った苗)植えてみたのです。
弱り気味の時もあって、死ぬかな~と思っていたのですが、ふと気づいたら畑がかぼちゃ絨毯。 

(葉っぱが茂っている様子。写真あとで)

ニンニク跡地が空き地のため、茂り放題です。 

(かぼちゃ探しの様子。写真あとで)

わさわさ茂っているなかから、かぼちゃの実を捜すのは結構楽しいです。
どこにあるのか分からなくて、「あっ!こんなところに!」と見付ける喜びは、きのこ狩りのような気分。

いちご狩り、みかん狩りなどいろいろ狩りものはありますが、かぼちゃ狩りってあまり聞かないですよね?
いちご狩りは、見えてるものを摘むだけじゃないですか。
それよりも、探し回るかぼちゃ狩りの方がずっとワイルドで面白いと思う。

土地が有り余っていて、 採算を気にしなくていいならば、かぼちゃ狩り農園ってどうかしら?

pumpkin

調子に乗ってかぼちゃ探しをしていたら、いま、玄関先がこんな状態。
ど、どうしよう。かぼちゃってピーマンみたいに中はからっぽとはいえ、これだけ集まるとかなりの量です。

・・・・どうしよう。

かぼちゃ狩りがないのは沢山摘んでも大変なだけだから?
 

pumpkin

ちなみに、2株あって、種類が違うようです。
左は買った苗の九重栗。
右はずっと前食べたかぼちゃからとった種で、おそらくロロン?


これまでのところ、2個消費しました。
(上の写真は2個減らした後)
味は、ちょっと甘さが足りないような・・・・。
でもいいの。
私がかぼちゃに求めるものは、第一にホクホク感。
(甘さが欲しければお砂糖を使えばいいです)

ホクホク感を追求するのであれば、調理は早いほうがいい気がします。
(時間が経つと澱粉が糖化して、甘くもなるけど、水っぽくなってしまう)
水っぽくなる前に、なるべく沢山加熱して、冷凍してしまう予定です。
(かぼちゃって中が空洞とはいえ、あの大量のかぼちゃが冷凍庫に入るでしょうか?)

今年は、粉ふきいも方式を試してみています。

■■ホクホクかぼちゃの保存
(1)煮物用くらいの大きさに刻む
(2)たっぷりの水を火にかけ、沸騰のしばらく前に投入して茹でる。
7~8分目くらい茹だったら、お湯からあげて皿に移し電子レンジへ。
ラップをふんわりかけ(かけなくてもいいかも?)電子レンジで水気を飛ばしつつ、芯まで柔らかくなるまで加熱。
(必要に応じて位置をかえる)
(3)小分けして冷凍。一部については、キャラウェイシード、アニスシード、ナツメグなどを和える。

ひとりのときの昼ごはんの、主食にする予定。
お米を買わなくてよい分、節約になるよね。

■冷凍したものの、その他利用法
・パンプキンパイ(春巻きの皮でも可)
・プリン
・コロッケ(あまり甘くないので丁度いいかも)
・カレーにトッピング
・パンに練り込む
・かぼちゃ餡にして、 かぼちゃ餡パン
・マヨネーズなどを使ってかぼちゃサラダ

■冷凍しない状態でかぼちゃ料理
・天ぷら
・和風煮物 (沢山食べるにはしょっぱいかも。調理後冷凍可)
・かぼちゃのサブジ(調理後冷凍可) 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

山形の「だし」

2016-08-09 | +ふたりの日

畑の草むしり、頑張っています。
雑草に関しては、「自然になくなる」ってことは(少なくとも冬までは)ないので。

片隅にある木の根元は、作物も植えていないしつい放置しがちなのですが、ある年、ミョウガが植わっていることに気づきました。
(それまでは常に草ボウボウだった)

今年は水不足かな、茎の根元を掘り返しても、土がパサパサです。
そのせいか、ミョウガ子は少なめ。

収穫が少ないと、大量消費レシピでやっつけてしまうこともなく、割とこまめに使う感じです。
今年は、初めて「だし」というものを作ってみました。
(山形のだしという名前でスーパーに並んでいたりもしますが、一度も食べたことはないです) 

■■山形のだし
■今回の材料
長ナス
ミョウガ
紫蘇
中辛唐辛子(大きいサイズ)
ハラペーニョ
薄口醤油
羅臼昆布 
(醤油と昆布以外は畑産) 
(胡瓜を入れるレシピもあり) 

山形のだし

全部微塵切りにして和える、というもの。
冷や奴の薬味にしてみました。
(だしだけでは味が薄いため、醤油もかけました)

素麺の薬味にもしました。

後から調べてみると、粘るタイプの昆布やオクラ、モロヘイヤなど粘るものを入れてとろっとさせるものもあるとか。
確かに、ポロポロしているよりも、何らかのとろみでまとまっている方が、がががっとかっ込み易そうです。
(お皿にポロポロこぼれると後から回収しにくいという問題も防げそう)

さっぱりして美味しいものでしたが、これは長く置いておけるものではなさそう。
数日経つと、ナスが入っているせいで、少し色がくすんできました。
とっても簡単だし、さっと作って2、3日中に頂くのがよさそうです。

■メモ
・次は粘りありで作ってみよう
・カリカリした青梅塩漬けみたいなのがあれば、刻んで入れてもよさそう。
・粘りありにして、とんぶりを混ぜてもぷちぷち感が美味しいかも。
・生の胡瓜でもいいし、強く塩をした古漬け胡瓜でもいいかも。
・柚子胡椒を混ぜたらどうだろうか(もしくは青柚子など柑橘の皮を刻む)

■使い方案
・レタスに素麺を載せ、これをトッピング(その場合はもっと強めの味付け)
・とろみありにして、生春巻きの皮に、レタスとこれ、豚しゃぶ等を巻き込む(柑橘ありが美味しそう)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加