採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

丸鶏をゆでてみた

2017-10-18 | +その他保存食

鶏ガラスープの素って、時々ハズレがありますよね。
先日買ってみたものが、そのハズレ。
化学調味料無添加、とあったので買ってみたのですが、むしろ化学調味料入りの方がよかったかも。
なまぐさい鳥皮の匂いがするだけで、残念な味でした。
使い切らずに処分してしまったほどでした。

Duckbill師匠は、定期的に鶏ガラスープを作って冷凍しておくのだそうです。
そうだよなあ、自分で作れば(ほぼ)確実だよなあ。

昆布・かつおだしは、最近は鍋1つ分作って冷凍するようにしています。
こうすると、和風料理がかなり手早いです。急にダンナサマにお味噌汁をリクエストされても、嫌な顔せずに、すぐに対応できます。
鶏のスープも、冷凍しておくといいけれど、鶏ガラって、なんか扱い慣れなくて心配なのよね・・・。


とある雨の週末、スーパーで丸鶏を見かけました。
お値段1000円ほどで、モモ肉2パックと同じくらいの価格。結構安いです。(小さ目だけど)

これを茹でてスープストックをとって、肉は肉でほぐして冷凍しておけば、何かと便利かも☆

ダシだけでなく、タンパク質も冷凍しておける、ということで、ようやく重い腰があがりました。
最近冷凍庫の回転もよくなって、ちょくちょく隙間があくようになってるし、やってみよう。

加熱方法は、シャトルシェフ。
先日これでポトフを作ったら、骨付きモモ肉がほろほろに煮えて、驚いたのです。
丸鶏から骨を外すのにはきっとぴったり。

臭みが出たらいやだな、と念のため50度洗いをし、ブーケガルニ(セロリの葉、ローリエ、タイム)、にんじん1本、にんにく数粒と一緒に煮てみます。(脂が多そうなぼんじりは切り捨てて、使いませんでした)

ゆで丸鶏

煮えました。(写真はスープをだいぶ汲み上げた後)
夕食前にシャトルシェフに仕込み、夕食後、再度煮立たせ、寝る前に保温鍋から取り出して冷ましておきました。水位は鍋満タン。

翌日冷めたところで、表面の脂をラップにひっつけて捨てます。これを何度か繰り返して脂っぽくなくなったところでスープを真空袋に入れて冷凍。
鶏本体は、箸では持ち上げられないくらいにほよほよに柔らかく煮えていました。

ゆで丸鶏

両手に手袋をして鶏をそーっと皿に移します。
このくらい柔らかいと、骨を外すのは簡単でした。
両手、両脚を外し、それぞれ骨をさぐり出します。胴体は、お腹側(だったかな?)から両手で探るようにしていくと、アバラと背骨がきれいに取り外せました。モモ肉ならともかく、アバラ付近はいったい骨がどうなっているのか想像できませんでしたが、思ったより簡単!
手羽の一番さきっぽ、および皮は、出し殻とみなして処分しました。


たくさんとれたスープストックは、変な市販品と違って臭みもなくて一安心。
カレーでも何でも、じゃんじゃん使おう!

・・・でも実は、ちょっと味が薄かったかも?
コンソメスープ完成品とは違うし、料理に使う分にはこれくらいでもいいかな?
水が多かったのと(シャトルシェフは煮詰まらない)、小さな若鶏だから味が弱めだったのかもしれません。

次に作るならば、水の量を少し減らすか、鶏がら一羽分を足そうかな。
(鍋満タン分のスープストックは冷凍庫でかなりかさばるので、水を減らすのがよさそう)

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ぽろたん(栗)

2017-10-17 | +食べるもの・お酒

 

ぽろたん

10月初旬、近所の大き目の産直に、「ぽろたん」という栗が売っていました。
天津甘栗のように、ぽろり、と皮がむけてしまう、という新品種の栗です。
プレスリリースされたのは2006年秋だそうですが、私が知ったのはいつごろだったかな。

いつかお店に出てくるはず、と楽しみに待っていましたが、とうとうその日が!

