採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

ニンニク2017:収穫開始

2017-05-23 | +畑・ベランダ菜園

葉っぱが黄色くなってきたなー、ニンニク畑を見渡していました。
とある一角が、特に黄色いです。
そこは、まさかの「山形」。
数年前に山形から取り寄せて毎年植えていた、「最上赤ニンニク」です。

これまでは、My畑では一番の晩生タイプでした。
他のが枯れても葉っぱは比較的青いまま。暑さ、もしくはさび病に負けて結局は成長をやめてしまうけれど、その段階では玉は育ちきっていない、という状態でした。 なので一番長く畑に置いておく品種でした。
それが一番に収穫を迎えるとは!

寒地系のニンニクは、鱗片分化に、一定量の寒さが必要なのだそうです。
このあたりだと寒さが足らず、鱗片分化が遅れ、そのせいで鱗片肥大も足りないのではないかと推理しました。

調べたところ、タネニンニクの状態で冷蔵しておくことで、「一定量の寒さ」に足し算してもらえるようです。
今回は、種ニンニク全量を、1か月くらい冷蔵しておきました。
確か9月に入ってから、「あっそうだ冷蔵しなきゃ」と思い出して冷蔵庫に入れた気がします(この辺が詰めが甘い。)

こんなに早く成熟した(っぽい)のは、冷蔵の影響ではないかと思います。 

ニンニク山形

玉のサイズはさまざまありますが、一応大半が、しもぶくれのニンニクになっている気がしますが、どうでしょう。

ニンニク山形

ちなみに葉っぱはこんな状態。
下葉が2枚枯れた頃が収穫どき、と教科書には書いてあったりします。
これの場合、枯れた下葉は見当たらないですが、最盛期より葉っぱの枚数がえらく減ったようにみえます。前はもっと青々・ふさふさに茂ってた気がするんだけどな・・・(枯れた葉が、マルチを剥がす際に折れてなくなったのではないかと推理)。あと、残っている葉も畑でいちばん黄色い様子なので、掘ってみました。 


この品種は、先端から花茎が出てこず、福地のように茎の中途で止まるタイプ。
花茎先端の珠芽を観察してみたところ、ずいぶん未熟な状態でした。
玉部分はほぼ成熟しており、珠芽は未熟ということ。
(通常だと、鱗片が太った段階で、珠芽もかなり成熟している)
冷蔵の影響でこういう育ち方になったようです。

印象ではありますが、例年より出来がいい気がします。
次の植え付けの際も、やはり全量冷蔵しようかと思います。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニンニク2017:マルチはがし

2017-05-22 | +畑・ベランダ菜園

日曜日(5/21)、畑に行ってみたら、ニンニクの青々した感じが薄れて、黄ばんできています。
え?病気!?と慌てたけれど(実際さび病も少しあったけど)、この時期、葉が枯れ気味になるのは、成熟してきているせいかも。
収穫は6月に入ってから、という漠然としたイメージでしたが、もう収穫間近なのかもしれません。

収穫の際は、マルチがないほうが断然効率がいいと、数年前に分かりました。
(土がカチカチになっているので、手で引っぱったくらいでは抜けてこなくて、スコップの介助が必要なのです)
手で持ってマルチの穴に差し込めるような、細長い道具(山菜掘り用?)も買ったけれど、土が固くて手だとすごく力がいるし、足でぐっと差し込めるスコップの方がやはり楽。

マルチの周囲をめぐって、まずは四辺を土から掘り出します。 

ニンニクマルチはがし

でもって、畝の風上側の端からマルチを持って、
「はい、ばんざ~い」
洋服を脱がせるように、マルチを脱がせていきます。
アブルッツォは、明らかにほかのものより葉っぱがにょろりと細長く、タコからセーターを脱がせているようでした。 

ニンニクマルチはがし

何とか全部はがせました。
(ここは紫(2))

玉ねぎはマルチつけっぱなしにしたけど、ここも剥がせばよかったかな・・・。 


今年はマルチ剥がしが以前よりとりわけ大変。
というのも、モグラよけに、篠竹の棒を、いたるところに無数に突き刺しておいたのです。
これがあると、マルチがとってもはがしにくい。
仕方ないので、めぼしい竹串は、全部抜いてまわりました。
(写真下の右の方に抜いた竹が見えます)
こ、腰が・・・。

