採集生活

お菓子作り、ジャム作り、料理などについての記録

わらび邸新年会

2017-02-16 | +お客さんの日

1月末、生ハムの仕込みに、わらび邸におじゃまして参りました。
(仕込みに関してはまた別記事にて)
今年仕込んだのは、Duckbill師匠、わらびさん、初挑戦サチコさん、そして私。

仕込みの後は新年会☆ 3組+私の7人です。
(ダンナサマはいっつも仕事でつまんないにゃー)

美味しいお料理のいくつかをご紹介します。
 

わらび邸新年会

Duckbillさん作の、キジ燻製。
鶏とは違う、筋肉質で薫り高い味わいです。
最高に美味しいのですよ~。
私は車だったのでお酒はなしでしたが、ワインとの相性はぴったり。

わらび邸新年会

手前がサチコさん作のトンポーロー。八角入りで、まるで台湾のレストランのもののようでした。奥の牡蠣オイル漬けもサチコさん作。
オイスターソースで味付けするそうです。

左は、福井の「旨猪」。ミートスライサーで苦労して薄切りにし(写真撮り忘れて残念!)、このあと、絶品の鍋になりました。
脂身がきつそうに見えますが、猪肉はこんなバラ肉でも全然しつこくなく、鍋のだし表面にぎっとり脂が浮いたり、もしないのです。不思議~。 

わらび邸新年会

私は、スモークサーモンと、柿ログを持参。
サーモンのソースは、フロマージュブラン、というのを買ってディルやらレモン汁やら色々入れてみたのだけど、何故かそこはかとなくお菓子っぽく・・?
トッピングはディル、無農薬檸檬スライス、金柑。

柿ログにも、金柑薄切りを添えてみました。
柿とオレンジ系って合う気がします。
ナッツが多すぎたせいか、甘さをあまり感じず(汗)、お酒のつまみに丁度いい感じでした。 

わらび邸新年会

今年はお料理が終わったあと、デザートがいくつも(例年デザートに行き着かないことも・・)。
写真に撮りそびれてしまいましたが、サチコさん提供の川崎大師のくずもち、そして手作りのリーフパイ。

そしてわらびさんとサチコさん御提供で、いちごが2種類も。
静岡の「きらぴ香」、長崎の「ゆめのか」 。

わらび邸新年会

食べ比べをしてみようとしましたが、片方はヨーグルト(清水牧場)と蜂蜜を添え、もう片方はそのまま食べたので、微妙な違いのほどは不明・・・。
どちらも美味しい苺でした☆


子供の頃、うちでは滅多にいちごが出てこなくて、高級だものね~とあこがれを募らせていました。近年になって、その理由は主に母がイチゴが好きじゃないから、ということが分かりましたが(イチゴが嫌いな人がいるなんて!)、いまだに私の中ではあこがれフルーツです。

わらび邸新年会

チョコレートケーキ☆
土屋シェフのお店「テオブロマ」のものです。わおぉぉぉ。

すごく美味しかったです。
濃厚なので、小さめ一切れでも、満足感があります。
似て非なるものでいいから真似して作ってみたいけれど、二人で食べきるのは大変かもな・・・。


サチコさんのご主人さまは飛行機に詳しくて、鳥取空港はすぐに雪で欠航になるけれど、米子空港は(同じ鳥取県内なのに)まず欠航にならない理由を教えて頂きました。
鳥取空港には着陸補助装置(機械)があるだけだけど、米子空港は自衛隊の関連施設なので、管制官が常駐していて、着陸の手助けが出来るからなのだそう。
なるほど~。
鳥取には必要な装置がないのかな?と思っていたけれど、そうではなくて、管制官がいるかどうかが決め手だったのですね。

美味しくて楽しい午後でした。
みなさまご馳走様でした! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

壁面に板を突っ張らせる

2017-02-15 | +木工・DIYなど

しばらく前のDIYです。

===

台所の突き当たりの壁は、コンクリートに壁紙が直に貼ってあるものです。
この壁面に、ちょっとした棚というか、ぶら下げられるようなバーというか、そういうものをとりつけたい、と思い立ちました。