ぽろたん

中身に達するように(出来れば鬼皮部分は長めに)切込みをいれて、オーブンで30分ほど、ゆでたジャガイモのような柔らかさに楊枝が刺さるまで焼きます。
(160度で15分+170度で15分くらいがよさそう)

ぽろたん

アツアツで要注意なのですが、中身がぽろろん!
おお!本当にぽろたんだ~。

これは1回目(買った直後)に焼いてみたとき。
切り目の入れ方を、縦、横の背中側、横の平らな側、などいろいろ試してみたところです。

ぽろたん

こちらが2回目。(10/1に買ったものを、10/15に焼きました)
背中側(カーブしている側)に横に切込みを入れるのがよさそう、という結論になったので、今回は全部その切り方で。

買った直後よりなんだか甘くなって美味しくなった気がしました。


アツアツの栗をどう持つか、という問題はありますが、切り目を入れて、オーブンで放置して、ちょっとパカパカ割るだけで甘kてホクホクの栗が食べられてしまいます。

こんなに簡単に栗の味に到達できていいのだろうか。

栗は、生のを剥くのも、ゆで栗を剥くのも大変。
苦労して剥いた栗は、ぱくぱく食べてしまうのが憚られる貴重さがあると思います。
でも、このぽろたんなら、「いくらでもどうぞ」という簡単さ。

栗が栗でなくなってしまったよう・・・・。


ぴかぴかの栗を拾うのが好きなので、もし落ちていたら絶対拾うと思うけれど、栗が食べたいだけならば、このぽろたんを買えば、簡単で美味しくて、時間も短縮。いいことばっかりだよなあ・・・。
いろいろ、揺らいでます。


===========
■■ポロタンメモ
・まずは焼き栗がおすすめ。簡単で、味も濃縮して美味しいです。
・特に鬼皮は、長めに切込みを入れておくと後で剥きやすいです。
・切込みの入れ方は、カーブした面の側に横向き、で割とむきやすかったです。
 開発元のサイトによると、カーブした面を縦に、もしくは側面~おしり~側面という切り方でもいいようです。
・栗ごはんにしたい場合は、切込みを入れて、600Wのトースターで7分加熱、もしくは電子レンジで2分加熱。
こうすると、半生の状態の栗がぽろりと剥けるようです。

・渋皮煮にするなら、普通の栗がいいかも! (ぽろたんで試したことはありませんが)
 新鮮な栗の、すべすべしたの渋皮の美しさは格別です。
 (普通の栗のメリットがまだあってよかった・・) 
・マロングラッセにするなら、ぽろたんかも。 ナイフで剥かない分、煮崩れにくそうな気がします。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

干しレンコン(オーブン利用)、栗皮むき

2017-10-16 | +干し柿・干し芋

誰しも苦手な気象現象があるのではないかと思います。
特に中高年になると苦手感が顕著になる気が。

ダンナサマの場合は、雨。
雨の日に、「スーパーにお刺身でも買いに行こうか」、と誘っても、「ん~、あるものでいいよ、今日は」といつもと全然違う返事が返ってきます。

私が苦手なのは、暗さ。
(雨は時々しか降らないけど、夜は毎日来るので、私の方が日々困難を乗り越えててえらいかも!?←コラコラ)
水滴が降ってくるのは特にいやじゃないけれど、一日中薄暗いと、曇りでも雨でも、ぼんや~りしてしまいます。
日がさしてくるとエンジンがかかるけど、太陽が落ちるとシュ~~ン。
「Fujikaちゃんは太陽電池なのかな」とダンナサマ。
たまにダンナサマに暗くなってから買い物に誘われたりしますが、空が黒くなったら、もう外には出たくないというのが本音。(夜も繁華街のすべてのお店が煌々と明るい大都会ならまた違うのかもしれないけど・・)

この週末はずっと雨で、雨がきらいなダンナサマと薄暗さに弱い私は、二人ともダラダラ、グダグダ。
ゴロゴロしてTVを見たり、本を読んだり・・・。会話もいまいちはずみません(いつもか)。
「こ、これ(だけ)ではいけない!」

部屋の電気を全部つけて、気分をシャッキリさせて、何かしよう。

干しレンコン

干しレンコンを頼まれていたので、オーブンを使って作ってみることにしました。

スライサーで薄く切り、さっと水でゆすぎ、オーブンペーパーに並べます。
そして、一番低温(120度)で30分にセット。
時間は適当で、足りなかったらまた追加します。

干しレンコン

グダグダしていたら(あら?)、オーブンのタイマーが鳴りました。
あけてみると、小さく縮んで、なんかもう、出来てるっぽい!?

たったの30分で乾いてしまったのかしら?
(乾いたのではなく、焼けちゃったってことはないよね?)