モグラ除け効果は、うーむ、どうだったんだろう。
竹があっても、来るところには来たけどなあ・・。
もっとビッシリ隙間を詰めて刺したらよかったのかな。
来ないところにはこなかったけど、竹の効果かどうかはよくわからない・・・。
(竹のところまできて、竹があるのであきらめて方向転換したような痕跡は、分かりませんでした)

来シーズンは、モグラの通路らしきものがある場合はそこに重点的に刺すくらいにしておこうかなあ。


土が固いのが、あれやこれやの大変さの原因。
堆肥(緑肥)をもっと入れて、ふかふかしたいい土にしていきたいものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニンニク2017:トウ立ち

2017-05-22 | +畑・ベランダ菜園

5月の連休明けくらいから、ニンニクの花芽が出始めました。
 

ニンニクの芽

真っ直ぐ伸びて、カーブを描き始めた頃、カーブの頂点あたりで折り取ってみました。
畑友は、せっかくだから食べる部分をもっと、ということで、一番上の葉を少し割いて、その下あたりから収穫するそうです。
(私は、味見程度でいいかな、とごく先端だけ摘んでいます)
 この写真ではかなり沢山に見えますが、ピンクに見えるところより先の部分は食べないので、1本あたりの可食部は、3~15cm程度です。

食べるつもりがないならば、花芽は見付けたときにすぐ(葉鞘から顔を出してすぐに)折ってしまった方がいいのかな、と思っていましたが、どうやら、余り早く摘みすぎても、ニンニクに逆に栄養が行きすぎて玉割れを起こしたりするのだとか。
(その分早く掘り取ればいい気もしますが・・・)
多少遅れ気味でもいいのかな、と思うことにします。


品種による花茎の形状やカーブ具合はどう違うかな、と注目してはいたのですが、個体によっても違う気がするし、十分放置しておけば、どれもくるりん、と丸くなりがちな気もします。
確実に言えるのは、(1)ほっそりした花茎が出て、先端が小さいもの、と (2)ごく太い花茎が出て、先端が大きく、珠芽が数粒できるもの  がありそう、ということくらい。
アメリカのニンニク研究家のサイトによると、ぐるぐると2周の螺旋を描く品種もあるようですが、今回植えた中には該当するものはなかった気がします。


1品種につきいくつかは、花茎を折り取らずにおいておきました。
ニンニク収穫後に、再度じっくり観察してみるつもり。 

 

  ほっそりした花茎。
先端は小さく、珠芽らしきものは見えない
(極小) 
にょっきり太い花茎。
先端には大きめの珠芽が数粒
葉鞘の中で止まって上からは花茎が出てこない 該当なし 福地
花茎が出てきて、まっすぐ、もしくはゆるやかなカーブ
(個体により、くるっと巻くのもある)

アブルッツォ
アブルッツォ
 
(写真なし)
スペインのアホ・モラードもだいたいこのタイプ 

紫(2)
紫(2)
花茎が出てきて、くるりと3/4円を描く
(個体により、巻かないのもある) 
Y氏白
Y氏白

 シチリア
シチリア

 アーティチョーク畑
アーティチョーク畑
 
該当なし
花茎が出てきて、ぐるぐると2周螺旋を描く 該当なし 該当なし



・タケノコとあわせて野菜炒め
・アミガサタケとあわせて炊き込みピラフ
・トマト煮

に調理してきました。
炊き込みピラフは、期待したよりいまひとつ・・。 ニンニクの芽の風味が強く(酸味があるような?)きのこの柔らかい風味を消してしまった気がしました。
短くカットして、冷凍もしておきました。
トマト煮やカレーなどの煮込み系に入れてみる予定。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キジの子