コンクリートなので、ネジ留めはしにくいです。
なので100円ショップで、熱で溶かしてくっつけるフック、というものを買ってとりつけてみました。
 

あたためフック

こんな感じのもの。
(これは天井面につけています)
接着剤面を火であぶり、とろけたところをぎゅっと押しつけて接着するというものです。 

このフックが両端に来るようにして、間には棒をしばりつけて、とりあえず何かハンギング出来るようになりました。

ところが、台所の壁に使われていたのは、防汚加工のしてある壁紙。
(そういえば、油汚れなども、洗剤を使えばよく落ちます)
接着剤もくっつきにくいようなしくみです。

何度もポロン、とはがれてしまい(フックに引っ掛けていたものもガラガラと落ちた)、諦めました。

どうしたものか。

世の中に私のような希望を抱いている人は絶対いるはずで、それに応じた商品も開発されているはずですよね。
ただ、名前が分からない。

で、通販雑誌を念入りに見ていたら、突っ張りラックというものがみつかりました。 

つっぱりラック

突っ張りラック、壁面ラック、という言葉で検索すると色々と出てきます。
壁際に棒を突っ張らせて、その手前にはスノコ状の板がある、という構造のものです。
(すみません、写真は借り物です)

これを買っちゃおうかな?
でも、とても汚れる台所だし、まずは試してみたいだけだし、お金はあんまりかけたくない・・・。 


手当たり次第に検索すると、この突っ張りラックに類似したものを、自分で作っている方のブログをみつけました。
使うのは、ボルトの先っぽに「足」がついたアジャスターと、その受けになるもの(ナット的なもの。アジャスター金具というようです)。
(こんな金具が存在することも知りませんでしたし、名前も知らないので検索しようがありませんでしたが、なんとかたどり着けて、ネットってすごい!)

もしくは、2x4材にすっぽりかぶせる、ピラーブラケットというものもあります。
 

アジャスターと金具

これがアジャスターとアジャスター金具。
つっぱり装置が自分で作れてしまいます。 

ピラーブラケット

こちらがピラーブラケット。2x4材にはめこんで使うものです。
ひとつ2000円近くします。
使用例は例えばこちら。 

ビラーブラケットは簡単そうですが、ちょっと高価なのと、2X4材限定なのが悩みどころ。
厚さ2インチは約5cm。ずいぶんごっつい木材です。
1x4材(厚さ2.5cm)くらいの、薄べったい、ちゃちなものでいいのだけれど・・・・・。

チャレンジするなら、アジャスター方式かな。
もしくはもっと原始的な方法・・。
台所は、床も壁も梁も、しっかり固いコンクリートです。
キッチリの長さの木材を押し込んで、更にくさびを打ち込めば、固定されるのではないかしら? 

まずは原始的方式を試して、切り間違えたり、うまく行かなかったら、もう少し短くカットして、アジャスター方式にしてみよう。
2.5mの1x4材2本とパーツを購入し、階段で10階まで持って帰ってきました。(木材が長いのでエレベーターに乗れなかった) 
固定の補助にするため、超強力両面テープも買ってみました。(とっても高価でびっくり!ピラーブラケットが買えてしまったかも!?) 

最終的には、こうなりました。(むさ苦しい写真が続きますがご容赦を) 

壁面ラックDIY

1x4材には両面テープも貼って、壁とくっつけてあります。(巾木はそのまま) 
板がわずかに反っていたので、丸まっている猫背の背中側を壁におしあてて、むりやり「気をつけ」をさせている向きにしてみました。 

壁面ラックDIY

上端は、くさび。
入るだけ押し込んで、打ちつけました。 

いずれガタつきが出てくるだろうから、その時打ち込み直そうと、短く切らずそのまま。 

壁面ラックDIY

棚をつけてみました。
(棚板は、クロゼットリフォームに使った羽目板) 
この下にも棚板が2段あります。 

壁面ラックDIY

下の方にはバーを。
スプレーボトルなどを引っ掛けておくのに丁度いいようです。
(左のボックスは拭き掃除用ボロ布入れとしてIKEAで買ったものなのだけど、サイズがいまいち。もう少し大きいものが欲しいな・・) 


実はこの工作をしたのは、数年前。
多分すぐ壊れるだろうからと、ブログ記事にするのは様子見にしていましたが、意外にもまだ壊れません。
もはや、いつ作業したのか思い出せません。

2013年の夏に、間仕切り破壊工事を父とやったのですが、その時、父に「あたためフック+金属棒」の状態を見られた気がします。
(で、「何とかならないの?」(あんまり格好良くないねえ)、という反応だった記憶が)
ということは、2013年より後で、去年じゃないから、2015年頃までの間。
(クロゼットの羽目板張り作業は2015年で、その余り材をこの棚板に使っていますが、それより前にこの突っ張り構造は出来上がっていたはず)