焼けてるのか、乾いているのかは不明ですが、一応出来たことにします。
ビニール袋に入れ、袋の口をしっかりは閉めずに冷蔵庫へ。
冷蔵庫で仕上げ乾燥をします。

余りにあっけなく出来上がったので、もう1回作ろうと、レンコンをもう一節買ってみました。
次もうまくいきますように。



もひとつ、雨の日向きの手作業。
栗むき。

栗

今年は栗ひろいは少な目。
買って食べた「ぽろたん」がおいしくて満ち足りてしまって、「栗を拾わねば!」という強迫観念がやや薄れたのかも)

2キロくらいは拾いましたが、いい栗だけ厳選して、一部は生のまま冷凍実験(後日栗ごはんにしてみる予定)。
そして残りはいつもの栗ペーストにして冷凍しておきました。
(600gできました)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニンニク2017:植え付け

2017-10-12 | +ニンニク

ニンニクの植え付けをすすめています。
早すぎても生育がいまひとつなので、昨年並みか、数日遅め、を目指しています。

毎年困っているのが、どこに何を植えたか、の名札。
今年は、去年より賢くなったかも。

ニンニク植え付け

タネニンニクをバラす際に、名札も一緒に用意するのです。
名札の構造は、割りばしまたはニンニクの花茎に、こんな感じでガムテープを旗状にはりつけたもの。
これまで、旗竿なしでガムテープのカードを作って置いておいたりしたのですが、風で飛んでしまったり・・。
園芸用の名札といえば、差し込むものじゃん!
数年目にしてようやく気づきました。

ニンニク植え付け

こちらは木工用のクサビを旗竿にしてみました。やや差し込みにくいですが、力を入れると折れてしまう花茎よりはいいかも。

この写真はアーティチョーク畑でもらったニンニクですが、今年バラしてみたら、鱗片が象牙色のものと薄茶色(一番手前)のものがあったので、分けて植えてみることにしました。

ニンニク植え付け

植えたエリアに名札をこんな風にぷっすり。
さらに、すぐにノートにもメモします。
(自分の記憶力をあてにしないこと!)


問題は、ガムテープに油性インキということ。
ヘタすると、紫外線で褪色して、字が消えてしまうんですよね・・・。

木材(例のくさび)に鉛筆や油性ペンで書いたこともありましたが、今度は泥で汚れたり木材が風化して読みにくくなったり。
園芸名札用のペンがあるらしいのですが、買った年はいいにしても、来年には見当たらなくなってしまいそうで・・・。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

干しゴボウほか

2017-10-11 | +その他保存食

この週末は、体育の日があって連休でした。
お天気もまずまずよくて、気持ちの良い秋の休日だったはず。
ですが、ダンナサマが風邪でダウン。

10/4~6と、山の方に出張に行っていたのですが、道中の交通機関でばい菌をもらったのか、山が寒かったのか、帰ってからずっと寝込んでました。さほど咳もなく、喉が腫れて声がでなくなるようなこともなかったのですが、(寝汗をびっしょりかきながら)とにかくよく寝ていました。
風邪薬のせいかなあ、と本人は言っていましたが、疲れがたまってたんじゃないかな。
年をとると、長時間寝てもいられなくなるらしいけれど、ダンナサマはまだまだ若いってことかな?
連休最終日の夜にはようやく復活してきて、週明けからは仕事に行っていました。
(有給もたまっているし、たまには休めばと思うのですけどね・・・)
幸い私はうつされることもなく、やりかけだったこまごました作業などに、ひとりで取り組んでいました。


この時期、やっておくとよいのがベランダの掃除。
干し柿シーズンに備え、あたたかくて水に塗れても冷たくないうちに、ベランダを洗っておくのです。
大きなゴミを掃除機で吸い、ホースで水を撒いてデッキブラシで適当にこするだけで、かなり綺麗になります。
ついでに窓にも水をかけて、シリコンワイパーでワイプして、窓も透明に戻りました。
(年末大掃除はこれで終わりかなー。はははー)

あとは、折角の晴れを利用して、干しもの。

干しゴボウ

干しゴボウ。
海外在住のお友達からのリクエストです。
ゴボウ2本分で、このくらいの分量。乾いてくると、ザル1枚に余裕でおさまるようになります。

ぎんなん

もひとつ、ぎんなん(第2弾)。
連休を利用してもう一度拾い行ってきました。
これもお友達にあげる予定。(全部だと多いかな?)


ニンニクの植え付けも、7割がた終了。
本当は次の週末にしようかと思っていましたが、ダンナサマが寝ててひまなので、待ちきれなくて植えてしまいました。

作業ははかどったし、本を読んだりTVを見たりしてのんびりもできたし、有意義に過ごせたなー、とほぼ満足していましたが、今朝忘れてたことをひとつ発見。

だいぶ前に畑から持ち帰ってきた鶴首かぼちゃ。

少しでいいから味見してみよう(で、まずかったらまた畑に置いてくればいいや)と思っていたのに、玄関先でにょろり、としたままだった・・・。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加