2017-05-19 | +畑・ベランダ菜園

こんどはお菓子じゃありません。 

キジ

畑には、キジカップルがよくウロウロしています。
(画面下の方、葱と土のところの境目あたりに1羽)
今年は特に多いなあ、と思っていたら・・・ 

キジ

畑の別の区画の人が慌ててやってきて、
「草刈ってたら、メンドリ(雌雉)が突然飛び立って、卵が4個あったんですけど、どうしたらいいと思います!?」
と。
いいアイデアは出せませんでしたが、写真を撮らせてもらうことにしました。
分かるでしょうか。真ん中に・・・ 

キジ

ザツな感じの巣の中に、卵が4個。
わお~。
雉の卵ってこんな感じなんだ。鶏卵よりは小さいですが、ウズラよりは大きいです。

「この巣を何かで囲っておけばいいかしらね?」と保護してあげる方向のようでした。
(左手前に見える白いものは、卵の殻じゃなくて太い雑草の茎の断面です) 


いいなあ。
子ネズミを見付けたことはありましたが、ネズミよりキジの子がよかったなあ。

この卵、私だったらきっと・・(ひみつ)。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鶴乃子

2017-05-18 | +食べるもの・お酒

ダンナサマが九州の出張に行ってきました。
帰りは福岡空港だったそうで、買ってきてくれたおみやげはこちら。
 

鶴乃子

石村萬盛堂の銘菓鶴乃子。
紙でできた卵形の箱はさわり心地がよく、上面もふっくら盛り上がっているんですよ。
(このふっくら感は創業者からのこだわりだとか) 

鶴乃子

中にはたまご~☆
包み紙は紅白ですが、中味はどれも、真っ白。
もちろん卵形で、ふわふわのマシュマロです。
マシュマロの中には黄身餡がほどよい分量、入っています。
(私は鈍くてしばらく気づきませんでしたが、卵の中には黄味があるから黄身餡なのですね。白あんにしては黄色いなー、と思ったのよね) 

石村萬盛堂は鶏卵素麺を作っている和菓子屋さんです。
沢山余る卵白の活用のため、鶏卵素麺発売の5年後、1910年に鶴乃子の原型となるお菓子を発売したのだそう。初期の頃は、卵形の紙箱は、もう少し尖った形だったようです。 


こういったマシュマロ+餡というお菓子は最近あちこちにあったりします。
類似品はここ数年のうちには食べたような気がしますが、本家は、だいぶ久しぶり(10年以上?)。

真っ白な卵形のマシュマロは、なんとも可愛らしくて、ふわふわでサラサラの食感は赤ちゃんのほっぺのよう。
ずっと、もにもにしていたいような気持ちよさです。
ぱっくり食べてみると、柔らかくて滑らかで、そして思ったより甘くない! 
ここ数年で食べたマシュマロの中でも、ピカ一の上品さです。
中にはコクのある白あんが。(→黄身餡でした) 
(創作和菓子系でよくあるような)バター風味はないものの、マシュマロ部分の味と、よく合います。
白と黄色は、まさにたまごのイメージです。(←ダンナサマに言われて漸く気づいた)

総合的に、すごく丁寧に作られていて、良くできているお菓子だな~と思いました。



実はこの鶴乃子はダンナサマの思い出のお菓子。

まだハイハイをしている位のとき、お母さんの長期入院に付き添って、自分も病院に泊まり込んだりしていたそうです(本当はダメだったところをちょっと特別に)。
可愛いぼうやは看護婦さんたちのアイドルで、それはもうちやほやしてもらったそうです。
で、お見舞いのお菓子の中で、一番のお気に入りがこの鶴乃子。
しかも楕円の箱入りがよくって、四角い箱入りのはダメだったのだそう。
ぼうやのお気に入りなので、来客のお見舞いは大抵これ。
頂くと、ぼうやがしっかり抱え込んでだいじだいじに保管。そして、お気に入りの優しい看護婦さんには、
「はい、あげる!」
と、えり好みしてプレゼントしてたとか。
(ダンナサマ自身は朧気にしか覚えていないようだけれど、お母さんによく聞かされたそうです)


思い出のお菓子なので、大人の味覚で再確認するのもためらわれて、久しく買うことはなかったとか。
今回久々に買って食べてみて、
「なんだ、美味しいじゃん」
と驚いていました。
思い出が壊れなくてよかったです。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加