オシャレとはほど遠いですが、自分なりに使いやすくなってきている記念として、記事にしておきます。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

手作りがんもどき

2017-02-14 | +ふたりの日

頂きもののひじきがあったので、何を作ろうかな?と考えていました。
ダンナサマから、
「がんもどきは?」
と提案が。

なるほど。
ひじきの含有量は大したことありませんが、作ってみましょう。
丁度大和芋もありました。

■■手作りがんもどき
■材料
とうふ2丁
ひじき ゆすいで固めに戻しておく
ニンジン千切り 電子レンジで少し加熱
ぎんなん 茹でて皮を剥く
きくらげ(入れたかったが、なかった)
大和芋 すり下ろして小さなこぶし大くらい
卵 1個か2個
煎ったエゴマ 少々
フキの煮物 小さめ小口切り (たまたまあったので)
塩少々

■作り方
(1)1日目:バットに網をおき、8つに切った豆腐をペーパーに包んでのせ、もう1枚のバットをのせて、更に重石をして水切りをする。

(2) 2日目:材料を混ぜ合わせ、小さく丸めて濡らしたお皿におく。
 丸めるとき、ぎんなんは表面に出ない方がよい。

(3)揚げる。
 タネの状態で、翌日までとっておいても大丈夫そう。 

手作りがんもどき

丸めたタネ。
山芋が入っているのでもちもちして扱いやすいです。
豆腐の水切りが足りなさそうな場合は、ヒジキを固めの状態で混ぜてしまうといいかも。

手作りがんもどき

揚げました☆
生姜醤油で頂きます。 

手作りがんもどき

中はこんな感じ。
ふんわりして香ばしくて、美味しいです。

市販のがんもどきも、おでんのときは必ずに買いますが、おかずのメインにしようとはあまり思いつきませんでした。
でも手作りの揚げたてがんもどきは、晩ごはんの主役になれる美味しさ! 
表面がサックリ香ばしく、中はふんわりしています。 

巻きずし

この日は巻きずしも作りました。
シイタケ佃煮、フキ、厚焼き卵、ウコギ(冷凍しておいたもの)。
(後から、節分だったと気づきました。) 

余ったがんもどきは、おでんに入れました。
揚げたては美味しいけど煮るとどうかな?と自信がありませんでしたが、煮ても美味しいです。
市販品より空隙が大きいのかな、だしをよく含みます。 

自分で作ると、ぎんなん入れ放題、というのも嬉しいですよね! 

おでんのシーズンは、1回か2回は作ってもいいな、と思いました。
(今シーズン、2回も作ってしまいました) 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ニュー掃除機(中古)

2017-02-13 | +食べるもの以外

我が家の掃除機は、結婚直後に買った年代物。
しかも買ったのは、学生相手のリサイクルショップ。
要は学生が4年前後使ったお下がりです。

いつかじっくり選んでいいやつを買えばいい、と思いながら××年経ってしまいました。
ごく単純な構造で、スイッチは本体側にしかなく、パイプは物理的に嵌め込むだけ、というもの。使用頻度も少ない(!?)せいか、随分長くもちました。
最近は石膏ボードのカケラやベランダの砂を吸ってもらうことが多く、そのせいか、不調気味。
最後のおつとめをしてもらおう、ということで、今は鳥取のリフォーム現場に出張中です。

家にはルンバ以外の掃除機がない状態。
特に問題はなかったのですが、先日、「ああ、これを吸ってみたい!」と思うものが。
(お風呂場のパッキンにこびりついたホコリ)

善は急げ、で買ってくることにしました。
向かったのは、今回もリサイクルショップ(前のとは違う店)。 

ニュー掃除機

・充電式ではない
・紙袋タイプ
・ワット数が大きめ

が条件でした。
店頭の3つのなかから、

・本体が小さめ(軽め)
・持ちやすい

というポイントで選んだのがこれ。何しろ選択肢が少ないので迷う余地はあまりなし。 
約7000円でした。
(前のは確か2000円) 

ニュー掃除機

機種は、三菱の、TC-FXC5J-A。
吸い込み仕事率は500Wです。

ニュー掃除機

先端にローラーブラシがついていましたが、いの一番に外しました。
(今後も石膏ボードを吸うことが多いため。あと絶対髪の毛が絡まるし)


久々の掃除機なので、「おお~、吸う~」と感動を味わうことが出来ます。
あると当たり前になってしまいますが、やっぱり文明の利器はすごい。
玄関の土やゴミも、感動しながら吸いました。

吸い込み仕事率は500Wですが、十分な吸引力に感じました。(今回買わなかった方は、600W)
やっぱ我が家の先代は、だいぶ弱っていたのかも。

スイッチが手許にあるのはやや便利ですが、どちらかというと(普通に部屋を掃除して回るのではなくて)しゃがみ込んで、目前のおがくずとかを吸うことが多かったので、それほど有り難いというものでもないです。
むしろいくつか不満が。

・いちばん先っぽのT型のところを外すのに、前はごく単純な構造だったので足で踏んづけて引っこ抜けばよかったが、今回のは手を使う必要がある。それがかなり不便。
・固いホース部分全体を抜く際、右手の位置はキープしつつ、左手でロックを外して抜き、そのまま、左手で外したホースを持ちたいところだが、何か、手が1本足りなく感じる。
ホースを外すためのロックの位置が、何だか希望と違う場所についてる。
・ホースを外した後にブラシに出来るのだが、このブラシの角度に少し違和感が・・。
あと、このブラシをホースの先端に(T型の部分のかわりに)もつけらかえれたらいいのに。
・ホース(かたいところ)はもっと長いと有り難い。

前のより良くなった点は、
・スイッチが手許にある。
・「く」の字型に折れ曲がったパイプがないので、石膏ボードのカケラが詰まる、ということはないかもしれない。
・前のより小さめ。(すごく軽くはない)
・前のよりよく吸う(新しいから?)

総合すると、前の掃除機の3倍の価値はないかもしれないけれど、7000円ならば仕方がない、というところでしょうか。


この先の一生で、掃除機を買うのはあと1回か2回かしら。
次は、もしかしてまた、学生向けリサイクルショップで買うかも。


あ、こういうホース式で充電式(かつパワフル)が売り出されたら、新品でも買うかも。
ハンディタイプは好みじゃないのだけど、こういう掃除機の、コードだけはなかったら便利なのになあ、と思っています。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴィヨンのバウムクーヘン ヴィヨネット

2017-02-09 | +食べるもの以外

先日、おいしいバウムクーヘンを頂いてしまいました。
(Rさん、ありがとうございました!)

そういえば私はバウムクーヘン研究中。
記録しておかないと! 

ヴィヨネット

可愛い箱入りです。
リボンの結び方は、ちゃんと両方のタレが表になるようになってます。
どうやっているのかなー、とゆっくりほどいたつもりですが、しくみはよく分かりませんでした。
私の方法とはちょっと違ったみたい。 

ヴィヨネット

中はなんと、壺型!
何故壺??

こちらは世田谷区にあるヴィヨンというお店のものです。
壺型タイプは何種類かあるようで、このほかにももっと首が長い壺も!

発明したパティシエさんは、陶器にインスパイアされて編み出したそうです。

ヴィヨネット

ヴィヨネットフランボワーズという名前のこれは、中にずっしり、ラズベリーゼリーがつまっています。
切ってみると、改めてびっくり! 

ヴィヨネット

原材料はこんな感じ。

食べてみると、フランボワーズ部分はとても濃厚なフランボワーズ風味。
そしてバウムクーヘン部分は、やはりなんだか本格的な(外国風の)味。

日本のバウムだと、しっとり、とか、とろけ感、と追求してあったりしますが、こちらのものは、わりとぽそっとした食感なのですが(小麦澱粉の効果かしら?浮き粉ってやつですよね)、噛みしめるとしみじみいい味なのです。
更に、ビターアーモンド?の香りが、外国風の味を感じさせているのだと思います。
ラズベリーとアーモンドの組み合わせも、外国風ですよね。

外側のフォンダンは、見事な極薄。薄いのにぱりっとしています。
生地部分とフォンダンを一緒に食べると、すごく美味しいです。

最初は、細長い櫛形に切ってみました。
そうすると、ゼリーとバウムとフォンダンを一緒に口に入れることに。
これだとなんだか勿体ない感じです。

なので切り方は、輪切りがおすすめ。
輪切り方向で、円の1/4くらいにカットし、まずゼリーとバウム生地をぱくり。
そしてフォンダンとバウム生地部分が同時に口に入るように、ゆっくり食べていくと、最高☆

Rさま、ご馳走様でした!

============

鳥取リフォームは、業者さんが作業して下さってるけれど、私はヒマ。
リフォーム本やサイトを見るくらいしか、出来ることはありません・・・。

で、いまI型のキッチンを、将来的にL型にしたらどうかな?とか、今年やる訳でもない計画に思考が暴走してます。
(もっと考えなきゃいけないことあるでしょー)
キッチンの収納って、どうなってると使いやすいんだろう?と、リフォーム前の画像があるサイトを見ていて思いました。
 
リフォーム後、スッキリ綺麗になるのは、リフォームしたからじゃないんだわ。と。
リフォームをきっかけに、戸棚のなかを整理して、不要なものを捨てて、新品のキッチンにあうように、一旦ものを片付けるからなのです(きっと)。

大抵のリフォームが、I型をII型にする訳でもなく、構造自体はもとのまま。
で、キャビネット類を新しいものに交換しているだけです。
収納の容量自体はさほどかわらないのだから、引き出しなどにして多少使いやすくなるにしても、戸棚の中がギッシリで、その上いろいろなものが外に出っぱなしのキッチンでは、例えキャビネットが新しくなっても、同じ状態になるだけです。
リフォームというのは、持ち物を見直すきっかけに過ぎないのだと思いました。

色々なものを見えるところに置いている人は、新しいキャビネットで見えないところにしまうことに、すぐに慣れるのかな?
やっぱり見えているところに置きたい、という人はいないのかしら。
扉をあけるたびにものがこぼれたりせず、出し入れが簡単ならば、見えないところでも大丈夫なのかな。

そもそも、(ひとのキッチンの)キャビネットの中には何があって、キャビネットの外には何があるんだろう?
と考えていたら、面白い写真をみつけました。
Erik Klein Wolterink という写真家のサイト (だと思います)

「Kitchen Portraits」
という写真集を出版されていて、その一部をこのサイトで見ることができます。

オランダをはじめ世界のあちこちの普通の家(比較的小さめかな?大家族ではなさそう。冷蔵庫もがらんとして野菜も入っていないし、単身者かも)のキッチンキャビネット正面図を、
扉を全部あけた状態のようにして撮影しているのです。
(引き出しの場合は上から撮ってる)

よその家のキッチンキャビネットの中を見られるなんて滅多にないこと。
ものすごく興味深いです。
(持ち物の種類、個数、キャビネットの広さ、などなど全部カウントして分析したら、卒論が書けそうじゃない?)

●いくつか気づいたこと
・トースターがみあたらない。
日本だと、炊飯器、電子レンジ、トースターがほぼ必ず、例え学生アパートでもキッチンに置いてある気がする。
外国人は、トースターを使わないのか、使うとしてもキッチンでない場所(食卓とか?)に置いてあるのか。
ひとりだけ、ニューヨーク住まいのイタリア人のキッチンにトースターが。

・密閉容器がほとんど見あたらない。
日本のキッチン片付け本だと、まず密閉容器を整理しましょう、ってなるくらい、 なぜか増殖するもの。
日本ではなぜこんなに多くなってしまうのか。
外国人は残り物とか、しまっておくのはどうしているのか(お皿+ラップ?) 
中にひとつ、あ、このひとはタッパーが多い☆と思ったキッチンがありましたが、よくみるとニューヨーク住まいの日本人でした。わーお。 

・日本では、流しの上に水滴が落ちる構造のステンレス吊り棚をつける(洗ったばかりの濡れたボウルをさっとここにしまったりなど)ことが多いと思うけど、外国のキッチンではこれは全然見あたらない。
そもそも、ボウルというものが、流しから簡単に手の届きそうなところにない。彼らはボウルを使わないのか(そんなはずないよね?)、使った後ちゃんと仕舞い込むのか?

・流しの下は、だいたいみんな洗剤。(日本でもそうかな?)

写真を実物大に印刷した展覧会も開催されたようです。面白そう・・・。
 
こういう写真が好きな方は、都築響一氏の写真集「TOKYO STYLE」「賃貸宇宙」もおすすめです。
(文庫では見えにくいので、大判サイズのものを図書館で借りるのがおすすめ)
でも、棚の中を見るというこちらの企画は、ほんとに面白い。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加